« 旧久米中でのヨガ一周年♪ | トップページ | 龍と月 »

夜の森

夜、ホタル館にカナダからのお客さんがいらっしゃるというので通訳のボランティアに行ってきました。夜の生物ガイドツアー、すーんごい面白かった!
まずは館内の展示でホタルの種類や生態の説明を受け、そのあと本物のホタルを探しながら出会う生物たちの説明をしてもらいます。
川では1mくらいのオオウナギがにょろにょろ、あちこちに現れるベンケイガニを踏まないように歩き、鮮やかな緑色のカタツムリにはっとし、カエルの鳴き声に耳を澄ます。そして、クメジマボタルの小さな幼虫がまだ糸のように細くて小さいのにその尾尻をしっかりと光らせてる姿に感動、上を見上げると、オキナワスジボタルが木々の間を流れ星と見紛う光の線を描き、とてもとても美しかった。

Img_20150818_203104

ショウジョウトンボは夜こうやって休んでいるので近付いても逃げる様子なし。

Img_20150818_205703
サガリバナはもうほとんど花期が終わりだったけど少しだけ残っていて、蛾を誘う甘くて濃密な香りを漂わせていました。
それほど広くはない敷地内でも、とてもたくさんの種類の小さな生き物たちに出会えてどんな疑問にも答えてもらえて、なんていう贅沢な経験なんだろう。
こういった観光資源の大切さは、欧米の人たちはとてもよく理解してくださる。ガイド料の一部が環境保全と教育のために使われていると伝えるととても喜んでいらっしゃった。
環境資源となる自然は、消費するばかりで疲弊させてしまうのではなく、保全をしていくことでより多くの人をひきつけ未来へつないでいける。
そして、自然は守っていかないと、特に小さな島の場合はあっという間に失われてしまう。環境と生態をきちんと理解説明できるガイドさんたちがどれだけ大事な存在か、島では正当に評価されていないのが残念だなあ。
   

« 旧久米中でのヨガ一周年♪ | トップページ | 龍と月 »

久米島/自然」カテゴリの記事

コメント

夜光の美しさlovely

shine shine shine

たぶん、島からお引越しして喧騒の都会
に住まないと島の豊さのありがたさを感じ得ないと思います。

そうだね。
ちゃんと指摘してくれる人たちがそこにいるのになあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧久米中でのヨガ一周年♪ | トップページ | 龍と月 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ