畑の生態系

茎ブロッコリーが伸びてきてるんだけど、今年はアブラムシにたかられてしまっている(><;)
アブラムシ防除に効果があるとされているコンパニオンプランツのニンニク、コリアンダー、ディル、ナスタチウムを周辺に植えてあるんだけど。。
2週間くらい前に、ルッコラが繁りすぎたので刈ってしまったのがよくなかったのかも。ルッコラの林は、てんとう虫たちの繁殖場所になっていたので、あのたくさんのてんとう虫が他の作物のアブラムシを食べてくれていたんだろうな。
たとえ小さな畑でも、一度生態系ができてきているところに急激な変化をもたらすとそのバランスが崩れるっていうのを顕著に見せられた感。
常に手を入れる畑とは違って、私の畑は基本ほったらかしで育つものをいただくという畑なので、そういう畑では、生態系をよく観察してそれなりの手入れの仕方を考えないといけないのだなあと学んでいる次第。
Img_20150204_080315
それでも少しだけ食べられる新鮮な茎ブロッコリーはものすごく美味しい♡
しみじみ土と水と太陽に感謝。

わったー庭は世界一のシェフなのだ

私的には、今が沖縄で最高の季節。
涼しくて湿気もなくて痒い虫もいなくて庭の作業もしやすい。海水もまだそんなに冷たくないので足を浸すのも気持ちいいし、浜辺に寝っころがっても日光は強すぎないからウトウトしてしまうほど。そして夕陽はびっくりするくらい大きくて濃いバラ色!空気は澄んで、夜は雲がなければ天の川が見えて星もきらっきら。そして葉もの野菜がどんどん育ってる。これ以上に望むことはあるだろうか。ただありがたいと思うばかり。

Img_20141203_092903

朝日を浴びて2度寝するマイラさん。こんな姿を見るのはなんとも幸せ。

今日は久しぶりに何も予定のない水曜の午後だったので、庭の草をちょこっととって、ひなたぼっこしながら繁りまくっているルッコラの葉っぱをぷちぷちと収穫。Img_20141203_163410

ルッコラって知らなかったけどすごい薬効があるのね。ビタミン、ミネラルはもちろん豊富、パクチーみたいに解毒作用が強く、抗がん作用の物質も多く含まれ、しかもシュウ酸が少ないetc・・・って、スーパーハーブじゃない?ウチの畑は、結果的に、ルッコラやディルにフェンネル、そしてパクチー、ホーリーバジルがめっちゃ繁るようになったんだけど、これって、植えた中で私が特に好きなものばかり。好きだから元気に育ってくれるのかなあ?名付けて私のラブ農園。ほったらかしだけど愛はいっぱい注いでるつもり。愛じゃなくて食欲か?(笑
Img_20141203_172128
そして、手が付けられない草むらに知らないうちに伸びてたウリ科のつる。草をかき分けてみたら、なんと大きな緑の実がでてきた。
何かよくわからないので切ってみたら、、、
Img_20141203_163918
こ、こ、これは!!!私が世界じゅうでいちばん好きなカボチャ、沖縄島かぼちゃのナンクワ〜ではないのか〜!?
青すぎるけど煮てみたら青いのにほっこり甘い。
そしてドライハーブとココナツミルクで煮てみたら、うお〜って叫ぶくらい美味しい!!!(みためはあまりよろしくないが、、)
Img_20141203_170529
あんまり美味しいので、まだ熱い鍋を持って、いつもご馳走をおすそわけしてくれるお向かいのおばあの家に走る。
そしてまた引き返して、草むらのツルをかきわけてみたら、、、
Img_20141203_174451_2
でた〜!熟れたナンクワ〜!
ほったらかしの正真正銘・無肥無農薬のお野菜。そして放射能の心配なし。これ大事。まるでもう忘れ去られてるようだけどまだまだいろんな食材から放射能は検出され続けていて沖縄にも流通していて不安をかかえながら食べるのはできる限り避けたいから。
しかしこんなふうに収穫できるなんて1年前は想像だにしなかった。夢のようだなあ。
昨日、電話で、東京に遊びに行ってきたパートナーが銀座の最高のスシ食べたとかロブション美味しかったとか言ってたけど、そういうのはもう私には過去の世界で興味はなくて、そのかわり、ここには土地という最高のシェフがいて絶妙な野菜を作ってくれているというそのことに気がつけた自分はなんてラッキーなんだろうと思うのであった(自画自賛ですわ。笑)
大地と太陽と水。土を耕す微生物やミミズや虫たち。自然ってほんとにすごい。
Img_20141203_164713
そして、これは昨日いただいたドラゴンフルーツ。今年はなんと3回も収穫できたんだそう。そして大きくなったシークワーサーは簡単に手でむけて中からぷりっぷりの実が。甘くてみかんみたいに食べられる。今日は、これを種ごとミキサーにかけてビールに混ぜてシャンディーガフにしようと思って飲んでみたら・・・
Img_20141203_165024
なんと!大好きなベルギーの白ビール、ヒューガルデンの味になっとるではないか!
・・・ということで、楽しくて仕方ない庭ベジライフでございました。
今日も感謝。

畑復活。そして life goes on..

s Img_20141116_143934

ほったらかしの畑。やっと、やっと手入れする時間がとれたのでがんばった。
ヨモギと雑草で覆われていた4つのキーホールのうち、ひとつを掘り起こして再生。
いい具合にほったらかし農な感じ、こんなんでいいんだろうな。
Img_20141116_143950
私が種から発芽させたパクチーは台風のとき全滅してしまったので、なおさんにいただいた苗を植えた。元気に育ってね。
Img_20141116_144038
コーヒーの木は、以前、直射日光が強過ぎて枯らしてしまったので今度はがじゅまるの木陰で様子見。どきどき。
Img_20141116_144007
夏の終わりに植えたハンダマ。大きくなりもせず枯れもせず生き残ってた。自らの伸びる時を知り、じっと待つ植物の知性にはいつも驚かされる。
Img_20141116_144018
モリンガの木!台風で茎一本だけになったけど見事復活!
Img_20141116_150350
ディルも枯れてしまったかと思ったけど根を残しておいたら見事に復活!
Img_20141116_144047
ミントも!6種類のミントが植えてあったんだけど、復活目覚ましいのはアップルミント。
Img_20141116_150332
ルッコラは台風にもやられずただひたすら勢力を増している。。どこまで行くのか楽しみ。きっと原種に近い種なので強いんだろうな。今は黄色の花が満開。
Img_20141116_144102_2
ホーリーバジルは種が落ちて繁っている二世代め。こちらも台風で葉っぱが全部落ちてしまったけど、枯れた株をそのまま残しておいたら復活。こちらも驚く生命力。
Img_20141116_154232
マイラさん、車の中であんまり気持ち良さそうに寝てたからパパラッチしようとしたらむっくり起きた。
畑はキツいこともあるけど、やっぱり楽しいな。
なんでこんなに楽しいんだろう?
植物たちがそのまま環境を写す鑑で、その精妙さにじかに接することは命の営みとその知性に触れることでそれは驚きと発見に満ちていて、その驚きは心の深いところを満たしてくれるからなんだろうとそんなことを思った日曜日。

ゴマ

Img_20141004_083725_4cs

畑に一本だけ、なおさんにいただいたゴマが生き残って種ができた!ひと粒食べてみたら、食べ慣れた煎ってあるゴマの風味がほんのり。そして生きてる味がする。これがゴマか〜、とひとりで感動。
Img_20141004_083552
株はこんな感じ。台風風で花が落ちてしまったけど、もう少し収穫できそうだから、種で増やしていくよ。
Img_20141004_083350
今年植えたパパイヤの株がもう花をつけて小さな実をつけてる。風で倒れないようにこれから少し葉っぱを刈るのだ。

モリンガ

ひとつだけ芽がでたモリンガの種。
その木が順調に育ってきた。嬉しい!
自家製の液肥を撒いたのでそれも元気に育っている要因かな。
葉っぱを少しだけルッコラと混ぜて食べてみた。どちらもピリリとした味なので違和感なく美味しかった。もっともっと大きくなーれ。

Img_20141002_093246

そして、今日は、これと同じモリンガの木を育てている西中学校の島村校長先生のお話を番組の収録でお伺いした。どれだけ島の自然や環境教育が大切なのか、話だけではなく実際に教育現場を動かしている先生のお話、すばらしかった。
久米島に残された自然がどれだけ貴重で壊れやすいものなのか、島の多くの人が気付いていない。その大切さを知って守ろうとしたり、環境意識が高く、何かしなくてはとがんばっても、目先の今の楽な状態を変えたくない・面倒なことはしたくない、という周囲の意識に潰されて島を出て行った素晴らしい人を、私は少なくとも2人は知っている。なんというもったいないこと。
そんな中、校長先生は肩の力を抜いて、数十年先を見据え、着実に種を撒いている。
FMくめじま、明日金曜12:30からの『Natural Life』で放送です。
(ここから先は私が勝手に思ったこと)
”島に誇りを、心に夢を”というスローガンがあるけど、その誇りはどこから生まれてくるのかといえば、農薬漬けのキビや除草剤が撒かれて茶色になった畑や赤土や汚染で死んでしまったサンゴの海からではないはず。生きて美しい自然、そこに根付いた文化、共存する産業こそが誇り。夢がもてるのは、未来があるから。
そして、実際にその宝を見て体験して感じて知ることがとにかく大切。
島を個人にあてはめても同じ。
持続可能な暮らしの意識というのは、実はその人自身をも美しくするんだなあと、いろんな人を見て思う。

沖縄の夏草の伸びる勢いがハンパない!雨も適度に降ってくれているのでのびるのびる〜!

ついでにマイラの毛ものびるのびる〜

で、本日は久々の休日で、刈りの日。

2014091313100000_2

まずはマイラさんの顔バリカンと足バリカン。今日も暑いね〜。

そして広い広い庭の伸び放題の草を根っこからひいて汗だく、さらにほったらかし畑の手入れ。沖縄で無農薬有機栽培がどれだけ大変なことか身に沁みて体感。

 

見た目はもう雑草園状態になってしまったのだけど、、

右手前、一本だけ植えたモロヘイヤが大木(笑)に。葉っぱは、とってもとっても伸びてくる。

奥はレモングラス。数ヶ月はひょろひょろのままだったけど夏からすごい勢いになってきた。バナナも順調。パパイヤは5株植えて1株だけ生き残っていい勢い。

ルッコラは最初、ほとんど伸びなかったんだけどじわじわどんどん増殖増殖、真夏にこんなに強いとは思わなかった。イタリアの原種の種だから強いんだと思う。密集しすぎて葉が小さいまま。

たまたま種が飛んで伸びた一株だけは立派な葉っぱを提供してくださっておる。いくら好きでも1人じゃとうてい食べきれないさ〜。

オクラは2本植えて一本は枯れたけど、生き残った一株が・・・こちらも食べきれなくてオクラというよりキュウリくらいに大きくなってもうた。。種採取用にこのまま放っておく。

そして!

モリンガの種10粒植えて、一株だけ生き残ったのを畑に植え替え。どうかこのまま大きな木に育ってお願い。

なおさんからいただいたゴマの株!!!こちらも畑に植え替え。どうか無事に収穫できますように。

それにしてもゴマって初めて見たの。感動。この鞘が実入るとあのゴマになるのね。楽しみだなあああ。

フェンネルは花が咲いて種をとったら全部枯れてしまったけど、ディルは健在。ぼーぼーだけど。

2014091314020000_2

ホーリーバジルは、去年からの株が全部乾いて枯れてしまったけど、そこに落ちた種が次々に発芽して、知らないうちにまたホーリーバジル園ができてた。うれしい〜♪

ということで、見た目はぼーぼーの雑草園なんだけど実は1人で毎日食べるのにはじゅうぶんすぎるものが収穫できて、雑多で生命力の強いものが生き残っている、ほったらかし畑の理想形になってきた(笑)1年経って土にあっているものがわかり、手入れの大変さもわかり、前とは違う楽しみが増えたわけです。


そして!

約1年前から生ゴミを堆肥にすべく、すべてバケツに溜め込んできたわけだけど(私は野菜は全体食(皮も根っこもまるごといただく)ので生ゴミも少なくて、1年でこのバケツ一杯におさまってた)今日、満を持してかき混ぜてみたら、なんと、ほとんどが液体になっていた!おわ〜、びっくり!!!

おそらくゴキちゃんやダンゴムシや他の虫たちが食べて分解してさらに微生物たちがさらに分解してすごい栄養のある液肥にしてくれたのではないか。おそるおそるニオイをかいでみたら、なんとほんのり柑橘系みたいなさわやかなニオイなの。すごいな〜自然の生物たちの力。

この液肥を植え替えたり栄養が足りなそうな株に撒いてみたので、どんなふうになるか興味津々。

モリンガ

2014082017390001

モリンガの木を育てたくて種を買って10個撒いたけど、一個だけ発芽してくれてひょろひょろと育ってる。どうかどうか大きな木になってくれますように。

稲の植え替え

2014072515160001

春に大事に完全無農薬の田んぼに植えたとっても大事な稲の苗。稲穂が出る前に台風で倒れてしまい、忙しさにかまけてそのままにしていたら、ほとんど枯れかけてしまっていた。うわ〜ん、ごめんなさい!
でもまだ緑が残っているからもしかしたら復活するかも。
2014072516210000
とうことでレスキューし、
2014072517110000
某所の、目が届きやすい場所に移植。
イネはもともと多年草なので、今年の収穫はあきらめても、根っこが生きていたら来年はもしかしたら穂をつけてくれるかもしれないので試しにやってみる価値あり。イネちゃんたち、どうか回復してねと思いをこめながら丁寧に植えました。
2014072517130000
その奥、他のイネが青々としているけど、実はこれもレスキュー株。
そして、実は、ここ、田んぼっぽいけど、春まではただの赤土の石ゴロゴロの草地だったのです。土は粘土質。ここをスコップで掘り返して石をとって水を引いてゼロから作った田んぼなのです。ほんっと石がゴロゴロだから掘り返すの大変だった。。まだ土は赤土だけど、こうやって人が手を入れることで灰色のいい田んぼの土に育っていくそう。こんな過程が体験できるなんてありがたや、ありがたや。
と、いうことで、今日も流れた汗2リットル以上。シャツも農パンもびっしょり。

再生

毎日暑いけどマイラさん、元気にしてます。

畑は、刈った芝を積んでマルチにして土を休ませ〜の、

なおさんからいただいたハンダマの苗を植えた。ハンダマ大好き。元気に育ってほしいな。他にローゼル、コーヒー3本、お茶、そして久米高の無人販売のパパイヤの苗2本も。

トウルシーは台風で全滅したけど、自然に落ちた種が発芽していたのでプランターに戻してから畑に移植するよ。

あ!パクチー食べたいパクチーの種撒かねば!!!!!

花と蕾は全部落ちて枝もかなり折れたハイビスカスだけど、もう花が咲くようになった。

植物の生命力ってほんとうにすごいな。

最近の畑

移住した当初は、大好きなハーブがほとんどなくて残念だったけど、なかったならば自分で作ればいい。それが島の暮らし。買って食べるのとは比べ物にならないくらいの美味しさと満足感をもたらしてくれる。島暮らしの楽しみ。

なかなか手入れする時間がないのと端境期で土剥き出しが目立つけど、私ひとりが毎日食べるぶんには十分すぎるほどの収穫。

今とれるのは、埋まってるじゃがいも(ひえ〜掘り出さねば!)、まだまだ成長しそうなニンジンとゴボウ、ルッコラ(梅雨で葉っぱがぐんぐん伸びてきた!)、フェンネル&ディル、ミニトマト、ナスタチウム、パセリ、わけぎ(これも半年すぎてやっと伸びてきた!)他、ハーブはローズマリーとレモングラスが元気。パクチーは発芽待ち。

6月はまた不在にしてしまうので、手入れが必要なく勝手に成長してくれそうな苗(オクラ、赤もーうい、ピーマン、モロヘイヤ)を一株づつ植えました。なおさんがハンダマの苗をくれると言ってくれているのになかなかとりに行けない!あと、パパイヤの木の成長も楽しみ!


というわけで、今日のブランチは、

キヌア&玄米

フレッシュニンジンとゴボウ

たまねぎ

ルッコラ

大量のフェンネル

ミニトマト

ミント

味付けは、海洋深層水の満月のお塩(めっちゃ美味い!!!また追ってご知らせします)&オリーブオイル&バルサミコ

自家製豆乳ヨーグルトと自家製パクチーの種をかけてまぜまぜ。それぞれの野菜の歯ごたえもあってまんぞくなのら。

より以前の記事一覧

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ