変わっていく世界

エックハルト・トールは、今、世界で生きてる人の中でいちばんわかりやすく「真理」を説明してくれてる人なんじゃないかと思う。
この淡々としてて可愛らしい小動物っぽい感じが大好き。
んで、この動画の最後に淡々とパンチのあることおっしゃっておって笑ってもうた。
私も彼の本『ニューアース』を発売すぐに買ったんだけど
心身ともに忙しくて内容も理解できてないまま本棚に置いてあった。
そして、一昨年のオーロビルでの瞑想や去年のラマナアシュラムでの瞑想、ヴィッパサナー瞑想、そしてヨガスートラの学びを続けたあとで読んだら、(もちろん日々の瞑想は基本)、めっちゃ納得腑に落ちるの連続で面白くて一晩で読めてしまった。


話は違うけど、
神って何?っていうのの説明もわかりやすい!
(説明できないって意味で)
それから、13歳でフリーエネルギーの装置を作っちゃったと話題になったマックス君の語る神も説明も面白い。
量子論と現代物理で、言葉を使って説明するのはこれが精一杯なのかもなあ。
私は神様は自然だと思ってる。
自然って言うと山や海は森や、、ってイメージがあるかもしれないけれど、そういう目に見える触れられる物質の意味ではなくて、それを構成している波動エネルギーみたいなもののベースにある法則という意味での自然という意味で、自然意識と言ってもいいけど、これは全宇宙の内外にあまねく存在している。もちろん個々の内にも。
そして100%の調和とこの上ない美しさがある(とというか、それも超えてるな。。)

さておき、こうやって宗教ではなく神やら真理やらについて語る人たちが
今は本当にたくさん表に出てきていて(結局は皆がほぼ同じことを言ってる)
実際に出会ったりもするし、面白い時代になってるなあと日々実感中。

静かな日曜。

P5210011_2

今日は海が静か。透きとおった水に惚れ惚れ。
P5220043
午後になって出てきた雲。
海は空を映す鏡だなあ。
P5210021_2
午後の静かな時間、ミサが終わって誰もいない教会。
この場所に座って心を内に向けると、今日も涙がじんわり。
生きている切なさ、痛み、よろこび。
心は外側に向かう癖があるから、
日々、自分が関わる人たちやメディアや身体といった外界ばかりに目が行き、
他人の行動や他人の目を気にし、
そういったものに反応する自らの感情にとらわれてしまいがち。
何かが違うと感じたら、
心の向かう方向を180°転換して、本気で内に向かう。
心の癖は頑固だから、簡単にはいかないかもしれない。
見ないようにしていたものと向き合わなくてはいけない時もくる。
けれど、我慢強く続けていると出会える 
「私はここに在る。I am here now」 というゆるぎない感覚。
深いところが満たされる。
何かが融けて涙がこぼれるかもしれない。

私はキリスト教徒ではないけれど、確かで信頼できるものがあるという感覚の中、
周囲を気にせず安心して静かに内に向かえる場所が町中にあるってすばらしいことだなあ。

イル テアトロ グレコ(ギリシャ劇場)とゲーテ

ドイツの詩人・劇作家・自然科学者のゲーテは、37歳の時、約2年にわたるイタリアの旅の中でシチリアにも滞在し、

「シチリアなしのイタリアというものは、我々の心中に何らの表象をもつくらない。
シチリアにこそ すべてに対する鍵があるのだ」
と書いているそう。(ゲーテ著『イタリア紀行』 私は読まないで来てしまった。。)
そのゲーテが、
「世界中のどんな劇場の観客もこれほどの景色を目にすることはできないだろう」
と書いたという、タオルミーナのギリシャ劇場に行ってきました。
今でも夏の6月〜9月の夜にコンサートやらオペラが上演されます。
P5010079
見晴らしのよい岩山をくりぬいて最初に建てられたのはギリシャ時代の紀元前3世紀、
今ある姿は、古代ローマ時代の1世紀末〜3世紀にかけて闘技場に改造されたものだそう。
P5010075
ということは、イエスキリストが生まれるずっとずっと前に生きていた古代の人々もここに集まり、この景色を見ていたんだなあ。
P5010080
どの角度から見ても絶景。
特にエトナ山と海を背景にする景色はため息が出るほど美しい。
ギリシャ時代にはどのような形で、
古代ローマ時代にどんな闘技が行われていたんだろう。。
P5010092
観客は5000人も収容できるそう。
そういえば、この劇場に近づくにつれて鳥の声がそれはそれは美しく澄んですぐ近くに聴こえる感じがしました。
P5010094
馬蹄型の客席は、銀河系や、原子モデルや、素粒子実験の加速器みたいでもある。
自然界の数学物理学的な美が無意識にか、もしかしたら意図的に表現されている。
世界でいろんな遺跡を見てきたけど、
古代の人々の自然観は全体的で調和的だなあと感じることがよくある。
P5010135   
気が遠くなる時間の流れ。
P5010111

P5010115

P5010126

P5010065

P5010061

P5010057

P5010125
崩れた壁の向こうに見えるタオルミーナの街。
P5010055
劇場の外側からも、どこを見ても絶景。
こちらもタオルミーナの街。マチュピチュみたい。
P5010134
隣の岩山の上にあるお城も見えます。
P4140256
そのお城の近くから見たタオルミーナとギリシャ劇場。
岩をくりぬいて造られたというのがよくわかります。
しかし、今みたいな重機のない時代に、いったいどれだけの労力がかけられたんだろう。
P5010141
光と影の美しいこと!
P5010046
圧倒される青。   
P5010027
メッシーナまで続く海岸線。
P5010041
タオルミーナから海岸線まで行き来するフニクラ(ロープウェー)おもちゃみたい。
P5010032
ここでは、おもしろいことに、透き通るような鳥の鳴き声が体に沁みるように聴こえたり、
植物や素早く動き回るトカゲたちがとても近くに感じたりした。
そして、シチリアの大地と海に降り注ぐ太陽と海と空とエトナ山の絶景が堪能できる場所、
ここでゲーテがいたく感動したというのはなんかわかる気がして調べてみたら、
こんな素晴らしいことが書かれているページがありました。
(なんと、尊敬する発生学・自然哲学の三木成夫さんとゲーテの自然観に関して書かれている!)
少し引用させていただくと、
自然の法則に畏敬の念を持ち、「愛によってのみ、人は自然に近づく」 と言ったゲーテ。
”世界あるいは宇宙全体をあらしめている働き” =自然 =神 であり、
この神を用いた一節、「神の中に生き、動き、存在する」
というのは、ギリシャ詩人の詩の一節で、ゲーテは好んで引用したのだそう。
そして、ゲーテを敬愛してやまなかったシュヴァイツアーが、
ゲーテの使命は、「深く自然と結びつきながら、自分自身を、この上もなく豊かで高貴な自然の一片として、われわれにつたえるということにあった」
と書いているそう。
なんて美しいんだ。。
私にとってゲーテは文豪というよりもロマンチックな自然科学者。
彼の『色彩論』はシュタイナーが支持したように、ニュートン的な機械的科学ではなく
自然にはもっと神秘的で曖昧な深さがあること(現代物理学的でもある)がベースにあって、そこにやはり神(自然のはたらき)の美を感じるのだなあ。
そして、なんと、日本の人間国宝で染織家の志村ふくみさんが、
「ゲーテの『色彩論』は自然を読み解く最奥の書である」
と言ってらっしゃるではないか。
さらに調べてみたら、
ゲーテは、シチリアのパレルモでは植物園に通っては植物のメタモルフォーゼの考えを育んでいた!おお〜。
(これ読んでる方はなんだかよくわからない世界になってしまってると思われるかもですが、、)
私の中で、このギリシャ劇場を舞台に、
絶景ー自然ー神ーゲーテー鳥の鳴き声ー円形ー色彩環ー植物ー発生ートカゲーメタモルフォーゼ・・・ という宇宙の神秘が全部一緒に展開してさらには三木成夫さんや志村ふくみさんの芸術にまで広がるというすごい宇宙的展開になってしまったのです!うお〜なんという感動! これこそが愛だわ! 笑
P5010153
鳥たちは、ここで何を見ているんだろう。

日々の瞑想

今朝は寄せる波の音が大きめ。めずらしく波がある海。
P4260002
毎朝、窓際のソファに座って瞑想。
短いときは15分。
やらないと朝顔を洗ってないみたいになんだか気持ち悪い。
瞑想は心の掃除。
日々、朝は簡単に顔を洗うように短いのを。
夜寝る前にも短いのか、もうちょっと長いの。
時間を見つけては、お風呂に長く浸かるとか長くシャワーを浴びるとかそういう感じの瞑想も時々。
目に見える体の汚れはすぐにわかるけど、
心の汚れや長年溜めてしまった癖(サンスカーラ)にも敏感になりたいもの。
もし溜めてしまったものがコチコチで腫瘍みたいになっていたとしたら、
ゴエンカさんの10日間ヴィッパサナー瞑想もすごく有効で、心の手術と言われてるけどまさにそんな感じ。
でも日々、小さな汚れを落としていくことがいちばん大事。
P4260007
そういえば、数日前の夢は、どこかの海に落ちたら、そこはイルカの群れの中で、
あの弾むようなつるつるした体にぼよんぼよんとぶつかって、
ゴンドウクジラみたいなのに笑われた。ものすごーくリアルだった(笑
フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ