« 2006年3月 | トップページ | 2006年8月 »

鎖骨21

ギブスで擦れる脇が激しく無性に痒いのでもうどうにもガマンできず猿のようにこすってそのあと痒み止めを塗ったらその直後は快感で昇天したけれどその後に強烈な痛みが続き、スカ線一時間はまさに地獄、帰って鏡をみたらその部分は紫にただれて一瞬この世の終わりとも錯覚するほどのショック。壊死してゆく細胞の痛みをじりじりと感じながら眠る。前の晩、徹夜していてよかった。そうでなきゃ痛みに悶えて眠れなかった。身体の中の骨が壊れた痛みは重く篭った痛み、皮膚の痛みは強烈に刺す痛み。

身体に何か起こると極端に睡眠時間が長くなる。

えんじぇる

そういえばまったくここに登場しないあーちゃんです。いつもハウスで寝ています。98年ニューヨークに留学していたとき、ダウンタウンのペットショップで黒い毛玉が跳ねるよう走り回って生の喜びが全身にあふれていた様子に胸どきゅんで一目ぼれ以来、私のプチ波乱万丈につきあってくれているエンジェル。NYでは、去勢をしたわんこのことをエンジェルと呼ぶそうな。愛してやまない私の大事なエンジェル。

Ally20060423_1

鎖骨18

森先生には怒られそうだが、やっと右手も使って髪を結ぶことができるようになった。手が不自由で一番困ったのは髪の毛。結べないしセットできない。不自由してみないとわからないことがたくさん。

Mailasleep20060423_1

マイラの寝言を聞きながら土日はずーっとパワーブックで編集作業。夜は歩いて1分のハワイ、クアアイナでアボガドバーガー飯。和む~。そして胃拡張。

Desk20060423

仕事、仕事、仕事。

鎖骨16

鎖骨は今日で約2週間。レントゲンを見るとまだまだ割れた部分が離れていてくっつく様子がない。ギブスあと2週間の宣告泣。毎日カルシウム錠をボリボリ食べているのに。おしぼりで看護婦さんに背中を拭いてもらうあぁなんと気持ちよか~

それにしても佐藤病院の和やかさといったら。患者さんも働いている人もイヤな表情の人はひとりもいなくて、病院だというのにニコニコといたわりと丁寧さでほんわりしている。これはきっと働く人だけでなく、この土地に住む患者さんたちがゆったりしているからではないかと思った。でも私が行っているのは整形外科だからか。相変わらず一生懸命な森先生に会うと思わず笑顔になってしまう。看護婦さんも笑いながらのギブス交換。

声というものはつくづくその人の品を物語るなぁと思った。今日、いきなり某女性雑誌の編集者から携帯に電話があって、丁寧さのかけらもなく用件だけを強引にお願いされイヤといえない感じで無理やり押し通された。それは乱暴なダミ声でその声からはとうてい醜い容姿しか想像できない。まるで有罪判決が出た奈良の騒音おばさんのようだ。あまりに不快でどうしたものかと思ったが、音は音で消すしかなく、テレビニュースの”春の房総激ウマグルメレポート”をみる。レポーターがきちんとレポートしていて安心した。声は外見と違ってとりつくりようがない。そして私はどんな声を出しているのだろう。

今日の由比ガ浜は空気が澄んでいて伊豆半島がくっきりとつながって見える。すがすがしいったらありゃしない!

Yuigahama20060421

マイラとのお散歩でも出会う人皆ニコニコ。久々カメラを持ってお散歩しかしやっぱり結局このポーズ・・・おとなしくさせるにはこのポーズしかなくてしかも私の右手が不自由となれば余計に仕方ないか・・と言い訳。

カーバー暴走中転倒&骨折の現場にて笑顔。

Yuigahamamaila20060421

鎖骨15

脇が痒い、痒い、痒いよ~。脚を見たら皮膚がカラカラと、早くお風呂に浸かってこすっておくれと哀願している・・・これでまる2週間ちゃんとお風呂に入っていない。インドの山奥いや、フォークランドの完全キャンプ以来か・・私はチベットの山奥では暮らせません。水よ水、ありがとう。

場所はどこか湘南あたりの海、モモくらいのサイズでジョエルが青い板に乗っていて、その3メートルばかり先を私が前乗りしたらジョエルが怒りまくるという恐ろしく意味不明な夢を見た。。

13日めにしてやっと痛み止めを飲まなくてもよくなったうれしい。森先生に2週間は痛むといわれたその通り。そのかわり、ギブスのせいで脇が痒い!

鎖骨14

Sweepでシャンプーと今日は特別にトリートメント。担当の桜井さんの、頭をマッサージしてくれるとても丁寧な丁寧なシャンプーで肩の痛みも忘れよだれをたらすがごとく別世界へトリップ。春のあたたかな陽射しもあいまってふわふわ幸せなひととき。お金が有り余っていたら毎日全身アロママッサージとシャンプーととにかく全身グルーミングをやさしい人の手でやってもらいたいそうすればたぶん年なんかとらないでどんどん子供のようになっていける気がするあぁきっとそうやって暮らしている人もこの世の中にはいるに違いない。たとえそうできなくても毎日健康でお風呂に浸かって体を洗えるってことがいかに幸せなことか。毎日ロケで地球の果てでテントに寝ていた後の自分のベッドで寝られる幸せに匹敵する幸福。早くその日が来ることを・・・

カフェオレとバタートースト。茜やの鮭弁当。最中アイスとカマンベールチーズパン。明太おにぎり。甘栗。すき焼き。いちご。

鎖骨12

今日で12日目。

まだ痛み止めの薬が手放せない。骨を折るってこんなに痛い思いをするもんなんだ。少し動かしたかと思うとズキンズキン・・・今こうやって書きとめておかないと痛かったことなんて忘れてしまうのでちゃんと書いておこう。ロキソニンは割をと強い薬みたいなので何かを食べてからではないと胃を荒らしてしまうようなので、食べてしまう。ダイエットは無理・・・。こんなに薬を飲み続けているのは初めてかもしれない。腰痛でも膝靭帯でも薬は拒否してきたのに。

しかし私が自虐的で笑いをとっているせいか、親身になって世話をしてくれようとする人は誰もいないよ~甘えたいのに。一生懸命なのは整形の森先生と看護婦さんだけ。ま、しょうがないっか。

ギブスのせいで着ようと思っていたドリス・ヴァン・ノッテンのドレスは着られず・・・急遽母に頼んでキモノにしてもらう。知らないうちにこんな美しい着物を作っていたなんて!私たち兄妹を苦労して育ててくれただけではなくこのようなものまで。本当に感謝してもしてもしつくせない気持ちでいっぱいです。母よ、私はあなたには一生勝てません。Kimono1

4月15日待ちに待った兄の結婚式。かわいいかわいい、兄にはもったいないお嫁さんはなんと20近くも年下。ホテルのチャペルでの式。仏教徒にはいささか違和感ありつつも神父さんの言葉があたたかくて、夫婦になるというのは赤の他人がこれからの人生と共に歩むことなのだと、契約という概念ではなく、これから一生をかけて愛を育てていくのだというあたりまえのことに改めて気付かされ、そうすることに決めた兄とさっちゃんを私はとてもとても偉いと思う。おめでとう。そしてあたたかい家庭を作ってください。本当におめでとう。

Chapel

鎖骨11

ギブス5日目の写真です。下に着ているTシャツは5日間着たままなので日に日に汗臭くなってます泣。見た目はたいしたことない感じだけど24時間胸をはった姿勢というものは1週間経ってもなれない・・・脇が締められて痛いのに加え、息が止まる感じ。吐く時に胸を丸くできないので少ししか吐けないのです。はぁ~ギブスがとれたら思いっきり深呼吸したい。そして、温泉に垢すり!

Gibusu_1 

鎖骨8

今日は朝SWEEPで丁寧にシャンプーしてもらって臭い頭に少しの間サヨナラして出社。「いったい何が起こったの~?!」デスク周辺の皆に笑われるまったく。「スケボーで骨折る人って最近見たことないよ~」

大手町でこぱんださんと打ち合わせ。オフィスにアイボがいたのでしばし遊ぶ。ウ~ん不思議。「お手」と言ったら後ろ脚を上げやがった!かわいい~!そしてこんなものを作ってしまう人間ってなんて凄いのだろうと今更ながらひとりで感嘆しきり。

会社に帰って特番の打ち合わせ痛みも紛れる知恵熱3時間。

浅草今半のお弁当をもらって深夜食。ほぼ終電にて帰宅。今日は電車の中が暑くて汗をいっぱいかいてしまった。ギブスのクッションが脇の汗くさ~~~い!Tシャツ交換まであと2日のガマン。痛みは相変わらずとれないまま6日めを迎え・・・ほんの少しの痒みに希望を見出す。。

鎖骨7

Maila200604 マイラ3ヶ月ぶりにトリミングしてもらう。@ティナズ由比ガ浜 今回は特に姫っぽ~い!

教訓:深夜に無謀な遊びは避けるべし。

鎖骨6

雨。家でリサーチなど仕事。少しベッドに横になってまた仕事。しかし堂々と家にいられる幸せあぁ私は家が大大だい好き。

納豆そばを作って食べる。骨折って以来、食べたいものが変わった。

痛み止めを飲む前は、チョコレートを食べると痛みが和らいだ。いつも買っては冷蔵庫でカピカピにしてしまう納豆もすぐに食べたくなる。しかもおいしい。そしてイチゴ!ビタミンCに生きた生命力。大好きだった揚げ物やピザやパスタはパス。生野菜おいしい。とにかく生のもの。海藻。

ほったらかしになっていたビタミンC錠剤ともろみ酢を開封。これを機に食べ物にこだわり人になる?いやいや、治ったら早速マックのセットをコーラで食べちゃうんだろうなぁ。

鎖骨5

ギブスが脇のリンパと筋肉を締め付ける痛みのほうが、骨折の痛みに勝る毎日。あぁ早く開放されたいと思い、骨が早くくっつくサプリを探す探す。

成長ホルモン、コンドロイチンにグルコサミン(関節によいとな。)、L-アルギニン・・・結局アンチエイジングってことか。しかし、舌下スプレーの成長ホルモン2ヶ月分が58,000円となんと高いことよ!医者が暴利をむさぼってテレビでよく見る美容外科医みたいな生活をしているんだろうな~などと思いながらも買ってしまいそうな私・・・だってバストアップも期待できるなどというではないかっ!

骨折による余計なもの購入費および損失: コントレックス12本1796円、ヴィトロガッティ24本4179円、梅酢カルシウム4830円、ハナレイのヴァケーションレンタルキャンセル450ドル。

カルシウムの摂取にはビタミンCを一緒に。歯医者くりりんからの教え。

苺を3パック、キウィ1パック、納豆3パック。 あまおう甘い!うまい!感動!苺・いちご・イチゴばんざい!

事件から3日目、寝ても寝ても寝られる。きっとやはり身体へのショックは大きかったのでしょう打撲痛がおさまったところでギブスにも慣れ、すこし緊張がとれたところで疲れが一気に出たもよう。それにしても寝返りがうてないのがなんとも苦しい・・・それでも寝る寝る豪勢なベッドでひとり大の字になって寝られる幸せよあぁ。

鎖骨4の2

やっぱり病気してみると、心配してくれる人とそうでない人がいることがはっきりしてがっかりやらうれしいやら。友達と思っていた人がそっけないのはがっかり。肩も痛みも相まってなんだか悲しくてベッドの中で深夜その人の携帯メモリーを消した。片手で。

他人の気持ちは共感できずとも思いやって心配するという行為ができる人が私は好きだ。っていうかそういう人でないともう会うものイヤ。普段口先ではいいことを言っていてもそれが本当でないことがはっきりわかる。怪我のおかげ学ぶこと多し。

<追記>そういう心の狭い自分が世界を狭くしているんじゃないの?人にはいろんなあ表現方法があるのだし。それが気に入らないからといってへそを曲げる自分。失ってしまう前に自分の欠点を反省すべきなのか・・・

腰痛で動けなかった時は一人でぜんぜん平気!これならばぁさんになっても一人で大丈夫などと思ったのだが、今回はほんのちょっぴり誰かにいてほしいと思ったテラスで星を見上げながら。

鎖骨4

日曜日。快晴。春ばんざい! でも痛い・・・

脇のリンパが痛いゆえ、バンザイみたいに両手を広げた姿勢で大の字になって寝る。コレが一番楽。寝返り大王の私は寝返りがうてないのが苦痛、でも少し慣れてきてよく寝られるようになった。きっと事故のショックと打撲の痛みと強制姿勢にすこしなれたおかげで身体が休みたがっている感じ。たくさん寝よう。

ゴールデンウイークのカウアイ行きを泣く泣くキャンセル。きっと次にしたほうがいい旅になるんだと神様が言ってるんだと思うことであくまでいい方向に思う根性の私。

鎖骨3

骨折の痛みにもまして、ギブスによる強制姿勢のための首や肩の痛み。それと脇のリンパの圧迫が辛い。さすがに痛みを我慢するMの私も、友の「あんまり痛みをがまんするのもよくないよ」という言葉もあって病院に痛み止めを出してもらいに行く。

森先生はお休みのため別の先生のところで待つと、救急車であばあさんの急患。急遽外科へ。そこにいた佐藤先生は院長先生だった。とってもやさしくて話を丁寧に聞いてくれて感動。この病院の和やかな感じ、安心できる感じはきっとこの先生の人徳に違いない。すばらしい。 ロキソニンと胃薬を3日分出してもらう。

さすが鎌倉、待つ患者さんの中に至極上品なレディーを発見。ピンクのフリースの上下ではあるけれどしゃきっととしたベージュのトレンチコートを羽織り、ベージュのミュール。ばっちりメイクだけどそれがとてもその人らしくて凛とした品をかもし出している。ポイントはリーゼントちっくなショートヘア。はぁ~こんな人憧れます。品のある人になりたい。

品格のある人が憧れだけど、格はそうそう身につけられるものではありませんゆえ、せめて小奇麗にして品のある人になりたい。

突然の雨。自分ではシャンプーできないので美容院に。駅からすぐのsweepという美容院。めちゃ丁寧にシャンプーしてくれてブローで乾かして1500円なり!助かります。これで臭く汚い怪我人にならないですみそうです。でも髪型は一晩でぐちゃぐちゃ。。乙女失格、完全にヨレたおばさんですあぁ。

ヒロぴょんついにセカンドハウスへお引越し中をのぞきに行く、陽が入って気持ちいい部屋!趣味のよいカッシ-ナの白のソファがある部屋。新しい暮らしワクワクいっぱい。

ジュルネでゴハン。エビ春巻きにインゲンの素揚げ、温野菜サラダ、皮付きポテトフライ、アジアチャーハン、気キムチ焼きうどん、&ビール!はぁ~幸せです。右手を不器用に使おうとしているとヒロぴょんとひろちゃんが助けてくれるのあぁ怪我人冥利につきます。みんな心配してくれてありがとう。私は骨を折っても幸せです。

鎖骨2

朝、右肩が腫れている。そして手の甲と肩に擦り傷。打撲の痛み。そして、あの音グシ、グシ。痛みをこらえて佐藤病院に歩いていく。去年の今頃、靭帯を傷つけてびっこをひいて通った道のり。

森先生に再会。照れ笑いに自虐笑いの私・・・去年靭帯治ったと思ったら今度はこれか~!森先生は真剣で一生懸命なのでまったく笑わない。そんなところが私は大好きですせんせい!まったく世話のやける患者でごめんなさいっ。

レントゲンを見ると鎖骨と肩の骨の付け根のところがきれいにパコンとはがれるように折れてます。あぁ本当に折れているんだ・・・幸い手術はしないで大丈夫なようで、ギブスで固定。

ギブスは猫背矯正ベルトの強力なやつ。外しちゃいけないので下に100円ショップで買ったTシャツを着てその上に、ぐわっし!と胸を張って装着。痛っ!脇のリンパも圧迫され、不自然に姿勢よすぎる格好でだんだん首や肩やその辺全部が痛くなる涙。

♪空に~そびえる~クロガネの城~ スーパーロボット~マジンガーZお~~~♪

肩に鋼鉄の板を嵌められた感覚。まさにマジンガーZになった気分!テーマ曲を歌いながら帰途に着く。

ギブス3週間、そのあとリハビリ一ヶ月。実質2ヶ月のサーフ禁止。チェロも禁止!!!はぁぁ・・

タイミングよく、ハワイからジョエルの板が届く。片手で引きずりテラスに出して開封。はぁ~美しいラベンダーパープルのデッキにブルーアブストのボトム。シンプルなsurfboard by Joel Tudorの白い文字。日曜は波がありそうだがしばらくは見るだけで堪能。

右手があまり動かせないのでほとんど左手を使う。これを機会に左手たくさんつかって脳の活性化するぞと転んでもタダじゃあおかない根性まるだし。

カルシウムをとらねばと、楽天でコントレックスと、それ以上にミネラルが多いというを箱買い。それと吸収のよいという梅酢カルシウムも。

鎖骨1

4月7日深夜、由比ガ浜の海側公園でカーバーで遊んでいたとき、肩からコンクリート地面に激突して鎖骨の骨を折る。

言い訳をすると、左手マイラのリード、右手であーちゃんを抱え、バランスを崩した時点ではどうしてもあーちゃんを守らなければと身体が反応したのだろう、身体の前をかばう方向に回転しながら見事に肩から落下。いつもながらそのときの感覚はスローモーション、しかもその瞬間自分が倒れていく全身の姿がありありと視覚で感じられる。鳥が見ているみたいに上からの映像。これは瞬間、想像力がスパークして脳にはっきりとしたイメージ見せたのだろうという感覚。それを見ながら何もできずにただ地面に激突するに任せる私。

直後、身体が投げ出され、「しまったー!」と思うと同時に。あーちゃんが私の顔を舐めまくる。マイラはすぐ隣で微動だにせずお座り。パニックになってどうしたらいいかわからないときにとりあえずお座りをするマイラなんともいとおしいわんこたち。

痛みで全く動けず、少しして肩を触ってみると既に腫れが・・・そして動くとゴシ、ゴシ、となんとも鈍い繊維が切れるのと同時に骨がずれる感じの音。現実を受け入れなければと思うと同時に折れていないで!という希望がむなしく渦巻く。

カーバーと犬たちとなんとか家にたどり着き、ウンチを捨てて寝る。ゴシ、ゴシ、、グシ、グシ、、痛みよりもこの鈍い音が限りない不安を沸き起こす。頭では覚悟をしないと、と考えながら眠る。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年8月 »

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ