1422159400047.jpg
週末、マイラがいなくなってまだ一週間経っていなかったけど、私が自由に動くことがマイラの望みだったので、父のお見舞いへ。
マイラは肉体から自由になって私と一緒にあちこち行けるのが嬉しいと聞かされ、そして私もそれをリアルに感じて心も軽く。

スカイマークの翼にはハート♡が。宇宙の空の色。

1422159408568.jpg

1422159413301.jpg


父は、透析のおかげか驚くほどむくみがひいていた。私の顔をみて泣いたけど、心も、前に比べてずっとおだやかに感じる。

マイラのお腹がどんどん膨らんで一晩苦しんでいるときに、マイラが父の痛みを自分の体に引き寄せている気がして仕方なかった。そして、翌日、家族から連絡があって、父は前日までは肌が裂けそうなほど全身がむくんで食事もとれない状態だったけど、その日はなぜか手のむくみがひいてすごく楽そうで、食事もとれたと。マイラは父が限界だったのを知っていたのかな。。

そんなマイラのことを父に報告し、プリントしてきた、父の横にマイラがすわって食事を盗み食べしようとしているマイラの写真を見て笑ったり、思い出話。マイラがいる久米島の風景をみてえぇとこやなぁと。
そして、この病室にもマイラが一緒にいて笑ってる。

昨日の夜、私は実家で寝たんだけど、居間のこたつに入っていたら、何度も父が外から居間に入ってきたり、こたつで寝ているのを感じた。
今朝、病院に着いた時、父は、うつらうつらしながら、「ここはウチやろやろ?」と。
寝ぼけているより実際に魂が行ったりきたりしているんだろうなぁと感じる。

そして、父は、以前はまったくといっていいほど母のことは口にしなかったけど、今回は、口を開けば母の体調や運転を気遣う言葉ばかり。そして、夜中、看護師さんには「順子さん、順子さん呼んでくれ」と母の名前を呼んでたらしい。父が母の名前を言うことなんて聞いたことなかった。自分が逝くときには、母にどうしても側にいてほしいらしく、父がどれだけ母を頼りにしているか、愛しているかを思っている。

| | コメント (0)
|

大きな大きな、とても大きなギフト

Img_20150120_091807

マイラのスピリットが肉体を離れて2日半経ちました。

いろいろ助けてくださったり、心配して訪ねてきてくださったり、メッセージをくださったりしてくださっているみなさんとのお話の中や、1人になってあれこれ思う中で、あああれはそういうことだったのかという気付きがいくつもあったり、偶然とは思えないつながりが見えて静かにびっくりしたりと、感慨深くそれぞれの時間をいとおしく感じています。

体があると様々な欲や要求が出てきたり、エゴや自我が強くなってしまいがちですが、その内側には慈愛そのものの魂がいることを、マイラにまざまざと見せつけられた気がします。

マイラは、犬の形をしているけど犬ではなく、中に絶対何か入っている!と会った友人たちは口々に言っていましたが、昨日、友人と話す中でマイラの幼い時の写真の目をみたときに、その中にいるものが何だったのか、そしてなぜ犬の形をして私のところにやってきたのかわかった気がします。

また、この世に体を持って生まれて来るのは、人や動物関係なく、愛を与え愛を受け取るためだということが身に沁みてわかりました。私は特に受け取りべただけど、、マイラはそれを知っていて最後にこれでもか!というくらい愛を与えてくれました。

昨日の夜はマイラが夢にでてきてくれないかと願って眠りましたが出てきてはくれず、かわりに男の人にとても愛されている夢をみました。でも、起きてマイラがいないと無性にあのしっかりした体を抱きしめたくなったりもします。

まだまだ心の整理中、そして去年から続いている大好きな人たちのスピリットへの移行、父が闘病中というので私の中の物語は続くので、気付きをメモしながらまとめていくつもりです。みなさん、ほんとにほんとにありがとうございます。

| | コメント (1)
|

ありがとう、マイラさん。

いつもこのブログを訪れてくださるみなさん、ありがとうございます。

急なことですが、最愛のパートナーであり、無二の親友であり、母で娘で、相棒で、いつも私を守ってくれていたマイラが、本日2015年1月19日午前7時すぎ、永眠いたしました。

12月で13歳になったばかりでした。

旅が多く、寂しい思いをさせてしまったと後悔しています。最後まで賢く思いやりのある、愛に満ちた、犬とは思えないふるまいを見せてくれました。実際、彼女は犬ではなかったのかもしれません。

今、私の隣に、観音様のようにやさしく穏やかで、そして安らかな姿で眠っています。

可愛がってくださったみなさま、お世話になったみなさま、心から、ありがとうございました。

Img_20150119_060354

苦しかった最後の一晩はずっと一緒に過ごしました。

Img_20141027_234602_1_2

マイラ、これからはどこに行くにも一緒だね。ほんとうにほんとうにありがとう。

愛してる。

| | コメント (10)
|

19日の和の郷でのヨガ、お休みします。

いつも来て下さっているみなさま、ありがとうございます。

当日になってのお知らせで申し訳ございませんが、
事情により、お休みさせてください。
次週に関してはまたお知らせさせていただきます。
何卒よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)
|

なんて美しい光!

1421566758647.jpg

心を奪われるほどキラキラしていた庭のガジュマル。
今から思えば、天使がマイラを迎えにきていたのかもしれないな。。

| | コメント (0)
|

だるま山にて。
沖縄の桜はカンヒ桜といってこの時期に咲くのを知ってはじめはすごく驚いた。濃いめのピンクがすごくかわいらしい桜です。
奥ゆかしくてすごく好き。

1421388694248

1421388713204
1421388720284
1421388727654
1421388740270

| | コメント (0)
|

学び

1420893030842

すごく久しぶりの東京。成田に着いたとたんに久米島に帰りたくなったけど、、。東京はあいかわらず人と建物ばかりだなぁ。

3日間のヨガティーチャーのためのワークショップを受けにきています。
アレキサンダーテクニークをベースにした体の動かし方、以前はピンとこなかったアレキサンダーテクニークが身体感覚に意識的にであるようにエサレンとヨガで訓練されたおかげですごく微細な動きもわかるようになってきたからか、すごく面白い。
頭をまわす動きだけで脊椎と頭骨が限りなく自由になって内部空間が無限に広がる感覚、そして体ってこんなにも自由になるんだという驚きと喜び!!!
そして、同時にとても瞑想的。 なんかまたすごい世界をみてから垣間見させてもらった感じ。 うーん、、しかしこれを伝えるにはかなり訓練が必要だなぁ。。 まずは自分の体に落とし込むことから。 何度も来るのやめようかと思ったけど来てよかった。身体と心の学びと発見は限りがない。

| | コメント (0)
|

祈り

11月末に久米島に遊びに来てくれたちえさんが、ちょうど父が危篤のときに何かをキャッチして連絡をくれ、父の状況を伝えると、父に伝えてと祈りの言葉を送ってくれた。

意識が少し戻りはじめた父に「友達が、楽になるようにって祈ってくれとるから、それを読むよ」と、父にその言葉を読んで聞かせた。すると、その類いの言葉にはおそらくまったく馴染みがなかったであろう父の顔がふっと緩んで「ああ、ええ言葉や。ありがとう」と半分うわごとのようにつぶやき深く頷いた。
声に出して読んだ私の心も、とても深いところで何かが融けていくのを感じて楽になっていくと同時に「ああそうだった、父は、ほんとうはすべてわかっているんだ」という確信と同時に目が覚めるような感覚にもなった。
ちえさんが送ってくれたその言葉には、意図も邪心も願いもなく、ただ純粋な何かが記されている。それこそが本物の祈りというものであって、無心だからこそ伝わるんだろうと思った。
この時のことをちえさんがブログに書いて下さっています。
これは、ちえさんが久米島に来てくれたときからつながっていて、さらにそれは家族や私のパートナーや彼の両親との関係ともつながっていて、一気に謎がとけるように愛がひろがっていき、そして、くもりのない愛の目でいることがどんなに大切かを教えてもらっています。ちえさん、ありがとう!!!

| | コメント (0)
|

ライフレッスン

けっこう若いときから自分はどこでどうやって死んでいくのか考えるのが好きだった。それを想像することはどんなことよりもわくわくする。死に方は、生き方そのものだから。そして自分の生き方に責任をもつことが好きだから。

Img_20150105_211341

エリザベス・キューブラー・ロスの本をどうしても読まなくてはという気になって実家の本棚から持ってきた『ライフ・レッスン』。キューブラー・ロスは、精神科医でターミナルケア、サナトロジー(死の科学)のパイオニア的存在で、私がテレビ局時代に人間の本質を探る番組を作っていったとき、その著作の数々を読ませてもらっていたけれど、今、改めて読み返してみると身に沁みて腑に落ちる言葉がちりばめられ、また、さまざまな感情を理解する助けとなってくれている。先達が死の間際に残してくれた言葉を今あたらめてしみじみありがたいと思う。
まえがきより:
「一生」とよばれるこの時間のあいだには、学ぶべきさまざまなレッスンがある。とりわけ死に直面した人たちとともにいるとき、そのことを痛感する。死にゆくひとびとは人生のおわりに多くを学ぶが、ほとんどのばあい、学んだ教訓を生かすための時間が残されていない。
(中略)
わたしたちひとりひとりのなかにガンジーとヒットラーが住んでいる。もちろん象徴的な意味で。ガンジーは人間のなかにある最良のもの、もっとも慈悲深いものをあらわし、ヒットラーは最悪のもの、人間のなかにある否定性と卑小性をあらわしている。人生のレッスンとは、みずからの卑小性にはたらきかけ、否定性をとりのぞいて、自己のなかにも他者のなかにもある最良のものをみいだす作業にかかわるものだ。人生の暴風にも似たそのレッスンは、わたしたちを本来のわたしたちに立ちかえしてくれる。私たちはたがいに癒しあい、また自己を癒すために地上に生まれてきた。そては身体症状の回復という意味での癒しではなく、はるかに深いレベルでの癒し、精神の、そしてたましいの癒しである。
(中略)
人生には学ぶべきレッスンがあまりにも多く、一度きりの人生ではとても習得しきることはできない。しかし、学べば学ぶほど未完結の問題が少なくなり、そのぶんだけ充実した人生となって、ほんとうに生きることができるようになる。そして、いつ死ぬ事になっても、胸をはっていうことができる。「ああ、わたしは生きた!」と。
・・・
そう、そうやって最後に「生ききった」と心の底から思えるように、その時々に起こることをフルに体験し味わい美しい景色を堪能し平凡のなかにある非凡さに気付くことでしみじみと幸福を感じていけたらと思う。
父の看病で、まる5日、たった5日ではあるけれど、1時間に1回「おしっこ!」と言われるたびにおむつを開け陰茎をひっぱり出して尿瓶をあてがい排泄の手伝いをしながら、自分はなんて幸せ者なのだろうと、こんなふうに世話をさせてくれる父に、時に涙をぼろぼろ流しながら感謝した。まさに、これこそが、父が与えてくれた魂の癒し、ライフレッスンそのものなんだな。

| | コメント (4)
|

家族

なぜこのことが自分に起きるのか、なぜその人に出会ったのか、いつも、その奥深く
にある意味を考える。本当は答えを知っているけどそれに気付かないでいる。様々な感情を体験して自分の力で気付かないと本物の学びにはならないから。
過去に、私の輪廻転生は今回が最後だと3人に言われたことがあるけれど、そのためには今世でまだまだ学ぶ事がたくさんある。
父は、全身で苦しみに耐えながら、魂レベルで、私に途方もない学びを与えてくれている、そんなことを思った。

Img_20150101_135809

2015新年明けての家族写真。いままで生きてきた中でいちばん好きな写真。

| | コメント (8)
|

新年あけましておめでとうございます。

年末のお礼もせず年が明けての挨拶もできず、すでに1月4日になってしまいました。

実は29日、年始のラジオ収録中に父の容態が急変したとの知らせを受け、その日のうちに急遽、岐阜の病院に駆けつけ、父の24時間看護をしておりました。
おかげさまで意識ない混濁状態からこちらの世界に戻ってくることができ、新年を迎えることができました。
まだそのまま側にいたいとは思いつつ、とりあえず本日、久米島に戻ってきました。まるまる5日間、ほぼ24時間ほとんど寝ずに看護し、生について死について幸福について愛についてものすごく考え感じた年末年始。
久米島への帰りの飛行機の中でE.キューブラー・ロスの本を読みながら『今この瞬間をフルに生きる』ことがいかに大事かを改めて感じています。
Img_20150103_071029
病院の窓から毎日眺めた金華山と岐阜城。きれいだったなあ。
また書きます(と、いって書きたい事がどんどんたまりにたまってきすぎているんだけど、、)
祈ってくださった愛する方々、心からありがとうございます。
とりあえず寝ます。
今年もまたたくさんの方々にご迷惑をおかけしてしまうかもしれませんが、学び多い年となることは間違いありません。
みなさまにとってもどうか良い年でありますよう願いつつ、何卒よろしくお願い致します。
   

| | コメント (2)
|

海岸清掃2日め

昨日に引き続き、真謝のビーチクリーン。今日は朝から参加。

Img_20141228_100833
昨日拾ったゴミを調査のためさらに細かく分別して、出所の国がわかるものなどの数を数えます。ペットボトルは中国が圧倒的に多くて、次に日本(残念ながら久米島海洋深層水ラベルのものも)。
韓国は、数年前はペットボトルのゴミがとても多かったけれど、国が海洋ゴミの調査対策施設をつくるなどの対策を熱心にして、ここ数年、韓国からの漂着ゴミがすごく減っているそう(漁具以外)。それにくらべて日本はまだまだ対策が遅れています。
Img_20141228_120218
中国からのゴミは有害で危険なものが多い。
前の記事でブイなどの漁具に重金属がたくさん含まれているのを書いたけど、これは貝などの生物がつかないようにするため。他の国の基準をはるかに越えた鉛、カドミウムなどの重金属が含まれているそうです。
そして、上のバルーン。日本ではヘリウムガスを入れるけど中国では水素を入れるそう。たまにふくらんだまま日本に飛んでくるのですが、もし万が一火が近くにあったら爆発するので、くれぐれも子どもたちに遊ばせないようにとのこと。
Img_20141228_120543
蛍光灯は、不法投棄。
水銀をたくさん含んでいるのでちゃんとリサイクルセンターに出さないと。ちなみに沖縄県では処理できないので、北海道の処理施設に送っているそうです。
Img_20141228_120606
そして、これもたくさんあった。
肥料や農薬の袋。これは産業廃棄物なのでそのへんに捨てるのは法律違反。
そして午後に清掃に行った黒岩海岸のほうには不法投棄されたのか風で飛ばされてきたのか、、この袋があちこちに散乱。
その周辺にはテレビの基盤とか冷蔵庫とか明らかに不法投棄されたものが。
うーん、海岸も漂着ゴミだけでなく、島民が捨てるゴミもたくさんあるっていう現実。目立たない場所だから捨ててもいいってもんじゃないと思う。
なぜリサイクルセンターに持って行かないの?
そりゃあ少しの金額はかかるだろうけれど。
Img_20141228_100844
かなり前だろうけど、こちらも投棄されたアスファルトが海岸に散乱してた。
Img_20141228_100934

漂着ゴミであふれてた真謝の海岸がすっかり様変わり!

個人レベルで拾うのは限界があるけど、今回はたくさんの人が集まったから人海戦術であっという間にきれいに。人の力ってすごいな。汚すのも人、きれいにするのも人。

町のイベントとして、マラソンとかそういう華やかなものもいいんだけど、海岸ゴミや不法投棄の現実をちゃんとみて、ゴミ拾いイベントなんかもやっていくべきだと思う。石垣島や宮古島はそういうこと、ちゃんとやってるから久米島でもできなくはないはず。

移住者や、移住を考えている人たちは、地元の人たちが考える以上に環境をシビアに見ています。なぜなら、それは他人事ではないから。

観光客も美しい自然を求めてやってくる。

まだまだきれいな島だからこそ、ほんとうの意味でその環境を汚さずにきれいにしていく努力が必要。そんなことを改めて思った2日間でした。

| | コメント (0)
|

海岸清掃

Img_20141227_144449

久米島の海はとてもきれいなんだけど、実は、海岸によっては漂着ゴミがすごい。おもに中国や台湾、韓国から流れ着いてくるもの。大物は冷蔵庫なんてのも。
漂着ゴミの多さで目立たないけど、地元の人がポイ捨てした空き缶やお弁当の空き容器やタバコなども。どうせいっぱいあるんだからと捨てちゃうのかなあ。
ここはサーフポイントでもある真謝の海岸。
私は午後から参加だったので既に午前中に拾われたありとあらゆるゴミが大量に山になってた。
今回はホタルの会のよびかけで、調査の目的もあるので拾ったゴミをこまかく分別。ペットボトル、発砲スチロール、プラスチック、カン、電球、ビーチサンダル、そしてすごく多いのがブイや網やロープなどの漁具。
Img_20141227_144508
とにかく、袋が足りないくらいの量。
Img_20141227_161217

たとえば、海岸でよく見る青い漁具には重金属が使われていて、

Img_20141227_161228

それが長年、清掃されないままの海岸では砕けて破片になり、さらに重金属がそこから溶け出して海岸と海水が汚染されてしまう。そして、環境を汚染することは、自分自身の体も汚染しているということ。

沖縄の漂着ゴミは大陸のほうから流れ着いてくるけど、日本のゴミは太平洋をめぐって北西ハワイ諸島の大量に流れ着き、そこでプラスチックの破片などをたくさん食べて海鳥たちが命を落としている。

せめて、せめて、意図的にゴミを捨てる事はほんとにやめたいと切に思う。

そして、とにかく、ゴミを出さない暮らしをしたい。

| | コメント (2)
|

天然酵母で初めてのパン作り

Img_20141227_120320

東京から天然酵母のパン作りの先生がいらっしゃるというので、麦心のゆきちゃんのパン工房にお邪魔しました。
先生は山田ベーカリーの山田さん(^^) いろんなところに出向いて教えていらっしゃるそうです。材料も全部用意してくださって、とってもわかりやすく教えていただきました。
今日、教えてもらったのは、フォカチヤ。白神山地から取り寄せた天然酵母を使って小麦を手でこね2回醗酵させて成形。初めてで全部の工程が楽しい!そして不思議。そしてこねこねする生地が愛おしい♡
最後にゆきちゃんの庭のローズマリーと久米島のトマトのせ、最後に新月のお塩をぱらぱらとかけてオーブンに。
Img_20141227_120547
嬉しくてオーブンの窓からじーーーーーっと見つめているとだんだん膨らんで・・・ああこの時間がなんともしあわせ。
Img_20141227_121840
わー焼けた!!!うーんいい香り♡
Img_20141227_125622
パンが焼き終わったら、ゆきちゃんの焼きたてスコーンと、それからマキノコーヒーのマキノさんが挽きたての豆でコーヒーをいれてくれて(その手元をじーっと見てたけどやっぱ自分でやるのと全然ちがう。。。お湯を入れたとき豆がふわっとふんわり膨らんでる。そしてやっぱり美味しいんだなあああああ)贅沢なひとときを味わわせていただきました。
やっぱりこの場所は気持ちがいいなああ。空気がほんとに気持ちがよくて、今日はお日様が出てぽかぽかして、なんともしあわせな気持ちにさせてくれるの。ゆきちゃんの魔法の場所。
山田さんのパンもモチモチしてとっても美味しかったし、あー、ワインも飲めたら最高!だな〜笑
山田さん、ゆきちゃん、マキノさん、ステキな時間をありがとうございました♡
・・・しかし、赤坂に籠って仕事してるときはまさか自分が数年後にこんな暮らしをしてるとは想像もつかなかったなあ。健康で好きなことができることと、こうやって丁寧で小さな暮らしをしてその場をシェアしてくれる人たちの存在がほんとにありがたいとじみじみ思うのでありました。

| | コメント (2)
|

穏やかな時間に感謝

クリスマスはFMにお休みをもらって本島へ。

Img_20141224_221945

北谷のTamie's Kitchenにオーダーしてもらったクリスマスケーキ。

タミさんのお店はヴィーガンなので動物性のものは一切使用していなくて、素材も安全なものを厳選されていて安心。このケーキにはお豆腐クリームが使われていて、生クリームのケーキとは味はまったく違うんだけどやさしい甘さとしっとりスポンジ、ほんのりお豆腐の味は日本人の私は白和えを想像する風味なんだけど、ベリーと一緒にいただくと新鮮!生クリームのケーキと違って、食べた後の体の具合が穏やかというかなんというか、、血糖値の上がり方が穏やかなのかなあ。。麻薬的な砂糖の感じがしないの。なんとも体にやさしいスイーツという感じなのです。

2人でホールだったので24日、25日、それから26の朝と3日連続で飽きずにいただきました(^^)

それから写真撮るの忘れてしまったけど、サイプレスホテルに予約しておいた久米島赤鶏牧場の一羽まるごとローストチキン、ぷりっぷりでこれまたすんごく美味しかった。やっぱり1日じゃ食べきれないので2日かけていただきました。ケーキはヴィーガンなのに、、(汗

そんなこんなで食べ物のことばかりだけど、、今、実家の父が入院しているので痛みが和らぐように祈りながら静かに過ごしたクリスマスでした。

一緒に祈ってくれたパートナーのやさしさに心から感謝。

| | コメント (0)
|

Merry Christmas♪

日曜からちょこちょこと作りはじめたプレート、完成。

Img_20141223_091313

(Love&Joy♡)

Img_20141223_091138
(表札バージョン)
みなさま、あたたかいクリスマスをお過ごしくださいね。
そして、yuyuさん、お誕生日おめでとうございます!
いつもやさしいお気持ちをありがとうございます♡
この一年があたたかな愛でいっぱいでありますように。

| | コメント (2)
|

はじまり。

Img_20141222_103920

本日AM10:36、太陽と月が重なった時間。お日様はあいにく雲に隠れていたけれど美しい光が降っていました。
今日一日、気持ちよくハッピーは気分で過ごされた方が多かったんじゃないかと思います。
私も今日一日は、特に、心からすっきりと周囲の人の幸せが伝わった日でした。
毎日こんな清々しい気持ちでいられたら。この気持ちを忘れないようにしたいと思います。
ヨガのクラスに来て下さったみなさま、よい時間を一緒にシェアできて嬉しかったです。
今年もほんとうにありがとうございました。
クラスをやることで私自身が学ばせてもらう事ばかり。
来年も何卒よろしくお願い致しますm(__)m
.
☆おまけ☆
夜はクリスマスダンスパーティーで進行係。
FMの仮装コスチュームを借りて、トナカイと雪だるまだよ〜(笑
Img_20141222_175013_2
楽しかった!
Img_20141222_175440
今年もあとちょっと。ありがとう2014年♡

| | コメント (0)
|

終わり、始まり

Img_20141222_081234

おはようございます。
AM8:03、太陽が冬至を迎えました。
そしてAM10:36に太陽と月が重なり、新月を迎えるそうです。
1年の太陽の終わりと始まり。そして今月の月の終わりと始まり。
午前の太陽の光を浴びて今年1年の感謝を捧げます。
お月様は見えないけど同じく感謝を捧げます。
私的には、大好きな破壊と再生の神、シヴァ神が生き生きと激しくダンスを踊っているイメージですごくわくわくします。
朝、このお日様の光を浴びながら庭でする太陽礼拝と月礼拝は格別に気持ちがよかったです。
午後のヨガのクラスは今年最後でもあるので、心をこめて太陽礼拝・月礼拝をして瞑想を長めにしたいと思います。
感謝合掌♡

| | コメント (2)
|

にちようび

Img_20141221_081017

ミーフガーで日の出チェック。どこかのブログに冬至の日にビーフガーの穴から日の出が見えるって書いてあったので方角違うけどなあと思いながらも行ってみたらやっぱり大はずれ。日がけっこう昇ってもまだ朝日すら届かず。。
しかしここの風景はいつ見ても荒々しくて原始の世界みたいな。
Img_20141221_115217
午前に庭の草むしりと掃除終えて奥武島へ。渡る橋から見る海のグラデーションは息をのむくらい美しい。
Img_20141221_131550
太陽がでてぽかぽか。
Img_20141221_132133
マイラさんの毛皮じゃあ暑かったね。
Img_20141221_165613
拾った貝やらサンゴやらで、大切な人を想いながらクリスマスプレゼント作成中。まだ途中だけど、、、
モノは十分すぎるほど足りていて、敢えて買う必要のないものをプレゼントだからと買うことはもう卒業したし、こういう手作りのものがいいかな〜と。
島で買えるものは限られているけど、何かを作る材料のお宝はいっぱい!
島暮らしのしあわせ。

| | コメント (2)
|

爆睡

昼間、畑仕事から戻ったら家の中がやけに静かなのでおらがベッドをチェックしに行ったら・・・

Img_20141220_150801

気がつく様子もなく爆睡中。。
このあと、ぷす〜〜〜っとなが〜いおならをし、その臭気ではっと目を覚ましたマイラ嬢であった。

| | コメント (0)
|

«朔旦冬至まであと2日