久米島のみなさん、ありがとう!

出発の朝は夜明け前に君南風さんにお礼のご挨拶をして車に荷物を積み込みました。

君南風さんはいつものように清らかで、静かに見守ってくださっている気がしました。

Img_20160723_083012

フェリーで旅立つ人と見送る人がテープでつながって旅立つシーンはテレビや写真で見たことあったけど、

まさか自分がそうやって見送られる立場になるとは、この島に来たときは想像だにしなかった。

テープを買って準備してくれた仲地婦人会のみなさん、みかちゃんありがとう!!!

フェリーのデッキから、ありがとうの思いを込めてひとつひとつテープを投げました。

そして、一本一本がひとりひとりとつながって思いが伝わって、船が動いて切れるときに「あ〜きれちゃう〜」とさみしく感じたけど、

Img_20160723_083254
必死で巻き上げて抱きしめました。
Img_20160723_104914
いただいた庭のお花と、ひとつだけ赤くなっていたというパッションフルーツ。
淡くてとってもとってもいい香り。道中、ずっとこの香りで島のやさしさを感じていました。

よそものを快く迎えてくれ、お世話になりっぱなしの仲地婦人会。

キビ刈り、田んぼの草刈り、鯉のぼり、老人会、大ナベの血イリチャー、お葬式のお団子作り、仲地ハンタメ踊りの練習、ちんべえさんの雨乞い・・・ぜんぶ初めてで貴重な経験、そして何より、地元の太陽みたいに笑って頼もしい女性たちとの楽しい会話、いつも思ってくれているやさしさをいただきました。

FMを通して出会うことができたスタッフとリスナーのみなさん、

いつもいつも心あたたまるメッセージをいただき支えてくださり、

畑でできた野菜や手作りの美味しいもの差し入れまでもたくさんいただき、

何よりいつも聴いてくださって受け入れてくださった。

私が関わらせてもらった方々は、みなさん、自分の足で立って、

島のために、島をよくしていきたいという思いを持った方々で

頼もしく母のような強さとおおらかさで支えてくださいました。

ヨガに来て下さったみなさん、2年半で大きく変化して、

最後の頃のクラスでは、みなさんが静かに確かに自分の中心にいて、

それぞれのアサナがとても美しく、ヨガのもっとも大切な教えのひとつヤマニヤマが滲みでて、

身体各部のコントロールが必要な高度なアサナでも

『アサナは安定していて心地よいこと』が体現され

2年でこうも進歩されるものかと感動していました。

また、FMでの話やヨガのクラスを通して生き方考え方が変わったとおっしゃってくださった方々に祝福を。

いっぱいの感謝と責任も感じ、

さらに本物のヨガがお伝えできるようさらなる学びへ精進します。

球美の里を通して出会えたみなさん、

そしてあんまーたちは、いつもどうしているか気にしてくれて、

たくさんの島のことを教えてくれ、何かあったら助けてくれました。

豊かな時間をありがとうございます。

いつも探検に誘ってくれた小さなBFのはっくん、次にどこに行く場所見つけておいてね。

家族ぐるみでよくしてくれた阿嘉家に稲荷家そして近所のガキヤ家、

志や希望や悩みを共有してきた移住者の友人たち、

そしてそして強い意志で久米島の自然を守りその素晴らしさを伝える努力を惜しまない

ほたる館のスタッフの姿には頭が下がりました。

また、エサレンを受けにきてくださったみなさん、

たとえ数時間でも、深いところで時間を共有できたこと、心から、嬉しく思います。

Img_20160723_084837
フェリーから見た久米島は静かに佇み、濃い緑があまりに美しく威厳があって、何かがあるとしか言いようのないものがあり、昔の人たちが『球美の島』と読んだ本当の意味が少しわかったような気がします。


けれど、実際に島に暮らして、さまざまな問題を見て体で感じてもきました。
豪雨のたびに大量の赤土が流れ出て茶色く染まる海。
私がいた間だけでも、年々濃く多くなる農薬に除草剤。
(他国ではその毒性のため使用禁止になっているものも推奨され)
風に飛ばされてくるときは目に沁みて車の窓を開けて走れない時も。
ゴミや不法投棄。
これはこの島だけでの問題ではないにせよ、小さな島だと目立つことが多かった。
それらをなんとかしたいと理想を掲げて行動する人たちを誹謗中傷する人たちとも話をしました。
又聞きの話を聞いて怒っているけれど直接話をされていないということを知り
驚きを隠せなかったこともあります。
「現実」を主張するばかりで、ほんとうに向き合わなくてはいけない現実から
目を背けていなるのでなないかと思うことも多々ありました。
島の健康は、人ひとりひとりの健康とも密接につながっていると思います。
縦割り行政の害やお金の流れのいびつさも見たように思います。

そういう現実を差し引いても、私がおつきあいさせていただいた方達は
志をもって、自分にできることをやっていらっしゃる方が多く、
頼もしく、希望を持つこともできました。
Img_20160725_063431

那覇経由、2泊3日のフェリーの旅を終えて大阪港に着き、
久米島のバーキ(^0^)やくば笠、そしていただいた心のこもった品々と思い出が満載の車で実家に到着。
フェリーの中ではずっと爆睡だったので、案外たやすく来れたなあという感じでした。
今は、届いたダンボールの整理に追われていますが、あいかわらず島ぞうりでウロウロしてます(笑

Img_20160723_173528

久米島での3年半は、私にとって想像だにしなかったことの連続でした。
沖縄にはユタさんがいるというのを噂には聞いていたんだけど、
移住して間もない頃、なんとユタさんに呼び出しされ、山の神様にお祈りすることに。
それはもう、びっくり体験。。(ここでは詳しく書きませんが、、)
その後も、この方にはお世話になりっぱなしでした。
そして、暮らすうちに、ユタさんでなくとも島の人たちの勘のよさには、ことあるごとに感じ入ることがありました。
本質を知る人たち。
島にいた3年半の暮らし、愛する父とマイラを天国へ見送り、
そしてヨガの学びやエサレンを通して、私の中で、まるでマンホールのフタみたく重くフタをしていたものがじわじわと動きはじめたように思います。
それは、ことあるごとに私の心を支えてくれた、ある島生まれの方と話しているときにはっきりとわかり、久米島で過ごしたからそれが起こったのだとわかりました。
今世では、私はとにかく肉体を持った目に見える現実の世界しかみないように敢えてしてきたけれど、この島で、それだけではない次元の世界があることを、ことあるごとに見せられそれも現実として感じられるようになってしまったので、見ないわけにはいかなくなりました(苦笑
それは、正統ヨガの学びともシンクロして、さらに先に進んでいいよってGOサインをいただいたように勝手に思っています。
心配してくださる方々、大丈夫です。
横道にそれたり、低次なものにつかまったりしないはずなんで(笑
まだまだ書きたいことはさくさんありますが、
人生の折り返しで、この久米島で過ごさせていただいたことは、
私にとって、とても大きな意味があります。
母親や姉や妹のような人たちがたくさんいる久米島は第二の故郷、
また少しずつでも恩返しに来れたらと思っています。
恩返しのつもりできても、やっぱり与えられてばかりなんだろうな〜。
あー久米島のおそばが食べたい!!!!(笑

いってきます!

Img_20160722_163937

車ひとつに乗る荷物でやってきて3年半。
こんなに増えちゃった。
他の荷物もほぼパッキングし終えたけど、まだ島を出る気がしません。。
球美の里、FM、ヨガ、エサレン、そして住まわせてもらった地域のみなさん、移住組のみんな。
久米島に来る前は、こんなにもやさしくあたたかいみなさんに出会え、こんなにもよくしてもらえるとは想像もしていませんでした。


この島にきて、本当の意味での人のやさしさがわかったような気がします。

好き勝手しているこんな私を島人の宝と言ってくださった人がいる。涙がとまりません。


みなさんとの写真は少ししか撮ってないけど・・・
大好きな人たち!
Img_20160716_154645
Img_20160722_130046
Img_20160722_151946
家族写真みたいだなあ。


みなさんひとりひとりの顔が浮かんできて涙とまらず。。。
明日からwifiの環境がしばらくないので更新はしばらくできないかもですが、日記に書きためておきます。
今日は、ただただ、ありがとうございましたとしか書けない。。
では、いってきまーーーす!

がじゅまる

庭の真ん中の守り神のがじゅまる。

Img_20160715_082249

寄生のツタがどんどん勢力を増し、根元の月桃や芝が茂りすぎて気がついたら枯れかけていたんだけど、ツタを切って根元をすっきりきれいにして、毎日さわってごめんねありがとう〜って声をかけて一ヶ月半、
Img_20160715_081742
みるみる青い葉っぱが出てきて茂ってきた。
Img_20160715_081838
幹のあちこちからも
Img_20160715_081828
葉が芽吹き
Img_20160715_081854
生き生きとしたエネルギーをとりもどして、すごく喜んでいるのが伝わってくる。
この家にいる人をずっと見守ってきてくれたがじゅまるさん。
人と生きる樹は、ケアされることや、気にしてくれているってことがとっても好きなんだなあ。
そして、静かにこの宇宙のエネルギーを与えてくれてる。


【おまけ】
Img_20160717_101627
家に帰ったら、誰かが庭の石で♡作っててくれてた(゚▽゚*)
キジムナー? 妖精さん?

夏ですな〜!(と、同じセリフばかり、、)

ここんとこ、螺旋をひとまわりもふたまわりも上昇した感あるけど、例によって消化しきれてなく、、
先に進んでいいよと自分にゴーを出したら、あれよあれよといろんなことが進んでおります。
といっても、何か表立ってするのではなく、今は、さらなる内への旅のため、現実の暮らしをたたんでいる途中。
実家に帰った際、名古屋のある方にお会いして自分の方向が間違っていないことを確認。
とにもかくにも、ヨガ8支則の、
ヤマ(非暴力・誠実正直・不盗・不貪・節制)
ニヤマ(清潔・知足・学習・修練・謙虚)
から外れないことが大事。
そこから外れること、低級のものにつかまってしまう。
野心なく、自他のエゴを増幅させることなく、淡々と我が道を進むのであります。

Img_20160630_094256
庭は蝉の幼虫の抜け殻と蝉だらけ。
すくすく育ったモリンガの細い一本の木に、なんと10匹ものクマゼミがくっついてた。
Img_20160630_094442
まるまる太った大きなクマゼミ。
よほど樹液が美味しいらしく、かなり近付いても逃げない。
Img_20160630_094536
近くで見ると、惚れ惚れするくらい精巧で複雑で美しいなあ。

無農薬キビ刈り

黒蜜がめちゃくちゃ美味しいので感動してたら、キビ刈りのお誘いいただきましてん。

Img_20160507_115251

花が上がったものを、本格的な夏前に刈らないとダメになるそうで、手刈り参戦!
天気が良かったので暑い〜 汗だらだら流しながらデトックスも同時に〜で
いっぽんいっぽん丁寧に刈って葉っぱを畝に落としていきます。
無農薬だけど、畝にこうやって葉っぱ落としてるから雑草がほんっとに少ししかない!
しかも、葉っぱは赤土流出を止める役割をしてくれてるのね。
そして、虫は蟻んこが少しいるだけ。
倒れたキビが多くあるのでそこから片付けてくよ〜。
Img_20160507_115259
軽トラに一杯半、刈りました。
自分で野菜畑もやってらっしゃるという自衛隊の方たちも手伝ってくれて。
島では、自衛隊の方たち、プライベートでもいろいろ活躍してくれてるんだなあ。
Img_20160507_104341
休憩でいただいた手作りの梅酵素ドリンク、沁みて美味しい〜〜〜(叫
子どものころ、両親の休みの日の畑仕事についていってちょろちょろ流れる谷川で冷やしておいたスイカの美味しかったこと!それを思い出したなあ。
Img_20160507_135859
一本一本絞って汁を試飲。
これまた楽しくて美味しすぎる〜 としかいいようがない(貧弱なボキャブラリー情けない。。
なんの滞りもなく、しわ〜っとすんなり体に吸収されて、細胞がすみずみまで喜ぶ感覚。
刈ったキビの上のほうの葉っぱの元からは根っこが出ているので次の苗に、
そして絞ったあとの茎バカスは肥料に。
あますところなく利用。
けっこうたくさん絞れて、その汁をいただいて帰り、
Img_20160507_174401
ぐつぐつ煮詰めるのだ。
家じゅうあま〜いいい香りで満ちてなんとも幸せ。
絞りたてはうすい緑色だけど、煮詰めていくとだんだん茶色に、
Img_20160507_172511
そして黒に近い色、黒蜜に!
途中の味見がこれまた楽しい。
適当にこのへんでいいや〜ってところで冷ましてビンに入れ、冷蔵庫へ。
まさか自分で黒蜜まで作る体験できるとは思わんかった感動。
今日は暑いので水で溶いて凍らせて黒蜜シャーベット。うんま〜♪

花いっぱい!

朝は庭の木々に集まる鳥たちの声で目が覚めて、

夜はフクロウと虫たちの声を聴きながら眠りにつく。
今朝は、なんと、アカショウビンの大きな声で目が覚めた!!!幻ではなかったはず。
1年半前にマイラが天国に行ってから、動物たちとの距離がぐっと近くなった。
特に鳥達。よく目が合って何か通じるものを感じる。
マイラがガイド役になってくれてるのかな。
この先、どこかに引っ越すことがあっても、木々がある家に住みたいな。
そして海が見えたら最高!
これが私の今回の新月の願い♡


ところで、今年は月桃の花がやたらと多い気がするんだけど、ウチの庭だけかなあ。。
Img_20160508_091620
ガジュマルの根元の月桃。
年に何度か、草刈りのときに根元まで刈るんだけど、すぐに大きく成長。
Img_20160508_091835
こっちの月桃も。
Img_20160508_091638
この季節以外は、ずっと球根のまま芝の下でじっとしている百合。
うりずんになると葉っぱがにょきにょき伸びてきて、
ある朝、一斉に白く大きな花を咲かせる。
そんな朝は、濃厚な百合の香りで深呼吸。
Img_20160508_091731
早朝、雨が降ったのでカタツムリたちも元気。
Img_20160508_091758
大きなイナゴ。
立派な太ももに惚れ惚れ(笑

引き寄せ 倍々ゲーム

Img_20160503_162438

島で完全無農薬で栽培されてる、伝統品種の島らっきょう。
小さいけれど、刺激が少なくて甘みがある滋味がしみじみ美味しい。

イベントをやってわかったことは、ただ単に出店者が集まるというだけではなく、似た志を持った人たちが集まる場というのは、倍々で情報が引き出され、ふだん知ってる人が「こんないいものを作ってるんだ〜」という驚きがあったり、お互いの将来の取引につながったり、よいものの仕入れの方法の情報交換だったり・・・ 結果、参加したみなさんの魅力が増して暮らしががぜん楽しくなる! これはまったく期待していなかったことだったなあ。そして前から好きな人たちがますます好きになった。
いつになるかわからないけれども、またこんなイベントができたらいいな。
と、いうわけで、今日も、信頼できる人のきれいな味の無農薬野菜をいただき、仕事して、海で遊んでマッサージして、なんともしあわせな一日。
Img_20160504_154334
はくに砂に埋められながら眺めていた海のエメラルド色がきれいすぎて。
Img_20160504_145345
水もあったかくなってきた。
はくが砂浜に何か書いてると思ったら・・・
Img_20160504_150144
なんで鼻くそやねん!!!笑

ホタルまつり2日め

2日めも慌ただしく写真がほとんど撮れませんでした。。

2日めの昼間は来て下さる人は少なめだったけど、自然に寄り添った暮らし、体にいい食べ物、環境保全に興味をもってくださる人たちや、実践されている人たち、島外からの観光客の人たちも来てくれて、お互いの情報交換をしたり、知らないこと教えてもらって関心したり、とーってもいい空間となりました。
感謝いっぱい♡♡♡
今回の会場では、なるべくゴミを出したくなくて、可能な範囲で、飲み物は陶器のカップで、お団子は月桃の葉っぱで、そしてスープは陶器のカップでの提供をお願いしました。
陶器は、球美の里に千葉の作家さんから寄付されたものをお借りして。
Img_20160430_125817
これがめっちゃよかった!
私は、普段からマイ箸を持ち歩いていて、ゴミを出したくないというのもあるけど、使い捨てのものを使っていると自分自身も使い捨てになっていく気がして嫌だから。
作家さんが丁寧に焼いてくれた陶器で、いい材料を使って作られた野菜いっぱいのスープを、太陽の下でいただけるなんて、なんて贅沢。


お祭りでは飲み散らかし食べ散らかしゴミはその場に置きっぱなしって、それが恐ろしいくらいにあたりまえのようになってしまっているけど、それって変えられないのかな?と思った試み。
ご協力いただいたみなさん、ほんとにありがとうございました!
Img_20160430_203221
夜はホタル館で、本島から来てくれたMAIKOさんたちによる影絵の舞台を見せていただきました。
真っ暗闇、外では時々本物のホタルが飛ぶ中、おもわずひきこまれる光と影の芸術。
なぜか懐かしくて不思議で夢の中のような世界。素晴らしかった!
忙しい中、企画・実現してくれたカンナさんに大感謝♡
Img_20160430_210703
そして最後は子どもたちが手作りした提灯を持ってホタルのいる森を歩きました。
私は、小さな子と手をつないで、「あ!ホタル!」と、可愛らしい声をきいてかすかな光を見るたび、胸がじ〜〜〜〜ん。
そして、最後に記念撮影。
静かに、夜の生き物たちの世界にお邪魔する経験、子どもたちにとっては一生心に残る体験になっただろうな。
これら全部の催しをボランティアの有志で、大変なこともあったけど、素晴らしい人たちとの出会いあり繋がりもでき感動、無事に終えることができてよかった。
関わってくださった皆さん、来て下さった皆さんに心から感謝いっぱいです。

ホタルまつり1日め!

慌ただしくて写真あまり撮れなかったけど・・・ 感動。。。

どうなることかと思ったけど、参加してくださった一人一人が小さいけれどもできることをやってくださり、感謝にみちた場所となりました。
明日もあるのでとりあえず写真だけ
P1010187
じんじんロードのライブもあって、たくさんの人が来てくれました!
P1010176
球美の里チーム!
会場設営、手作り品販売、リユースのお皿やカップを提供してくれたり、ボランティアもたくさんしてくれて、今回、球美の里さんなしにはこんなふうにできなかったです。
ありがたすぎます♡
P1010184
さえさんの繊細なモビール♡
P1010165
なおさんの無農薬オーガニックキビの生絞り体験ジュース!!!
P1010166
試飲させていただきました。
感動の美味しさ!!!!!!
しかも安っ。。
P1010177
子どもにも大人気!
P1010162
なおさんのシードバンク!すごい。。
ゆっくり見る時間なかった。。
P1010164
手作りアクリルエコたわし。かわいい!!!
P1010182
ヨギさんの無農薬野菜。
このネギ、白い玉とそして緑の長い葉のところが美味しいんです!ですって。
楽しみ!
P1010168
わー!昔の伝統品種の島らっきょう、めっちゃ貴重!
島で育てている方がいらっしゃるなんて知らなんだ。
P1010173
おなじみ久米島珈琲。
P1010175
珈琲をいれる行為は祈りです。なーんちゃって。
今回、キイチさんの協力なしには、やっぱり実現できませんでした。
感謝しきれず。
P1010172
マイカップ持参は30円引き!!!!
「ゴミを減らしましょう」・・・ この脱力POP、ナイスっ。
P1010171
最近オープンのスウェーデンのカフェ、スモカカさん。
ロールとサーモンサラダがあっという間に売り切れ。
P1010179
ローゼルでおなじみ、みなみ農園のやえさんが試作した、アーサとレーズンとニンジンの蒸しパン。
めっちゃめちゃ美味しい。。。。。
P1010169
満月新月のお塩、くめじまマース。
ようこさん、準備のお手伝いもいっぱいありがとう!

そして、写真とれなかったチーム久米島、馬牧場さん、ポスター作ってくれた中村さん、リサイクル服提供してくれたレイコさん、場所を使わせてくれた商店会のみなさん、
そしてそして、理解を求めてあちこち走り回ったホタルの会の佐藤さん!
みんなの力ってすごい。
しかし、自然を汚さないように、ゴミを減らすように、ホタルがずっと居続ける自然を守るためのイベントを、一部の有志が苦労しないとできないなんて。。
これが現状なんだなあ。
ホタルも、きれいな環境も、健康な暮らしを望む人々も、安全な食べ物も、すべて島の魅力になり、そして観光資源でもありさらに移住者が定住するための大きな要素であり、島の人たちにとっていいことなはずと思うんだけどね。。。
明日は今日よりゆるゆると。
12時すぎから出店準備して夕方6時くらいまでやってます。
久米島病院の深谷せんせいも男の料理で参戦してくれます♪
是非あそびにきてください(^^)

まや〜天国

今夜は月がとーっても綺麗!!!

今日はあっちこち出かけた先で大好きな人たちに偶然出会ってめっちゃおもろかった!

宇江城のひろこさんのカフェ城(またの名をガーデンまや〜カフェ (^^))で美味しいランチ、待ってる間に外に出たら、マヤ〜たちがこの世の天国みたいにひなたぼっこ。
Img_20160221_115003
板マヤ〜
Img_20160221_115024
なにやら丸いものに入ってると思ったら、ざる!
Img_20160221_115119
それにしても気持ちよさそう。
Img_20160221_115132
ピッタリサイズのざるマヤ〜(笑)
Img_20160221_115215
草まや〜
(おまけ)
Img_20160221_143700
マーラーカオが食べたくなったので材料混ぜて炊飯器で作ってみた。
重曹がちゃんと混ざってなかったのか断面がアリの巣みたいになってもうた。
じーまーの黒砂糖を豆乳で煮詰めてソースにしたら美味しかった!!!
ピンクの花は庭のカタバミ。ほんのり酸っぱくていいアクセント。
豆腐クリームを添えたらすごく合いそう。
今日も穏やかな一日、島の自然とみなさんに感謝♡

より以前の記事一覧

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ