« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

慈しむ

なんてやわらかく、あたたかく、美しい言葉なのでしょう。

 

心が忙しかったら、

自分のことばかりで頭がいっぱいだったら、

その一刻一刻を慈しむことはできません。

 

慈しみは、内側から湧き出てくるもの。

がんばって外側から「慈しもう」と思っても、エゴはそれをつくりだすことはできません。

感謝も同様。

 

その、湧き出る感覚を、ゆったりとかみしめる。

 

こころとからだが穏やかで満足しているからこそ、対する存在に慈しみが湧いてくる。

その存在あるがままに身をゆだねる。

ひとつになる。

 

今年もあと3日。

ひとつひとつの行為が慈しみとともにありますように。

 

今年も一年、ありがとうございました。

よいお年をお迎えくださいませ。

 

Saucha, Ananda, Santosh.

ナマステ🙏

健康第一!

沖縄は今日もぽかぽか陽気で、気温は24度。こんなに暖かい年末はめずらしいです。

P_20191224_131549

北上して大好きな休憩場所へ。

ブセナより北に向かうと、海沿いにファミリーマート(ベストウエスタンホテルの一階)があるので、

飲み物やおやつを買って海沿いの木の下でぼーっとする、最高の場所。

ここはいつ来ても穏やかでしあわせ〜と思っていたら、このビーチの名前は幸喜ビーチという名前でした(^^)

P_20191224_131739

海水も透明でキラキラ

P_20191224_132042

ブセナ側に黒い火山岩があって、ミニミニガラパゴスみたい。

P_20191224_132338

春の藻のようなのも生えてて、うーん今年はやっぱり暖かいんだなあ。

と、日向ぼっこ。

だけど、今見たらこの影、あー、ちょっと固くてアヤしい。。

この時、ちょっと喉の調子がおかしくなってきてました。

 

で、夕方、家に帰ったらどんどん喉が痛くなり、7時前にベッドに横になったら、どんどん熱が上がって37.7℃まで上昇。平熱が低い私にとってこの熱はかなりのもの。

肝臓と脾臓が交互にぎゅーっとなる軽い痛み。

youtubeの741Hz全身細胞レベルの解毒音楽を流し、

お腹に手を当ててうつらうつら、

前に友達にもらっていた梅蜂蜜のお湯わりと水をちびちび飲んで、

2〜3時間おきに目が覚めたけど、朝になったら体温は36℃まで下がってた。

 

夜中じゅうは、完全に観照意識に切り替えて「なおみさんが今◯◯を体験している」というふうにみて痛みやだるさは切り離していられたのと、

刻々と具合が変化する経過を見てたので心配もなくどうせなら38℃くらいの熱が出てくれていらないもの燃やしてしまったらいいのに、なんて思っていたのでツラくはなかったんだけど、まあ、痛いものはやっぱり痛い。

 

しかし、痛いというのとツライというのは別感覚なのだなあ。

痛いというのは感覚なのだけど、それに、不安や心配やなんで?いつまで続く?とかいろんな心の働きが乗っかって重くなるとツライとなってしまう。

「ツラい」を冷静に分析して、痛みという感覚に乗っかってくる心の働きは自分が作り出しているものだということに気づいていたら、その体験は随分と違ったものになると、あらためて実感。そのために痛い思いをするのはもうごめんだけど。

 

瞑想では徹底して観照意識を育てるのだけど、それがこういう時にも役に立つのです。

 

いただいていたご予約をキャンセルしないといけなかったのは申し訳なかったですごめんなさいm(__)m

 

で、もしかしたらインフル?と思い、病院にチェックしてもらいに行ったら陰性。よかった。

陽性だったら陽性で「おお、人生初インフル!」とか言って喜んでたかも。相変わらずバカだわ。

 

P_20191226_114134

やっぱりおかゆは美味しいなあ。

 

そんなこんなの年末クリスマス新月デトックスでした。

これを機に、乱れてた食生活、改めます!!!

2020年 ヨーガのレギュラークラス再開のお知らせ@あやかりの杜

ナマステ🙏

まだ正式には広報に出ていないと思うのですが、

北中城村の「あやかりの杜」さんとありがたいご縁をいただきまして、

来年1月からヨーガのレギュラークラスを再開することになりました。

先にこちらでお知らせしておきますね。

 

参加ご希望の方いらっしゃいましたら、メールや下のコメント欄でご連絡ください。

正式な申し込みは、あやかりの杜の方へしていただきますが、事前に席を確保しておきます。

 

 

 

クラスの名称は、《 プラーナ・ヨーガ 》

プラーナとは、いのちのエネルギー。

呼吸を整え、身体を整え、心を整え、自身の本来の命を清々しく生きる手助けとして、

伝統ヨーガという素晴らしいシステムの叡智をお伝えしてゆきます。

 

◉朝クラス:火曜日 9:30〜11:00

全身のプラーナ(生命を動かすエネルギー)の流れをよくする太陽礼拝をメインに、家でご自身でも練習できるのを目標に指導します。

 

◉夜クラス:火曜日 20:30〜21:45

一日の疲れをリセットし、瞑想を長めにとるリラックスした内容です。

 

1月〜3月はお試し期間として、5回シリーズを2回開催します。

 

1)1月21、28日、2月4、18、25日の全5回(料金は5,000円くらい)

2)3月3,10,17,24,31日の全5回(料金同上)

 

定員は15名です。

 

4月以降は3ヶ月間10回単位で開催する予定です。

 

 

 

今年の4月以降、プラーベートクラスのみやらせていただいていたのですが、

レギュラークラスのお問い合わせも多くいただき、

また、瞑想講座を受けて下さった方々にも定期的に瞑想ができる場を提供したいと思っていたところだったので、

ありがたいご縁をいただき、とても嬉しく思っています!!!

 

今までクラスに来てくださっていた方々、そしてこれを機に新しい方々とも一緒にヨーガの学びをしていけることがとても楽しみです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

川口直美

 

◎私のヨーガのHPはこちらです

https://kawaguchi703.wixsite.com/alokah-yoga

 

20191216_105239744

 

喜び喜ばれるよろこび。

今週末は、読谷のやちむんの里で読谷山焼陶器市でした。

お天気にも恵まれて、とってもたくさんの人で賑わってました。

20191215_151527336

やちむんの里の奥にある大嶺先生のギャラリー囍屋(きや)

喜び喜ばれ

喜びと喜びがひとつになる喜びの場。

清々しく静か。

 

森の中の聖地みたいな場所です。

P_20191215_134239

大嶺工房といえば鮮やかで深いペルシャブルーの器が有名だけど、

私は、大嶺先生が創られる土の感じがそのままの器が好き。

 

手前の茶碗の高台のあたりにでこぼこした感じの焼き付けがあるのだけど、

これを「梅花皮(梅華皮)かいらぎ」というのだそうです。

さわると滑らかで気持ちいい。

刀の柄の部分に巻かれているエイの皮と似ていて、同じ名前がつけられているのだそう。

刀の刃の部分は研ぎ師に研いでもらうけれど、梅花皮はその人のものとなり馴染ませてゆくのだと。

大嶺先生は、いつも、器は使って育てるもの、と教えてくれます。

 

「お正月のお雑煮とかに使ったらいい」

はい、でも毎日使わせていただきます。えへ。

20191215_142102626

中庭でいただいたおやつとコーヒー。

あったかい味。美味しい。

 

器で食べ物の味が変わる。

 

そういう力をもつ器に出会える喜び。

 

その器でいただく食べ物が、私たちの身体と心を育ててくれる。

 

その喜びとありがたさ。

 

20191215_141044782

元気玉の目ん玉。

20191215_141223159 

生きてる。

 

そして、今回、大きな頭だけの大迫力シーサーがありました。

力強い波しぶきを纏っているよう。

20191215_140138464

快晴の青い海をバックにしたらこれまた美しいだろうなあああ。

 

↓↑ どっちも生きてる。

20191214_122018202

 

静寂という浄化

湧き水のある場所は、ひんやり、静かで清浄な空気に満ちてる。

20191214_102355560

 

20191214_102555135

 

20191214_102841513

 

20191214_102524857

太陽の光が燦々とふりそそぐ場所でも、

20191214_100621148

ただ、今この時を生きているという静けさ。

20191214_100131177

ただ、生き生きとした静けさ。

20191214_104952911

ただ、その命を生きているという静けさ。

20191214_104848878

 

20191214_104007565

雲ひとつない空。

20191214_101215541

中城城跡は人も少なくて、風が気持ちよくて、なんだかいい感じなのです。

 

冬の夕景

今日は風が弱くて海もおだやか。

 

海上がり、夕陽が格別に美しく、

海辺には、ぽつり、ぽつりと、どこからともなく人がやってきて、

おおきなおおきな火の玉に吸い込まれるようにただ無言で佇んでいました。

 

圧倒される光景を目にすると人は言葉を失うものね。

20191213_172432031

 

20191213_172511648

 

20191213_172933151

 

20191213_173332611

 

20191213_173438868

 

20191213_173011018

 

20191213_173950832

生々流転

満ちると同時に欠けはじめた月。

昨日の若々しさとは違う円熟のやさしい光。

 

すべては移り変わってゆく。

 

なんの偏見もなく、

なんの言葉もなく、

ただただ、そこにある光をながめ、

やがて光そのものに溶ける。

 

 

P_20191212_185439

寝室のハンモックからお月見(笑)

 

◎瞑想講座の内容はこちら:

https://kawaguchi703.wixsite.com/alokah-yoga/meditation

 

沖縄 瞑想 ヨーガ

神秘

夕暮れに、凛と輝くお月さま。

P_20191211_174010

 

透明な光が、

 

水を含んだような生き生きとみずみずしい白さが、

 

わたしの魂を照らし、

 

草木のなかに命をはぐくむ。

 

彼方は、ここにある。

 

 

 

 

◎瞑想講座の内容はこちら:

https://kawaguchi703.wixsite.com/alokah-yoga/meditation

 

沖縄 瞑想 ヨーガ

ご褒美

昨日は、すごい贅沢してきました。

P_20191209_180308

なんとリゾートホテル泊。

いつも旅行は安いとこばかり、ドミトリーとかもよく泊まってたけど、

P_20191209_175624

お部屋をアップグレードしていただきましてん。

こういうインテリア好き。

P_20191209_175821

バブリー。。お湯最高で3回も入りました。

P_20191210_103840

ビーチに寄せる波音がよく聞こえてきました。

P_20191209_182012

お月様もきれいだった。

P_20191210_065526

朝焼けでピンクに染まる雲。

美しくてため息。

P_20191210_072532

雲にも見惚れ、

P_20191210_103205 

太陽が昇るとこのブルー。

いつも見てる海だけどシチュエーションが違うとまた格別。

それに、泊まっている観光客の人たちが皆楽しそう幸せそうというのも、ほっこりにっこり。

 

沖縄に住んでると、あー来週、天気いいからホテル泊まろ〜ってできちゃうんだなあ。年に一回くらいだけど。

直前割引もあるし、県民は「ちゅらとく」というのを使うとさらにお得。

ありがたい限り。

 

よかったね、なおみさん。

また明日からがんばります(^^)

 

あ、ホテルは、恩納村のモントレです。

 

 

過去の自分に感謝。

今の自分があるのは、もちろん、家族や、友人や、先生や、出会ってきたみなさんのおかげでもあるけれど、

なんでもその時にやるべきことを、とにかく一生懸命やってきた自分に感謝しきり。

きっと、多くの人はそうなんじゃないかな、そうだったらいいなと思います。

命を削るくらい仕事がんばってきたり、とにかく必死で勉強したり。

どれもこれも自分がやりたくて好きでやってきたことだからできたこと。

 

私は、基本、どんくさいので、人一倍勉強したり練習したりしないとものにすることはできないので、とにかく地道に練習あるのみ。

来週は合気道の初の試験。

型を書き出したり、家に相手がいないので、綿棒に手袋つけて相手の手にして練習だあ。

 

と、いう、今日はどうでもいい記事でした。

おやすみなさい。

 

今日も1日を逆回転で振り返り(これ、ほーんとうにいいです!シュタイナー先生ありがとうございます!)

宇宙や命のふしぎに想いを馳せて眠ります。

 

アーナンダ。

P_20191208_201643

 

 

ありがたいオイルパワー

今日も雨で寒い日でした。

といっても沖縄は中途半端な寒さで暖房なしだけど、、。

 

先月あたりから身体の内外がとても乾燥しております。

時間に余裕がある時は、自分でオイルを使ったマッサージをしていて、すごーく潤って細胞が喜ぶ感じ。

(私はアーユルヴェーダでは乾燥しがちなヴァータ体質なんだけど冬はそれがさらに強まるので)

 

オイルはキッチンにあるものでもなんでもいいのだけど、冬用に小さなマッサージオイルを買ってもいいかもですね。

もし白ゴマ油があったら、身体を温める作用があるのでいいかも、です。

(アーユルヴェーダでは、一度100度近くまで熱するキュアリングというのをするんだけど時間と手間がかかるのでやらなくても)

ただし白ゴマ油は粘性が強くて布につくとなかなか落ちないのでちょっと注意です。

 

以前、エサレンマッサージに、お顔も身体もツルツルぴかぴかの60歳くらいの方が来てくださいました。

その方、お風呂から出るとき、身体をタオルで拭く前に、顔にも手足にもオイルを塗るのだそうです。

ただそれだけなんですよ〜ってニコニコされてました。

お風呂で水分が潤った皮膚に蓋をするんですね。

 

それと、身体が、ちゃんとケアされてるってよろこんでいるのがとても豊かな気持ちになります。

オイルマッサージって、贅沢だけど、単なるマッサージ以上のものがある気がします。

関節もなめらかになる実感あります。

 

それにしても、いつもあったかいお湯でシャワーできるとか、

気持ちのいいオイルがあるとか、なんてありがたいんでしょう。

 

 

P_20191130_113747

右足の甲を捻挫して2週間くらい、なかなかよくならなかったんだけど、オイルマッサージしたらすーっと腫れがひいて、すごい〜!と思ったのでした。

 

 

今年一年のお疲れさま、ご自身へのご褒美にエサレンボディーワーク、

そして、読谷のクリニックでとても好評いただいているオリジナルのディープコア・セラピー、おすすめです(^^)

特に、私のディープコア施術と院長の頭蓋仙骨療法(クラニオ)のコンビネーションはとてもパワフル。

クラニオセイクラルの施術をされる方はいろいろいらっしゃるのだけど、読谷の院長のクラニオは本物です。

 

おかげさまで、読谷のクリニックは8月のオープン以来、たくさんの方に来ていただいていて感謝いっぱい。

皆さんの不調が少しでもよくなるようにお手伝いできたらと、スタッフ一同真摯にがんばっています。

読谷ホリスティックスのHPはこちら:

https://www.yomitanholistics.com/

どうぞよろしくお願いいたします。

 

よい週末を〜♫

 

 

日々の習慣

北風ビュービューと小雨の本日。

朝、目が覚めて時計を見たら9時になっててびっくり。

太陽が出てくれないと朝を感知しないのかしらん私。。

 

 

さておき、前に少し書いた、シュタイナーの瞑想と祈りの言葉を修行するにあたっての修道規則(『瞑想と祈りの言葉』イザラ書房より)、

これがとてもよいので記しておきます。

私のヒマラヤの先生たちもほぼ同じことを勧めているのも偶然ではないのでしょう。

(その背後には確固としたヴェーダの理論があります)

 

寝る前に1日を遡りながら振り返る、というのをここ2日間、試してみてすごくよかった。

内観にもなるし、自分の感情がどれだけ動いたかも確認できるし、それを観照することで安らかに眠れ、夢見も少なくなった気がします。

 

 

===

・朝、一定の時間(洗顔後、朝食前)に15分瞑想をおこなう。

・夜、眠る前に15分の瞑想(思考を高次の自己に向け、そして1日の出来事を逆の順序で数分間(3、4分間)振り返る)をおこなう。

・毎日、30分間ないし15分間の読書をおこなう。

・行をおこなったかどうかをメモしておき、2週間ごとに確認する。

 

酒はどのような種類のものであれ、いっさい禁じる。

アルコールは、脳、特に霊的認識に導く器官に有害な作用を及ぼすからである。

肉食は禁じられはしないが、肉食を避けることによって低次の人間本性との戦いが容易になるので、肉食を避けるのはよいことである。 

 

(中略)

 

そして、なによりも、自分が現実から浮遊して幻想のなかに入り込んでいないか、

繰り返し、自分の状態を省みることが必要である。

非現実的な思い込みへの嵌入は、自分に対する空想から発する。

真の修行は、自分のたつ足場を確固としたものにするので合って、それ以上の神通はないのである。

===

 

最後の4行、ほんと大事。奢ることなく、勘違いすることなく。

 

そして、アルコールや肉食に関しても、深く納得。

私は昔はよくビールやらワインやらアルコールも飲んでたけど、ここ数年はほとんど、一人の時は一切飲むのをやめました。

自分が飲んだ時もはっきりわかるのだけど、自分が飲まないで周囲の人が飲んでいる時、飲んだ人の氣みたいなものがどんどんぼやけて濁っていくのがはっきりと感じられるから。

肉食に関しては、私は家では菜食だけど、外食では少しのお肉もいただきます。

が、ヴィーガンになる必要なないと思うけど(「こうあるべき」という思考からではなく、それが本人にとって本当に自然なことで合っているのであれば、なればいい)、やっぱりお肉を食べた時は重いタマスに支配されちゃうなあという感じ。

 

気になった方、試してみて下さい。

R0011919

いつ撮ったのか忘れてしまったけど、夜明け前の薄明かりのようなブルーがきれい。

 

 

◎瞑想講座の内容はこちら:

https://kawaguchi703.wixsite.com/alokah-yoga/meditation

 

沖縄 瞑想 ヨーガ

 

ああサプライズ。

長く生きていると(笑)おどろく出会い、再会を体験するものです。

いやー、今日はびっくり感動した〜!

 

偶然の出会いとかシンクロとかはよくあるのだけど、

それとは別の形で、ただ純粋に、こんなにもありがたく嬉しいことがあるなんて。

 

10年近く前に、ほんの1度きりのご縁で出会った方が、ご家族に恵まれ、とても幸せな人生を送られている、その幸せを短い時間ながら共有させていただけたこと、新しい命、笑顔、やさしさ、感謝、よろこび。

 

当人以外はなんのことやら、だとは思いますが、

書き留めておきたかったもので。

 

人って素晴らしいなあ。

ご縁した方がしあわせだと、自分もこんなにもしあわせいただけるのかとしみじみ感じさせていただきました。

 

とにかく、ただただ感謝いっぱいのありがとう💓

 

そして、人生の旅、いろいろあるけどブログ続けていてよかった。

 

P_20191205_084140

今朝、柿を切ったらタネが真っ二つに割れて、真ん中の胚が綺麗に見え、なんだかしみじみと見入っていたのでした。

一粒のタネが芽を出し根っこや木になって葉っぱや花そして実をつける、その不思議さよ。

 

仔猫の里親さん探してます。

1週間ほど前からマンションの敷地にいる仔猫ちゃん。

生まれてどれくらいかわからないけれど、まだまだ小さな女の子です。

こんな小さな子がどこかから一人でやってきたとは思えないので、おそらく、誰かが捨てにきたのではないかと。。

たまにウチのバルコニーに入ってきてニャーニャー甘えたがります。。

飼ってあげたいけど、ウチはペット禁止マンション(><;)

どなたか、里親になっていただけませんか?

P_20191204_175538_1

とってもきれいな茶トラちゃん。

毛並みもきれい、病気もなさそうでとっても元気。

P_20191204_175611_1

ご興味のある方、お知り合いで飼ってもいいと思われている方がいらっしゃったら、コメント欄にコメントください。

どうか、やさしい家族が見つかりますように!!!

よろしくお願いいたしますm(__)m

シュタイナー「瞑想と祈りの言葉」より

=朝=

光の純粋な輝きのなかに

宇宙の神性がきらめいている。

あらゆる存在に対する愛のなかに

わたしの魂の神性が輝く。

わたしは宇宙の神性のなかにやすらう。

宇宙の神性のなかに

わたしは自分自身を見出す。

 

=夜=

宇宙の神性のなかに

わたしは自分自身を見出す。

宇宙の神性のなかにわたしはやすらう。

あらゆる存在への純粋な愛のなかに

わたしの魂の神性が輝く。

光の純粋な輝きのなかに

宇宙の神性がきらめく。

 

 

どんな道でも、極めた人が語ることは、言葉や表現方法は違っても、みな同じ。

そして、

朝、目覚めてすぐ、外的な情報が心の中に入ってくる前に、内的な静寂を保つために瞑想をすること、

夜、寝る前に、1日に経験した心の印象をなるべく小さくしておだやかに深い眠りに入れるために瞑想をすること、

この方法を勧めるのも同じ。

 

シュタイナーは、夜の瞑想の時に、一日の出来事を夜から朝まで遡って3〜4分間振り返ることをすすめています。

これ、よさそう。

今晩やって寝ます。

 

P_20191203_112723

沖縄も北風が吹いて寒くなってきました。

といっても、まだビーサン履いてるけど。笑

 

 

◎瞑想講座の内容はこちら:

https://kawaguchi703.wixsite.com/alokah-yoga/meditation

 

沖縄 瞑想 ヨーガ

 

大好きなヘッセの「シッダールタ」新潮文庫より

その顔は、

その歩みは、

その静かに伏せた眼差しは、

その静かに垂れた手は、

さらに、

静かに垂れた手の指の一つ一つまでもが平和と完成を語っており、

求めず、

まねず、

しおれることのない安らかさの中で、

しおれることのない光の中で、

侵すことのできない平和の中で、

穏やかに呼吸していた。

 

その完全な安らかさ。

その姿の静けさ。

 

そこには、

何の求めるところも、

欲するところも、

まねるところも、

努力するところも認められず、

光と平和があるばかりだった。

 

この仏陀は、

小指の動きに至るまで真実だった。

 

その声は、

完全な安らかさと平和に満ちていた。

澄んで

静かに

光のように

星空のように。

 

===

 

南インドのアルナーチャラ山で、

バガヴァーン、ラマナ・マハルシの暮らしていた洞窟で、

このような方々をおみかけしたことがあります。

その目は、充血してはいても、赤ちゃんよりも純粋でみずみずしく透明な光をたたえていました。

 

人はあんなにも純粋になることができるのかと衝撃を受け、

何も語らなくても、ただその姿、その存在だけで、出会った人の人生を変えてしまう力を持っている、

そんな人たちが実在する、

そんなことを思い出しました。

 

surrender.

 

 

12月。

凝り固まっていた体がほぐれ、

心が深く鎮まり源に還ってゆくと、

ただ純粋な「今」が現れる。

 

その「今」に身をまかせることができた時、

心臓の鼓動が聴こえ、

やわらかく膨らんでは縮む細胞、

そして、

海の底を流れるような命のエネルギーの存在を感じ、

 

「ああ、私は生きているんですね」

 

自然に言葉が口からこぼれる。

深い安堵とともに。

 

目尻から流れるひとすじの涙。

 

肉体があるからこそできる愛おしい体験。

 

 

よい12月を迎えましょう。

 

 

https://www.esalenokinawa.com/

 

皮膚の声を聴く

とてもおもしろかったビデオ。

 

皮膚はセンサーであり、臓器であり、脳であるということがとてもわかりやすく説明されてます。

エサレンや他のボディーワークで皮膚に触れる大切さを実感しているけれど、

その意味が科学でも証明されてきていますね。

 

知らなかったのですが、psychodermatologist -心理皮膚科医(まだ日本語にはないかも)というお医者さんもいること。

皮膚トラブルの原因や症状を心理面からのアプローチを併用して治療していく方法。

 

私がやってるボディーワークでは、まさにこれを証明するようなケースがよくあるから納得!

そして、エサレンで訓練される、エッセンシャルタッチ(本質に触れるタッチ)ー皮膚への触れ方の重要さの意味がよくわかって嬉しい。

英語ですが、右下の歯車の設定アイコンをクリックして、

字幕→自動翻訳→日本語

にすると日本語翻訳が表示されます。

もとの英語がとてもわかやすい英語なので、わかりやすい翻訳が表示されます(^^)

 

https://www.esalenokinawa.com/

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ