« こむたんコラーゲン | トップページ | 純粋な音楽 »

DVDざんまい

休日にて、仕事がらみやそうでないDVD三昧でございます。

ケニアを舞台に、貧しい黒人たちを人体実験に使う製薬会社と政府官僚の癒着、それに主人公の夫婦愛をからませた『ナイロビの蜂』。多国籍企業が発展途上の政府と結びついて人の命を食い物にしている事実は今も世界中で行われているということ、この映画はフィクションではない。『世界の半分が飢えるのはなぜ?』という本にもそのことがわかりやすく書かれています。

アフリカ、コンゴ共和国の独立の首相となりわずか2ヶ月で殺された首相ムルンバ氏を描いた『ムルンバの叫び』。独立と平和の理想を掲げた人物が無残に殺されてきた歴史。たった今この瞬間にも地球上では内戦や戦争で人が殺され続けているし、日本人すべては多かれ少なかれそれに加担しているという事実を知っている人ってどれだけいるんだろうか?

『恋するトマト』 嫁がこない農家の長男がフィリピンで自分にとって本当に大切なものに気付く話。役者さんたちがみんないいです。農家の人が作ってくれた食べ物を大事にいただかなきゃと思った。

『どろろ』 手塚治虫は日本の宝ですね。妻夫木聡くんってハンサムなのね~(と、今さらながら)

大好きなNY自然史博物館、それより大好きなベン・スティラー(ますます眉と目がくっついてきましたねぇ・・・彼の小ネタって日本人にはなかなか理解できないようで・・・)の『ナイトミュージアム』。映画は期待してなかったけど、そこそこ楽しかったな。アメリカ!って感じ。

さて、以上5本の中で、マイラさんが居眠りしないで観ていた映画はどれでしょう?

Mailawatch

答えは・・・なんと、『ムルンバの叫び』でした。何か感じるものがあったのでしょうか・・・。

« こむたんコラーゲン | トップページ | 純粋な音楽 »

映画」カテゴリの記事

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ