ハレマウマウが!

そういえば、ハワイ島のハレマウマウ火口が84年ぶりに小規模爆発したそうな!一昨年の撮影で何度も何度も足を運んでおまけにヘリコで飛んだ場所だわ。火の女神ペレの現在の棲みかと言われているハレマウマウ。ペレが怒ってる?! 

http://hvo.wr.usgs.gov/kilauea/update/images.html

ピュアオアフ

Pureoafu1

去年、ハワイの撮影に一緒に行っていただいた、写真家・高砂淳二さんの新しい本を送っていただきました。

Pureoafu2

「地球の歩き方」なのにお店とか一切出てきません。まだ見たことのないオアフの豊かな自然の、美しくて高砂さんらしい、やさしさにあふれた写真でいっぱいです。見ているだけでしあわせ~。

Pureoafu4

年末年始にオアフに行ったとき、マカハとノースだけ行って、ABCストアにもアラモアナにもワイキキにも行かなかったけどそんなオアフ滞在が今まででいちばん楽しかったなぁ。

アロハ魂:近藤さんの本の巻

Fulabook

この夏、ハワイロケに一緒に行っていただいた近藤純夫さんの新しい本が出版されています。それはそれはかわいらしい、そして造詣の深い近藤さんの知識とアロハの心がいっぱい詰まった素敵な本。番組に登場してもらった祈祷師のキモさんやクムフラのエフラニさんも登場していて、私にとって、まさに宝物。近藤さん曰く、

「少しずつ、いろいろなコミュニケーションが溶けあって、人の文化が刻まれて行くのだなあと改めて思います」

文化。そう、まさに文化は人がつくるものなのだ。(と、あたりまえのことをいまさら実感。。)    マハロ ヌイ ロア、近藤さん!

ナイノア・トンプソン

Hokukea

ナビゲーターは星や波や鳥たち。スターナビゲーションというポリネシアに伝わる伝統技術のみで太平洋を航海するカヌー、ホクレア号が来年日本に航海してくるそう。その主催者、ナイノア・トンプソンさんの自伝とメッセージ。少ない言葉の中に、大切な、ほんとうに大切なことが凝縮されていていて、じんわり涙がこみあげくること数回。一生大切にしたい本。

放送終わって、メールや電話くれたみんなありがとう!何より見てくれてありがとう!ホントに嬉しいめっちゃラブ。視聴率も大合格。営業の皆さんもニコニコで何より。数字次第で感想変わる人たちだけどまぁしょうがないか。今日ブログ検索でいろいろな感想を見ていたら、伝えたかったことをとても素直に感じてくれた人がたくさんいて本当にありがたかった。もうひとつ、鹿児島のうっしーから深夜に電話。いろんな経験をしたけど生まれてきてよかったと思えてそして空や海や星やちっぽけな草がいとおしく思えるそんなふうに回復することができたと、でもまだがんばらないとバランスがとれないけどでも東の日本には私やミナミちゃんやくうがいてみんな牛のこと思ってるから、また飲んだくれに行くから。ここんとこ、なんだか泣いてばかりだわ。

デスクにいたら次々、次の仕事の話・・・ はぁ~会社員、ありがたくがんばりますというか次々に大きな意義のある仕事やらせてもらえるこの幸せ。いっぱいお金(予算ね)もらって好きな人に会ってとても大事な話をきいてそんでもって言いたいことを堂々世間に向けて放っているんだものそれも全国規模で。

あらためて、生んでくれた両親に、育った田舎に、家族みんなに感謝です。

なんだかここんとこずっと感謝日記だわ。う~ん成長のとき。

才能

幸福なことに、今回は私が心にひっかかった人たち全員に登場してもらうことができて本当に本当に幸せな仕事だった。そして改めて振り返ってみるとスタッフ全員、本当に心のいい人たちばかりだった。必死でがんばったADの戸島や後輩Dの前田に益本、そして編集オペレーターの海老原さんに鈴木くん、MAの遠山さん。それから美しいCG作ってくれたハットリさんチーム。私の徹夜明け早朝のブチ切れにも快く対応してくれて本当にありがとう。

この仕事を通して、私は世界をやさしい目で見ること、そして尊敬することを学びました。

長い道のりもあとまる2日で終了・・・の予定。やっと完成形が見えてきたところで皆の苦労や思いやりや気遣いやハワイの太陽や海や笑顔ややさしさがぐるぐる思い出されてきて美しいブルーの映像とともにちょっと感傷モード。今制作に関わってくれた人全員に本当に感謝。皆、かっこいいよ!プロの仕事師たちに改めて惚れ直すのであった私のハートは大忙し。あーもうすぐこれが終わると思うと・・早く終わってほしいけどこんな時間を過ごすことができて幸せでした。

着替えを宅配便で会社に送り今日も徹夜で明日から一週間完全に赤坂で編集詰め。泣き言一切なし。集中するのみ!

8月最後の日曜日。海の家もそろそろおしまい。真っ黒に日焼けした海の家の人たち。皆、どこに戻っていくのだろう。今年は去年にくらべてゴミが少し少なかったかも・・・ それでも、朝、公園や道端にペットボトルやお弁当の容器がそのまま置き去りにされて転がっているの見るとびっくりする。迷惑とか環境とかそういうこと以前のもんだい。

編集進まず・・・ 画面には否定やいじわるや闘いや嫉妬やそういうもののかけらもない笑顔の人たち。言葉では表現できなくても、身体全体で本質を理解する賢さ。それがあれば何があっても大丈夫。戻る場所は自分の胸の中にあるとわかっていれば。

ハワイ島の沖合いでひたすら青く透明な海の中で吸い込まれそうになりながら漂っていると、皮膚から温度ややわらかい海水やそういったもののエレメントが体の中に入り込んできて、大きな大きな世界と時間の中にこのちっぽけな自分が溶けてゆくそんな感覚と共に、そこから抜け出した後はすべてのものに感謝したくなる気持ちを思い出す。目の前にあるものが圧倒的に美しい夕陽や虹や星や不思議な空の色であったらならそれはもう生まれてきたことの至福に他ならず、何度もそんな気持ちになれた今年の夏はほんとうにいい夏だった。祈祷師キモさんに会って彼の大きく深い深い目の一瞬であたたかく包み込んでくれる笑顔を見たときにいきなり涙がぽろぽろとあふれてきたのは不思議でもなんでもなく、そういった大きなものを一瞬にして感じさせてくれたから。人のあたたかさとともに。人は自然の一部というけれど、人にしかない深いあたたかさというものが確実に存在していて、それがわかるのは私が同じ人間だからではあるけれど、そんなものを一瞬にして感じさせてくれる人が世の中には稀にいるのだと、決して忘れてはいけないと心に決めた大切な大切な極私的経験。あれほどにやわらかい雲のような心になるには、どれほどの孤独と絶望と葛藤と痛みと涙と身近な者の生と死と、そして愛を経験してきたのだろう。your マナ。魂。 ・・・そして浮かんでくるのはシワの刻まれた素朴でやさしくてあたたかかった今は亡きおじいちゃん、おばあちゃんの笑顔。大好きだった。  

海沿いの土地で夏の終わりを肌で感じつつ一人書斎にこもっているとセンチメンタルMAXにて時間ばかりがすぎてゆく。いけません。現実に戻らねば!

Halemaumaurainbow

夕陽は雲に隠れてしまったと思ったら、雲が虹に。

より以前の記事一覧

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ