« Calmness is mastery. | トップページ | 春の海 »

変わりゆくもの 変わらないもの

おっと、2ヶ月近くも更新してませんでした。。

 

肉体をもってこの世界にいると、いろんなことが起こりますね。

瞑想で「真実」を体験してしまうと、そうそう動じなくなります。

 

この「真実」とは、ヴェーダ〜ヨーガでいう 「ほんとうの自分」 そして宇宙の根本原理のことですが、

これは言葉では説明できたり、〇〇がそれだ、みたいな規定できることでは全くありません。

(あくまでヴェーダ〜ヨーガの概念の中での話です)

 

私のヒマラヤの先生も、インドのKYMの先生方も、決してそのようなエゴに乗っ取られた行為はしません。

教える立場の人というのは、それが直感的にわかっているのでしょう。

 

それは心や思考の理解を超越しているので、思考やましてや言葉では説明できません。

あえて言えば、「ネティ、ネティ」(それではない、それではない、)の繰り返しの果てに残るものがそれ。

私が敬愛するインドの古から現代の聖者たちもそう伝えています。

 

それ以前に、ヨーガスートラでは、言葉による概念を”正しくない”認識としています。

(いきなり書くと極端に聞こえたりもしますが、ここでいう”正しい””正しくない”というのは独特の概念(プラス、独特の用語(サンスクリット語は他の言語にそのものの意味を翻訳できないため))で、ヨーガスートラの前後の文脈などが必要になってくるのでここでは省略します。。)

 

ヨーガスートラでなくとも、言葉による伝達は(特に書かれたもの)書く側と受け取る側、双方にその人が人生の中で作り上げてきた概念というフィルターを通しているので、ただお互いがお互いの概念の中で理解した気になっているという現象なのだということはわかると思います。

(ここに良い悪いはありません。逆にそれはお互いの違いを認められるのであれば豊かさでもあると思います)

 

けれども、意図した言葉の伝わらなさに固執してしまったり、

実態のない情報の伝言ゲーム、

ある情報からいたずらに恐れを作り出してしまう、

そんなことに巻き込まれていないか気づいている必要があると思います。

 

自身の心も体も変わりゆく世界の中で、

変わらないものー真実ーほんとうの自分 は、体験するしかありません。

 

心を静かに、エゴが狡猾に作り出すものに気づき続けることでその体験に近づく人が増えたなら、

世界は新しいフェーズへと移行してゆくのだと日々実感しています。

 

20200213_111852582

日々の瞑想、日常の心の態度で、ブレが生じたらすぐ修正することに慣れていても、

小さなホコリがたまったなあと感じるときは、この森に入らせていただいています。

いろいろなノイズ、特に感情ノイズのない自然の中、一人静かな時を過ごす大切さを、行くたびに実感。

そして自然に、地球に、宇宙に感謝。

« Calmness is mastery. | トップページ | 春の海 »

Yoga」カテゴリの記事

瞑想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Calmness is mastery. | トップページ | 春の海 »

フォト
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ