« エイサーまつり | トップページ | ハンモック »

場をつくること、日々のアビヤーサ(内的修練)

自宅の施術の部屋。

20190824_125400325

毎朝、この部屋の畳に、最低30分間、きちんと座って瞑想しています。

夜明け前の静けさは格別。

かれこれ1年間。

続ければ続けるほど、また、セッションすればするほど、場は安定して、ここに入っただけですっと中心に戻される。

敏感な友人は、寝転がるだけで一瞬で深い休息に入るのでチャージステーションとして使っています(笑)

 

それにしても、人の体というものは隅々まで細胞のひとつまで磁場だなあと実感します。

セッションのあとに掃除機をかけたあと、髪の毛が一本でも残っていたら場が変化しているのがわかるほど。

だから、クライアントさんが触れたタオルなどはすべてすぐに洗濯機へ。

オイルが落ちにくいので一回めは洗剤と酸素系漂白剤多めに、そして二回めは洗剤の香料や残りがなるべく残らないように水だけで、と、2ラウンドします。

セッションの場をニュートラルに保つための日々のルーティーン。

 

これと同じように、日々の瞑想は、続けると、かすかな心の癖やエゴの働きにまで気づくようになる。

周囲の感情や思考ノイズに敏感になる。

けれどそれらのノイズは現れては消えてゆくものなのでその変化を見守るだけ。

中心に、ニュートラルに、ゼロに定まっているとそんな感じがあります。

 

中心に定まる努力をすること、

これが、パタンジャリ師の教えてくれているところのアビヤーサ(内的修練)、ヨーガの基本原則の2つのうちのひとつ。

« エイサーまつり | トップページ | ハンモック »

エサレン」カテゴリの記事

ヨガ」カテゴリの記事

瞑想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エイサーまつり | トップページ | ハンモック »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ