心身の治癒がおこるとき

自身が頭のなかで作りあげた物語の中にどっぷりと浸かりきって喜怒哀楽に翻弄され、それが自身が作り上げた牢獄なのだと気がつかないでいる。

そのことに気がついて一歩外に出たときに本当の意味での心身の治癒が起こりはじめる。

これを日々、クライアントさんとのセッションで実感しています。


ちなみに、自身が作った牢獄にいるその状態をヨーガでは混乱状態あるいは麻痺状態あるいは無知といい、クンダリーニが麻痺して眠りこけているとも表現されています。

(ヨーガと同様、現代ではクンダリーニのイメージがかなーりズレて認識されてしまってるようだけど)

P_20190813_132450

やんばるの森の蛙さん。

読谷ホリスティックス

先月オープンした読谷のクリニック、

とってもいい感じのリーフレットを作ってもらえました(^^)

20190903_072307649_2

このイラストがかわいいの♪

20190903_072630341_1

私は、エサレンボディーワーク、ディープコアヒーリング、ヨーガ(プライベートクラス&療法)と瞑想を担当。

おかげさまで、とてもいいクリニックに成長してきています。

20190903_072637641_1

早速来て下さっているクライアントさんのみなさんからは、

ひとりひとりのニーズに合わせた丁寧な施術でとても喜ばれています。

 

心身のメンテナンスを通して、

ひとりひとりの人生の一コマで関わらせていただく。

それぞれの人生、希望、やり遂げたいこと、不安、悩み・・・

寄り添い、応援し、影ながら支えるという役割をさせていただくありがたさ。

20190903_072649799_1

スタッフみんな仲良く、そして真摯ににクライアントさんのことを考えて日々進化中。

今まで一人で施術をしてきたけれど、

3人の施術家それぞれの専門的なアプローチ(レベルがめちゃめちゃ高い!!!)と

優秀なマネージャーの4人でまさにホリスティックに対応できる体制でもあり、

クライアントさんにできることが拡大して施術家としても発見や学びがいっぱい、

チームっていいなあ、と、そして、ますます、人ってすごいなあと実感。

何よりクライアントさんの変化が嬉しい。

 

ご興味のあるかた、よろしければHP見てみてください(^^)

https://www.yomitanholistics.com

場をつくること、日々のアビヤーサ(内的修練)

自宅の施術の部屋。

20190824_125400325

毎朝、この部屋の畳に、最低30分間、きちんと座って瞑想しています。

夜明け前の静けさは格別。

かれこれ1年間。

続ければ続けるほど、また、セッションすればするほど、場は安定して、ここに入っただけですっと中心に戻される。

敏感な友人は、寝転がるだけで一瞬で深い休息に入るのでチャージステーションとして使っています(笑)

 

それにしても、人の体というものは隅々まで細胞のひとつまで磁場だなあと実感します。

セッションのあとに掃除機をかけたあと、髪の毛が一本でも残っていたら場が変化しているのがわかるほど。

だから、クライアントさんが触れたタオルなどはすべてすぐに洗濯機へ。

オイルが落ちにくいので一回めは洗剤と酸素系漂白剤多めに、そして二回めは洗剤の香料や残りがなるべく残らないように水だけで、と、2ラウンドします。

セッションの場をニュートラルに保つための日々のルーティーン。

 

これと同じように、日々の瞑想は、続けると、かすかな心の癖やエゴの働きにまで気づくようになる。

周囲の感情や思考ノイズに敏感になる。

けれどそれらのノイズは現れては消えてゆくものなのでその変化を見守るだけ。

中心に、ニュートラルに、ゼロに定まっているとそんな感じがあります。

 

中心に定まる努力をすること、

これが、パタンジャリ師の教えてくれているところのアビヤーサ(内的修練)、ヨーガの基本原則の2つのうちのひとつ。

ご報告

と、いうタイトルだと

つ、ついに直美さんが・・・

 

と想像された方いらっしゃるかも?(笑)ですが、、、自意識過剰か、、あはは。

 

 

さておき、

喜ばしいことに、新しい職場がオープンしました!!!

 

沖縄本島に来て出会えた、信頼できる治療家の方とマネージャーが建設されていたクリニックに私も加わらせていただくことになり、先月末に晴れてオープンとなりました。

 

読谷Holistics です。

https://www.yomitanholistics.com/

 

読谷の、海近い長浜にあります。

私はエサレンボディーワークと、

かねてから考案試作していた、着衣で受けていただくディープコア・ヒーリングセラピー、

そしてヨーガと瞑想講座も引き続きプライベートセッションをやらせていただきます。

 

確かな技術と資格をもち、セラピーへの考え方等々を共に信頼しあえる同志と、

美しくクリーンな環境の中、このような形で仕事ができるなんて、心からありがたく思っています。

 

HPには、準備の段階で、あれがいいこれがいいとお互いに撮りあった写真、

特に私としてはエサレンの施術を象徴するような写真を載せてもらえていて嬉しい〜。

 

始まったばかりで、もしかしたらご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、

精一杯、よい施術を提供できるようがんばりますので、何卒よろしくお願いいたします。

もしよろしければ、HPのほう、ご覧になってみてください(^^)

 

いっぱいのLove&Gratitude

人生のステージのシフト

エサレンや瞑想で、特にここ数ヶ月感じるのは、

 

すでに魂の道を進んでいる方々の、魂の拡大(表現がむつかしい。。)が著しく、体がそれに追いついていないための不調が続いている、

または、思考が強すぎて魂の成長を抑えつけてしまっている、

または、過去に体験したことへの執着が強くて光を曇らせてしまっている、

 

それに、薄々気が付いている。

 

そんな方々が多くセッションに来てくださっています。

 

心と体はほんとうに密接なので、精神的なところで滞っている時は、肉体へのアプローチが効く。

人というのはそういうシステムになっているのだと日々実感、確信しています。

 

心、体、魂のバランスがとれたときに次のステージへ大きくシフトする、そんな感じ。

経験している人にはわかっていただけるかと。

 

必要な方に届きますように。

エサレン ボディーワーク https://www.esalenokinawa.com/home

瞑想講座 https://kawaguchi703.wixsite.com/alokah-yoga/meditation

 

20190525_102549954

エサレンのセッション部屋の植物たち。

やわらかい朝日を受けてすくすくと成長中。

20190525_102609753

ランの花が、絶える事なく次から次に咲いてくる、その生命の力とふしぎに惚れ惚れ。

2019年のヨーガのクラス

昨年はヨーガのクラスそして瞑想の講座をたくさんの方が受けてくださり、

心から、ありがとうございます。
出会えたみなさんが少しでも心身ともに楽にしあわせに暮らせるよう、
微力ながらのお手伝いを今年も引き続きさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、那覇、Ryukyuホリスティックラボでの毎週火曜日のクラス、
本年初日は、1月8日(火)からです。
詳細は以下のHPからご覧ください。

北中城村の自宅でのプライベートクラス、
そしてエサレンボディーワークの施術は今週から。
ご予約お待ちしております。

ヨーガのHPは、アドレスが変わりました。
エサレンは変わらずこちらになります。
https://www.esalenokinawa.com/



今年は、月に一度、瀬底島でのヨガ教室、
そして、読谷での施術が新しく加わって少し忙しくなりそうですが、
すごく楽しみです。
詳細はまたご案内させていただきますね。
どうぞよろしくお願いいたします。

本物に出会った時、

呼吸が静かに精妙に深く自身の中心に潜るような感覚になる。

ここ一週間、日々また新しい出会いがいくつか起こっているけれど、

そこにある共通する現象が、これ。
日々の瞑想や日常で、内なる澄んだ静寂に向かう癖(サンスカーラ)がもたらしてくれる気付き。

例えば、先日の大嶺先生のところに行った時も。
素晴らし作品を見せていただき、どんどん心が澄んでいった。
同時に、呼吸が細く長く精妙になる。
純粋意識に近い領域への静かなよろこびに満たされる。
それを敏感に感じてくださった先生がお声をかけてくださったんじゃないかと。

こういうことがよくおこる。

そして、誰かに、表面上は驚くような何かを指摘された時、
ひえ〜っと言いつつ、それを聞いた途端にどんどん深い静けさへと、
そして呼吸はとてもとてもゆっくりに潜ってゆく。
おそらく、それは真実なのでしょう。

何かに出会った時、浮ついた興奮を覚えたり
呼吸が早くなったりした時は本物ではないかもしれません。

まあ、それを本物と思って体験することも人生の選択ではあるけれど。
自分はもうこれは十分にやっったので卒業。


という、自分メモでした。

昨日の瞑想講座はテーマが呼吸。
単なる酸素と二酸化炭素の交換という意味ではない、もっともっと大きくて深い意味の呼吸。
拡大と収縮のサイクル。
宇宙が生まれて拡大してやがて収縮して源へとけてゆく、
人が生まれそしてまた精妙なるところに帰してゆく。
そのサイクルを私たちは日々、数万回繰り返している。
呼吸の秘密に気がつくことのおもしろさ。
ヨーガや瞑想講座で、これをお伝えすると、準備ができた人は深く納得される。

先日の、大嶺先生の、半分死んでいるという意味のひとつはこれでもある気がするなあ。
やはり、言葉では表現できない、あの目が語られたこと。

Harmony

瞑想やヨーガのクラスでお伝えしている呼吸。
ゆっくりと、なめらかに、まるい円を描くような呼吸。
始まりも終わりもなく、
時間もなく、
ただ今があるのみ。

呼吸は、
酸素と二酸化炭素の交換でもあり
プラーナの動きでもあり
内と外をつなぐもの。
それは、生命の営みそのもの。

この営みをただ純粋に感じることで、
まるくなめらかな動きそのものになることで、
すべてが調和する。

調和が完全になったとき、
すべてがひとつ、そんな概念さえも消えてなくなる。
P5250430_1

静かな暮らし

何も語らないで、というより、

語らないほうが
本質で通じ合える
そんな人とのひととき。

年齢や、人種や、性別などに関係なく。
目指すところが同じで、
真摯な学びを続けているからこそ。

少しおしゃべりしては沈黙。
そのすきとおった静けさの心地よさ。
沈黙の幸福。

20181114_065846285
今朝も朝陽が綺麗だった。

母が言うには、私は子どもの頃はちっとも喋らない、大事なことしか話さない静かな子だった。
社会に適応するため喋りすぎるくらい喋るようにになってひととおりのことを体験した今は
静かになりさないと、
人との出会いや
内側の声に導かれて行く場所で
その道を指し示される。
それがもう顕著で。

先日、思いもよらない場所でお会いしたボディーワークの大先輩の、
その生き方を物語るようなやわらかでふわふわとなにもかも受け入れてくれる手に触れていただいたとき、
すべてが溶けて理解でき、
すべてが報われた。
あのやわらかな手と慈悲に満ちた目を決して忘れぬよう、
何度も思い出しては私の全存在に刻む。

静かな日々の暮らしの満足。サントーシャ。
それが、より精妙な世界への扉なんだなぁ。

那覇にて、ヨーガのレギュラークラス再開します。

沖縄のみなさん、
観光でいらっしゃるみなさん、
長らくおやすみしておりましたが、ヨガのレギュラークラスを再開します。

場所は、いつもお世話になっているRyukyuホリスティック・ラボさん。
那覇の奥武山公園のすぐ近く、
空港からもモノレールですぐです。

少人数で丁寧に指導いたします(^^)
お気軽にいらしてくださいね。
詳しくはこちらを。
20180320_100905305
光が入る、海沿いの明るいスタジオです(^^)
入り口がわかりにくいかもしれませんが、
奥武山自動車商会さんのビルの2階です。
外階段で2階までお越しくださいませ💗

より以前の記事一覧

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ