« 浄化 | トップページ | 年末年始のヨガクラスのお知らせ。 »

産業まつり、久米島紬、闘牛

Img_20141214_112550

今日は産業まつり!
Img_20141214_111238
FMの中継の合間に会場へ行ってまーさむん買い込んだりいただいたりして、みんなでいただきました。かずみねえのカボチャのポタージュ、しまふくのふわふわ卵ロールケーキ、久米島病院(旬さん)のヘルシー弁当、JAのイカスミジューシー、漁協のアーサかきあげ、牛汁、紅芋の素揚げ、そしてそして、ものすごく美味しくて感動したのが、海洋深層水で養殖されたヒラメの唐揚げ!このヒラメ、内地で買ったら一匹4、5千円するとのこと、ってか手に入らないくらいレア。とてもきれいな海洋深層水で育てられてて脂ものっててこんな美味しいヒラメをいただいたのは初めて。
そして、そして、
Img_20141214_142900
ずーっと念願だった久米島紬の試着をさせていただきました。夢だったんだ〜。
着付けも本格的。丁寧に着付けしてくださいました。
嬉しくて嬉しくてずっと自撮り。
Img_20141214_145837
国の重要無形文化財の久米島紬。
この色合い、なんて美しいんだろう。染めはすべて久米島の植物と土から。
自然から糸をいただき、色をいただく謙虚さ。
無の状態から糸をつむぎ染める、丁寧な丁寧な作業の積み重ねの凄みと奥ゆかしさ。
この柄は、糸を結んで染めてまたほどいて染めてという手法が入って、すごく手間がかかるそう。
着てみて上から見下ろした紬はほんとにほんとにうっとりするくらい美しいの。
Img_20141214_144414
とにかく感動。
久米島紬を継承している織り子さんたちに感謝そして尊敬。
あああ一着欲しい。。。。。紬貯金しようと心に決めたのでした。
そして、産業まつりがおわったら、32年ぶりに復活した闘牛へ。
Img_20141214_164731
柵が張られた闘牛所。
Img_20141214_153735
かぶりつきで初めて見る闘牛。牛小屋でよくみる牛とぜんぜん違うの。頭が大きくてバッファローみたい。頭と頭をつきあわせて相撲のような勝負。
Img_20141214_161338
闘牛士さんのかけ声も気合いが入りまくり。
見ている方は雄牛の、強いものの子を残して行くという本能のすごさを口をあけて見るしかなく。闘牛のんもお〜っていう声がルートチャクラに響いて静かに興奮する。牛と一緒に暮らしてきた文化なんだなあ。
Img_20141214_165543
まだまだ知らないことがたくさん。
改めて久米島の文化を体験できて感慨深い日でした。

« 浄化 | トップページ | 年末年始のヨガクラスのお知らせ。 »

久米島/暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浄化 | トップページ | 年末年始のヨガクラスのお知らせ。 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ