« 栗の渋皮煮 | トップページ | おるすばん… »

ジャパンポスト・・・

郵便ポストに貼られたJPの文字を見るとなんとも悲しくなるのは私だけでしょうか?民営化になってからいろんなことが表(・・・でもないか)に出てくるようになりました。郵貯の資金運営担当がアメリカの投資銀行ゴールドマン・サックスになりましたね。ずっと前から決まってたみたいですけど。ゴールドマン・サックスが何をしようとしているかというと、たとえば、http://alternativereport1.seesaa.net/article/54997634.html

日本は、アメリカのような強烈な格差社会に、そして戦争の時代へ突き進んでいくことが日に日に目に見える毎日。なんてったって憲法改悪案のひとつは、自衛隊→自衛軍ですしねぇ。石油の確保による戦争から次は穀物戦争への動き。戦争をおこし儲けてますます肥えるのは世界をお金で動かす一部の企業と政治家たち。戦争に駆り出されて死んでいくのは軍から高い給料がもらえるからと戦場に向かう貧困層の若者たち。決して富裕層は戦場に行ったりしません。そして今、戦場で殺されているのはなんの罪もないイスラムの人々。

自衛隊の給油にしても、アメリカの企業からわざわざ超高いガソリンを買って(日本の商社を通しているんだろうけど)そのめちゃ高いガソリンをタダでアメリカ軍にくれてやっている、そのお金は私たちの税金。だいたいテロ防止とバカみたいに繰り返しているけど、誰がテロリストなのよ?石油が出る場所とパイプラインの通る場所に住む人たちはみんなテロリストなのかい?テレビでもこういうのやってたのね→http://www.asyura2.com/07/war96/msg/476.html それから国際社会への貢献っつったって日本のやってることなんて気に留めてる国なんてどこもないし。

ところで、郵政民営化を推し進めた小泉の911選挙が、広告代理店によるPR洗脳選挙でしたよね。見事に小泉に洗脳されて自民が圧勝したのには、本当に嫌悪感を感じていたんだけど、先日、そのPR会社の資料を目にする機会がありました。その内容は・・・小泉がターゲットとするのは、ズバリ、IQが低い”知恵のない大衆”とされていました。当然、IQの高い自力でものを考えられる層はターゲットから外されていました。あのときの小泉のやり方はまさに愚民の操作そのもの。わかりやすく、難しい説明はせず、劇場的展開。で、見事に騙された人たちは次々自民に投票。ホンマかいな?の展開にどんだけ日本人はおバカさんなの?と思ったものだ。そして今、実質、巨大資金をまるごと露骨にアメリカに渡す郵政民営化も余裕で終了ってわけですね。それにしても、なぜここまでして日本の政治家はアメリカの(バカブッシュの)犬になろうとしているのか、そこが私には理解できないのだ。誰かちゃんと説明してちょうだい。

・・・まぁつまりは私たちはこういう時代に、戦争にしても環境問題にしても消費社会の中で暮らしているってことは屍の上に生きてるってことで、人間は直接的にも間接的にも他者の命を奪って生きているということですね。この先は得意の哲学の世界へ入りますゆえ一旦終了。。

« 栗の渋皮煮 | トップページ | おるすばん… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栗の渋皮煮 | トップページ | おるすばん… »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ