« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

歌姫ECKKOのライブ@表参道。やっぱりいい声がんばれえっこちんみんな応援してるよ~。

青山に新しくできたツカサくんのお店素敵。品のいいマフラーとイタリア産オーガニックのボディーソープを購入。幸せな香りもすっごくいい”アントス”・・・丁寧さと大事なことを思い出させてくれる使用感。う~~~んいい気分。世界で最も厳格なオーガニック認定付製品だそうです。そんでもって高くない!サイトにある「こころも洗おう」っていう言葉、納得。あぁここの農園にウルルン滞在したい。イタリアだし!

明日早朝出発で10日間ほど、カンボジアの地雷地帯とゴミ山取材行ってきます。カンボジア、行きたかったんだー。映画キリングフィールド、ラストのジョンレノンのイマジンで何度嗚咽したことか。。

さっちゃんと兄貴が休みをとってディズニーランドツアー。兄貴44歳にして初ディズニーランド!で,、かな~り気に入ったもよう。LOVE,SMILE&PEACEパワーばんざい。

デジカメ故障につき画像は後ほど。。で、さっちゃんがディズニーランドで買ってきてくれたお土産”マッキーマウス”(なんとサインペンのマッキーがミッキーに・・・BEAMSとのコラボなんですと。)超かわえぇ~~~~!

月曜、お隣の新井さんに誘われて村上さんのウエイクボードに挑戦させてもらいました。あいにく強風のダンパー(のせいにして・・・)立つことができずにざーーーんねん。ムツカシイ!

そんでもってジュルネのayaさんがBBQのお料理いっぱい作ってきてくれて砂嵐の中でも楽しかった!やっぱayaさんの作る食べ物はどこか違うのだ・・・。生きてるのだ。食べ物も楽しそうなのだぁ~!

そのまま仕事に行くが、どうやらまた靭帯やっちゃったみたいで・・・夜中に東京国際映画祭「不都合な真実」を観るが最後は立てなくなるほど痛・・・。温暖化よりも差し迫った痛み・・・いやいやそんなこと言ってる場合ではない。ブッシュじゃなくてゴアさんが大統領になっていたら世界は変わっていたに違いない。温暖化は”モラルの問題だ”と言う言葉にとっても同意!

火曜、病院でレントゲンとMRI検査など終日。靭帯補強の装具をつけたら驚くほど痛みも軽減。はぁ~また2ヶ月間は膝キカイダー。このままカンボジアかぁ。11月後半のハワイ波乗り修行計画も水の泡しょぼぼ~ん。

その帰り、あんまり髪が伸びてしまったので、前から気になっていた若宮大路のENTRECHATに飛び込みしたらそこにいたのはなんと昨日海で一緒だった中村くん!美容師さんだったのね。グーフィー波乗り&ウエイク右膝故障チームの偶然再会にて盛り上がり。

水曜、めっちゃ仕事・・・が、記憶なし。。

木曜、めっちゃ打ち合わせ。夕方兄夫婦が赤坂まで来てくれたが事件発生!赤坂ジャングルで迷子になる。夜の楽しいドライブで鎌倉帰宅、おいしい夜ご飯。

金曜、めっちゃ清算。村杉ちゃんとおいしいワイン。

あーめまぐるしい一週間でござんした。

ところで、来年公開の SURF'S UP ペンギンサーファーのお話、面白そうです。

スープマン

Shimoda20061022

久しぶりの下田寮。日曜の朝出、渋滞なしで3時間。昼前に到着するなりそのまま海へ!サイズはカタ・アタマで巻き巻き!ゲットの途中で目の前に立ち上がる波はもうノースショア!(大げさ)挑戦するも置いていかれるか縦に巻かれるかのどっちかでぜんぜん乗れない~(号泣。それなのに9'6のロングも7'6の私の板もスイスイ猿みたいに乗ってしまう小林(マジで猿!)、いったいどうなってるの~~~ はぁ~まだまだ修行が足りない足りない足りないよおおおぉぉぉ。巻かれ巻かれてスープで基礎からやり直しマン。

渡辺べべが持ってきた「働きマン」を読んで私はもっと酷に働いてるぞと思いつつもいっぱい共感にてなんでもかんでもマンをつけてしまう悪い癖が一日でついてしまうこの単純さ。

それにしても入田の海水はきれいでヘンな味がまったくしない。由比ガ浜はケミカルな味が至極エグい時が多いんだもの。。

海に入ってそのあと海の見えるお風呂につかって、心のこもったゴーカな夕食をいただき、糊のきいたシーツのお布団で波の音を聞きながら眠りそんでもって起きぬけにまた海入って正しい和食の朝ごはんをいただきまったりしてまた海に入る・・・ふ~。な~んて幸せ。ちゃんと波に乗れさえすればこんな極楽ありゃしない!うまくなりたいよおおおおぉぉ!

クロ社長と前から行きたかった平塚の野々菜でゴハン。丁寧でとってもきれいな味の日本料理につやつやぴかぴかの炊きたて土鍋ご飯に心もお腹も満たされるしあわあせ~。

二日酔いで起きられず・・・。

父は結局、一回目の手術が失敗。ペースメーカーの、信号を出す先端の位置を定めるのに4時間も要した末、不安定な位置にしか置くことができなかったらく、少し動いただけで外れてしまったらしい。深夜それが発覚したけれど兄は私が心配するからと電話したときも教えてくれず、翌日再手術。名古屋からペースメーカーのメーカーの人までも駆けつけた2回目の手術は大成功だったらしい。よかった。。

1日目の夜、家族皆どんな思いで朝を迎えたのか・・。父には叱られた記憶は一切なく、ただひたすらにやさしく情に厚い世界でいちばん尊敬できるそして世界でいちばん好きな、大好きな父。今までずっと仕事ばかりだったんだもの元気になってもっと生きることを楽しんでほしいただそれだけ、どうかお願い。

長い一日

父、手術。事前には2時間もすれば終わると言われていたが結局5時間近くもかかった。医者の説明とレントゲン写真から察するに拡張型心筋症に違いない。原因は複雑な難病のようだ。いろいろ考える。父の人生。まだまだ親孝行できていない。まずはペースメーカーが無事定着してくれるのを祈りつつ。秋晴れの鎌倉、雨の岐阜、家族のありがたさ。

あした、最愛の父・金二郎が心臓ペースメーカーの手術。深夜、母からの電話。心配はないとはいえやはり心細さと不安は隠せない様子、そんな時に私が行かないなんて親不孝はしてはならぬこんなにも愛してくれた両親だもの、仕事はどうにかして駆けつけるのみ。

カンボジアロケに備えて、破傷風&A型肝炎&狂犬病のワクチン接種、これに加えてマラリアの薬も。・・・日本は平和なんだなぁ。

伝統芸能恐るべし

夕方から鎌倉宮で薪能。

お能なんて初めてで内容もほとんどわからなかったけれど、所作や着物がとてもとても丹精で丁寧で、鏡のように磨かれた舞台とやわらかな光で照らさレ風にそよぐ木々と虫の声と雲から見え隠れする月とひんやりした空気と凛と響く音がすべて絶妙に織りあい、透明なほどに美しい世界を作り上げていた。特に舞台で引き立つ衣装の美しいこと!一切のシワもなくピンと張られた緊張感と淡い色。もうただひたすらに美しかった!

狂言は笑えた~(^o^) 

舞台の衣装を見て、着物って、本当に折り紙なんだなーと改めて。そして着物を着て見に来ている上品なおばあさんや粋な兄さんたちもちらほら素敵。年をとったら少し勉強して着物でも着て行けたらいいな居眠りなしで。

今夜は、とてもとても大切な友達、やすこちゃんのデビュー20周年記念のステージ。

スポットライトを浴びて歌い踊ることの喜びが全身にあふれるその満面の笑顔を見た時、NYに渡ってからどれだけの孤独と不安と闘いながら夢をあきらめないで一人でレッスンをがんばってきたかが、東京で一人しょんぼりしながら無理にでも元気を出して笑顔を作ってた姿がぐるぐる巡ってじわじわと涙があふれて最後はもう嗚咽寸前。なんだか嬉しくて嬉しくて・・・親でもないのに。  同時にやすこちゃんの本当の強さを、自分をいちばん知っているのは自分でそれを信じることの大切さを思い知らされた。誰がなんと言おうと譲れないもの。それを信じる強さ。そして孤独と正面向き合ってきた人のみが持つ深いやさしさ。すごいよ、相原勇。心からおめでとう。そして、ありがとう。

営業チームが青山タヒチでささやかな打ち上げを催してくれた。ここでも不思議なつながりが発覚。幸福な仕事のニオイがするというのは、そういう目に見えないつながりがたくさんあるのだということが直感的にわかることなのかもしれない。仕事が進むに従ってそのつながりのひとつひとつが発覚してゆく。相関図を作ってみたら面白そう!

バーのゆうこちゃんはいっつも満面の笑顔でその笑顔を見るととっても幸せな気分になる~。

200610012219000_1 

せいご、せいら、まりあ、くりりん、まゆみ、かなでんでん、こすけっち。

笑って笑って楽しくてあったかくて騒がしくて幸せな週末。子供ってかわいい。せいらが一晩でマイラにお手を教えてもうびっくり!

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ