« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

想像をはるかに超えて素晴らしかった屋久島を出て鹿児島空港に着き、久々にネット接続。自分のサイトに携帯からアップした写真を見てみたら、なんとも緑のしょぼいこと。。
それにしても屋久島の森は濃密だった。一面緑の森の中で立ち止まると、そこには無数の命が息づき、フレームで切り取った範囲だけの中でもそこに生きる植物たちがひとつの宇宙を形成していた。倒れた大木は朽ちその表面は潤いを含んだ苔が覆い、その上に木々の種が芽を出しそして光を求めて天を目指し、光を勝ち得たものはさらにその命を永らえて巨木となりそしてやがては複雑に力強く伸びた根で抱きかかえた岩とともに崩れ倒れ落ちそしてまた次の生命の土台となる・・・植物たちの生き様はすさまじくそして静かに入り乱れ、生と死の繰り返しがいたるところに在り重なりまざまざとその歴史を見せてくれる。・・・『ただ生きている』ということの、なんと力強いことか。
倒木だらけの谷は、近視眼的な人間の感覚からすれば荒れた谷とした見えないかもしれないがそこに息づく苔や芽やすっくと伸びた木々の存在を知ればそこには神が宿るとしかいいようのないただ神秘の世界を感じざるをえない。人の手の加わらない放置された自然の美しさ。そこには、リアルな地球の生命の物語が描かれている。本物の美しさはそこにある。
そしてふたたび、山尾三省さん。前にちょこっと書きましたが。禅寺に向かう途中、彼の家の前を車で通り過ぎました。ほんまの静かな山奥にありました。彼の詩をあらためて読んでみると・・・やはり、沁みます。心が洗われます。静かで謙虚でただそこに在ることの素晴らしさに感謝する心。今この世界に彼の宇宙が存在することそして少なからずの人々がその世界に共鳴することができること、それは、希望。
それにしてもやっぱ自分は物心ついた頃に惹かれた東洋思想の世界がルーツであって今になってもいろんなことがつながりまくって・・・山尾さんにしてもスナイダーにしてもヨガやインドやヒッピー世代の先輩方(笑・屋久島にはそんな方々がたくさん住み着いて今も現役だったり!超楽しい!)そんなつながりをたどっていくと将来は絶対にアラスカやオレゴンやボールダーには行く運命であると思ったり、そして今回一緒に旅したモデルさんがヨガにめちゃめちゃはまっていることも偶然ではなく、あれあれまたつながっちゃった!としか言いようがない、やっぱり同じ木の幹から生えている葉っぱたちみたいなつながりは確実にあるんだと、そんな人たちと出会ってお互いにその存在を知ることで確信をもって別れてそしてそれぞれの家に戻ってまた各々の生活を始めることの楽しさ!そうそう、富良野の巨匠は屋久島を訪れたことがあるのかどうか気になりつつ彼の言っている「いちばん大切なもの」が屋久島に溢れていたことも決して偶然ではないという確信。ときどき相関図を描いて絡まったように見える糸を整理したくなる!その中心にあるものは一体何?
後からそのつながりに気づくのではなく、その場でなんとなく感じるのではなくストンとクリアに理解したい。
すべてを削ぎ落とした野生動物的な感覚になりたい!

山奥の禅寺で

山奥の禅寺で
座禅をして、谷の水で淹れた甘茶をいただきました。お湯を沸かす薪は裏山で、お茶の葉は庭先でちょちょいと調達。うーん、おいしい。

屋久島で出会った達人たちは、皆、やさしかった。なぜ?そこには清らかな水が存在しているからという理由は確かにある。その他にもたくさん理由はあるのだ・・・

おむすび

おむすび
屋久島は、白いご飯がどこのもおいしい!きっと水道水がおいしいからだ。

もののけぇ〜

もののけぇ〜

もののけぇ〜

もののけぇ〜

巨石と圧倒的な水の流れ

巨石と圧倒的な水の流れ
水の豊かな国に生まれたしあわせ。

コケ

コケ
木の幹も岩も地表も倒木も水をたっぷり含んだコケに覆われてどこを見ても緑の世界もののけ姫の森。

樹齢三千年

樹齢三千年
すご杉

朝日

朝日
まぶしいっ。

屋久島

屋久島
水がおいしい!!屋久島の水は、清められる感じがとてもします。空気も清んでいて太陽がまぶしい!切り立った美しい山、濃く青い海、人の存在をものともしないサルたち。
人工のものしかなく流れが滞っている赤坂から一気に濃く繊細な気エネルギーがが流れる聖なる島へ。ここは、心と体が開いていれば開いているだけ気が流れ入ってきて古くなったものを連れて出ていく、そんな場所な気がしますなぁ。
今回のテーマは、めぐる水。水は、気が目に見えるかたちになった気そのものという感じなのであります。

青
始発電車の窓から見える夜明け前の湿った街は、ほんの数分間だけ、ディープブルーに包まれて深い海の中のようだった。

マカロンロン♪

マカロンロン♪

鎌のみなさん一足お先に銀座ラデュレのマカロン食べちゃったごめん。よりによってNYから一時帰国のやすこちゃんが並んで買ってくれたのであります!うわ~い!パリのよりもペースト多め?この個別包装してないラフさがいいのよねん。やっぱマカロンは生クリームなしでしょ!ショコラのマカロンを赤ワインと食べられたら最高!・・・なんだけど、会社じゃねぇ。。(泣 それでもおいしくて嬉し涙。

赤坂

赤坂

カンヅメ5日め。まじ、この辺に住んでる人はよく生きてるなと思う… 生きた果物ありがたや

ももいろ

ももいろ
ペリカンでかっ(^o^;) 昔ガラパゴスで襲われたことある…

TIFF

開催中の東京映画祭。今回、naturalTIFF部門ていうのがあってどれもこれも観たいのばっかり。

http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/title.php?lcat=6

なんと!キタキツネ物語までエントリーされているではありませんか!ああああああスクリーンで観たいよおおおお!EarthのPのソフォクレおじさん(私と同い年。笑)も来日中。んー、編集の合間に行ける・・・はずないなぁ(泣

予測されていたとおり・・・

北極の氷、13年以降に消失も=温暖化加速で夏にーWWF

10月22日0時44分配信 時事通信

【モスクワ21日時事】世界自然保護基金(WWF)は21日、地球温暖化が加速し、北極海の海氷が2013-40年に、夏には完全に消失する可能性があるとの報告を公表した。北極海の海氷が夏に消失するのは、過去100万年以上見られなかった現象という。
 国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は昨年、第4次統合報告で海面上昇などが起きるとして地球温暖化に警鐘を鳴らしたが、WWFの報告はこれより30年以上早いペースで北極海の海氷の消失が進むと予想した。

・・・それでもまだ温暖化は疑わしいなんて言ってる輩がいるんだよねぇ。自分の家が燃えてるっていうのに、のんきなもんだ。

そういう自分だって車で千葉行ってるし飛行機乗ってるし、だけどね。何年も前から温暖化警告そして気候がおかしい何かしなきゃという番組を作っているけど結局そんなに世の中変わらなかったりして何やってきたんだろうって思ったりするけど、確実に意識の変わった人たちがたくさん存在して、そして自分の生活を見直すことで生きている上で本当に大切なことは何かということに気付いているということは確かなことで。それにしても地球46億年の歴史の中ではこんなことはたいした変化ではなく生命は絶滅と進化を繰り返しているわけで、さてさて自分が生きている間にこれからどんなことが起こるのか・・・この地球に生きるすべての生命がその命をまっとうできる世界が理想ではありますが既にそうでない方向に突き進んでいるであろうということは誰の目にも明らかで、いろんなことに違和感を覚えながら生活しているここ数年。さてさて。それでも水や緑や空気や命はやっぱりとても大切だという番組を今は粛々と作っている、そんなしがらみだらけで生きているあたし。しがらみとは自分が作り出している勝手な義務感が大きな要因であったりするわけで。山の中で仙人原始生活してもこんな状況じゃあきっと安穏としてもいられないだろうしな。

旅2ラウンドめ

旅2ラウンドめ
陽光に祝福された大自然から一転、赤坂のくら〜い密室でひとり黙々と物語をつむぐのであります。救いは画面の中に記録された生命の神秘の数々と、一生心に残るであろう美しい瞬間。そして世界は存在し続ける。。

がんばれあたし。あと10日で種子島が待ってるぞ!

ふらの番外編

ふらの番外編

アカトンボに好かれた

優しい人。


まずは富良野ロケ終了。美しい葉っぱと透明な空気と清らかな水、そして笑顔のみんな。大地に感謝。

そして今回も素敵すぎる人たちとの出会いがあってそんなみなさんは有名な方々ばかりなのでここに書くことはままならずでありますが共通しているのはほんとうに生きることにまじめで一生懸命で手を抜くことをしらない人たちでそんな人だからどの分野でも一流のお仕事をされていてそして美しい。某女優さんは15年前に局で一瞬お会いして以来最も美しい人と思っていた人でその方と今回ご一緒させていただき、まったく飾らず地味にしていてもさらにお美しく本当にやさしくて穏やかでj謙虚で誰の話もきちんと聞いてくれ、さらにでしゃばらずに社会貢献の活動もたくさんされていて自分に足りないものばかりを見せて下さりほんとうに学ばせていただくことだらけで自分がいかにギラギラしているのか思い知らされた今回。そして40代前半ではまだまだ青二才まだまだ深い世界がきちんと存在していて謙虚になって壁を作らず偏見もたずものごとを見たり話をきいたりすることがとても大切なことだと改めて思ったのであります。落ち着け、自分。

きらきら

富良野晴れ

さらさら

秋に咲く花

雷雨のあと

雑木林

富良野

富良野
紅葉がきれいだぁ…

マイラさんとしばしお別れ

マイラさんとしばしお別れ

今日から1か月近くの旅。ひっつき虫のマイラさんは平塚のメリージョイさんにしばし居候(^o^)広々ドッグランでのびの〜び遊んでもらえて嬉しいね
富良野→赤坂→屋久島、そして遅い夏休みがわりの種子島。初の種だ種だ種の波ああぁ!!!
ものすごい量の仕事きっとあっという間に過ぎそして怒涛のスタジオが続き今年も終わってゆく…そして旅は続く…
 

モーメンツ

モーメンツ
ハワイ出身のシェイパー、ドナルド・タカヤマさんの人となりが綴られたDVD。今や亡きベルジーおじさんからジョエルまでドナルドを知る人たちのインタビューやもちろんドナルド自身の楽しげなライディングや思い出話などすべてがやさしさで包まれたDVD。なんだかあったかくて幸せな気持ちになります。
そして発見!ドナルドにジョエルにジェリー・ロペス、私が大好きな人みんな自分と同じグーフィーだ!デヴィッド木木下も小川直久くんも!(いや、当然スタンスが同じというだけです、1億年かかっても彼らの足元にもおよぶはずありません念のため) ライディングを見てて気持ちいいのはそのせいもあるのかも(^-^) エンディングでドナルドと仲間が、右利きなのになんでグーフィーなんだ!?って楽しげに話してる場面、微笑ましくて大好きだぁ。

仙骨おそるべし(↓真ん中の逆三角のが仙骨)

仙骨おそるべし
今日はロルファー・ユキちゃんに脚のメンテしてもらいました。
ロルフィングというのは説明難しいので
こちらを。う~ん勉強になるぅ。
この10回シリーズを受けると目からウロコの連続で身体のこと、特に存在すら気付いていなかった筋肉の存在や働きが身体で実感できるのであります(^O^)そして身体の動かし方がわかるので、あんなに酷かった腰痛がすっかり治ってしまった!!!マジで。
しかしまだまだ学ぶことはたくさん。本日また新しい発見が!波乗りテイクオフのときどうしてもドタドタしてしまっていたのがちょっとしたことで激変!パドルするとき腰をカーブさせるのではなくおへそを背中側に引き上げて仙骨を足のほうに引っ張られる感じにしそしてみぞおちの力を抜く。それだけで、立ち上がるとき一気に軽く立てるようになった!!!(驚喜) パドルもきっと楽になる予感。そして立ったあと、上半身で危なっかしくバランスをとろうとしていたのはやっぱりみぞおちの力を弛めることで仙骨が下向きになって下半身が安定して下半身でバランスをとりにいけるようになった!(ってまだ海入ってないけど)すごいすごいすごい!
ついでに、ふつうに立ってるときはやっぱりみぞおちの力を抜いて肋骨軍団が仙骨にまっすぐ向き合うようにすること。これで肩凝らずめちゃ楽。
仙骨ひとつの意識でこんなに変わるんだああああ!(叫)

そして、ふくらはぎから下の筋肉がかなりくっついていたらしく、間にある筋膜をメリメリと音をたてて剥がしてもらいましたイテテテテ(><;)→すっかり足軽に\(^o^)/
いや〜身体ってほんと面白い!ユキちゃんに感謝!

朝焼け湾岸線

朝焼け湾岸線

千葉に遠征なのだ 朝5時前に由比ガ浜を出発、明けてゆく空の美しさに感動して、「うわ~きれいだね~きれいだね~」と言いながら片貝に到着。激混みながらもおこぼれ波をいただき超上手い人のライディングにいろいろ勉強させてもらった4時間でありましたscissors

ねむねむ

ねむねむ

まんまるやまねくん

くじらに

くじらに

つかまっとう!

宇宙人が、

宇宙人が、
肩に乗りにきた!

徹夜明け赤坂の朝焼け

2008101005370000 

ここ数日は濃すぎる毎日。仕事関係はタレントさんがらみで書けないことばかりだけど、みんな一生懸命濃く生きてて悩んだり不安だったり不器用だったりたまに勘違いしてしまったりしながらも他の人のこともいっぱい考えてすごく優しくて悪意のかけらもなかったりするみんなが集まって何かを作るときに全員がいいものを作ろうとがんばってる仕事ほど素晴らしかったり感動することがたくさんあるんだよなとしみじみ感じたりしている今日この頃。http://blog.excite.co.jp/shokotan/2865327/

問題が起こってもそれはよい方向に向けられるきっかけなわけで、そんなときこそ感じた小さな小さな心のサインにきちんと目をむけたら淀んでいた流れがすーっとヨロコビの流れと笑顔に変わるんだ。

どうぶつくん番組リニューアルしたのでお暇ならみてみてね。http://www.tbs.co.jp/doubutsu/index-j.html

がんばってる若い子たちのことがかわいくて仕方ないおばさんより。

やっぱり・・・

ここんとこ世界中の火山活動が活発になってるって感じてたけど、こんな発表がありましたぜ。http://www.excite.co.jp/News/society/20081008/Kyodo_OT_CO2008100801000721.html

http://www.jma.go.jp/jma/press/0810/08a/yochiren081008.html

気に留めないだけで地面の下は確実に動いているんだなぁ生きている地球がありありと目に浮かぶ。。

キタキツネ物語

Fox

子どものころ、何度も何度も何度もくりかえして観てそしてサントラも買ってもらい何度も何度も何度も聴いていた。先週、DVDが出ていることを知って即購入。ナレーションの一文字一句そして音楽の全部を鮮明に覚えていることに驚き、そして何箇所も号泣。私の幼かった心の相当に大きな部分がこの映画で作られたと言っても過言ではない心の原点。きっと最期の死ぬ瞬間まで決して忘れないキタキツネの美しく勇敢ではかなくてたくましい物語。今年、知床に行って初めて野生のキタキツネに出会った時、一瞬にしてこの記憶がよみがえり、一人言葉を失うほどに感動した。

田舎で育った私などが想像もしたことのなかったオホーツク海の流氷、大きな大きな陽炎に揺れる燃えるようなオレンジの夕陽、真っ白な雪原をかけまわるキタキツネたち・・・すべての映像と音が心に刻み込まれていた。

キタキツネの旅と恋愛を子育てを通して、生きる勇気、大自然の美しさ、大自然の厳しさ、恵み、命をつなぐ本能、命の強さと弱さと美しさそしてはかなさ、世界には理不尽で抗えないものがあることへの悔しさとあきらめ、障害をもって生まれたことの切なさ、運命、希望、飢えに耐えることの辛さ、全身で感じる生きていることの喜び、人の自然に対する非道、生きることの切なさ、命の意味、愛。そして、それらすべてを見守る大きな存在があるということ。

子どものころにこのような作品が存在して出会えたことに深く感謝。大人になって見返してみたら矛盾するところも見えたりするけれど、そんなことはどうでもよくて動物映画を作ることの困難や自然を相手にすることの大変さを知っているだけに、この映画の製作者の志の高さに改めて頭が下がる思いがするのです。

金木犀

金木犀
い〜いかおり。朝のお散歩はマイラと一緒に立ち止まって深呼吸。

雨上がりの夜空

星がキラキラきれいだよ~。

今日は

今日は
アランのお誕生日でした(^-^)あったかいみんなに囲まれてアランとっても幸せだって。ハワイ生まれで世界各地をめぐるアランは人種も文化も違うたくさんの場所で様々な人たちと出会ってその場所その場所で楽しむことができる才能を持った人で鎌倉が大好きでみんなもアランが大好きでそんな幸せな関係の中で人生の一時期を過ごすことができているということってほんとうに幸せなことだと思ったりするわけです。ハッピーバースデー、アラン。

南の島での~んびり

南の島でのんびり
・・・してる感じのおだやかな午後(^-^)

9フィート

9フィート

乗ったー!これで稲村に遠征できまするバンザーイ\(^o^)/
RiverMouth703

\(^o^)/

\(^o^)/
エアーズにて自転車バージョンアップ中!ずっと欲しかったけど迷ってたボードキャリヤー。サドルの下に一箇所留めのアーム取り外しできるやつ。見た目もいい感じだお。

柿
江ノ電脇の小路、佐藤さんちの柿がちょっぴり色づいてきました。

青天高く蜘蛛肥ゆる秋

青天高く蜘蛛肥ゆる秋

鎌の朝は空気が透明で光が踊りすべてのものがキラキラして美しい!
毎日通る小道(勝手に命名・蜘蛛小路)では蜘蛛たちが日に日に肥えて大きくなっているのであります。

よくがんばりました

よくがんばりました

マイラさん、おおいし先生のところで耳毛抜いてきれいにしてもらってすっきり。でも耳毛抜くとき涙出てよくガマンしたの図

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ