« ヨガ犬 | トップページ | イケメン »

BABEL

Babel_1

レイトショーでやっと観れたバベル。素晴らしかった。孤独、かたくなな心、不器用なやさしさ・・・人の存在の本質が、確信を持った映像と音楽で表現され、スクリーンを見ながら実は自分の内面を見させられているという監督の凄い才能にただ感心。

モロッコ・東京・メキシコをつなぐ銃が象徴するものは、恐れという感情。追い詰められた役者たちによって表現されるほとんどの行動と感情は、恐れを源としている。他人の価値観、政治圧力、死、愛を失うことへの恐怖、愛されたいと願う心・・・そこから派生する暴力、無理解、虚勢、強制、愚かに見える行為。世界はそういう行為であふれている。恐れに支配されずに生きるにはどうしたらいいのか。群衆の中にいては解決しない。一人になり裸になり、孤独と恐怖と正面から向き合うこと。それが、ラストで裸になりビルから飛び降りなかった菊池凛子の意味。自分に戻ること、そして言葉を超えた理解と温もりが希望なのだと、作品ではラストに向かって表現されていた。again,愚かな行為の源は恐れという感情である。・・・ってなことを思った次第。哲学、心理学大好きなもので。

Moonlightsea2

帰り道、月が海を照らしている景色は、こわいくらいに純粋に見えた。自然の中で透明な銀色に輝く月には強い浄化作用を感じるのです。

« ヨガ犬 | トップページ | イケメン »

映画」カテゴリの記事

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ