« ファームステイのファームにちょっとだけ立寄り。 | トップページ | 光 »

焚き火


最近は、夕方真っ暗になる前くらに焚き火するのが楽しみ。

暗闇で炭になった枝や葉っぱが赤く燃えるのを見てるとキラウエアの溶岩を思い出すなあ。そして熱をもった赤が波打つように動くのは、タコやイカが体の色を変えるときの色素胞の動きにそっくり。いわゆる1/fゆらぎというのなんだろうけど、熱ゆらぎと細胞内の分子運動のゆらぎがこんなにも似ているなんて。自然ってすごい。そして、ずーっと見飽きないのはこれに私の脳が共振する心地よさのためなんだろうな。子どもの頃、おばあちゃんちの囲炉裏で炭の赤がゆれるのを飽きもせず眺めてたのを思い出した。そしてほっぺが赤くなって体の芯まであたたかくなった。やっぱり本物の火は魅力。

« ファームステイのファームにちょっとだけ立寄り。 | トップページ | 光 »

久米島/暮らし」カテゴリの記事

コメント

焚き火が趣味の人がいたなあ……渡哲也さんだっかなあ、菅原文太さんだったかなあ。村上春樹さんの短編にも印象深い焚き火の話がありましたよね。ラオスの食べ物はオーガニックです。今年は東南アジアで越年。よいお年を。

みうらさ〜ん、菅原文太がいいなあ(^^)
村上春樹の短編、探してみよ。
ラオス行った事ないです!化学肥料なんて買うお金ないほうがいい。そのままオーガニックでいてほしいなあ。

しかし、ほんっと日本にいないっすね(笑
来年ブラジルも楽しみですなあ。
よいお年をsun

ぶっとい火は、テンション上がります。
1/fのゆらぎ、調べてみます;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファームステイのファームにちょっとだけ立寄り。 | トップページ | 光 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ