シチリアさいごの1日

今日も雲ひとつない快晴!
空も海も青い!
この世界がどんなに愛おしくても、旅は終わる。
長い旅の時は、毎回、一生を終える練習をしている気持ちになる。
今回は特に、まったく知らない土地で、言葉もほとんど通じないところから始めて少しずつ世界を発見して驚いて楽しんで好きな人たちができて、そして去って行くという過程はとても短い一生のよう。
人が生まれてくる時は、何を体験したいか目的があって自分で両親や生まれる場所を選んでやってくるっていうけれど、そんな感じでやってきて目的を果たしそして目的以上の大事なことをいっぱいいっぱい体験して去っていく。
荷物をまとめて掃除をしながら、2年前この世を去っていった父がどんな思いで身辺整理をし病院へ向かったか想像にあまりあって涙がとまらなかった。
けど、手帳にいつも入れてある父の写真をみたら、父は笑ってる。
また涙が出た。

P6010023

朝起きてキラキラした海を眺め、瞑想して、
大好きなカフェでグラニータとブリオッシュの朝食をいただき、
太陽の光の中で、ひんやりした波が足に触れてくれるのを楽しみながら本を読んだり青い海を眺めたり。
お腹が空いたら、海辺のレストランで大きなお皿に山盛りのムール貝と冷えた白ワイン。
教会でちょこっと静かに座って、
洗濯して掃除して荷造り以外はいつもと同じ1日。
あー楽しかったなあああああ。
Life is good.
ありがとうシチリア!!!
P4230017


さて次はいよいよインド。
ごまかしきかない学校でガチの学びでござる。

ギリシャ劇場でのスカラ座コンサート

タオルミーナのギリシャ劇場でのG7歓迎コンサートがアップされてました。
イタリア最高峰、スカラ座の演奏ですと。
やばい。うるうるしてまう。。
45:50〜 マスカニーニのカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲
映画ゴッドファーザーのエンディングにも使われてる曲(タオルミーナ周辺には映画のロケ地がいろいろあるそう)で、誰もが聴いたことある名曲だと思います。
47:46〜 エトナ山からのズームバックが美しい!!!(カメラマン(オペレーター)の、絶対に失敗できないっていう緊張感を感じちゃうけど、、、あはは こういう時に昔の職業病が出てしまう。。)
ギリシャ劇場でこの光の中でこの生演奏聴いたら涙ボロボロ出そう。
いつかここでオペラ観てみたい!
また夢がひとつできたわ(^^)

聖母の訪問

P6010003

夜、外から歌声が聴こえてきたので何かと思ったら、手にろうそくの灯を持った人たちの行列がゆっくりとやってきた。
教会のマリア様も台に乗せられて一緒に歩いています。
P6010007
調べてみたら、聖霊に満たされた聖母マリアがヨハネを身ごもった親戚のエリザベートを訪問したという、聖母の訪問の祝日だそう。
P6010012
行列は、海沿いの道からUターンして山側の通りを教会の方へ戻って行きました。
マリア様が通りの家々を訪問してくれたんですね。
P5310008
今朝の教会のマリア様。
だから今日はお花でいっぱい飾られてたのね。
このマリア様に当てる照明を念入りにセッティングしていたおじさんが楽しげでちょっと誇らしげだったので、ほっこりした朝だったのでした。
おじさんもきっと聖霊に満たされていたに違いない(^^)

5月も終わり、サマディー。

ますます夏っぽくなってきたシチリア。
平日でも午前中からビーチでのんびりっていう家族も増えてきました。

P5310005

そして、前と同じように足の裏をさざ波につけてる美しいシニョリーナとシニョーラ。
こうやって一人の時間を楽しむ大人な人たちも結構います。
ジャルディーニの中心部の賑やかなところはパラソルやベッドが並んでるんだけど、こっち側(サンジョバンニからタオルミーナ寄りの方)は人を気にすることもなく居心地いいんだな〜。真夏はもっと混んでくるかもで、もしかしたら今がいちばんいい季節なのかも。
さて、今、ジャカランダの紫色の花が盛りをむかえています。
P5310015
カターニヤの通りのジャカランダ。
P5310019
ブーゲンビリアの赤やピンクもものすごく鮮やかで綺麗なんだけど、この紫がまたなんとも美しい。
P5310024
真ん中の雄しべがふわふわしてる。


そして、2週間通ったカターニヤのアイアンガーヨガのクラスも今日でおしまい。
ほぼ毎日アイアンガーのクラスにで出てたら体の癖がメキメキと矯正されてすごく清々しい。
そしてイタリア語でのインストラクションも結構わかるようになってきて(身体部位のイタリア語ってなんだかよくわからんけど身体が理解する感じ)ますます面白くなってきたところで今回はおしまい。
今日は私が最後ということでヴィニヤサも入れてくれた。
また必ず戻ってこよう。
そして、ユージの先生でもあるフィレンツェのガブリエラのクラスに行ってみるといいよって言われたので、次回はフィレンツェも行ってみたいな。
私のヨガのベースはクリシュナマチャリアの伝統ヨガだけど、生徒として行くクラスはアイアンガーがやっぱりいちばん信頼できるから、できる限り続けていきたいと強く思ったのでした。
そして世界のあちこちで、こうやってきちんとしたクラスが受けられるのって本当に本当にありがたいこと。


なぜなら、ヨガの境地をきちんと体感している指導者のもとで修練を行うことでは信頼とともにその状態を体験することができるから。
今日も、キッツーいアサナをホールドしている時に、ふっとサマディーが訪れた。
身体を使って、身体を超える(身体感覚がなくなる)ことが可能になるんです。

Yoga Sūtra 1-2
yogaśg citta vṛtti nirodhaḥ
ヨガとは、心の動きの止滅です。
ヨガとは、一切の曇りなく心を一点に向かわせ続けられる心の能力でもあります。

Yoga Sūtra 1-3
tadā draṣṭuḥ svarūpe 'vasthānam
その時、プルシャ(真我)はその本性にとどまります。
ヨガの境地では、明晰さとともにすべてをありのままに見ることができます。

Yoga Sūtra 1-4
vṛtti sārūpyam itaratra
ヨガの境地でない時は、心の動きとプルシャ(真我)が混同されてしまっています。
※心は、本当の自分(プルシャ(真我))ではなく、個人を構成する一要素にすぎません。

Yoga Sūtra 1-12
abhāsa vairāgyaābhyāṃ tannirodhaḥ
内的修練と無執着により、心の動きは静かになります。

Yoga Sūtra 1-13
tatra sthitau yatno 'bhyāsaḥ
心が静まった状態に留まる不断の努力が内的修練です。
※アサナのプラクティスでは、身体を道具として使い、この心の状態を維持するよう努力します。これがヨガと他の運動の大きな違いで、このクオリティーがあるものがヨガと言えます。

Yoga Sūtra 1-14
sa tu dīrghakarā nairantarya satkārādarāsevito dṛḍhabhūmiḥ
この内的修練は、長い間たゆむことなく、真摯に実践されることで堅固に根付きます。

Yoga Sūtra 1-15
dṛṣtānuśra vika visaya vitṛṣṇasya vasīkārasaṃjñā viarāgyam
無執着とは、見たり聞いたりした対象に無欲になった人の自己統制の意識です。
正しい修練を続けることで、煩わしさから自由になってゆくのです。

Yoga Sūtra 1-18
virāma pratyayābhyāsa pūrvaḥ saṃskāra śeṣo 'nyaḥ
内的修練を重ねた後に、想念が消え、微細な印象(記憶)だけが残った境地(アサンプラジャータサマディー)が訪れます。

Yoga Sūtra 1-19
bhava pratyayo videha prakṛtilayānām
身体感覚を超越し、真我が心に溶け込んだ人にはその先のサマディーが訪れます。
P5200095
ジャルディーニに帰って、夕方、海を見ながらのジェラートは至福の時なのでござる。
これもまた別の意味でのサマディーか?(笑

空と海の色

1日じゅう、いつどんな時に見てもため息が出る海と空の色、光。
夜明け前の静けさ、日の出のピュアで力強い光、日中の青、ぜんぶぜんぶきれいだけど、
毎晩8時くらいの、水平線が空に溶けていく時間の美しさは格別。
この色の中で、今日1日の出来事を思うと、すべてがありがたくていとおしい。
P5300026
_
P5300024
_
P5300032
もし海が見える場所に家が持てるなら、東向きがいいな。
P5290012
さて、この部屋ともあと3泊。
なんていい時間だったんだろう。
このアパートのオーナー夫婦、町の食べ物やさん、八百屋さん、カフェ、ヨガスタジオ、すべてのインフラ・・・旅人の私としては、土地に根付いて暮らしを維持してくれている人たちには感謝しかない。
あ〜しあわせだ〜 笑

月曜日

P4140179

今日も光が美しい。愛おしい毎日。

7回めの日曜日。

いろいろな騒ぎや非日常が終わって朝がやってきた。

P5280001
朝起きて最初に目に入る光景。
静か。。
昨日までのざわざわした気が抜けて、ほんとうに静か。
P5280002
毎朝、新しく生まれる日。

昨日とおととい、デモに遭遇して思ったんだけど、こっちのデモって実は裏でとってもコントロールされてるなあと。
今回は、おそらく、イタリア本土に本部がある大きな団体は本部とどの程度の行動を起こすか決め、地元シチリアの団体とも相談して、現場では各部のリーダーたちがとってもよく統制していた感じ。
そして、リーダーさんたちに、シチリアでは怪我人は出さないっていう誇りみたいなのがあった気がする。(勝手な想像。2日間、リーダーさんたちウオッチして(なぜか近くで遭遇することが多かった)感じた。まあバイアス入ってるけど)
警察とデモの人たちが衝突した場面はあとでビデオでみたんだけど、
ちゃんとリーダーが指示監視していて、団体の人たちはお互いに腕を組んで決して手を上げないようにしていて(上げると暴力と思われて逮捕されたり怪我人が出たりと大事になる)、んで、警察に催涙弾を打たせる程度の押しくらまんじゅうをするという想定。
催涙弾を打たれると、大きな事件に見えるし、そうでもしないとメディアが取り上げない。
現場の記者がレポートあげても本社が取り上げないと話にならない。
実際、幾つか動画ニュースをみてみたけど、放送されたのは催涙弾のシーンだけってとこも。
ニュースの中で自分たちの主張を伝えて欲しいけど、そこまでするメディアはないだろうと、それも想定内で、反対行動はちゃんとしましたっていうアピールになったんじゃないかな。
今回のシチリアは本土から離れているし、無謀な人たちが紛れ込みにくいから統制しやすいのもあっただろうし、実際に現場にいて、インテリの中年以上の男性の割合がとても多い感じがしたのでそれも穏やかなデモの要因のひとつだったかも。
あとはトランプ大統領があまりにアレなので、今回はあれこれ言わなくても、、みたいな(苦笑
イタリア語はわからんのだけど、まあ、そんなこと勝手に思いました。
あと、フランスのマクロン大統領とカナダのトルドー首相の二人のリベラルの2Sが話題になってて、もしかしたら世界はちょっとづつよい方向に変わっていくんでは?ってな淡い希望もあったりして。
そしてそして、やっぱりシチリア(ってかほぼジャルディーニしか知らんのだけど)がもっと好きになったのでした。
今日は、昨日使われてたPace(平和)の旗がベランダから下げられてた家があったり、昨日、催涙弾やらペットボトルやらが散乱していた道路や広場が前よりずっと綺麗に掃除されていたり。
P5280015
海はやっぱりきれい。
今日は思い切って肩まで浸かってみた。
寒中水泳かっ!?てくらい水は冷たいけど、すぐに太陽で温められた砂利浜に寝転がるとじわ〜っとあったかくて至福。
などほどこれは癖になるわ。
P5280007
誰もいないので大きな声でチャンティングの練習やら本読んだり。
風があっても砂浜じゃないので砂が飛んでこないし、体についた砂利もすぐに落とせるのでこのビーチ大好き❤️
人がいないから日焼け止めのきつーいニオイもしてこないし。
そして、
P5280024
海の後のグラニータ、最高!
星子ちゃんが教えてくれたSalamone、やっと行けた〜!
確かに、グラニータとっても美味しいからジェラートも美味しいに違いないっ。
そしてとってもいい感じのカフェでした。

G7いらんデモ

さてさて、デモも無事に終わり、首脳陣も帰ったみたいで静かに戻りつつあるジャルディーニ。
で、デモがどんなんだった書いておきます。
横断幕は辞書使って調べて、だいたいこんな感じの意味、、ってことで。。
P5280039
アパートの近くにデモの人たちが近づいてきたら、開場警察の水上バイクがビューんビューんと集まってきた。
こんなんも初めて見たわ。
で、デモは警察(機動隊)の集団に先行されて、まずはこの方々。
P5280035
"NO MUOS(アメリカ軍の通信システム)"シチリアでも米軍の基地問題があるんだね。知らなかった。
そして、"平和”。
P5280050
スピーカーを乗せた車で演説、コールありながら、
P5280053
”シチリア 反権力の行進”の横断幕。
あ、昨日インタビューされてた男性(おそらくリーダーさん)もおります。
P5280057   
わ〜道がいっぱいだ〜
P5280071
”大地の汚染をなくし、安全を取り戻そう。アレトゥーサ運動”
アレトゥーサというのは、ギリシャ神話に出てくる、水に姿を変えたニンフ(森を守る精霊)
私、賛同!!!
P5280090
トランプ大統領が地球を食い物にしてるイラスト。
ほんとよね〜。
P5280091
こっちはG7怪獣、そして、エトナ山が首脳陣を吹っ飛ばしとる〜
P5280073
とっても和やかな雰囲気でタオルミーナの方向へ。
P5280095
これは難民問題。
”フロンテックス(欧州対外国境管理協力機関。難民に対する警備)ではなく自由を”
P5280097
”大量虐殺と爆撃やめて。テロリストは権力者たち。虐殺者は奴隷” 
んだね〜。 もうみんなわかっちゃってるんだから変わってほしい世界。 
P5280099
アパートの隣のシニョーラもいっぱい手を振ってたので笑顔でこたえるシニョーラ。
P5280064
”大国資本主義いらん”
P5280082
うーん、読めん。。労働党?
一口にG7反対って言ってもいろいろだあ。
とううことで、安全そうなのでおばさんも道を一緒に歩きます。
P5280113
海沿いの、アートでいっぱいのカフェには、
”ノー国境、ノー国家、ノー外国人の追放”
”少なく働いて皆に仕事を” ”8月みんな自由の日(?)”
Peace&Love❤️
P5280117
住民のみなさん。
で、のんびり歩いてたら、警察がバリアをはってたあたりで、
P5280120
あちゃー 催涙弾だ。。
P5280122
そしたら、前にいた二人がすかさずベストをカバンから取り出して着用。
P5280124
なるほど〜 人権監視の人たちだ。
ヨーロッパのデモにはこういう人たちがいるんだね。
で、前線で何が起きてたかというと、
P5280263
社会?共産?の人たちが(チェゲバラのTシャツ着た人がリーダーかな、、)
一列に腕を組んで警察のバリケードの方へ。
主張はするけど、絶対に手は上げない。非暴力!
P5280258
機動隊とおしくらまんじゅうになって、
あ〜機動隊、丸腰の人たちをボコボコ棒で叩いてるよ〜叩かなくてもいいのに〜
デモの人たち、手をあげないで耐えてる。
P5280254
んで警察が催涙弾発砲。
P5280161
しばらくして戻ってくるみなさん。
それにしても報道関係どれだけいるん?ってくらいプレスだらけ。
P5280142
第一弾が戻ってきてもまだ前線に残ってる人たちがいたのかな、、
次は警察のヘリコが低空飛行してきて土ボコリ巻き上げ威嚇作戦。おいおい、、
P5280149
戻ってこいよ〜って指示出すリーダーさん。
P5280176
野次馬おばさんは、前線がどんなんだったんかなと思って見に行ってみた。
P5280173
催涙弾のあと。
レモンもあちこちに落ちてる。
レモンかじって涙流して目を洗うの、30年前も同じだったなあ。
っていうか、いっぱいレモンが落っこちていたので、デモのみなさん、催涙弾は想定内だったのね。
と、救急車がピーポーピーポーやってきた。
P5280172
けど、誰も怪我人いないんですぐにUターンして引き返してった。
なんで来たん?? 
P5280195
で、まだ警戒してるおまわりさん。装備がロボットっぽい。
P5280192
なんか一生懸命撮影してる人。
この周辺は、警察とプレスカードぶら下げた報道関係(ほんとめちゃくちゃたくさん)でいっぱい。
一般人ぽいのは、ひらひらのワンピース着た私と短パンのシニョリーナだけ。
んで、このシニョリーナが、なんと、
P5280199
警察のみなさんに向かってチュッチュ投げキスを始めた!!!
ここは私も一緒に、、、じゃ、なくて、、、お花を渡したいところではありますが、、
対立のかわりにアモーレを。棍棒のかわりにお花を〜♪
P5280185
はい、みなさん無視でございます。。。
P5280196
で、このちょっと偉そうな人(たぶん指揮官)が来て武装解除していいぞって言ったようで
みなさんヘルメットを外してゆるむの巻。
・・・しかしこのシト、私の前の彼氏にうりふたつマジ背格好も顔も、、なんでこんなとこに〜っているわけないんだけどびびったわ耳の形まで一緒。。
P5280212
騒動が終わったら、報道のみなさんはあっちやこちでレポートを本社へ送信。
この人たち、この場でビデオ編集してた。記者のみなさん大変だなあ。
こんな光景があっちでもこっちでも。
P5280230
広場に戻ると、スピーカーからジョンレノンのイマジンが流れてた。
P5280248
とにかく怪我する人もいなくてよかった。
デモの現場でいつも思うのは、いつも権力者は安全な場所にいて、
対立しなくちゃいけないのは市民と市民でもある警官なんだよなあ。
P5280221
そして皆、なごやかに家路につき、
人の活動とは関係なく今日もきれいな夕暮れでした。
P5280116
イタリア語での平和はPace(パーチェ)。

で、サミットの成果ってあったんかいな???

デモがライブ配信されてる

お〜なんか、全然暴動っぽくない。主張はわからないけど、むしろ平和行進って感じ。
チェゲバラの旗、ピースのレインボー旗、”シチリア 反権力の行進”の横断幕。
観光客も混ざってベランダから手を降る人たちも。どんどん人増えてってる。

デモの前の静けさ

P5270013

反グローバリズムのデモがあと1〜2時間でやってくる嵐(にならないといいけど)の前の静けさのジャルディーニ。
普段路駐でいっぱいの道も駐車禁止ですっからかん。
今日は紙のゴミ収集の日だけどもちろんなし、いつも置かれてる大きなゴミ箱もなし。
P5270018
警察車両が行ったり来たりで何かチェックしてる。
P5270029
タオルミーナに近い漁港のあたりまで行ったら警察がバリケード張ってました。   
P5270036
が、、 おーい、記念撮影かいっ 笑
P5270039
オレも、オレも〜 ってな感じで、まだ時間に余裕があるせいか、なんとも和やかです。。
P5270048
配備されてる救急車はかなりの数のはず。
P5270059
けが人乗っけてないのにピーポーピーポー鳴らして走ってったので、地元のおじさんたち大笑い
P5270055
デモの人用の水かな。
P5270058
タオルミーナの会場ホテルは相変わらず照明がすごい。
海には海保みたいなセキュリティーのボートが行ったり来たり。
まだ誰もいない広場をてくてく歩いていたら、ドイツのテレビ局にインタビューされた。
「このデモがあるのを知ってましたか? 怖い?」とかの質問。
ヨーロッパのデモはニュースでしか見たことないけど、暴動になる時もあるみたいだし、
インタビュアーの人は、以前にG7反対のデモの時にひどい経験をしたことがあるのでどうなるかわからないわって言ってました。
直接、そういう話を聞くと、ちょっと不安にならないでもないけど、、
地元の人たちがあんまりリラックスした感じなんで、なんとも。。
P5270049
いつものドルチェリアも鉄板でお店を保護してます。
警察は2000〜3000人の参加を予想してるってことだけど、30分くらい前の情報だと、集まったバスはまだ3台。
さてさてどうなりますやら。
私はベランダ待機です。
そういえば30年前くらい、イスラエルのエルサレムでインティファーダが起こった時ちょうどそこにいて、突然、投石が始まって催涙弾やらを浴びたっけ。
そんな風にはならないこと祈っております。
あー勉強しなきゃなのに、そわそわ。
あ、ヘリコプターがホバリング始めたのでデモはあの辺かな、、
と、前のジーロディ自転車レースの時と似てるわ。

より以前の記事一覧

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ