« 球美島 | トップページ | 登武那覇城跡 »

じい〜まーの黒ざーたー

2013011409370000

久米島空港でおみやげにいただいてその美味しさに驚いた『久米島のおじいがつくったじいーまーの黒ざーたー』

今はサトウキビ収穫と製糖の時期ということで見学させていただいた。工房の近くに行くとなんともいいいい匂いがほんのりと漂って〜

2013011410060001
お邪魔すると、ぐつぐつ ぐつぐつ 大鍋いっぱいの茶色い液体が煮詰められているところでした。
2013011409090001
自家畑で無農薬で育てられたサトウキビをこの機械で絞り、汁を煮詰めてゆきます。昔は馬を歩かせて絞り器を動かしていたそう。サトウキビの糖度によっても違ってきますが、300リットル絞ってだいたい40キロくらいの黒糖ができるそうです。
2013011409280002
薪で焚く!!!これが美味しさの秘密かも。火で焚いたものはやっぱり味が違う。薪は、家の廃材や林道に倒れていた木など。火加減は経験から微妙に調節、熟練の職人技だ〜。
2013011409140000
おじいの儀間さん。「沖縄の人たちは自分の足元を大事にしないと」と地元の伝統手作りにこだわります。すてき。
2013011409100001
煮詰まり途中の汁を湯呑みに分けてくれました。とろとろで舌いっぱいに広がるなんともいえない滋味。おいしいいいいい。
2013011410150000
さらに煮詰まると・・・
2013011410230000
なんと、サトウキビの茎に飴状になったものをつけてくれました。感動のサトウキビ飴。生のサトウキビの風味も加わってこれまたおいしいいいいい〜
2013011410120000
さらにぐつぐつ ぐつぐつ。サトウキビの汁から煮ること5時間・・・
最後の炊き上げは、儀間さんがすこしずつ舐めながら舌で確かめます。
そして魔法の棒(ユシの木。鍬の柄にも使われる堅い木。椿の枝もいいそう)で何度もかき混ぜ冷ますと
2013011410430000
うわ〜さっきは飴だったのにふんわりサクサクの黒糖に!できたてあつあつの黒糖は、この上なく上品な上生菓子の味!
2013011410460000
冷ました鍋の鍋ブチについたのはさらにコクがあっておいしい!!!
2013011410480000
平らに伸ばして切れ目を入れて出来上がり。
2013011414530000
いや〜初めて見せてもらった黒糖の作り方、感動しっぱなしでございました。
このパッケージです。ほんと、おいしいの。儀間さん、快く見せてくださってありがとうございます!感謝感激。
HPはこちら (^^) 久米島にいらしたらお土産に絶対オススメ!

« 球美島 | トップページ | 登武那覇城跡 »

久米島/食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 球美島 | トップページ | 登武那覇城跡 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ