« 2019年8月 | トップページ

グラウンディング

自らの足でしっかりと立っていること。

自立していること。


これがわかると見える世界が違ってくる。

ゆらゆらした足場からぼやけた世界をみるのか、

ゆるぎない確信に基づいたクリアな世界にいるのかの違い。

瞑想と妄想

ああるべきものが

あるべき場所におさまるという幸福。

サントーシャ(知足)


物だけでなく、

心のさまざまな機能

感情、記憶、そしてエゴが、

もっとも穏やかに落ち着ける場所がおのずと見つかることで

安堵とともに訪れる平穏。


この方向に導くのが本来の瞑想。


瞑想と称して妄想が指導されているケースをよく見聞きします。

一時的にいい気分にさせてくれる妄想は、のちに苦しみの原因となってしまいます。

学ぶ方、そして特に指導する方は、真剣にそのことを内省されたほうがよいかと思います。

妄想は心が作り上げている物語だと気づいていることが大事。

その上で妄想を楽しむのであれば、のちのち自らを悩ますことにはならないはず。

気づいているかいないかの違いはとても大きく、その大きさは、気づき続けることで初めてわかります。


20190917_121958247_1

真夏の間、じっとしていたザミオクルカス、

涼しくなった途端にニョキニョキと新芽が伸びてきた。

植物ってほんとうに時を知っているんだなあ。

愛されている

クライアントさんのからだに触れていると、

一人残らず、例外なく、


「愛されているなぁ」


としみじみ伝わってきます。

もちろん、クライアントさんの身体が、ではあるのだけれどそう言い切ってしまうと違う感じで。


愛そのもの、といったほうが近いかな。

人の身体それ自体が愛のあらわれだと、

やっぱり、日々実感。

P_20190813_132134

やんばるの清流

心身の治癒がおこるとき

自身が頭のなかで作りあげた物語の中にどっぷりと浸かりきって喜怒哀楽に翻弄され、それが自身が作り上げた牢獄なのだと気がつかないでいる。

そのことに気がついて一歩外に出たときに本当の意味での心身の治癒が起こりはじめる。

これを日々、クライアントさんとのセッションで実感しています。


ちなみに、自身が作った牢獄にいるその状態をヨーガでは混乱状態あるいは麻痺状態あるいは無知といい、クンダリーニが麻痺して眠りこけているとも表現されています。

(ヨーガと同様、現代ではクンダリーニのイメージがかなーりズレて認識されてしまってるようだけど)

P_20190813_132450

やんばるの森の蛙さん。

主役or脇役?

瞑想を続けて自身が中心に定まってくると、

日々の行為のなかで

「そんなふうに役割を演じる必要はないんだなぁ」

と、わかってきます。

人生が映画だとすると、

主役でいるのか、脇役を演じていることに気がつかないでいるかのどちらか。

脇役は、親友であったり、親であったり、離れられないトラブルメーカーだったり。

承認要求からつくった役、周囲の期待にこたえようと演じてきた役、怒りを抑圧し続けて作り上げた仮面、恐れからつくりあげたさまざまなもの。

いずれにしても自身が作り上げてきた幻。

たとえば、友人たちと誰かの噂話に興じながら居心地の悪さを感じるのなら、脇役に乗っ取られているサイン。

気がついたら戻ればいい。

この繰り返しでブレが小さくなってゆく。

気づき、戻る方向をリードするのが観照意識。高次のBuddhi。

そして、ブレがほぼなくなってくると、脇役とわかりながら演じることも楽しめる。

エゴは、もはや、従順な友達。

そこまできたら以前とは別世界に住むことになります。

そんな仕組みがわかることのおもしろさ。

P_20190905_110536

本当の悩みの掘り起こし

(また今日も自分の覚書みたいな記事、、)

 

私が施術しているエサレンやオリジナルのディープコアヒーリングといったボディーワークは、

身体にアプローチしながら実は心の深い部分やスピリットのレベルでの変容が起こるというもの。

心身魂のソマティックなセッション。

 

来てくださる方の主訴は肩こりだったり、腰の重さ、どこに行ってもよくならない痛みとか、リラックスできないとか様々なのだけれど、

実は、本当の主訴は、それではなかったというケースがとても多い。

体の不調のその奥には、心理的な苦悩、魂的なことが潜んでいて、体を丁寧にケアすると、それが掘り起こされてきたりします。

それが根深いために、まっすぐ向き合うのを避けているため顕在意識に上がってきていないとか、

解決する勇気がないとか、まだその時期ではないとか、様々な理由で認識できなかったり口に出せなかったり。

 

身体各部の反応やちょっとした会話でそのヒントが見つかって、はっきりしてくるけれど、

クライアントさんにとってはそれを指摘してほしくないという場合もあり。

(指摘してほしい人は尋ねてくださったり、気づきを伝えてくださるので、その時はお話しています)

だから、言葉で伝えることはしなくても、それに関連する体の部分を特に丁寧にケアしたり、

必要であれば、目的をはっきり伝えなくてもホルモンバランスを整える呼吸法をお伝えしたり。

 

いろんな意味でものすごーく深いセッションで、

私は時々深堀りしすぎてしまうので、単なるリラクゼーションと思ってきてくださった方には、

もうちょっとカジュアルにおさめることも必要だなあと、最近、反省中。。

 

でも、終わったあとに、クライアントさんのピカピカと内側からの輝きが滲み出る本来のお顔があらわれるよろこびは格別。

本当に、仮面がずるりと剥けたようなお顔になるのです。

読谷のクリニックのマネージャーも、その変化を見ていつもびっくり(笑

 

それにつけても身体というものはその人の人生そのものだなあとしみじみ。

P_20190813_131650

沖縄も朝夕、涼しくなってとても心地いい季節になっています。

今年は涼しくなるのが早い気がするなあ。

読谷ホリスティックス

先月オープンした読谷のクリニック、

とってもいい感じのリーフレットを作ってもらえました(^^)

20190903_072307649_2

このイラストがかわいいの♪

20190903_072630341_1

私は、エサレンボディーワーク、ディープコアヒーリング、ヨーガ(プライベートクラス&療法)と瞑想を担当。

おかげさまで、とてもいいクリニックに成長してきています。

20190903_072637641_1

早速来て下さっているクライアントさんのみなさんからは、

ひとりひとりのニーズに合わせた丁寧な施術でとても喜ばれています。

 

心身のメンテナンスを通して、

ひとりひとりの人生の一コマで関わらせていただく。

それぞれの人生、希望、やり遂げたいこと、不安、悩み・・・

寄り添い、応援し、影ながら支えるという役割をさせていただくありがたさ。

20190903_072649799_1

スタッフみんな仲良く、そして真摯ににクライアントさんのことを考えて日々進化中。

今まで一人で施術をしてきたけれど、

3人の施術家それぞれの専門的なアプローチ(レベルがめちゃめちゃ高い!!!)と

優秀なマネージャーの4人でまさにホリスティックに対応できる体制でもあり、

クライアントさんにできることが拡大して施術家としても発見や学びがいっぱい、

チームっていいなあ、と、そして、ますます、人ってすごいなあと実感。

何よりクライアントさんの変化が嬉しい。

 

ご興味のあるかた、よろしければHP見てみてください(^^)

https://www.yomitanholistics.com

みみをすます

台風のあしおと

風、

雨、

はためく葉っぱ、

揺れる枝、

地面を流れる雨水、

排水管から流れ出す雨水、

サッシのすきま風、

静かな鳥たちの気配。

ただ、みみをすます、よろこび。

20190905_090955449

ハンモック

ずーっと迷ってて、ついに買いましたのハンモック(^O^)

しっかり安定したスタンドのもの。アマゾンで1万円くらい。アマゾンは沖縄でも送料無料が多いからありがたい~。

P_20190903_112728

置き場所はベッド横で、シングルベッドより大きいスペースとってます(笑)


ハンンモックは実は腰痛によいらしく(おそらく骨盤が前傾・後傾どちらにもよいはず)

私自身、腰を固める癖があって無理すると腰が重くなるんだけど、久米島の一軒家でよくハンモックに寝てた時はそれがまったくなかったのでもしやハンモックのおかげ?と確認したかったのと、その確認ができたら、腰痛持ちのクライアントさんにもおすすめしてみようと思って。

さておき、この気持ちよさ最高(笑)


場をつくること、日々のアビヤーサ(内的修練)

自宅の施術の部屋。

20190824_125400325

毎朝、この部屋の畳に、最低30分間、きちんと座って瞑想しています。

夜明け前の静けさは格別。

かれこれ1年間。

続ければ続けるほど、また、セッションすればするほど、場は安定して、ここに入っただけですっと中心に戻される。

敏感な友人は、寝転がるだけで一瞬で深い休息に入るのでチャージステーションとして使っています(笑)

 

それにしても、人の体というものは隅々まで細胞のひとつまで磁場だなあと実感します。

セッションのあとに掃除機をかけたあと、髪の毛が一本でも残っていたら場が変化しているのがわかるほど。

だから、クライアントさんが触れたタオルなどはすべてすぐに洗濯機へ。

オイルが落ちにくいので一回めは洗剤と酸素系漂白剤多めに、そして二回めは洗剤の香料や残りがなるべく残らないように水だけで、と、2ラウンドします。

セッションの場をニュートラルに保つための日々のルーティーン。

 

これと同じように、日々の瞑想は、続けると、かすかな心の癖やエゴの働きにまで気づくようになる。

周囲の感情や思考ノイズに敏感になる。

けれどそれらのノイズは現れては消えてゆくものなのでその変化を見守るだけ。

中心に、ニュートラルに、ゼロに定まっているとそんな感じがあります。

 

中心に定まる努力をすること、

これが、パタンジャリ師の教えてくれているところのアビヤーサ(内的修練)、ヨーガの基本原則の2つのうちのひとつ。

エイサーまつり

20190901_190531679

ここ最近は夕空がとてもとてもドラマチックで綺麗。

20190901_190710542

家から歩いていける距離の公園でエイサーまつりがありました。

胸と肚にドン!ドン!響く太鼓の音。

たまりません。

20190901_190601855

そして爆笑させてくれるチョンダラー大好き(笑)

P_20190901_204641

最後は唐船ドーイでイヤッサーッサーッサッ♪カチャーシー♪

大好きな沖縄の夏のおわり。


こうやって伝統文化が引き継がれ楽しませてもらえることのありがたさ、そして沖縄の頼もしさよ。

« 2019年8月 | トップページ

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ