« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

しばし更新できませぬが、

福島の子どもたちが保養に来ている間はこっち(↓)で毎日ブログアップしてます。よろしければチェックしてみてください。

http://kuminosato.blog.fc2.com/

島のWHOLE FOODS

9月に久米島に来た時は、なんて野菜が少ないんだろうと思っていたんだけど夏は暑すぎて採れる野菜も少ないそう。しかし、今回冬に来てびっくり!スーパーにも葉モノ野菜がいっぱい、畑も青々とおいしそうな野菜がすくすく育ってて、しかもおいしい!!!本州で食べる夏野菜よりも久米島の冬野菜のほうが数段滋味豊かに感じる。んで、保養所にお手伝いに来てくれているお母さんの隣の畑が大収穫ってことで、譲ってただいた無農薬野菜たち。青々とした香りもたまりません。ここにホールフーズがあったらな〜なんて思ったけど、ここにはホールフーズよりホールフーズ的な食材が豊富にあったやん(笑)

この野菜を育てているのは、仕事を引退してこの島で悠々自適に暮らしてらっしゃる男性の方。そんな人生もすてきだな。

紫色のカリフラワー、すごくきれい。

私もはやく自分の畑やりたいなあ。土地はあるんだけど時間が足りへん(><)

ここで働いてます。

ちびっこたちがほんとに楽しそうに過ごしてくれてる。このプロジェクトにかかわるすべての人のあたたかさを感じます。毎日、人の善意にふれて感謝しっぱなしです。

いびきが・・・

やっとこさ買ったおらのベッド占領されとる〜


しかも、やっぱ、半目で高鼾。

こっちにきて毎日いろんな人に遊んでもらって自由に走り回ってしあわせだねマイラさん。

ムーチーの日

ムーチー

沖縄では旧暦の12月8日にはムーチーという餅粉をこねて月桃の葉にくるんで蒸すお餅を神棚や仏壇にお供えして家族の健康を祈るという習わしがあるそう。なので我が家にも大家さんのお母様の仏壇があるのでお供えしたあといただきました。むちむちして月桃のほんのりとした甘い香りがなんともいえず美味しい。月桃の葉は、本州でいったら笹の葉みたいなもんかな。ショウガ科で殺菌効果、防虫、防カビ効果があるそう。お茶にして飲んだり煮出して化粧水にもしてるけど、調子いい。毎日、土地の恵みに感謝。

夕陽

夕陽

水平線の雲に隠れる前に顔をだした太陽。大きくて力強かった。

NaIシンチ

放射能測定機がただただひそかにセシウムの量を調べている。外では星が瞬き、カエルが鳴いている。こんな世界が現実になるなんて夢にも思わなかったな…。

じぃーまーの黒ざーたー

じぃーまーの黒ざーたー

…しつこいけど…ほんとに美味しい。島の赤い土のミネラルが沁みる。。

お花見

いつもお世話になっている島のお母さんたちがお茶会に招いてくれました。久しぶりの気持ちいい晴れ!桜も咲き始めたのでアーラ林道へ。思いがけずのお花見に。

「うわ〜!」お母さんたちが畑で育てた安心野菜いっぱいのごちそうに新参者、思わず歓声!

〆は、なんとお抹茶まで。お皿は(あー名前忘れてしまった)葉っぱです。なんて風流。島のお母さんたちとこんなふうに季節を楽しめるなんて夢にも思わなかった。粋で思いやりいっぱいの島のお姐さんたち、ほんとに素敵。


今日も今日とて にふぇ〜で〜びる♡

登武那覇城跡


うわ〜、ここ、ハワイだったら絶対にヘイアウだ。お城の跡っていうよりお祈りの場所だったんじゃないかなあ。絶景。

じい〜まーの黒ざーたー

2013011409370000

久米島空港でおみやげにいただいてその美味しさに驚いた『久米島のおじいがつくったじいーまーの黒ざーたー』

今はサトウキビ収穫と製糖の時期ということで見学させていただいた。工房の近くに行くとなんともいいいい匂いがほんのりと漂って〜

2013011410060001
お邪魔すると、ぐつぐつ ぐつぐつ 大鍋いっぱいの茶色い液体が煮詰められているところでした。
2013011409090001
自家畑で無農薬で育てられたサトウキビをこの機械で絞り、汁を煮詰めてゆきます。昔は馬を歩かせて絞り器を動かしていたそう。サトウキビの糖度によっても違ってきますが、300リットル絞ってだいたい40キロくらいの黒糖ができるそうです。
2013011409280002
薪で焚く!!!これが美味しさの秘密かも。火で焚いたものはやっぱり味が違う。薪は、家の廃材や林道に倒れていた木など。火加減は経験から微妙に調節、熟練の職人技だ〜。
2013011409140000
おじいの儀間さん。「沖縄の人たちは自分の足元を大事にしないと」と地元の伝統手作りにこだわります。すてき。
2013011409100001
煮詰まり途中の汁を湯呑みに分けてくれました。とろとろで舌いっぱいに広がるなんともいえない滋味。おいしいいいいい。
2013011410150000
さらに煮詰まると・・・
2013011410230000
なんと、サトウキビの茎に飴状になったものをつけてくれました。感動のサトウキビ飴。生のサトウキビの風味も加わってこれまたおいしいいいいい〜
2013011410120000
さらにぐつぐつ ぐつぐつ。サトウキビの汁から煮ること5時間・・・
最後の炊き上げは、儀間さんがすこしずつ舐めながら舌で確かめます。
そして魔法の棒(ユシの木。鍬の柄にも使われる堅い木。椿の枝もいいそう)で何度もかき混ぜ冷ますと
2013011410430000
うわ〜さっきは飴だったのにふんわりサクサクの黒糖に!できたてあつあつの黒糖は、この上なく上品な上生菓子の味!
2013011410460000
冷ました鍋の鍋ブチについたのはさらにコクがあっておいしい!!!
2013011410480000
平らに伸ばして切れ目を入れて出来上がり。
2013011414530000
いや〜初めて見せてもらった黒糖の作り方、感動しっぱなしでございました。
このパッケージです。ほんと、おいしいの。儀間さん、快く見せてくださってありがとうございます!感謝感激。
HPはこちら (^^) 久米島にいらしたらお土産に絶対オススメ!

球美島

世界中のいろんな海に行ったけど、久米島の海は最高にきれい。

だけど、残念ながら陸から土砂が流れ込んだり護岸工事で珊瑚も減りさらにタンカーなどからの汚染でずいぶんと拾える貝も少なくなってしまったそうです。できる限り海を汚さない暮らしをしてゆきたいとあらためて思うのであった。

おうち

20年以上ぶりの借家暮らし。久米島では犬と室内で暮らすという習慣があまりないらしく、不動産やさんに行っても犬しかも大型犬と住める物件はないね〜と言われ・・・あきらめかけてたけど、役場の方の紹介で一軒家が借りられました感謝。コンクリート建ての畳2間にダイニングキッチンでじゅうぶんな広さ。家は植物に囲まれた家庭菜園も。保養所のほうにも大きなハーブガーデン作りたいし、やること満載、ターシャの庭作りたい夢に十分過ぎるほどの場をいただいて嬉しい。にふぇーでーびる。

畳生活よ。

写真にはまったく写ってないけど、部屋からはきれいな海の水平線が望めるのだ。なんともいい感じ。

やん小さん

2013011113390000
2013011113250000

まだまだ外食には少しのお店しか行ってないんだけど、保養所のスタッフと一緒に行った『やん小(やんぐわ〜)』さんのピリ辛もやしそば、美味しかった!麺は自家製、スープは久米島地鶏、もやしも久米島のきれいな水で育ったすごくきれいなお味。赤瓦の琉球民家もすてき。

久米島よいとこ

さてさて、ずいぶんご無沙汰してしまいました。

去年の年末に沖縄の久米島に引っ越し、新しい仕事に就き、朝早くから夜遅くまで明るいうちに借りた家に帰ったことがないという日々からやっと家のことなど整理する時間ができたのでこのブログのタイトルマイナーチェンジしつつ久米島のことアップしていくつもり。つもり。。
Moblog_e3306b961_2
Moblog_b45f967c
昨日、桜並木の林道に行ったらもう桜が咲いていた!ソメイヨシノとは違う品種で少しピンクが濃いめでかわいらしい!1月25日からは日本一早い桜祭り。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ