« | トップページ | 聖ラマナ・マハルシのアシュラム2 ラマナさんのことめっちゃ大雑把に。。 »

聖ラマナ・マハルシのアシュラム1

Sri ラマナのアシュラムで9日間過ごした後、アシュラム外のゲストハウスに移動しました。

アシュラムでの滞在中そして今でも毎日、言いようのない幸福感がずーっとあって、偶然がいくつもいくつも重なっての出会いや、祝福されているとしか言いようがない穏やかな日々、いわゆる聖地という場所に久々に来てすっかりハマってます(笑
クリシュナマチャリアの学校に来始めてから、改めてヨガの深い学びとそこからつながるオーロビルでの体験そして今回の聖人ラマナのお膝元での体験がどんどん加速してる感じ。
そして、真理はひとつ。やっぱり全部つながっているんだなぁ。
あ〜何から書いたらいいのやら。。
まずは自分メモ兼ね、、
Img_20160903_141228
チェンナイのAdyar Indra Nagar water tank bus stop(泊まってたチェンナイ中心部のホテルからオートで150ルピー(今のレートで250円くらい)
からローカルバスで5時間。土ボコリだらけだけどシートはゆったり快適(^^)
バス停ではとってもあったかくて優しいおじさんと年老いたお母さんが生まれ故郷のティルバンナマライの話をしてくれた。なんだかいい予感。
バスは始発ではガラガラだけど途中でたくさん人が乗ってくる。途中でトイレ休憩あり。
わずか140ルピー(チェンナイの空港からタクシーだと3000ルピー前後)。
聖なるアルナチャラ山が見えてきた時は、ああ、この山だ〜と一目でわかるくらい雰囲気違いました。
上の写真はティルバンナマライのバスターミナルとアルナチャラ山。
Img_20160903_142029

ティルバンナマライのバスターミナルに到着したのは2時くらいだったのでまずはランチ。

超ローカルな食堂でミールス。

英語は通じなくても、ランチ時はミールスって言えば、このバナナの葉っぱが敷かれてそのあと野菜のスパイス煮やカレーを山盛りの白いご飯にかけてくれます。

わんこカレー状態なので真剣に断らないとお腹はちきれ状態になるので注意 笑

ここのはちょっと辛め。お腹ぽんぽこで50ルピー。

Img_20160904_110358
ここからオートで70ルピー(外人価格。インド人は50ルピー)

 到着したら、まずはオフィスでチェックインの手続き。

アシュラムでは3日くらいしか滞在させてくれないと聞いていたけど

数ヶ月前に予約を入れたら1週間の許可が出て、

さらに到着したら8泊9日の許可をもらえました。うれし涙。

なんでかよくわからんけど、、、メールのお行儀が良かったからかな(笑

9月まではローシーズンだからかも。

11月から2月くらいまでのハイシーズンは多分3泊だろうな。

宿泊料金はなくて、最後にそれなりの寄付をして出ます。

ステイする部屋に行ったらびっくり。
Img_20160903_151333
めっちゃ新しくてきれい。
Img_20160903_151705
中庭もきれい。
Img_20160903_151855
家具も新しくてちゃんとデスクもある!
バスルームも広くてきれい。シャワーはインド式でバケツ沐浴だけど。
ここは3年ほど前に建てられた新しい宿泊棟だそうです。
慣れたゲストはアシュラム内の純インド式の部屋に案内されるみたい。
Img_20160911_082319
部屋にはラマナさんの優しい表情のお写真。
そして、荷物を解いて落ち着いたらアシュラムのホールへ。
Img_20160904_110638
とても心地のいい空間。
たくさんの人が祈りと瞑想のために日々集まっています。
続く。。
***
(続きです)

なんとも落ち着く感じだなあ〜って座っていたら、

「日本人ですか?こちらにどうぞ」

と、サリーの女性に声をかけられた。

すごーく穏やかで優しそうな方、このアシュラムでご奉仕されているシュンニャさん。

そして、ヒゲの日本人男性をご紹介してくださった。

この方、なんと、ラマナアシュラムの個人サイトを作ってらして、

来る前に検索してたくさん情報を見させていただいたそのお方、鈴木さんで、

もうこのアシュラムに20年通っていて、今では2ヶ月越えの長期滞在を認められているという実に頼もしいお方。

しかも、到着したてでわけわからんうちにアシュラム内を案内してくださり、

(アシュラムには何のインフォメーションもないので、自分で人に聞くか調べるしかないのです)

偉い方々もご紹介してくださり、さらにはここの歴史やラマナさんにまつわるあらゆることからマナーや安全のことを教えてくださり、さらにはアルナチャラ山のラマナさんが長く住んでいた洞窟や、

街の大きなアルナチャラ寺院、そして山の裾野を歩いて一周する巡礼のギリプラダクシにも連れて行ってくださったのであります。

ひえ〜 そんな贅沢いいのでしょうか?!と思ったけど、

ご本人は「アシュラムで食べさせてもらってますから」と。

そしてラマナのことを語る時の鈴木さんの嬉しそうなお顔。

鈴木さんのおかげで私のアシュラム滞在は楽々にして100倍も濃いものになりました。

無駄に時間を使うことなくすぐに瞑想に入れて、

何より、ラマナさんのお人柄が偲ばれるエピソード(動物たちをとても大事にされていたり、アシュラム内の皆に食事がちゃんと行きわたるように気にかけてらっしゃったり、宗教・身分・貧富など関係なく人に分け隔てなく平等に接していらっしゃっとか、、とにかくたくさん!)を聞かせてもらうことでラマナさんがいっそう好きになって(というかもう大ファン!笑)理解も進みました。

ありがたすぎます。。。

鈴木さんのサイトはこちら!

http://www.geocities.jp/ramana_mahaananda/homepage02.htm

Img_20160904_082813

(洞窟への道を案内してくださってる途中の鈴木さんと小猿さん(笑)

続く

« | トップページ | 聖ラマナ・マハルシのアシュラム2 ラマナさんのことめっちゃ大雑把に。。 »

India 2016」カテゴリの記事

コメント

ナオミさん、お元気そうで!求めるものへの・探求心がここまで伝わります。今夜は十五夜、インドで見上げる月もマイラーの上にてる月も一緒だね!これから、エーコープで買った!ぼた餅をお供えします。

ひろこさーん、
ありがとう!
みんなの上に昇る同じ月、
おとといの月、すごく綺麗でした!
ぼたもちいいな〜 笑

ひろこさーん、
ありがとう!
みんなの上に昇る同じ月、
おとといの月、すごく綺麗でした!
ぼたもちいいな〜 笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 聖ラマナ・マハルシのアシュラム2 ラマナさんのことめっちゃ大雑把に。。 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ