« 苦悩から抜け出すこと | トップページ | 立春 »

「いのちの移し替え」

「調理の間はいつも意識を集中させていないと、食材のいのちと心を通わせることができないですね。例えば野菜を茹でている時、火のそばを離れずじっと見ていると、野菜が大地に生きていた時より鮮やかな緑に輝く瞬間があります。
その時、茎を見ると透き通っています。その状態をとどめるために、すぐに火を止めて水で冷します。
透明になった時に火を止めるとおいしくて、体の隅々まで血が通うお料理ができるんです。
素材の味が残っているだけでなく、味が染み込みやすい時でもあるんですね。
野菜がなぜ透き通るかといえば、野菜のいのちが私たちのいのちと1つになるために、生まれ変わる瞬間だからです。私はそれを「いのちの移し替えの瞬間」と呼んでるの。
蚕(かいこ)がさなぎに変わる時も、最後の段階で一瞬、透明になるといいます。
焼き物も同じで、今まで土だったものが焼き物として生まれ変わる瞬間に、窯の中で透き通り、全く見えなくなるそうです。
いのちが生まれ変わったり、いのちといのちが1つになる瞬間に、すべてが透き通るのかもしれませんね。
透き通るということは、人生においても大切だと思いますね。心を透き通らせて脱皮し、また透き通らせて脱皮するというふうに成長し続けることが、生きている間の課題ではないでしょうか」

「食事したりすることが『生きる』そのものだと私は思っています。茹でるとか、切るとか、味付けするとかって、どこ1つ、おろそかにしてもおいしいものはできないし、大切にしなければできないので、『調理すること』が『生きる姿』そのものだと思うんですよね。
ごはん炊くのだって、米の研ぎ方とか、スイッチの入れる時間とか、もちろん水加減、できた時のほぐし方、よそい方、ご飯1粒ひとつぶが呼吸できるようにって。
食べてみて初めて見えない何かを感じてくれるんですね」

佐藤初女さんが天に召されたんですね。
映像と本でしか拝見していませんがとても大切なことを教えていただきました。
祈りとともに、合掌。

« 苦悩から抜け出すこと | トップページ | 立春 »

大事なこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 苦悩から抜け出すこと | トップページ | 立春 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ