« nest | トップページ | »

タカヤマさん

10月22日、ドナルド・タカヤマさんが亡くなった。

そして11月10日、タカヤマさんがいつもサーフィンしていたワイキキで追悼パドルアウトに参加させてもらった。

R0013786

R0013779 
R0013781

Photo_272

亡くなったと聞いて実感がまったくなかったけれど、たくさんの人がタカヤマさんの板を持ってパドルアウトをしていく後ろ姿を見たら、ああ、やっぱり本当なんだと、涙が止まらなかった。クイーンズで波もとれずに遠慮がちに浮かんでいたら、「おお、いい板に乗ってるじゃないか」って声をかけてくれ、いちばんアウトで手招きし、すごくいい波に乗らせてくれたタカヤマさん。私が行けたのは、ほんのワンシーズンだけだったけど、タカヤマさんのいたクイーンズは、波乗りの心からの楽しさと喜びを感じさせてくれる場所だった。
いちばんアウトにタカヤマさんが浮かんでいた海は調和に満ちていた。普段、意地悪だったり自分だけ乗ればいいみたいな人たちも謙虚になっていて波をシェアしてた。タカヤマさんは、もちろんその板で波乗りの楽しさを教えてくれた素晴らしいシェイパーでもあるけれど、海でそうやって自然とリスペクトの中心にいるということが彼の大きさを物語っていたのだと思う。そして、その海は、やさしくて、いっそう美しかった。
 
60721_508049172552768_1660069692_n
photo: Kai Sallas

カヌーをまん中に、皆で手をつないで聴いて歌った『アロハ・オエ』。愛する人との別れを惜しむ歌だったと、この時まで知らなかった。そしてこの歌詞がこんなにも沁みたのは初めてだった。

Aloha 'oe, aloha 'oe
E ke onaona noho i ka lipo
A fond embrace a ho'ie' au
Until we meet again


〜さようなら、貴方
木陰にたたずむ素敵な人
別れの前に優しい抱擁を
また会えるその時まで


R0013760
 
R0013765

そしてワイキキの海は数知れない人の去来を抱擁しつつそこにありつづける。あたりまえだけど不思議で、その海が美しければ美しいほど切ない。

« nest | トップページ | »

Hawaii&California 2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« nest | トップページ | »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ