« ノース | トップページ | 深化 »

ダイヤモンドヘッド - マハラジ - ラマナ - キリン。

Img_20170116_153854

滞在先もヨガスタジオも好きな海もみんなダイヤモンドヘッドの周りにある。
どの場所にいてもいつもそこにあるダイヤモンドヘッド。
毎日、どの時間でも空気が霞んでいても澄んでいても美しくて頼もしい。
アルナーチャラみたいだなあ。
今日のヨガのクラスは、アイアンガーとハタと二ドラ。
どの先生も自分の経験、学んできたこと、慈悲の心を惜しみなく分け与えてくれて、
幸福感で満たされる。なんとありがたいことか。
どれくらい幸福かというと、このマハリシ・マッヘシ・ヨギみたいに気分はサッチダナンダ♪
(まだこのレベルじゃないか、、笑)
そして、今回、いつも持ち歩いて読み込んでるのがこの分厚い本。
Img_20170117_163557
ラマナ・マハルシとの対話集とはまた違う言葉で、明瞭に真我実現について書かれているんだけど、もう全てのページに大事なことが満載でほぼ全てに赤鉛筆でライン状態。
Img_20170117_163515
とにかく半世紀近く生きてきた価値観、ものの見方とは全く別のものの見方の世界で、
(ずっといつもそこにあったんだけど、身体感覚・思考・感情を通して世界を見ることに慣れ過ぎてしまっていたため、明瞭に気がついていなかった視座)
これを示唆する本はたくさん持っていたけれど本当の意味がわかっていなくて、
一昨年あたりからやっとわかり始め、私はまだ入り口に立ったばかりだけれど、
しっかり腑に落ちることも、そういうことなんだ〜ということも、
そして、自分が体験したのはそれだった!と言葉できちんと説明されていたり、
(言葉を超えた体験は言葉にできないんだけど、それをなんとか言葉で伝えようとしてくれている)
自分が今、道のどのあたりにいるのか確認できたり、
ああ、まだまだ自分は中途半端で覚悟が足りないなあ〜と思わせられたり。
Img_20170117_164004
ラマナアシュラムとヴィッパサナーで一緒だった同じ道を行くインドの友は、
毎日読み込んで最後まで行くのに半年かかったって言ってた。
(こういう同志がいるのが心から嬉しい)
そして、マハラジさんの語ることは、まさにヨーガスートラの解説にもなっていて、
あーパタンジャリが意図しているのはこれなのか〜と納得させられることも。

それから、動画で、今に生きる覚者たちの語りもよく見ているけれど、
表現は違えど、ほんとーにみんながみんな同じことをなんとか言葉で伝えようとしてくれている。
そして、ほぼ皆が、ラマナ・マハルシを敬って写真を脇に置いていたりする。
やっぱりラマナさんは格別の覚者なんだなあ。
私もいつも持ち歩いているもん。
特に動物と一緒の写真が好き。

公園で本を読んでいて何か気配を感じてそっちを見たら
Img_20170116_154441
キリンさん。
キリンってめちゃくちゃ優しい目をしてて、ゆったりしていて、
彼らもまた覚者な感じがするなあ。

« ノース | トップページ | 深化 »

Hawaii 2016-2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノース | トップページ | 深化 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ