« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

立派な御神木

立派な御神木

昨日は陰ヨガみっちりまる一日。終わったら小腸が半端なく動いて膨らんだ。経絡が関係あるのかなぁ。そしてやたらとトイレが近くなったんだけど、かなり腎への刺激があったもよう。これ使えるわ(メモ)手の感覚だけではなくて、ちゃんと経絡を勉強するべし。

今朝の鴨

今朝の鴨
今朝の鴨

まだ半分のカモが寝ておる三条大橋の下。

泊まってるのがバックパッカー宿のドミなんだけど、同室がオーストリアからのカーリー金髪のアバクロモデルみたいな外見ガイ、ヨーロッパの山奥育ちで自然がないと生きていけないって。あちこち旅してるけど、ここ数年で世界変わってきたなぁと実感と。「FBとかのSNSで自分PRばっかりが並んでるけどもっと大事なことがあるよなぁ」と。助け合う情報シェアしか興味ない自分も至極同感だなぁ。

かもがわ

かもがわ

鴨だらけ

京都

京都

久しぶりの京都。祇園に泊まっているので朝の八坂神社にごあいさつ。清々しい。

これから一週間、陰ヨガのティーチャートレーニング楽しみだな〜(^-^)

初ピーチ。

初ピーチ。

那覇から関空まで5000円弱。安いなぁ。機内誌とかなくて無駄がきれいに省かれてる感じ。ターミナルが遠いけど仕方ないね。

那覇

明日から京都なので、マイラさんを預けがてら那覇に一泊。
国際通りの裏通りには、作り手が見える、小さくてかかわいいショップがいくつも。

そしてこちらは、作り手本人から買える企画展。

那覇

見栄橋から牧志駅方面への川沿いのギャラリー。ちょっぴり中目黒川沿いの雰囲気もなきにしもあらず…

那覇

久米島が誇る木工作家、耕史郎さんの作品がびっしり(^o^)

どれもこれもシンプルで木の楽しさが詰まってる。使えば使うほど愛着がわいてくるカトラリーたち。

那覇

私も作ってもらったころんと丸い椅子。一個だけでもかわいいんだけど、これだけ並ぶとまたまたかわいい〜♪

お客さん次から次に来てたよ。こちはら11月3日までだそうです。

しかし那覇は都会だ…パラレルワールドの現実感に目眩。ok,ok,that's enough.はやくも久米島のきれいな空気の中に帰りたくなってしまった。メンタル免疫弱くなってしまったなぁ。エネルギーバリヤを張らないのが癖になってしまったからか…

がじゅまるの木の下で

がじゅまるの木の下で

深呼吸と太陽礼拝。 至福の朝でござる。

箱からティッシュを抜く時、手元を見もせずにシュッシュッシュッと何枚も抜き、たいして出てもいない鼻水をかんでゴミ箱にポイ。そんな光景を目の当たりにするたび、大量消費に慣れて麻痺して硬化してしまった心が見えていやな気持ちになる。

そして、人の善意を、まるでティッシュを使い捨てするみたいに消費する人たちがいる。この数ヶ月それを間近で見てきた。そういうのはもういいや。じゅうぶん。そんな感じ。

みのさん、

降板したのかあ。おつかれさまでした。靖子さんはわかってると思う。みのさんのせいじゃないよ。ほんとうに、おつかれさまでした。会ってお話したいなあ。

びょういん

病院の耳鼻科、時間予約してあったのに2時間待ち。CT検査してもらったら(輪切りの間、その場所がもぞもぞしてた。ずいぶん被曝しちゃったなあ。ちなみに、日本の医療被曝は世界一!)さておき、右の副鼻腔の粘膜が腫れて空気がほどんど入っていない。でも膿はたまっていないので蓄膿まではいっていないよう。よかった。またしばらく様子見。処方された薬を早速調べて、試してもよさそうなものだけを一週間分だけ買う。買ったのは処方された分の5分の1くらいの量。医者はやたら薬を処方する。私みたいに「これ、いりません」とか言う患者なんてめったにいないんだろうなあ。

greedyの真反対

岡本太郎「沖縄文化論」読了。痛切なおもしろさ。強烈な太陽の日射しがすべての穢れを焼き尽くすような清浄感を感じていた意味がわかったような。

与那国島ではむかし島の中央に「トング田(人枡田)」というのがあって、前触れもなく突然法螺貝と銅鑼が鳴り響くと人々は何もかも放り出してこの小さな水田に駆け集まり、そこに入りきらなかった者はその場で斬り殺されたという。増えもしなければ減りもしない。けして栄えないが衰えもしないで長く長く続く生活。小さな島でまかなえるものだけで暮らしていくという壮絶な謙虚さ。

コンビニの棚がガラガラになっている。台風で波高のためフェリーが動かないから物資が届かない。

そんなことには関係なく、向かいのおばあは「ゴーヤとピーマンあるからとりにおいで」。

近くの土砂集積場に行って「庭で囲いをするのでそこにある珊瑚石を売ってもらえませんか?」と聞いたら、「いいよ〜勝手に持ってって〜社長に言っとくから」。

この島の人たちの欲のなさはいったいどこからくるのだろう。

ローゼル

イーフにあるローゼル(ハイビスカスの仲間でお茶やジャムが甘酸っぱくて大好き。ビタミン・ミネラルたっぷり)の畑にたくさん実がなっていたので株を分けてもらいたくて民宿みなみに連れて行ってもらった。そしたら、今年やっと収穫ができたとのことで、女将さんがジャムにしてビン詰めをしていた。そこにお邪魔してゆんたくしながらラベル貼りのお手伝い。ハーブの話やローゼルを育てる大変さなどの合間に、「久米島はね〜住むにいいところよ〜」としみじみ。施設の仕事をしている間も久米島はほんとにいいところだと思っていたけど、仕事を辞めてこうしてまた穏やかかな暮らしをしている人に出会うとまた沁みてくるのであった。

みなみの女将さん、とってもお話が上手で素敵。ローゼルは今からが収穫時期。摘み取り体験、楽しそう。

ドラゴンフルーツ♡


風は少し弱くなったけどまだまだ強く吹いてます。

お向かいのおばあちゃんに会いに行ったらドラゴンフルーツいただいた。上品にカットされて並べられたドラゴンフルーツを美味しいと思ったことはなかったんだけど、こうやって手で剥いてがぶっとかじるの最高においしい!甘すぎなくてみずみずしいの。

あ、皮にちびちびカタツムリがいる(^^)

テンプレート変えたらやたら写真が大きくなってしまいましたの戻せない。。けどしばらくこのままでいっか。。

おじょうさん・・・


いくらなんでも乱れすぎじゃありませんか。

外は風びゅーびゅーので木々やサトウキビが吹かれてざわわを通り越してざーざーごーごーいってます。そしてときどき土砂降り。このあとまた晴れが続きそうだから雨はたくさん降ってくれたほうがいいんだけど。

なんだかんだでやることがあって出かけたりしています。これまたなんだかんだでまたラジオ番組をもつことになり、、今度は個人的になんでも好きな話してもらったらいいさ〜と。ヨガの話とか健康おたくな話とか環境の話とか久米島の人たちに役立ててもらえるような情報をお話できたらいいなあと大雑把にそんな感じで番組の話が決まるのに電話で3分(笑)このゆるさがたまりません。いいのかそんなんで(^-^; タイトル考えるのにあーでもないこーでもないと悩み中。。いきなり明日収録なんで選曲もせねば・・・マイラさん、CD選んでもってきてくれないかね。

おわ〜


バーデの帰り、おっきなカニが道を横断してる!ゆうに30センチはあるよびびったー。カニさん、轢かれないでね。

そして台風の風びゅうびゅうだけど、今夜も満天の星空。天の川がほんわり。きれいだなあ。

草丼


酵素玄米にトゥルシー&ひいてもひいいても生えてくるセンダングサの若芽をワサワサと乗っけて、タイのカニ味噌(カピという小エビを塩漬けにしたタイの調味料があるんだけど私はカニのほうが好き。これ激ウマ)と無添加のグリーンカレーペースト&トゥルシーでつくっておいたガッパオの素をかけて草丼。まぜまぜして食べるの最高です。

トゥルシー園

トゥルシー園

園というほどでもないけど、、9月あたまに地植えしたトゥルシー、固くて石だらけの土のところを耕さずにただ穴を掘って植えただけなので大きくは成長してないけど、毎日少しづつ摘んで食べるには十分だし、台風でゆらゆらしながらも一株も枯れていないの立派!よくがんばってるオレのトゥルシーちゃんたち♡

昨日、刈った草を積みあげてある場所の下を掘り返してみたら、大家さんが前に積んであった下のほうがいい感じの堆肥になってた(大家さんに感謝!)今朝は早起きして早速その堆肥をトゥルシーちゃんの根元に盛りました。表面はカヤでマルチ。少し成長してくれるかな〜。それにしても、沖縄は植物の成長がとても早くて成果がはやく見れるから楽しいんだなあ。いらない草もにょきにょき生えてくるけど、、

ひまし油

今朝、素手で鍬を持って、あちこちにあるカヤの根っこを掘り起こしていたらあっという間に掌にマメができてつぶれてしまった・・・掌ごわごわ。。しばらくマッサージはお休みして修練します。


ところで、去年の年末から施設で働いている間、ずーっと、まともに鏡を見る事がなかった。マジでそんな暇なかったし。朝、たまにトイレの鏡をちらりと見ると、目の下にクマができたまま消えず、というかひどくなってきてた。今までどんなにきつい仕事したときでも完徹が続いてもクマなんでできたことなかったのに・・・。どんなに自分の体のメンテをしていなかったかに愕然。

いちばんやっかいなのが、保養が終わるたびに熱が出て咳がひどく、少しおさまったかと思ったら(無理やりおさめて)次の保養受け入れというのを繰り返していたし病院に行く暇などもなかったから急性副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)になってしまった。島の耳鼻咽喉科は週に一回だけしか医師がこないのでその日に予約して診てもらう。とりあえずは薬で様子見というのでマクロライド系の抗生物質とアレルギー押さえる薬と痰を切れやすくする薬というのを1ヶ月以上処方され、どれも飲みたくないんだけど仕方なく真面目に飲んだ。けど、いっこうに症状がよくなる気配なし。最悪は内視鏡手術になるんだけど、うーん、、、けっこう那覇に通わなければいけないもよう。。

ということで、自力でなんとか治せないかやってみることにした。

思い出したのが、ケイシー療法で使うキャスターオイル(ひまし油)。強力な排毒作用があるそう。これで鼻の脇と頬まわりをぐいぐいマッサージ。このオイルはめちゃくちゃ粘性が強くて水飴みたいだから滑らなくて、ゆっくりぐいぐい系のマッサージにあってる。温めると効果がでるそうなので最後は掌であたためてマスク。昨日の晩、これやって寝たんだけど、なんかちょっとだけよくなってるような?気のせいかな、続けてみよう。

で、このキャスターオイル、お腹にオイル湿布をして温めて排毒というケイシーの療法があるんだけど、それだけでなく、ポイント集中のマッサージにも使えるし、リップクリームがわりにもなるし、傷に塗ると治るのがすごく早くなるとかいろいろ使えそう。早速、掌のマメに塗って様子見。それから便秘の時は下剤にもなるらしい。便秘気味になったら試してみよう。

おーきなボトルにたっぷりあるので、試してみたい方、小分けして差し上げますよ〜(^^)

いしがんとう

あれま。こんなとこにかわいい魔除けが♪

さておき、今日はちょっとだけ島の役に立てたような気がする嬉しか〜(^o^)

ご縁

久米島にはヨガスタジオがないので自分でやるしかないんだけど、時々、島を訪れる人がワークショップをやってくれるのありがたや。

昨日は、バーデのスパが開催してくれた、ななかさんのヨガ。ゆっくりじっくり、しかも、なんと、ヒマラヤアイアンガーのアライメント!あぁあのインドの山奥のセンターでビシバシ鍛えられた記憶がそのまま甦るビシっと正確なアライメント気持ちよかった!まさかここでそれに出会えるとは。嬉しかったなー。そして、改めて、ゆるゆるになっている自分のヨガをバシっと引き締めなければと思い知った時間だった。ヨガの先生は星の数ほどいるけれど、インドのアイアンガーセンターできちんと修練した人は間違いない。あぁまたインドのアイアンガー行きたいけどあの厳しさにはついていけないだろうなぁと怖じ気づくのである(だめじゃん…)

らじお

2013101813010000


さてさて、4月から始めさせてもらったFMラジオの番組、今日でワタクシ、最終回でした。気がつたらなんと7ヶ月。曲を選んだりゲストにお願いしたり大変なときもあったけど楽しかったな。それも寛容に、なんくるないさ〜の心で見守ってくれたマンデーさんとのぞみさんのおかげ、感謝でいっぱいです。そしてつたない話を聴いて下さった島のみなさん、心から、ありがとうございました。お礼が言いきれないさ〜m(__)m

自由日

ううう 気がついたら庭の草とり6時間。。

センダングサでわさわさしてたヤシやハイビスカスやブーゲンやバナナの根元すっきり!


手が痛い。。手がごわごわ。。マッサージのプラクティショナーとハルサーの両立が課題だわ。。

と、思いながらお向かいのガキヤさんちのおばあとゆんたくしながら赤く腫れていた足をマッサージしたらみるみる腫れがひいた。よかったな〜。こうやってもっともっとおじいおばあの役にたちたいな。

自然織り

いつもいつもお世話になっている久米島ホタル館で、自然織り体験をやらせてもらえるというので行ってきました。繭から絹をとるのはやらせてもらったことがあるけれど、自然に生えている植物からの糸とりなんて体験は初めて。

この日は、芭蕉の糸とりを体験させていただきました。

芭蕉。バナナとほとんど見分けがつかないんだけど(バナナはもっと葉っぱが長くて垂れるくらいになる)人の背の高さの二倍にもなるくらい大きく育つんだけど、これでも草の仲間。花も実もバナナそっくり、バナナの原種みたいなものかな。。いつもながらレンジャーさんたちの植物や生き物の説明は聞く度に知らないことが多くてほんとにおもしろい。

この茎をばっさりと切って皮を剥いて行くときれいなつるっつるの層が出てくるのでその表面を剥ぎます。

綺麗な繊維!!!これを重曹を入れたお湯で20分ほど煮て、とろとろとしたいらない部分はこそげとったら芭蕉糸の出来上がり。

先生とホタルの会の人たちがあらかじめ染めてくださってた芭蕉糸たち。レモンイエローはフクギの葉っぱ。染める量にかかわらず100枚揃えないとなぜかこのきれいなレモン色にはならないそうです。グレーはモクマオウ。薄い茶色はタマネギ。

講師の出口先生が特許をとった自然織りの織り機で、好きな色の糸を選んで自分で糸の太さも調節してとりながら編みます。これやってると、なんだか縄文時代にいるような気になってきた。。(いえ、縄文時代がどんなんか知りません 汗 でも着るものも食べる者も自給自足、それで十分に事足りていた争いのない時代、自然に寄り添って自然と共に生きた人々。そんなイメージ。)

一本一本、丁寧に、丁寧に。


調子にのって二作目は、余った糸を集めてのランダム縞模様。芭蕉のベージュ、ときどき芭蕉のピンクベージュ、フクギのさわやかな黄色、モクマオウの緑がかったグレー、それから濃いオレンジはノニの木の根っこからとれる色。色も繊維もすべて久米島に生えている植物から!なんてすてきなハーモニーなんだろう。贅沢だなあ。

こんな貴重な体験を無料でさせてもらえるなんてそれがまたどんだけ贅沢なんなにゃねん。「来てもらえただけで、自然を知ってもらえただけで、ありがとうございます」そんなレンジャーさんたちの気持ちに感動しつつも心苦しく、こういうことをもっともっと大事にしていくことが大切なんだろうなあと思うのでありました。

星子ちゃんがやってきた!

2013101508410000_2

東京の星子ちゃんから電話の着信があったので折り返してみたら、なんと、すぐ近くのサイプレスホテルにいるというではないか。ツイッターのDMのお知らせがきてなかったの いやん。。

早速サイプレスへ走っていって久しぶりに再会。やっぱ、さすがに我が長年の友、まうますその行動のオモシロ具合に磨きがかかってずっと笑いっぱなし。1人で天河に行ってはで水行やったり(写真見せてもらったけど、すごく清浄な気の場所という感じ。行きたくなってもうた)UFO見たとか、、でもスピ系に嵌ってしまってる人特有の狭さがなくてふつうにそれを楽しんでるからこっちも笑って話が聞けてしまう。

翌日は私は予定を入れてしまっていたから一緒に行けなかったけど、ハテの浜やシーサー作りをやって、やちむんさんや奥さんのひろこさんにいろんな話を聞いて楽しかったみたい。それから一緒に島一周してバーデに行っていっぱい笑って帰って行きました。笑いは愛だ。

写真は空港近くの満開の黄色い彼岸花とマイラと。彼岸花のお花畑で笑ってるこの風景、なんだかあっちの世界のほうが近いんじゃないかって感じ。生きてるって楽しいな。

星子ちゃん、すごく嬉しかったさ〜。

ありがとう!!!

石垣珊瑚

2013101314010000_3

お世話になっている方から、おーきなパパイヤいただいた。小玉スイカほどもある大きさ。石垣珊瑚という品種だそうです。
2013101314030000
切り口かわいい♡ 
一口食べてみると、なんともやさしくて極上の甘さ。木で熟れたパパイヤがこんなにおいしいなんて!なんという贅沢。
切った半分は、いつも気にかけてくださっている斜めお向かいのガキヤさん家におすそわけ。おばあが足が腫れているというのでゆんたくしながら足のマッサージ。帰りにこれまたよく熟れたカボチャをいただいた。
今日も心が洗われた日なのでした。

丸刈り

丸刈り

ですっきりしましての読書の秋。岡本太郎『沖縄文化論』

"痛切な生命のやさしさ"

…沖縄にいて感じることをこんな言葉で表現してくれる岡本太郎の才能に惚れ惚れありがたく思わずにはいられない。

エサレンとヨガのHPできました。

(前にアップした記事から改訂)

名前をいろいろ迷ってSilent Danceにして、とりあえずHP作ってみました。http://naomikawaguchi.wix.com/silentdance

まだ写真なども足りないけど、、


急ごしらえで仕立てた自宅サロン。ここでエサレンマッサージやらせていただいています。海の近くで(海は見えないけど、、)風が通る、とてもいい気の場所です。

エサレン®マッサージとは・・・

http://www.embajapan.org/aboutmassage.html(エサレンマッサージ&ボディーワーク日本事務局のページ)

ちょっと難しいけど、全身のオイルマッサージ、とにかく気持ちがいいはず〜。

私のワークは、頭のてっぺんから足の先まで全身のリラックス、深い部分の組織のほぐし、内臓のトリートメント、ヨガのストレッチ、呼吸法などを組み合せています。私は手がとても大きいのでとても安心感があると言われます。その人に合わせて施術は基本2時間くらい。強めのプレシャーからやさいしいエネルギータッチまで。

ご興味のある方、コメント欄にメールアドレス入れてメッセージいただければこれ幸い。何卒よろしゅうお願い致します。

HPのお問い合わせに入力して送っていただいてももちろんOKです。

区切りに。

思えば初めて久米島にボランティアで来たのがちょうど1年前の9月。そして久米島に引っ越して10ヶ月。

R0019239

ちょうど1年前の9月に保養に来たお母さんたちがまた来てくれた。子どもたちもびっくりするくらい成長していたり、赤ちゃんだった子がお話までできるようになっていたり・・・空港でお迎えしてママたちの変わらない笑顔に再会すると、いつも目頭が熱くなる。

「おかえりなさい」

ほんとうにやさしくて素敵なママたち。かわいいかわいい子どもたち。この10ヶ月、あまりに忙しくてしみじみ考えることができなかったけれど、運命とか家族とかほんとうに大事なものとか、そういうことを次から次に考えさせられる日々だった気がする。えらそうに語るには、半世紀近く生きてきただけではおこがましてくてできない。というより、あいかわらず言葉が出て来ないというのが正直なところ。。

R0019240_2
保養最後の夜に、ママたちがアレンジしてくださったバナナの葉っぱのテーブルクロスにブーゲンビリア、そして、ひろこさんが焼いてくれたバナナケーキとチョコレートケーキ!美味しかったなあ。そして「ありがとう」の文字。今これを書きながら涙がこみあげてくる。こちらこそ、ありがとう。心いっぱい、ありがとう。
R0019254
東京にいるときは、トルチュのブーケが最高に好きだったりとか、そんな頃もあったけど、ママさんたちが、私がいない間にこっそりと辺りに生えている草花を集めて作ってくれたブーケが、なんか、あったかくて、今までもらったブーケの中でいちばん嬉しかった気がする。うーん、嬉しいというより感情のレベルよりもっと深いところでの安心感ゆえの穏やかな感謝の気持ちというか、、なんだろうなあ〜 もちろんアレンジも素敵なんだけど。
R0019273_2
そして、仕事の引き継ぎ資料などを終えて、スタッフとキッチンのパートの大好きな大好きな島のお母さんたちが一品持ち寄りパーチーに来てくれた。
R0019271_2
島のお母さんたち、ほんとに素敵なんだなあ。
R0019272_2
葉っぱに包まれた栗ごはん、滋味そのものの煮物、ゴーヤの酢の物、もずくのキッシュ!地物野菜の料理が勢揃いでどれもほんとに美味しい。なんて贅沢なんだろう。
・・・と、結局食べ物のことになってしまったけど、夏に新しく出版された『久米島生活』という本のあとがきに、編集の渡辺さんがこんなことを書いていらっしゃって、まったく同感と思ったので引用させていただきます。
「彼ら(久米島の人たち)の多くが、不合理よりも不条理のない、不便や不備よりも不信や不義理のない暮らしを尊ぼうとしていることを感じて、私は畏敬の念を覚えた。」
そう、そいういことなんだ。そういうことに触れてそういう世界がまだこの世の中に存在していてそれを感じられることがどんなに救いになっていることだろう。

シーサー2

R0018961_2

そいえば!シーサー2個めやっと作りに行けた。1個めはちょうど1年前の9月。口が開いたオス。今回は口が閉じたメス。今、乾燥させて焼いてもらっている途中なので楽しみだなあああ。

さっきまで停電。朝まで真っ暗なままかと思ったらどなかたかが直してくれた。ありがたや。

雨雲レーダー 雨雲ぐるぐる 龍神さまみたい。

後ろからいびきが聞こえてきた。

おらの枕だぞお〜い。

ダブル台風

久しぶりの更新。保養ではまたまたいろんなことがあって感謝いっぱいの日々でした。いろんなことが落ち着いたらまた書きます。

ところで10月の台風は大きいと聞いてたけど、、、

こんな天気図初めてみた!ダブルでど真ん中。久米島はちょうど2つの台風の間になってて北東からの風と南西からの風がぶつかるねんな。家がある場所は島の西側なので比較的守られてる感じ。さっき行ってきた島の西側や丘の上は風やばかった。。

こんな時なのにシンリ浜のうねりに見惚れてもうた。。


庭のガジュマル、大丈夫です。小さいバナナの木は倒れるかも。。

今朝は、隣のガキヤさんが心配して見にきてくれました。そしてさっきはできたての紅芋のお餅と畑でとれたゴーヤとピーマンを下さった。ありがたくって、涙、涙。

小さな島は、フェリーや飛行機が途絶えるとあっという間に物資が途絶えてしまうんじゃないかと思う。とりあえず車のガソリンはいっぱいにして、食料はお米のストックがあるから暫くは大丈夫。水も台風で雨はいっぱい降るけど断水のおそれはあるから一升瓶に3本とペットボトル3本だけだけどストック。それから雑貨やさんが開いたら何があるかわからないから七輪と炭は買っておこうと決めたのである。

それにしても、雨風が防げる家があるって、なんてありがたいことなんだとしみじみ思う今。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ