« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

それは本来の自分ですか?

5月中頃から、今月にかけて、瞑想講座を受けてくださる方が増えています。

 

 

コロナ禍でご自身の内側に向き合うことをしてきたけど、先に進む何かが必要、

 

不安や悩みや苦しみ、怒りや嫉妬など、そういうところにいる自分に違和感を感じる、

 

何かが違う、と感じる、

 

友人と話があわなくなってきた、

 

感情の起伏が大きくなってきたと感じる、

 

などなど。

 

 

これらのことはすべて、本来のご自身に向かう流れの中に向かっているから起こっているという証でもあります。

その違和感こそが、本来のご自身に戻るきっかけになります。

だから、ネガティブなところでこのようなステージにいるご自身をダメだと既存の価値観で判断しないでください。

 

そして、「これは本来の私?」とご自身に問うてみてください。

そして、答えを見つけることをしないでください。

 

自我(エゴ)に先導された思考で見つける答えは、すべて、ご自身が作り上げた価値観から出てくるものなので、堂々巡りになってしまいます。

ただ、問うて、それで終わり。

いつか、心が鎮まった時に自ずと気づきが訪れます。

ただし、これを期待すると、やはり自我のトラップにハマるので注意です。

 

自我は悪者ではありません。

その本質を知ればかけがえのない親友になります。

 

そのためには、この自我の本質(ご自身が今までに作り上げてきた自我の癖、特徴)を徹底的に知っていくことから始めます。

知らないことには手なづけることもできません。

その過程で、自我が作り上げた、ご自身がつくってきたご自身の呪縛に気づいていきます。

 

気づくだけでいいのです。

気づいたら、溶けていくのです。

ただし、この気づきは、純粋な、価値観のフィルターを通さない気づきです。

 

私の瞑想講座では、このへんの仕組みを、ヴェーダンタ、ヨーガの叡智、そして私自身の体験から理論立ててご説明しています。

グループではなく、個人セッションなので、個人的な悩み、トラウマ、身体の不調から原因を探り読み解いていきます。

なので、カウンセリング的な面も大きくなっています。

 

他人から与えられた答えでは決して人は変わりません。

ご自身で気づいていくことが絶対条件です。

そのための、瞑想にいたる取り組みをしていきます。

それをして、はじめて、本当の瞑想になります。

 

 

また、最近特に気になることなのですが、

間違った「瞑想」(特に願望実現系)をやってしまって、自我をますます強固にしてしまっている人がいらっしゃいます。

 

その「間違った瞑想」(エゴの暴走、エゴの迷想)からの経験もご自身の学びのひとつとなるとは思いますが。

今は、そんな遠回りをしている時期ではないかなあとも思ったりもします。

 

これを読まれて気になった方は、瞑想講座のご案内がこちらにありますので、のぞいてみてください。

https://kawaguchi703.wixsite.com/alokah-yoga/meditation

 

エサレンボディーワーク、

身体の不調にはディープコア整体も引き続き受付しています。

https://www.esalenokinawa.com/

 

必要な方に届きますように。

 

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ