忘れないでいたいこと

Mauirainbow

もう15年も前のこと。最初にハワイに(マウイに)恋をしたときに感じたやわらかでおおきなやさしさ。それは、土地の持つ強い力を植物たちが長い年月をかけてやわらかく包んんでくれた、穏やかで懐の深い土地のマナそのものだった。おととしのハワイ島では、地球の力をダイレクトに力強くひたすら濃く映す火山のマナに出会い、記憶の中の映像はすべてシャープで強いコントラストと強烈な色彩の美しさを持って輝いていた。草木や石ころや雨や鳥たちのマナさえ力強く、濃かった。

そして今回。マウイはただひたすらにやさしかった。そのやさしさに触れて幾度じわじわと涙がこみあげてきたことか。マウイ島は白人の島と言われている。開発され白人が土地の値段を吊り上げてしまったためネイティブハワイアンは住むことが出来なくなったと聞いた。ラハイナやカアナパリという観光地にいたからかもしれないが、確かにハワイ島やオアフ島のように彼らの姿を見ることは皆無に近かった。そんな話を聞いていたから、ネイティブの心を尊敬したい私は少し悲しい気持ちにもなったけれど、今回出会った人たちはそのことを完全にくつがえす、やさしい人たちだった。

クジラの研究者のダンとジル、ボランティアの助手のペギー、水中機材を置かせてもらって食事やBBQまでお世話になってしまったタカさんナオミさんご夫婦、イサナダイビングの人たち、船長のタッドとシンディー・・・ みな豊かで人を自然を慈しむ心の人たちだった。余裕があるから人にやさしくできる・・・でも、この人たちには、それだけではないものがあるのだ。それが何か・・・いつか言葉にできるときがくるかもしれない。生きている中で本当に大切なことを教えてもらったと感じる。

そうだ、いちばん近い言葉は、愛かもしれない。大きくて寛容で穏やかであたたかいもの。これこそが豊かさのほんとうの意味。

そして、そこにクジラという大きな存在があったこと。海とクジラが皆をつないでくれたこと。これは偶然ではなく大きな流れの中にあるということ。その流れは、思い返せば自分が生まれた時から、いや、そのずっと前からつながっている大きな流れなんだ。そしてその流れは人それぞれみんなにあって合流したり別れたりしながら血管のようになり地球を覆い宇宙をめぐっている。

はてさて。この思いは日常が忙しくなるにつれていつか霧がかかってしまうように忘れてしまうかもしれない。けれども彼の地に置いてきてしまった魂の一部から今も大事なものが流れてきていると感じる。そこにふたをしてしまわないよう、ときどき空を見て海を見て風を感じて裸足になって思い出す。毎日がよろこびの中で生きられるように。 ・・・なんだか宗教っぽくなってしまいましたが。(笑

大きなクジラ

Whaletale2

イソップ寓話・北風と太陽。・・・おおきなクジラは太陽だった。しかも力を見せつけようともしない太陽。否定も肯定もなしにただ大きな存在がそこにある。生まれて泳いで呼吸して食べて歌って繁殖する。ただ出会うだけでそこにいるだけでこんなにも自分の存在をまるごと認めてもらえた気持ちになってしまうのはなぜだろう?大きいということの意味。

以前に生命科学の番組を作っているとき、養老孟司さんと、ただそこにいるだけですべてを受け入れられているような気持ちになるふしぎな人がいるという話をしていたことがある。人もそんなふうになることができるのかな。・・・赤ちゃん。ネパールのチベット仏教の小さな村で、赤ちゃんみたいな目で微笑みかけてくれたお坊さんがいた。クジラのことを考えていたらふとそんなことを思い出した。

あぁ休み!

はあぁぁぁぁ・・・ もう偶然が重なるというか本当にいろんなことがつながっててすごいすごい・・・ここんとこハートが忙しすぎて、それにもう体がついていけなくて、というかいろいろ自分の中で整理したり感謝したり消化したりしたくて今日はもう一日休みました。いやもう、LOVE&GRATITUDEそのものです。ほんまに。週末あたり忘備録として書くぞ~この気持ちを忘れないために。

Kujiragumo

マウイの船から空を見上げたら、クジラの親子みたいな雲が浮いてた。こんなことさえ奇跡に思えるのよねん。

放送前日

放送前日
まだ完成しとりません(;゜0゜)\@編集所いったい何日つながっとるんや〜!? かれこれ一ヶ月近く毎日二時間睡眠のADさん、崩壊寸前(T_T)

カンヅメ三日め

カンヅメ三日め
見れども見れども尽きない素材。見ればみるほど美しすぎるザトウクジラの水中映像。ブルーの太陽を背に優雅にダンスを踊る若いメスとオスクジラ。映像と写真の露出は政府によって厳しく制限されているのでここではお見せできませんが…
クジラのもつふしぎな力、それは、ただそこに大きくゆったりと存在するということ。善も悪もなく、ただ在るということ。そこに意味を見い出すのは自分であるけれども、まるごとの存在をみせつけられ、それは同時にまるごとの存在を認められているようでもあり、そう感じるのであればそれはやさしさへとしかつながらない。…あぁ文字にすると野暮ったいけどそんな感じ。気が遠くなるほどの生命の不思議。
あ〜ハイビジョン大画面で皆に観てほしいよ〜!!!間違いなく世界一のものが撮れてます。大磯の若大将、感謝!

忘備録

あったかいところにいたせいか、いっぱい太陽を浴びたからか、なんだか体がよく動くし雪がちらついても寒くない。腰もまったく痛くない!
筋肉をよく使っていたからかな。早寝早起きだったからかな。いっぱいいっぱい笑っていたからかな。
ずっとずっとこの調子が続くとは思わないけど、このことを忘れないように、そして、生きていて何がとても大切なのかということを改めて教えてもらったことに感謝して今回の旅をいつも忘れずにいたい。光射す海の中で出会った夢のような光景に、何かが大きく動いた気がするのは確かだけれど、大切なことは足元の自然と日々の生活の中にあるということ。
忘れそうになったら裸足になってみる。とても、とても大切なこと。

Love&Gratitude ペギーに、そしてすべてに感謝!

ただいま〜!

ただいま〜!
昨日の夜中帰りました!マイラさんも元気で嬉し〜♪キャシーありがとう!
あやさん、きんぴらと肉じゃが、あったか懐かしうんまああぁいよおおぉ〜(T_T)やっぱり日本もすてきです。どこに行ってもしみじみ嬉しいのはあったか母心、ほんまにあたいは幸せもんでねいが〜!
ハワイで着てたTシャツと短パンを洗濯して、同じ旅行カバンにニットとババシャツ詰めてすぐに今から今月いっぱい赤坂にカンヅメでござるよ〜(@_@)

毎日、虹。

Doublerainbow

マウイ島では、毎日虹を見ています。写真はホテルの前のビーチで、インタビューを撮影したときの朝の虹。きれいだったな~heart02

ダブルやトリプルの虹のほかに、谷の底にできる虹のかたまりみたいなレインボーボールや、海面上にほぼまっすぐかかる不思議な虹など、今まで見たこともない虹を見ています。あぁ帰りたくないよおぉ。こんなふうに帰りたくないと思ったのは初めてかもcrying

生きておりますよ~!

久々にネットにつながりました。毎日毎日船で沖に出ているので陸にあがると頭も体もゆらゆら、そんでもって顔も全身も焦げ焦げおばさんですわ!

そんなこんなで出演者・スタッフみ~んなチームワークばっちりで本当に一生懸命やってくれてロケは順調(ここ数日は天気が・・・それもまた自然・・)参加してくれている現地スタッフもお世話になっているたくさんの人たち、ほんとうに皆やさしくて親切にしていただいて感謝感謝の毎日をすごしております。

マウイです

あっという間のマウイ3日め。

やっぱりハワイはいいなぁ。船でクジラ撮影にはまだ出ていないけど、ビーチから海に入って5メートルくらい素潜りをしたら、まるでクジラがすぐそばにいるみたいに鳴いているのが聞こえる。キュイ~キュイ~ン、ボボボボ、ンモ~ンモ~、アゥアゥ、ゴゴゴゴ・・・・まるで狂ったように鳴き交わすクジラたちの声で隙間もないほど。こんなにもたくさん、しかもビーチの海で聞こえるなんて知らなかった。いったいクジラの鳴き声はどれくらい届くんだろう?海の中って、ほんとうに別の世界なんだなぁ、と改めて実感。

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ