The Cove

Cove_2

『ザ・コーヴ』観ました。ひとこでは、面白かった!というのが感想です。(イルカ漁の場面はもっともっと凄惨で吐き気がする映像をたくさん観ているのでコーヴのはそんなにショッキングでもなかったけれど、もがきながら血を噴出して殺されてゆくイルカたちの姿はやはりとても悲しかった。)反日だなんだと騒いで公開を阻止しようとした人たちのいったい何人がちゃんとこの映画を観てからそれをやったんだろう?これは、アメリカのテレビ番組「フリッパー」の元トレーナーで野生イルカを捕獲飼育して芸を覚えさせる仕事をしていた人が、一緒にコンビを組んだイルカの死をきっかけに意識を変えてイルカをおもちゃのように扱ったり利用したりすることへの抗議の様子や心情を追ったドキュメントで、漁だけではなく、水族館をめぐるイルカ売買の現状や、水銀汚染や、IWCで日本が金にものをいわせてやっていることの告発などを交えた問題提起の映画でもあり、単純に知能が高い動物を殺すのはやめろというものではないと思う。

逆に気になったのは、日本での劇場公開用に編集された部分。本編の前に、”この映画の中のデータなどはすべて映画の制作者の調査によるもので正確なデータかどうかはわかりません”というような意味のテロップが入れられてたり、エンドロールの前にもご丁寧に具体的な”間違い”(イルカ漁擁護の立場からの情報)などが登場人物とともに日本語テロップ表示されていたけれど、これをやるのなら、すべてのドキュメンタリー映画・番組・ニュースにやらなきゃいけないだろうと、本編よりもそっちのほうが気になった。それから日本語の翻訳テロップも、たとえば英語で太地の漁師をtheyと言っていたのを日本語で「やつら」とテロップされていたけれど、言い回しから「彼ら」が適当だったりするのにそうじゃなかったのも気になった。感情に訴えるドキュメンタリーは、こういったほんのちょっとしたことが大きく印象を変えてしまう。編集されていない本国のバージョンがDVDで手に入ったら観たいな。たぶん他にも日本公開向けに編集されてる部分もありそうな感じ。

盗撮に関しても、太地側が、これは正々堂々伝統文化だときちんと説明をするインタビューを入れるとか取材しろとかいうのを条件に撮影を許可するという対応をしていれば、逆にあんな手法はとられなかっただろうし、映画にもならなかっただろうと思う。

あぁそれにしても、この映画の中には、フリーダイバーがザトウクジラと一緒に泳ぐあまりに美しいシーンや、イルカがサーファーと一緒にサーフィンしているシーンや、バハマの野生マダライルカたちが遊んでいるシーンがたくさんあって、私も何度も通って会った見覚えのあるバハマのマダライルカも映っていたし、水中で大きな宇宙人みたいでとろ〜んとしたやさしい目に見つめられたときの全身が海に溶けてしまうような感覚を思い出してもう涙が出そうになった。海や地球に存在する命は、人間が好き勝手傲慢にコントロールするものではない、ずっとそう思ってる。

それから、こっちはDVDになってるサメと海洋生態系のドキュメント。シャークウォーター

Sharkwater1

こちらはいわゆるサメに対する一般的な固定観念が変わります。それからフカヒレはもう食べられないな〜。春雨でいいや。

大切なことは何か

『老人と海』

20年前、与那国島で撮影されたドキュメント映画、7月31日から映画館で再上映だそうです。主人公のおじぃは、この映画が東京で公開される一ヶ月前に、ひとりでサバニと呼ばれる小舟に乗って大魚と闘い、海に還っていったそうです。

こういう生き方をしていた人がいたということ、今もどこかにいるということ。頭の下がる思いです(涙)

アバター2、この夏公開!! ・・・?

ぎゃははは~!ようできますね~(爆)

ハート・ロッカー

すごいすごいすごいすごい!この作品とビグロー監督がオスカー6冠をとったということを含めたすべてがすごい。観終わってこれを表現するのは感動という言葉ではなく、人間ってそういう存在なんだよな、と胸に迫るものがあってしばらく席を立ちたくなかった。

装飾を削ぎ落とし、この世界に生きているというのはどういうことなのかを求め、死の危険を目の当たりにして極限の緊張状態になったときに訪れる、魂と心と体が1ミクロンも乖離していない突き詰めた悟りの瞬間が描かれている。その瞬間は激しく孤独でこの上なく静かで安らかで、そうなったときには本物のやさしさというものが顔を出すという人間の本質。それを表現した芸術作品だと思う。その芽は、20年近く前のビグロー監督の「ハート・ブルー」の真夜中のサーフシーンやキアヌ・リーブスとパトリック・スウェイジの追跡場面で頻繁に表現されていたもので、そこにはビグロー監督の哲学が常に底流に流れていた。なんという知性!

それは、「ディア・ハンター」や「シン・レッド・ライン」、そして「バベル」、さらにアウシュビッツに収容された精神医学・哲学者のフランクルが書いた「夜と霧」で描かれている、極限状態で垣間見る人間の本質ととても通じている。これは、とても哲学的で内省的な映画。はっきりいって、人間の内面を追求したことのない人や起承転結がはっきりしたものしか面白くないという人には不向きだと思う。

そしてそして、ドライでやさしさに満ちた命に対するスタンスとこの世界に生きていることの切なさ、男たちを純粋でいとおしい存在だと感じる目線、これは成熟した大人の女性監督にしかできない所業。オスカーの授賞式で、監督賞を発表するとき、プレゼンターのバーバラ・ストライザンドが、「The time has come !」と胸をはって誇り高くビグロー監督の名を呼んだ場面にはものすごく感動した。時代は少しづつだけど確実に動いているのだと思った。

まぁそれにしても、私はテルアビブで催涙弾を浴びて目の前を血を流して叫びながら走るアラブ人と一緒に逃げ惑ったり、NYのリハビリ病棟でベトナム戦争帰りでドラッグ漬けになって涙腺が壊れてしまった黒人兵と静かな時を過ごしたり、テヘランで空爆の轟音を遠くに聞いたり、孤島ではカメラクルーに自分の水をあげてしまって自分は脱水症状で死にかけたりとかそんな経験をしているのでなんだかいろんな場面がとてもリアルに感じられたのは確かで。いろんな経験してると映画も深く観られてうれしいなぁ。じこまん。

おかん。

一昨日、お会いしたナガイシさんと会社の先輩でいちばん感性が信頼できるクマガイさんが絶賛していたので六本木に観に行きました『母なる証明』

・・・なんか、凄いものを観てしまったとしか言いようがない。

ミステリーとか伏線とかそういう映画を観るという快楽と同時に、一切きれいごとではない、人の本質に触れる闇が折り重なり、見てはいけないものを見てしまったというこの消化しきれない感じ・・・。母の愛とか狂気とかそんな言葉が陳腐に聞えてしまう程、人の心理の複雑さと深淵が映像で表現されている。。特に後半の展開、そしてラストシーン、圧倒されます。

映画としての面白さは、この方の評に。→http://eiga.com/movie/54360/critic/

個人的に好きだったのが、家に無断で侵入していた息子の友達を見つけた母のキム・ヘジャがとっさに言った言葉が、「ご飯は食べたの?」。そう、母ってそうなんだよなー。それから、母と息子のウォンビンが一緒に寝るシーン。私は、なんだかほっとした。特に、ウォンビンが事件のあった夜遅くに帰ってベッドにもぐりこんでたとき、真っ先に母の胸をさわってた。こんな細かい心理描写もすごいなぁと。

「 ... all for love」

川崎109シネマのIMAXでMJのTHIS IS IT、やっと観れた。

最初から涙がずっと流れっぱなしだった。彼の肉体が音楽そのものだった。

そして、スタッフとの会話で、MJがいかに奇跡的な才能なのか、そして薄いガラスのように繊細なのかを改めて知らされた。MJが発する言葉の端々に使われるLOVEという言葉。彼がLOVEと言えばそれは純粋で全身全霊からのLOVEなんだ。そして、そこにあるのは、いたわりを何より渇望している傷つきやすい純粋で剥きだしの魂。

驚いたのは、リハーサルに流れる空気が、まるで、6年前にボストン郊外で取材させてもらったウイリアムズ症候群の子たちの音楽キャンプそのものの感じだったこと。会話の中でMJが何気なく口にする言葉、それが、ウイリアムズの子たちが使っていた言葉の使い方にありえないくらい似ていて、さらに、まわりのスタッフのマイケルに対するケアリングで繊細な言葉のかけかたは、彼を心から理解しようとしているもので、そこにはいたわりの愛があふれていた。そして、皆をつないでいるものは、魂の音楽。

前半のほうで、MJがベースの音にダメ出しをする場面で、最後にさりげなくひとこと、”all for love” と言ったのが忘れられない。そういう言葉をふつうに言える人はこの世界にいったい何人いるだろう?

上映が終わったら大拍手だった。

マイケルが伝えたかったこと、私はずっと忘れないよ。今までだってずっと同じ方向を見てがんばってきたし、これからもね。

追伸) 杉本さん、こうちゃんと一緒に是非、映画観てください!!!

寄り道してきた大人だけど、

息抜きに、くりりんと品川で観たかった映画、日本版サイドウェイズ。ワインにまったく詳しくないのでそのへんはよくわからないけど、ワインの奥深さや楽しみはオリジナルから程遠い感じがして舞台はどこでもよかったんじゃないの~?な感じではありましたが、出色は菊池凛子。かわいらしくて自分に素直に自由に生きてる感じの役、それから英語と日本語のしゃべり方とかすごくよかった!!! 

「花はぁ、自分にウソをつかないから、キレイなんだよね~」

オリジナル版をもう一度観たくなりました。そしてまた旅がしたくなりました。。

AUSTRALIA

19歳、わたくし、初めて1人で行った海外はオーストラリアでありました。

Aus2

映画館で観たかったんだけど、やっとDVDで観れたオーストラリア。スケールが大きくてロマンチックで景色も俳優さんたちも美しくて、これぞ映画らしい映画!面白かった~。アウトバックでキャンプして朝焼けの大地を馬で疾走してみたい!・・・と今日の新月に願いをしてみる。。

旅から旅へ。明日からまた北海道でっかいど~maple

HIGH WATER

Highwater_2

今日はいろんなイベントのお誘いが重なったのにどれにも行く気にならず円山町へ駆け込み、ガラガラの館内でHIGH WATERをかぶりつきで見る。やっぱノースショアはすごいとしか言いようがありません。あまりにたくさんの人が出てたので覚えきれなかったけど、レディースのライディングがものすごくかっこよかったのと、少しだけ出てたロブ・マチャド(最近、ハーレーとロブの露出がすごい・・・)がすごく素敵だったなぁ。それにしても編集のカットが短かすぎて疲れる映画だった。フッテージがありすぎて、どのカットの扱いも粗末になってしまった・・・そんな感じ。すごくもったいないことだわ。ストーリー構成も、ん~。。。もうちっと考えてほしかったなぁ。ただなんでも並べりゃあいいってもんじゃあないでしょうがに。映画館は画質が悪いし、DVD用にラフに作られた感じになってしまっているので、観るのならDVDになってからがいいと思われます。本日、辛口のNでした。。

善き人のためのソナタ

Daslebenderanderen_2

ずっと観たかった『善き人のためのソナタ/ The Lives of Others』

人を変えるのは、頭で考え恐怖で強制される幻想の正義ではなく、悩みながら人を愛し人間らしく生きようとしている人たちの姿。人の弱さと強さ、静かな愛。あぁなんて切ない生き方なんだろう。ラストシーンで涙があふれて、観終わったあと、じわ~っと静かに感動。

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ