waiwai 

Img20210612100347

 

波乗りをはじめたころ、

夕陽に染まるハワイの海で、

ひとしきり波に乗って遊んだあと、

ゆっくりパドルしながら岸に戻る途中、

友人が教えれくれた言葉、waiwai。

 

ハワイの言葉で、waiは水。

そして、waiwaiは、水のある幸福、豊かさという意味。

そこには、生きとし生けるものたちの命を育み、つつみ、浄化してくれる水への深い感謝と崇拝の心が込められている気がします。

 

朝に波乗り、

夕に川遊び。

 

どんだけありがたくて豊かかな。

 

Img_20210614_091533

Img_20210614_091556

Img_20210614_091615

じょっぼーん。

 

生きているというふしぎ

昨夜、友人のわんこが息をひきとった。

 

会いに行った時はもう瞳孔が開いてて、

それでも、全身で、一生懸命、息をしていて、

そのからだは、あったかくて、やわらかくて。

 

今朝、会った時は、もう冷たくて、かたくて。

でも、全身の細胞から苦しみは消え、ただ、おだやかで静かで。

 

今日は、いちにちじゅう、時間がゆっくりで、

空も海も天国としか言いようがないほど美しくて。

 

生きてるって、なんてふしぎなことなんだろう。

 

あったかいからだ、大事にいたわって、

そのあったかさを、そのやわらかさを、

あったかいうちに、やわらかいうちに、

いっぱい愛でたいと、あらためて思いました。

 

 

今日は、

透明な光の中、

花を買って、

泣いて、

笑って、

おそばを食べて、

ぼんやりして、

海に潜って、

さかさまになって、

ゆれる光の中を漂って、

タコやウツボとにらめっこして、

アイスクリームの乗ったぜんざい食べて、

いっぱい話をして、

歌をうたって、

やっぱり空や雲に感動して、

ああもうほんとに夏だねってなんども言った、

そんな一日。

 

世界は、なんて豊かで思いやりにあふれているんだろう。

 

光と水と

Img20210603161450

 

目の前の、光と水が織りなす風景に

ただ圧倒される幸福。

 

その透明さに引き込まれるように潜れば

魚影わずかな珊瑚の原が広がる

その静けさに原初の地球を想う。

 

ふと出会う魚たちの群れ

ただ生きている

その純粋さに触れ

全身の細胞から愛おしさが湧きあがる

命の呼応。

 

そしてまた訪れる静けさ。

 

イーシュヴァラ。

 

神の手の中で

わたしの命が息をしている。

キームム

きーむむ。

なんて可愛らしい響き。


ムムは桃。

キーは何かな。毛っていう説と木という説と。


おおきな梅よりひとまわり大きいくらい。

やわらかくなったら手で割って皮ごといただいてしまいます。

ほんのり甘くて美味しい。


北部の道の駅で10個くらいで100円くらい。

「おばあたちは、ちいさいときよく食べたさあって言ってるけどねえ」

と、レジの女性。


Img20210603074311

種を植えてみよう。

芽が出るといいな。


Img20210602225756

夜にあまーく、えもいわれぬ色っぽい香りが部屋に漂っているなあと思ったら、サンスベリアの花が満開だった。

夜に咲いて朝には閉じてる。

植物たちの静かな営みのふしぎさよ。

 2021年6月1日

6月になりました。

日々、地味に暮らしています(笑

このご時世でも、エサレンとヨーガは程よいペースでやらせていただいていて、

海や森にも遊びに行けるし、

週一でも続けてきた合気道は、袴がはけるようになりました。

 

北部が好きで、時間があったらしょっちゅう行ってて、

集落に家を借りたいなあと思ったり、

土地も探しているのだけど、いいご縁があったら。

海沿いの緑に恵まれた場所でエサレンができたらいいなあなんて思ったり。

 

美しい景色を見たり、

心のこもった美味しいものをいただいたり、

神秘的な瞬間に出会ったり、

たまに退屈したり、

そんな時はひたすら眠ったり、

好きな人たちと遊んだり。

 

写真は、たまーにインスタグラムのほうにあげてます。

https://www.instagram.com/onestillness/?hl=ja

Img_20210601_090607

植物たちがとても元気で。

サンスベリアの花が咲きました。

初めて見た。

こんな想像だにしなかった形のものがDNAに隠されていたんだなあ。

すごいなあ。

2021年 あけましておめでとうございます。

2021年の年明けは、いつにも増して静かでおだやかな気がしました。

 

この佳き日に施術させていただいたのは、83歳の女性。

ご家族からのプレゼントでした。

 

ご本人は、すみません、すみません、と恐縮しておられましたが、

 

そのやわらかな皺に、

はにかんだ微笑みに、

長く体を支えてきたその骨に、

その確かな鼓動に、

その静かな呼吸に、

そのおだやかな寝顔に、

 

ただただ感謝が湧いてくるばかりでした。

 

 

Img20210103101341

伊計島に行ったら、もうひまわりが満開。

 

去年の12月はずーっと冷たく強い風が吹き、

雨が多くて晴れ間はほんの少しだけ。

Img_20210103_132139

それでもひまわりたちは、

雲の向こうの太陽に向かい、

Img_20210103_111736

自らの内に宿る命の神秘に身をまかせ、

Img20210103101233

ただ、そこに、命の輪のひとつとして在る。

 

その揺るぎない静けさに、

深く満ち足りる。

 

 

今年もみなさまにとってよい一年でありますように。

2020年夏の記録 おもしろい偶然多々(自分メモ)

さてまあ、シンクロとか偶然とかもう日常茶飯事ではあるのだけど、ここ数ヶ月は時系列が変なことや物質的に「ええっ!?」ってことがおもしろいように起こるのでちょっと書きのこしておこうかな。

 

1)遊び編 シュノーケリング

 

久米島ではよく素潜りもしてたんだけど、本島ではこの夏始めたシュノーケリングにあっという間にハマってしまいました。

楽しくて、楽しくて。

10年くらい?ずーっと使っていたマスクが古くシリコンも固くなってきてしまったので、

「新しいマスクを買いたいな〜」「帰りにお店に寄って買おう」と思いながら希望ヶ丘ビーチに潜ったら、

深さ5メートルの海の底になにやら黒いものが沈んでいるではありませんか!

まさか。

それは、まさに、欲しかった黒のマスクとシュノーケル!ほぼ新品!

(写真あとで)

持ち主を探すといってもどうやって探したらいいやら。。

で、現在、保管しております。

もし万が一、希望ヶ丘ビーチでマスクをなくされた方、いらっしゃいましたらご一報ください。

 

その2週間後・・・

 

「このまま冬も潜りたいな〜。ウエット着始めたらウエイトが必要だな〜」と思って、楽天やアマゾンで検索した翌日くらい、

海があんまり綺麗なので、北部に言って潜ろう!と一気に国頭ポイントまでドライブし入ろうとしたら、

ビーチのエントリーする場所にゆらゆら揺れる網の袋が。

こんなとこにゴミいやだわと拾おうとしたら、その網袋に、泥にまみれたずっしり重いものが繋がれていた。

絡まった網を外してその重いものを洗ったら、、

Img20200801130622

なんと、ウエット素材のウエストポーチに、欲しかったウエイトが。。。!

ちなみに、網袋の中には腐って殻だけが残った伊勢海老と大きな魚の骨が残っていました。

おそらく長い間放置されていたはず。

いったいぜんたい、どうして置き去りにされていたのでありましょう。。もしくはどうやって流れ着いた???

現在、私がキープさせていただいております。

お心当たりの方はお知らせくださいませ。

 

短い間に、立て続けに欲しいと思ってたマスク・シュノーケルとウエイトが偶然目の前に。

神様がいたずらしてるとしか思えん(^0^;)

 

2)遊び編 波乗り

Img20200805064025

朝日を見ながらポイントへ。

(写真は停車している時に撮ってます)

この日は、なぜか久々にマイコー(マイケル・ミラー)のボードに乗りたくて、迷いなくマイコーのボードを車に乗せて、迷いなく大好きなポイントへ。

波はぜんぜんよくないけど迷いなく入って、私の他にサーファーは一人だけ。

カレントが出てきたところで海から上がったら、その方も同じくらいに上がって、岸でボードをみてびっくり!

Img20200805085630_20200909173101

なんと!めっちゃレアなマイコーシェイプの板!!!

マイコーの板っていうだけでも日本に少ししかないはず。

しかも沖縄で、

しかも二人しか入ってなかった海で、

しかも同じタイミングで上がってなかったら発覚しなかったこの偶然!

いやはや、なんというサプライズ(^0^)

 

3)お仕事オカルト編

・ある日の仕事帰り、車の運転をしている時にしている白の手袋に、

 ヘナの赤オレンジに染められた太めの髪の毛がついてた。

 あれ〜?こんな色の髪の毛のクライアントさんいなかったけどなあ、どこからついてきたんだろ?とマジマジと見て気になりつつも記憶になく。

 翌日、自宅サロンに来てくださったあるクライアントさんの頭に触れてびっくり。

 なんと前日に手袋についていた髪の色も長さも髪質も、まさに彼女のと同じ!

 なぜに前日に現れていたのでしょうか。。。

 

・最近の施術では、脊椎に触れている時に解放が起こるクライアントさんが多く。

 ある方(ヨーガを長くされている方で、その日の状態はとてもサットヴァな感じだった)の胸椎の大きな解放があった後、

 なんと、その方の胸の脇あたりにかけていたタオルの下から赤ちゃんヤモリちゃんが飛び出してきた。。

 いったいどうやって紛れ込んだの?

 どこからやってきた?

 

・あるクライアントさんに、那覇に美味しい和食のカフェがあるのでぜひ行ってみてくださいね〜と、

 セッションを始める前に何気に話をして、3時間ほどの施術。

 ちょうどセッションが終わったくらいの時間にその和食店のオーナーシェフから「お弁当が余ったので食べますか?」のライン。

 「わー!ちょうど昼間に話していたの!いただきます!」

 そのオーナーシェフは私と同じマンションに住んでいるんだけどいつも帰りが遅く、この日はたまたま早く帰った日で。

 お弁当は、めでたくそのクライアントさんに渡ったのでした。

 (こういうことはよくありますね。)

 

4)ボランティア編

 これは詳しくは書けないけど、

 ある人からの急な連絡、私がたまたまフリーの日で動けたこと、病院からの連絡などなど、

 綱渡りのようなギリギリのタイミングの偶然が連なって、ひとりの命が救えた一件がありました。

 

 この件は、私が常々感じていた、”スピリチュアル”の危うさを見せつけられた一件。

 見えないものが見える人を盲目的にありがたがったり、

 それを利用して誰かをコントロールしようとしたり、

 ”愛”と相互依存&執着を勘違いしていたり、

 そんなケースをたまに見受けます。

 そして、そこには、自我のトラップにハマって全く気づかないでいるケースも。

 これは、遊びのレベルでやっている分にはいいと思うけど、

 最悪、人命に関わる事態にもなってしまうということ。

 さらには、今回、いまだに霊感商法的なことをやっている人たちがいるという事実(この症状を治すには○○についている○○を取り除かなくてはいけない。それには50万円かかりますというような)を知って驚いた。。

 人の弱みにつけ込み自我を満たすために利用する(やっている本人たちは自覚がないかも)人には、心底、気をつけたほうがいいと思います。

 沖縄はユタさん文化もあるので誤解しやすいかも。

 それが悪いとかではなくて、本物のユタさん、神人さんは、この辺のところはきちんととわかっていらっしゃいます。

 わかっている上で、気を楽にしてくれたり、勇気をくれたり、気づきをくれたりします。

 

話はずれちゃったけど、、

 

大なり小なり、折り重なる偶然のおどろき。

でも、こういうことって気づいていないだけで、ふだん体験していることすべてがこういうことなんだろうなあと、

生きてるって、ほんと、奇跡の連続で、リーラ(神の戯れ)なんだなあと思うのです。

こんな楽しい3次元ゲームはないね。

 

それにしても、Naomiさんは、ほんとにいい出会いとクライアントさんに恵まれているなあと感謝しきりなのであります。

いつもいっぱいのありがとう❤️

 

2020年夏の記録 食いしんぼう万歳(古っ 笑

Img_20200817_165240

夏はドラゴンフルーツ!

シークワーサーをかけていただくと最高。

ばんしるー(グアバ)もパッションフルーツも、近所の無農薬ものや友人たちからいただく贅沢。

Img20200821125955

3日に一回は食べてるかも?な沖縄すば。

こちらは、初めて行った許田の守良屋(すーろーや)さん。

スープは化学調味料を使ってなくてあっさり、麺は手打ちでもっちりつるつる。

フーチバー(よもぎ)もつけてくれました。

古い一軒家がとてもセンス良く改装されてていい感じ。北部への道中にまた行きたいな。

Img_20200807_204353

屋我地島の道沿い海沿いの、オープンそうそうインスタ女子に大人気のフィフィパーラー。

このパフェ、ヤバし(笑

Img20200821165156

3人並んで完食。

ストローにスプーンを立ててキャンドルだ〜(笑

 

Img20200820130440 

北部ついでに、、

名護のナイスネスさんのプレート。一品一品が丁寧に作られてて、ほんとに美味しい。

伊豆味のスーリヤ食堂さんも大好き。

沖縄は美味しいスパイスカレーのお店がいろいろあってありがたし。

P_20200124_120740

こちらはご近所、大好きな北中城のくるみ舎さん。

インテリアもお庭も、プレートだけでなく自家製のドリンクも美味しい〜。

 

Img20200816134510

北部に行ったら、湧き水の清水を汲ませていただいて帰ります。

澄んだ味、そして夏は冷たくて最高!

 

そして半年以上ぶりに行けた糸満の大好きなフェリシダード。

Img20200827135936

スーパーサラダ健在!

野菜の滋味やっぱり美味しいな〜。

 

それから、

言わずと知れた天然酵母パン屋さんの宗像堂で週に数回?提供される生パスタ。

(友人が予約してくれたので、よく知らず、、)

Img20200825135306

もちもち、濃い味、美味しかった〜。

白ワインといただきたかったです(アルコールは一切飲まなくなったんだけど、、、)

 

さいごは、いつもお世話になってる泡瀬のBBコーヒーさん。

Img20200725095032

豆ポレポレさんの豆を使った美味しいカフェラテ 朝プレートつき🎵

Img20200725104531

スイーツも美味しいけど、長居した時はアボカドトースト、美味しい〜。

 

以上、写真で撮ったぶんだけのアップでした。

 

普段は家でそうめんの日々だけど(^^)

 

 

2020年夏の記録 風景

1ヶ月近くも更新していませんでした(><;)

ということで、昔のこのボログ ブログみたいに2020年夏の記録でも残しておこうかな、と。

Img20200812055413

夏の朝は夜明けが早くて、格別に美しい朝焼けが多いのです。

Img20200812062110

寝室からの清々しい朝景。

Img_20200812_055937

一瞬、カーッと燃えて息をのむほどの光景を見せてくれたあと、すーっと落ち着いた色合いに戻るまで、十数秒。

「今」から「今」へ。

世界はいつだって奇跡の連続。

今に在ることの幸福、そして限りない豊かさ。

Img20200908094747

海も空も。この青を見るたびに圧倒される。

そんな日常。

Img_20200909_094816

大好きなサーフポイント、この日は一人貸切。

時々、よい感じのセットが入って、湾の内側までロングライド 。

これも嘘みたいな奇跡。笑

Img20200829153352

夏らしい雲だな〜。

ここでのシュノーケリングは、サンゴの大きさとその量と地形のダイナミックさ、そして射し込む光の美しさはまさに別世界の龍宮城。

こっちとあっち、自と他の区別が全て溶け去って、ただただ呼吸のみが、命の息吹だけが在る。

Img_20200909_095131

誰ですか?わはは!

走行距離20万キロ突破のネイキッドちゃんもまだまだ現役。

とはいえ、いつご臨終になるか、、ということで、

じゃーん。

Img20200829152931

新車を買いました!

まさに青空SUV!ルーフがガラス!最高!!

おそらくこの子にもこれから20年はお世話になりそう。

 

青の景色もいつもいつも感動してばかりだけど、

Img20200909071955

曇りの朝。しっとりとした海と大気の水が織りなすグラデーションにもしみじみ。

大好きな夏。

 

フォト
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ