« 鼻むにー | トップページ | いのちヨガ4回め »

内観

遠慮しないでもっと受け取っていいんだよ、と、頭で理解したつもりになっていたことを、ある日突然、体が理解したら、あちこちがふっと緩んで体液がどばどばと分泌。

恒常的に強い刺激にさらされている日々では、体と心が自分自身を守ろうと慢性的に身を固めている状態。そんなときに「緩んでいいよ〜」と言ってもすぐに緩める人は多くありません。

リストラティブや陰などのヨガを何回も続けていると、ある時、ふと、「あ、そうか、緩んでいいんだ」と体が理解し受け入れる瞬間が訪れます。それを何度か経験すると体が緩むことを学習します。内臓にも内分泌腺にも体液がよく流れて本来の機能が回復してきます。

それまでの緊張やがんばり、そして少しキツいなと思うアサナは、その時のため。それを体感するには長く続けることがとても大事。少しずつでも必ず変化は訪れます。
マッサージなどを受けて緩むことはとっても気持ちがいいけど、自らの努力でそれを会得できたら素晴らしい。自分自身の心身のメンテは自分自身で。それをヨガで学び体験していきます。

ヨガでは『内観』を大切にします。
骨、関節、筋肉(特に深層の筋肉)、体液、熱、細胞などを観察してどのような状態にあるのかを感じ意識を向けていく。そうすることで身体のみならず心も、より深いところからの変化が生じてきます。これを”癒し”と感じる人もいるでしょう。
アクロバット的なより派手な動きに向うのではなく、内観によって内のダイナミックな動きを感じることがより高みへと昇らせてくれる。そして、これは意志さえあれば誰にでもできることが、私は素晴らしいなあと思います。

今日も、そんな瞬間を感じさせていただきました。
感謝合掌。

Img_20151023_144919
庭の真ん中に一本だけ、ショウキズイセン(リコリス)が。
ショウキズイセンは群生するのに、ほんとに一本だけひょっこりと出てきた。
表面からは見えもしない地中の球根でエネルギーをたくわえ、時が来て立ち上がった水。
はっとするその美しさ。

« 鼻むにー | トップページ | いのちヨガ4回め »

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鼻むにー | トップページ | いのちヨガ4回め »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ