« 2006年4月 | トップページ | 2006年9月 »

この仕事が終わったら、わんこを迎えに行ってバーニーズでお買い物してハイヒールで友達と飲んでボードをリペアに出して打ち上げパーティーやって写真を紙焼きして、それからカーテンをオーダーして毎日チェロを練習して実家でだらだらして皆にお礼を言って温泉につかって、そして台風がやってくるはずだからいっぱいいっぱい波に乗って映画もDVDもいっぱい観て、そしてまたハワイに行くのだ!

Hachinosu_1

隣のアライさんちからのおすそわけ。ハチノス☆トリッパのキムチ煮ふわふわでうま~☆

8月最後の日曜日。海の家もそろそろおしまい。真っ黒に日焼けした海の家の人たち。皆、どこに戻っていくのだろう。今年は去年にくらべてゴミが少し少なかったかも・・・ それでも、朝、公園や道端にペットボトルやお弁当の容器がそのまま置き去りにされて転がっているの見るとびっくりする。迷惑とか環境とかそういうこと以前のもんだい。

編集進まず・・・ 画面には否定やいじわるや闘いや嫉妬やそういうもののかけらもない笑顔の人たち。言葉では表現できなくても、身体全体で本質を理解する賢さ。それがあれば何があっても大丈夫。戻る場所は自分の胸の中にあるとわかっていれば。

ハワイ島の沖合いでひたすら青く透明な海の中で吸い込まれそうになりながら漂っていると、皮膚から温度ややわらかい海水やそういったもののエレメントが体の中に入り込んできて、大きな大きな世界と時間の中にこのちっぽけな自分が溶けてゆくそんな感覚と共に、そこから抜け出した後はすべてのものに感謝したくなる気持ちを思い出す。目の前にあるものが圧倒的に美しい夕陽や虹や星や不思議な空の色であったらならそれはもう生まれてきたことの至福に他ならず、何度もそんな気持ちになれた今年の夏はほんとうにいい夏だった。祈祷師キモさんに会って彼の大きく深い深い目の一瞬であたたかく包み込んでくれる笑顔を見たときにいきなり涙がぽろぽろとあふれてきたのは不思議でもなんでもなく、そういった大きなものを一瞬にして感じさせてくれたから。人のあたたかさとともに。人は自然の一部というけれど、人にしかない深いあたたかさというものが確実に存在していて、それがわかるのは私が同じ人間だからではあるけれど、そんなものを一瞬にして感じさせてくれる人が世の中には稀にいるのだと、決して忘れてはいけないと心に決めた大切な大切な極私的経験。あれほどにやわらかい雲のような心になるには、どれほどの孤独と絶望と葛藤と痛みと涙と身近な者の生と死と、そして愛を経験してきたのだろう。your マナ。魂。 ・・・そして浮かんでくるのはシワの刻まれた素朴でやさしくてあたたかかった今は亡きおじいちゃん、おばあちゃんの笑顔。大好きだった。  

海沿いの土地で夏の終わりを肌で感じつつ一人書斎にこもっているとセンチメンタルMAXにて時間ばかりがすぎてゆく。いけません。現実に戻らねば!

Halemaumaurainbow

夕陽は雲に隠れてしまったと思ったら、雲が虹に。

Halemaumausmoke2

ハレマウマウ午後7時。地面から立ち上る煙が幾層にも重なり息をのむ美しさ。

Halemaumausmoke

静寂の中、見る間に光は隠れてゆき、闇の世界へと交替してゆく。現実とは思えない風景。

Penguin

オーストラリア南部に撮影に行ってきた後輩のおみやげ。フェアリーペンギンは世界でいちばん小さなペンギン。可愛らしい姿とは裏腹に結構強気。鋭いブルーアイで睨まれたら即、「お邪魔してごめんなさい」

Nashi2

本日の梨

Sora0826

空は秋の気配

Mizumakura3

最近買った水枕。

ちゃぽちゃぽという水の音と、やわらかな涼しさがなんとも心地よいのです。

子供の頃、風邪をひいたとき母にやさしくしてもらった思い出と甘えることの心地よさが遠い記憶の中で青い水紋と混じり、穏やかな眠りに溶けてゆく・・・   

Mizumakura4

などと感傷にひたっている場合ではなかった!

Desk2_2

惨状ふたたび・・・自宅で編集。果たして放送間に合うのか~~~???うっ苦し・・・ハワイの美しい風景がうずもれる・・・

Nashi

実家の母から送られてきた梨、幸水。丁寧に育てられ大切に摘まれ包まれてここまで届けられた大きな大きな実。感謝していただきます。うま~♪ 窓の外ではもう秋の虫が鳴いている。

Maunakeasunset

マウナケア山頂の夕陽。

Maunakeaaftersunset2_1

Maunakeaaftersunset

刻々と色を変えていく空。一瞬たりとも同じ色は繰り返されることなく永遠に繰り返される営み。たとえこの地球がなくなったとしても、この宇宙のどこかで。

ここ数日で、心がすがすがしく開いている人とかたくなに閉じてしまっている人の両極端の人に会った。開いている人のなんと美しく光を放っていることよ。周囲をぱぁ~っと明るく照らす光もあれば、おだやかで暖かなほんわかさせてくれる光もある。バカの壁を本当に理解できる頭のよさをもった人、あるいはそれすら知らずにずっと開いたままでいられる人が幸せでいられる感じがする。すべての不満は自分自身が作り出したもの。生きていればいろんなことがあるけど気持ちのもちかたで毎日が天国になる。・・・とはいえ、仕事さえも天国になるのはいつのことやら・・・

暑い。蒸し暑い。蒸し暑すぎる・・・ 

家に帰るといつも手薬煉ひいて私の帰りを待ちわびてくれているマイラが今はいないのが至極さみしい。大事なものが欠けている毎日。犬のいる生活とはなんと人間らしい生活であることよと今さらながらしみじみ思う深夜ひとり。

Mailabed

マイラああぁぁぁ~ あと一ヶ月のがまん。

本日ハワイからmimiちゃんが遊びに来た!!!ので由比ガ浜に一緒に波乗り。ビキニでうお~~~~~~~~~~~~~うまいっ!美しい!女王さまだ!私の板に乗ってもらったんだけど、同じものとは思えん!!!ベルジーおじさんも天国からニコニコ鼻の下をのばして見ていたに違いない。板も幸せだっただとうなぁ。あの美しいライディングの姿を目に焼き付けておこう。めっちゃ感動!

時の流れ

Lavaphoto2

赤坂詰めから3日ぶりに帰宅。今日、デスクでの待ち時間に久しぶりに旧友のブログでも見ようと思い検索したら彼は一年前に幸福な結婚をし、もうすぐ父になるということを偶然知りました。そして、丁寧でとってもかわいらしいであろうお嫁さん。手放しで祝福したい気持ちと、ひとりぽつんと置いてきぼりにされた感覚の狭間で、懐かしい思い出とともに心は宙を彷徨うことしばし。

Fern

なんとも表現しきれないこの思いとしっかり向き合って噛み締めて糧とするために今夜は大好きな自分のベッドでぐっすり眠ろう。前に進まなきゃ。

この暑い夏もすぐに終わり、冷たく透明な月の美しい秋が訪れて、あたたかいコートがいとおしい冬がやってくる。今年もあと4ヶ月。

Pickup

ハワイ島に住んでいたら、絶対ピックアップトラック!

ニューボード!!!!!

Newboard1

うほー!待ちに待った、ハワイのSG+でオーダーしたトコロさんシェイプのニューボード到着~!大人パープル&ラベンダーきれい!で軽いし乗りやすそー!mimiちゃんありがとーーー!やる気まんまんで水玉ワックス・・・・が突然雷に大雨にて、関野吉晴さんのグレートジャーニー番宣みる。関野さん、なぜにあんなにも穏やかでいられるのか、、実際にお話してもやさしさがにじみ出ている。しかしすごい旅だ。

と書いたところで陽射しが・・・!あわてて海に駆け込むと、いつものメンバーが既に全員集合。ほんま、みんなバカ野郎だよ・めっちゃラブ。逗子マリーナに大きな虹、稲村ガ崎の雲がオレンジに焼けて、海はあたたかいし、風はないし、波はおおらか・・・ハワイもすばらしかったけど、鎌倉も最高だぁ。そしてニューボードはショート感覚で波にやっつけられる感じが快感!!苦しい編集の合間の束の間の幸せ。幸せすぎる。。

Horse

乗馬歴はリゾートで3回のみ。カメラ片手に馬で小川や谷を探検4時間近く。超楽しかった!しかし片手でよく落ちなかった。。降りたら暫らくガニマタのまま。それにしても馬ってほんとにかわいい。

ヨッコイ正一

Working

働くみんな。おつかれさま!

アロハ魂

Kimosan

あぁキモさん。そのたたずまい、やさしさ、叡智に私は完全にやられてしまいました。初めてその目を拝見したとき、涙がぽろぽろとあふれてしまったのはなぜ。

天の川

Stars

ありえない晴天に恵まれた夜。この日の夕方、マウナケアに向かう道すがらの夕景のオレンジからピンクから紫へ刻々と色を変える空があまりに美しく。やばいやばいの言葉しか出ず。。

そして満点の星空よあぁ。宇宙の遥けさと自分が生きていることの不思議と存在の小ささと孤独が一緒くたんになって胸がきゅんとなる 再び。

高砂淳二さんに撮影してもらった星空の写真。天の川=私たちの住む銀河の形がはっきり。地球はこの銀河の端っこにある小さな小さな星。ここで、今、こうして生きているということの不思議。

まさに、ロマン・ロラン言うところのオーシャンフィーリング(大洋感情あるいは大洋感覚)

Konasunset

コナの夕陽。沈むとき、グリーンフラッシュが見えた!気がする・・・

Boatnaomi

いざダイビングに出発!

Waimanu

大地は雨で削られ、豊かな谷を形作る。ワイマヌの谷と滝群は圧巻・・・すばらしすぎて言葉なし・・・地球ってすごい!

Waimanuheli_1

Parm

南国といえば。

Maunakeaairplane

ヒロハワイアンホテルの部屋から毎日、刻々と移り変わる光に目を奪われる。雲の後ろは聖地マウナケア山。

Rainbow

波の音に揺られて眠りに落ち、鳥たちの声で目を覚ます幸せ。

そして、朝の虹!

オヒアレフア

Ohiaup

黒い熔岩の大地に最初に根をはるオヒアレフアの幼木。黒に映える真紅の花。

オヘロ

Ohelolava

実をつけるのは、オヘロ。地球の中奥深くから送り出されたミネラルと太陽と恵みの水でできた実。生命のふしぎよあぁ。

Ohelo

ペレの神様に許しを乞うてからいただく。すっぱくてほんのり甘い。

Lavalava

あっつい熔岩だぁぁ!いつまでも、いつまでも、じーっと見ていられるのは地球のすごさを思い知らされるから。すいこまれそうに心奪われる。

Lavanight

USA最南端

Wakkidive

カメアシ・ワッキー、一世一代のダイブ!!!

Southgirl

アメリカ人の女子はバンザイのまま落下!ひえ~~~~~~~~~~~っ!!!

ブルー

Southblue

最南端の青。

Yougannnaomi2

熔岩大地を進むのだ!笑)

Puuoo2

プウオオ火口。すげー!上空を飛ぶと熔岩の熱が伝わってくる。

Oceanentry

オーシャンエントリー。今も大地を創造中。

楽園

Haramaumau2

ハワイ島に3週間行ってきました。9月放送の特番の撮影のため。たくさんすごいものを目の当たりにしました。そしてそれは同時にとてもとても美しくて一秒一秒がいとおしくこの美しい瞬間は記憶の中でしか永久ではなく(きっと心の中ですら風化してしまうかもしれない)・・・切ない。けれど、あの光と水と熱と煙と神秘、そして穏やかで素敵な、本当に素敵な人たち。まるで、まさに、夢の中の光景。

「生まれてきただけで幸せ」
いとうくんがハワイに着いて最初に言った言葉。
この場所に来て、幸せと感じるのは、私たちが生きている場所はこんなにも美しいのだと実感できるからではないかと思う。
ハワイの人がマナと呼ぶもの。
ハワイ島の自然は美しいだけではなく、圧倒的な力を持っている。
火山、大波、雨、風。決して人は抗うことのできないもの。
海、滝、虹、緑、そして星。決して人が作ることのできないもの。言葉もない美しさ。
そういうものが身近にある場所で暮らしている人は、自然に対して謙虚でいる。そしてその恵みに感謝しながら生きている。
母なる地球に生かされていると実感できる場所、そしてその母なる地球がいかにダイナミックで奇跡がいくつも重なってできた場所だとわかること、そしてひとつひとつの命がどんなに貴重で大切なものかを魂で感じることができる。すべてのものがいとおしく。
・・・それこそが本当の楽園。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年9月 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ