« ローゼル | トップページ | びょういん »

greedyの真反対

岡本太郎「沖縄文化論」読了。痛切なおもしろさ。強烈な太陽の日射しがすべての穢れを焼き尽くすような清浄感を感じていた意味がわかったような。

与那国島ではむかし島の中央に「トング田(人枡田)」というのがあって、前触れもなく突然法螺貝と銅鑼が鳴り響くと人々は何もかも放り出してこの小さな水田に駆け集まり、そこに入りきらなかった者はその場で斬り殺されたという。増えもしなければ減りもしない。けして栄えないが衰えもしないで長く長く続く生活。小さな島でまかなえるものだけで暮らしていくという壮絶な謙虚さ。

コンビニの棚がガラガラになっている。台風で波高のためフェリーが動かないから物資が届かない。

そんなことには関係なく、向かいのおばあは「ゴーヤとピーマンあるからとりにおいで」。

近くの土砂集積場に行って「庭で囲いをするのでそこにある珊瑚石を売ってもらえませんか?」と聞いたら、「いいよ〜勝手に持ってって〜社長に言っとくから」。

この島の人たちの欲のなさはいったいどこからくるのだろう。

« ローゼル | トップページ | びょういん »

久米島/暮らし」カテゴリの記事

コメント

沖縄文化論、10年越しの愛読書です。ついにそんな沖縄に移住予定です。娘ちゃんにとっての最良の地であることを、最良の地にするように頑張ります!

おおお!!!ryokoちゃん、おめでとう!
こっちの子どもはほんとうに子どもらしくてかわいいです。でも遊ばせるよりも何か学ばせなくては、、となってきているようですけど、、娘ちゃんにはのびのび育ってほしいですね。
本島かな?関東からの移住者のコミュニティーのことはたまに聞くけど、是非、土地の人と仲良く暮らしましょ〜ね〜(沖縄?久米島?ふうのイントネーションで(^^)
何かあったら連絡くださいね!!!
あ、つい最近、葉山からこの島に移住してきた人に会いました。なんか嬉しいな〜。

28年前にはじめて沖縄に住んだときがそうだったなぁ。
困ってるから手を差し伸べる。
まったくの損得なしで。うれしかったなぁ。

かおりん、私が知ってる人たちは今でも、若い人もお年寄りも困ってなくても手伝ってくれる 笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローゼル | トップページ | びょういん »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ