« やっぱ海はいい! | トップページ | 宇宙のお天気 »

生まれるのが遅かった?

Orca

写真家・ジャーナリストの水口さんに会う。水口さんはここ数年、極地の自然と動物たちの消え行く姿を記録し続けている。写真はもちろん、著書のあちこちにちりばめられた文章や言葉は、人間が踏み込むことのできない世界そのものを表現されていて美しさにあふれていて憧れるのです。

温暖化による極地の変化は、もう止められない。かつて目にすることのできた風景はもう二度と戻らない。動物を撮影できるチャンスも激減してきている。私が10数年前に一ヶ月を過ごしたフォークランド諸島はにぎやかなペンギンたちであふれかえっていたけれど、水口さんによると今はもうペンギンの姿もまばらになってしまったらしい。。

カナダ・ジョンストン海峡のシャチの姿をおさめた写真集、ORCA AGAINの帯にはこんな文書が書いてある。「押し寄せるツーリストの波のなかでいま僕自身にできることといえば、おそらくは海峡から僕のボートだけでもなくすことなんだろうと思う。(中略)ニコラが生きた時代は終わった。そしてジェフと僕のひとつの時代が終わった」・・・1991年。

温暖化に関しては、もう20年も遅すぎたのだ。そう、20年前のかつてのエネルギー危機と言われた時代に、警告を発していた浅田彰が最後には疲れて「もう何も考えず暑いときには冷房をガンガンかけて惰眠をむさぼるのだ」というようなことを言っていたのをすごく覚えている。

昨日の水口さん、暴走気味でぶっちゃけトーク。”すでに完全に手遅れです。” ・・・私たちが日頃取材に出て感じていることをきっぱりと言ってくれた。ならばどうする?「都市で浪費三昧。それから僕は隠れ遺跡ファンでwイタリアの遺跡に行ってきれいな若いイタリアのおねんちゃんを侍らせワインを飲みながら、この遺跡に暮らしていた人間の末裔が3000年後に地球を変えてしまったんだと思いを馳せながらポックリ死にたい」だそうですw あはは!いいな~それ!!!・・・そうは言いつつも、しか~し!もうどうにもできないと感じながらもゴミは超こまかく分別してマイ箸使ってハチドリのひとしずくを思う自分がいるのだ。北極の夏の氷ははあと数年でなくなる。そしてアマゾンの森は50年後には消滅してしまうかもしれない。だけど、記録に残すべき自然は動物たちはまだまだこの世界にあふれている。

故・星野道夫さんが、人のまったくいないアラスカで、カリブーの群れに出会ったとき、「”間に合った”という不思議な思いをぼくに抱かせた。あと50年、あと100年早く生まれてていれば・・・過ぎ去った時代に思いを馳せるとき、ぼくはいつもそんな気持ちにとらわれてきた。・・・ いつの日か、この極北の地に憧れてやってきた若者は、遅く生まれすぎたことを悔やむのだろうか」という文章を残している。1985年。彼もこのころ既に北極圏の行く末がどうなるのかを感じていたのだ。

さてさて。自分は何をするか。やはり、美しかった地球の姿を消え行く命の数々を記録してゆくことをもうしばらく続けたいと思うのであります。車を走らせ船を走らせ飛行機に乗り小型機をチャーターしてヘリコを飛ばし電力をガンガン使い無駄なエネルギーを浪費しながら。それは、まるで大切な人に毒を盛りながら彼/彼女の死に行く姿を記録しているようなものだ。切ないけれど。

« やっぱ海はいい! | トップページ | 宇宙のお天気 »

地球」カテゴリの記事

コメント

やっぱりひとつひとつの機会は大切にしたい。
いまThink the Earthの水口さんのセミナーに伺わなかったことが悔やまれる。
 
言葉やアートや歌や映像や人、たくさんの生き物たちとの出会いで心に雷鳴が響くときがある。
でも、出会うタイミングは大切で、自分が育っていないと、雷鳴は遥か彼方にあって気づくことができない。
縁とか運命と思えば、私は水口さんにお会いするほどには、まだ育っていなかったのかもしれない。
 
カナダ・ジョンストン海峡のシャチ・・・オルカの歌声は確か「ガイアシンフォニー」で聴いた。
美しい生命の喜びに満ちていた。
あの歌声を心に想いうかべられるから、私はオルカに会いにいく、通りすがりの旅行者にはならない。
 
通りすがりの旅行者では感じられないもの、見られないものがそこにあることを、すばらしい制作者たちが映像や写真やアートで言葉で、私たちの心に刻んでくれる。
なんて素晴らしい生命の地球なんだろう!という感動とともに。
 
生命の輝きを残してくれる方々に感謝しながら、私たちはこの地球に生かされている喜びをもっと感じていたい。
 

まゆみちゃーん、すてきなコメントありがとう。
チャンスはまためぐってくるのだ~。しかもより大きなものが。
雷鳴が遥か彼方にあるっていう感じ、すごくよくわかる。でもあとからじんわり響いてくることもあるよね。時にはすぐそばで聞こえた雷鳴よりも長く強く響いてくることもある。振り返ってみると私はそっちに深く大きく影響されてきた気がする。
豊かな想像力にかんぱーい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱ海はいい! | トップページ | 宇宙のお天気 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ