« 裸族 | トップページ | おひるね »

ロータス

ピーカン海の日、若宮大路は海に向かう人たちのぞろぞろだらだら歩道いっぱいに横広がり歩きの間を縫って八幡さまへ。

目的は・・・

Lotus1

源平池の蓮です。日々ロータス瞑想、ロータス瞑想と蓮の花をイメージして瞑想をしているわけですが、ホンモノの蓮の花をちゃん見たことがない。。で、今日がそのチャンス!到着してびっくり。うわ~池にびっしり!しかも葉っぱが大きい!

Lotus2

花も大きい!花弁の一枚の長さはゆうに20センチあります。瞑想では、このロータスフラワーの真ん中に自分がいるイメージをするのです。

Lotuslarge

う~ん、きれい。↑この写真はサイズ大きめでアップしてます。クリックすると拡大するよ。

隣にいたおばちゃんたちが、「心が洗われるわね~」と言っていたので心の中で大きく頷く。

Lotus5

そして、瞑想が終わったあとの合掌は、蕾をイメージします。自分にお花を捧げるつもりでね。すっくと立った蕾。しかもこの蕾は合掌した手のサイズそのもの。ふっくら~。

さて、気品のある光を放つ白の花も美しいけど、やっぱり、ピンクの花が見たい!そう、私に足りない女性らしさのピンクよピンク!しかし、ピンクの花はみんな遠くてズームが間に合いません。。

Lotus8

緑の中にほわ~っと光るピンクのロータス。根元は濁った沼、そこからすっくと立ち上がり、大輪の、それでいて控えめで、太陽の光を浴びてやわらかいオーラを放つ花を咲かせている姿はほんとうに美しくて心にあたたかい光を射してくれるよう。

Lotus7

ほわわ~ん。

Lotus6_2

あぁ、蕾もなんて美しいんでしょう。

*

おまけ

Kame1

カメ。

Kame_2

   

« 裸族 | トップページ | おひるね »

TAO」カテゴリの記事

コメント

私が育った土浦は蓮根の産地で、外に出ると蓮田が延々と広がっています。
写真を見て、蓮の花が咲く中を小学校まで歩いた夏の日々を思い出しました。
 
天に花開いて得たエネルギーが、まっすぐに地中の根に伝わって、蓮根が出来上がる。
花を手折ると蓮根がダメになってしまうから!花びらの中心には仏様がいるんだからばちがあたるから!と、子供たちは大人たちに言い聞かされたものでした。  
 
  
夜の闇にぼんやりと浮かぶ蓮の花の白も、とっても美しく神秘的でした。
  
 
マイラままの文章を読んで、久しぶりにこんなことを思い出せて、心がほんわりとしました☆
ありがとうございます。

まゆみちゃん、美しい表現、すごくすごくすてきなお話ありがとうheart02

本当に綺麗な写真にええ話ですねぇ・・・。
蓮の花が咲く時に、音がするらしいのですが、それは花音(かのん)と呼ばれて、それを聴きに行く人もいるらしいですよ。
とても神秘的な花ですね・・・shine

なるちーさん、花音・・・なんてすてきな響き!早朝かしら?本当に聴けたら奇跡みたいだろうな~shine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裸族 | トップページ | おひるね »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ