マハロ、種子島

種子島の滞在は中種子のnaraiさん。部屋はメゾネットになっていて二階で寝ます。センスのいい手作りの感じ、開放的、そして何より波乗りさんに超便利な仕様、そして簡素でそれがとても気持ちよかった。

東の竹屋野というポイントを見下ろせる高台。風の気持ちいいデッキテラスはヨガに最高!ポイントを案内してもらった奥様のともこさんもとびっきりの笑顔がステキ。キッズのわんぱくキョウシロウとなつきちゃんとあきほちゃん、一緒に海に入って楽しかったな~。ほんとにまたすぐにでも戻って行きたい。サトウキビ畑のくねくね道をのんびり運転しながら、でっかいヒキガエルに注意しながら。

東京にいると想像もできないこんな暮らしがあるんだなぁと、今回も本当に素晴らしい出会いの旅でありました。神様に、すべてに感謝!

旅・第三ラウンド終了。

旅・第三ラウンド終了。
人が宇宙につながる場所で波に乗り虫の声だけを聴いて眠る不思議さ。今が時代の大きな境目だというのを改めて感じる旅でありました。

三日め。

三日め。
どこを走ってもサトウキビ畑と芋畑。道路をゆるゆると走るトラクター。皴が刻まれた農作業のおじいさんおばあさんの顔。
サトウキビ畑と高く繁った籔がトンネルをつくる細い道を抜けてポイントへ向かう。
地元の子供たちと一緒に海に入って、南種子のサーファーさんが焚き火していたのであたらせてもらい焼き芋をいただき、そしてまた海。地元サーファーさん曰く「東京の人は乗り方みればわかるよね〜がつがつしてるから」と、ゆる〜い笑顔でおっしゃる… やばい。まじやばいこのゆるさ。
帰りの車運転しながら涙出そうになってきた…種子島の魔法にかかってしまった…
明日からは修羅場が待っているというのに。

地球の上を飛んでいる静止衛星

地球の上を飛んでいる静止衛生
こんなにたくさん。でもこれでも一部なんだよね…

2030月の世界

2030月の世界
覗き見…

地球の内部構造イス

地球の内部構造イス
コアに下部マントルに上部マントル。かわいいっ!

種子島宇宙センター

種子島宇宙センター
ロケット発射場は美しい砂浜の入江にありました。

雨上がりの朝

雨上がりの朝
深呼吸。

サンタフェ?オキーフ?

サンタフェ?オキーフ?
泊まってるナライさんの部屋の壁には、角のついた頭骨みたいな流木のランプシェード。めっちゃ私のツボ…。しかも小さなCDプレイヤーの脇に置いてあるCDブックにはキャラバンとかジャックジョンソンとかでありまして♪♪♪

たけやのP

たけやのP
種子島の携帯波情報はメジャーな鉄浜だけ。ここがヒザウネリのみってなっていてもどこかしらで出来るポイントがあって今回はラッキーなことに泊まってるナライさんから見えるビーチが私にはファンブレイク!しかも1人だけ!(^O^)ありえん…。
それにしても島の時間がゆるすぎる…マジでゆるすぎる…やばい…

より以前の記事一覧

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ