宇宙ぱん

Img_20160210_165946

妖精麦心ゆきちゃんのパンがますます美味しくなっているのだ。
ピュアでとってもきれいな食べ物!
まさにサットヴァ(純質)なパン。まったく重さがないの!
ピュアなエキストラヴァージンオイルをつけて食べるとサットヴァ×サットヴァでなんじゃこりゃ〜!(笑)な清々しさ。
あ、ちなみにオリーブオイルは硫酸銅を使った偽物が出回っているみたいなのでちょっと高くてもビンに入った本物をおすすめします。ドラモリで何種類か売ってて、ギリシャのフレッシュ絞りのが美味しい♪

この美味しさの秘密は、きっと酵母さんたちが高い次元からワープしてきているからに違いない!
Img_20160210_165840
今日のパンの酵母さんは、M58星雲から連れてきてもらいました。どこや?
遠い宇宙からではなくて、古代からワープしてきたように見えなくも、ない(笑

サットヴァな食べ物をいただくと、心も体もサットヴァの質が大きくなってほんとうの自分がみえやすくなるのです。

| | コメント (0)
|

今日の夕陽

Img_20160209_175517

ダブル太陽!
Img_20160209_181637
刻々と変わる空と海の色にみとれっぱなし。
Img_20160209_181650
まんまるで大きな大きな夕陽。
下辺が水平線に触れるといっそう大きく見え、
Img_20160209_182030
写真だとオレンジだけど、実際はもっと淡いピンクがかった色。
もしかしたらグリーンフラッシュが見えるかな?と思ったけど、何事もなくすっと沈んでいきました。
とても静かで美しい時。

ちなみに北カリフォルニアのエサレンで見たグリーンフラッシュは10秒くらいグリーンがゆらゆらとしかし力強く光を放ってそれはそれは美しいものでした。
でも、それ見えなくてもじゅうぶんすぎるくらいきれいで感動するな〜。

| | コメント (0)
|

不法投棄の谷

久々に晴れ!!!
眩しい太陽の光浴びながらアーラ林道へ。桜は6分くらい咲きかな。。濃いピンクがきれい!
そして、お花見へ・・・ではなく、ゴミ拾いのお手伝いです。

Img_20160209_145116

周辺は海が遠くに望め、濃い森が見渡せるものすごくいい景色。
ところが、、
Img_20160209_144416
林道から外れた細い農道を進んでいくと、すでに拾われたゴミが山積み。
この廃棄物処理場なみのゴミ、いったいどこから拾われたかというと、
Img_20160209_144330
農道の脇の斜面から草むらの中へ雪崩のように捨てられていたもの。
しかも数十年にわたって不法投棄の常習場所になっているらしく、積もり積もった廃棄物が人の背の高さ以上に積もっていました。
Img_20160209_144903
しっかり「不法投棄は犯罪です」の看板が。。
Img_20160209_144647
捨てられているのは、冷蔵庫やテレビなどの家電のみならず大物はバイク、台所のシンク、そして農薬や肥料の使いかけや袋、大量のビールやジュースのカン、ペットボトル、ビン、プラスチックのカゴ類、発砲スチロール、そしてカップラーメンのカップにお菓子の袋、赤ちゃん用のオムツ、大量のタバコの吸い殻、弁当容器、薬の処方箋まで・・・つい最近捨てられたありとあらゆる一般ゴミ。。それも袋にまとめて入れられて捨てられてる。
一般ゴミなんて、家の前のゴミ収集場所に置けばいいだけのものをわざわざここまで持ってきてなぜ捨てる???
町指定ゴミ袋を買うのがもったいない???
これもまだまだ氷山の一角。
こんな場所が島にはまだまだ他にも。
Img_20160209_145148
この大量ゴミが腐って金属がサビて有害物質がしみ出し雨水とともに多くの生き物たちの住む谷へ海へと流れていく。
人目につかなければ何をやってもいいとか、目に見えなければかまわないとか、そんな考えで捨てるのだろうか。
もちろん、ここまでひどい不法投棄はごく一部の人がやることなのだろうけれど、
目に見える道端や海岸にもカンやペットボトルや菓子袋がよくポイ捨てされていて、捨てる人の数はそんなに少なくはないんじゃないかと思うほどあちこちにある。
去年だったかな、、本土の大学の陸上部が合宿に来て、部員さんたちがホタルドームのまわりの道端のゴミ拾いをやっていて、手に持った透明な袋にはカンやペットボトルがいっぱい入っているのを見てほんとに申し訳なく思った。
せめてポイ捨てのゴミをなくすことはできないのかな。。

話はそれたけど、不法投棄の問題は、もちろん久米島だけではなく日本中であることなんだろうけど、なんとも愚かで悲しい現実でもある。

島では、お祭りや観光行事や娯楽的なことにはたくさんの人が集まり力を入れるけれど、こういった環境問題に関心をもって実際に行動する人たちのなんと少ないことか。しかも行政は民間しかもボランティアまかせ。

「海きれい!楽しい!」もよいけれど、自然から搾取するばかり汚すばかりって、すごくかっこわるい。楽しみたいのであればきれいに保っていかなくてはいけない。
きれいな海、クメジマボタルをウリにするのであれば、こういった取り組みがもっと評価されていいんじゃないかといつも思う。
そうすれば島はもっとよい島になってそこに魅力を感じた人が移り住むかずっとここに住みたいと思う人が増えるんじゃないのかな。少なくとも私はそう思う。

| | コメント (0)
|

10年後の自分?

旧暦の新年が開けた今、10年後の自分は今何をしているのか想像してみようかな。

その前に10年前の自分・・・鎌倉に住んで東京でテレビ番組作ることに集中してたから、10年後にまさかまさか沖縄久米島に住んでヨガのクラスやってインドに修行行ってエサレンやってラジオでしゃべって・・・ひとつも想像だにしていなかった!でもちゃんとやってきたことがみんな繋がって今がある。そしてこんなに心が楽こんなにも重荷が減っていくなんて、、いや〜人生っておもしろい。そう考えると10年て短いかなと思うけどけっこう長いんだなあ。
なので、10年後に自分が何をやってるかなんて想像はムダ?でも、おそらく、ヨガとエサレンを軸としたボディーワークはずっと続けていたいと、少なくとも今は思う。
そして、何をしているにせよ、心を澄ませてハート(真我)の中にいつもいられるようになっていられますように。
あ、それから60歳になってもサーフィンやっていたい!できればビキニで(笑

| | コメント (0)
|

旧暦新年あけましておめでとうございます。

新しい年明けが新月の日というのはなんとも清々しい。

1月のヨガは、ゆっくり深く肋骨を内側から開いて呼吸を深めることをメインにやってきました。
春の気配とともに、冬の間に溜めたいらないものを排出する身体の働きが活発になってきたので、先週の立春からめいっぱい動いて汗流してます。
そして今日は立位・座位のツイストをたくさん入れて内臓(特に肝臓、脾臓)を絞ってフレッシュな血液を大量に流して春のデトックスを促進です。
動いて汗かいてあったまって、みんなの顔がピンクになると、ほんっと女性って愛らしいなああ〜なんて邪心とともに幸せ感じさせていただいております(笑
Img_20160116_173505
久しぶりに太陽が顔を出してくれた本日。
夕陽が、太陽ってこんなに大きいのかというくらい特別に大きくて美しかった!(スマホ持ってなかったんで写真なし。。)

| | コメント (0)
|

新月

キリっとした新月のお塩をまぶして塩おむすび。

Img_20160203_092945

初女さんのおむすびの作り方に、おむすびは呼吸しているからラップで包まないと書いてあったのでそれを読んで以来、つつむのは布です。
時間がたってもお米ひとつぶひとつぶが元気で美味しい♡

| | コメント (0)
|

長距離弾道ミサイルじゃなくて衛星ロケット

なんだかなあ。
朝、町内放送があったので何かと思ったら、北朝鮮からミサイルが沖縄方面へ発射されたと。
前もそうだけど、日本のマスコミは『長距離ミサイル』『弾道ミサイル』なんて表現してるけど、弾道積んでるって誰が言ってるの?官邸?防衛相?
おまけに軌道が南だから沖縄に向けて発射されたって。
BBC, Guardian, AFP, Al Jajira, Time, Washintonpost... 海外のメディアでミサイルなんて書いてるのひとつもないし。全部、long-range rocket(長距離ロケット)だし。んで、10分後には衛星として軌道に乗ったと。

おりしも宮古島に自衛隊のPAC3(これじゃあ迎撃できない)が到着したばかり。
そして、発射のニュースの数時間後には、韓国がPAC2では迎撃できなからアメリカのMDミサイル迎撃システムを導入する交渉に入ったと。日本もPAC3で大金使った挙げ句に、今後は韓国と同じようにアメリカのMD配備するって言い出すんだろうなあ。安倍首相曰く「国民から吸い取ったものでございますから」な税金はますます防衛費(軍事費)に使われていくんだろう。それ以前にちゃんと外交してほしいもんだ。

ワシントンポストの記事の中国のコメントが至極ごもっとも。
Amid criticism and condemnation, what should be borne in mind is that negotiations are the only viable solution to the predicament on the Korean Peninsula
朝鮮半島の状況では、激しい非難や批判の最中において、交渉が唯一の有効な解決方法であると心しておかなくてはいけない。

方や、日本では、国家安全保障会議の閣僚会合の画像を首相が公開したって。これ、もう緊急事態条項(非常時に内閣が何をやってもいい)が通過した予行演習みたいな感じ。そもそもNSCの夏の参院選で自公が勝ったらこんなメンツに基本的人権剥奪されちゃうのかあ感。そんなん絶対にイヤだ。

それから、最近では、清原逮捕のニュースで大騒ぎのときにTPP調印。おまけにNZへ署名に行った自民党議員は「TPPは国家主権の放棄、断固反対!」と公言してたのに堂々と和服で署名って。。

ウソ騙し脅しなんでもありの日本の政治。安倍自民になってから特に酷い。
人は恐怖で簡単に操ることができる。

元ナチス高官曰く「国民は戦争を望まない。しかし決めるのは指導者で、国民を引きずり込むのは実に簡単だ。外国に攻撃されると言えばよい。それでも戦争に反対する者を、愛国心がないと批判すればよい」

| | コメント (0)
|

一日の終わり、
きれいなものを見たり、
好きな本を読んだり、
好きな人におやすみを言って目を閉じる。

H5

Photo:Jeffrey Mallin

世の中、特に今の日本の政治はおかしいことだらけだけど、眠りにつく前は美しいものを見て眠るのだ。

| | コメント (2)
|

立春

今日は立春。

長い冬に溜め込んだ物に感謝しながらわくわくしながら、いらないものは手放しながら螺旋を上へ昇っていく感じ。

8日の新月に向けていっそう軽くなっていけそう。
今日の夕方のヨガのクラスもいっぱい動いて無心になって汗かいていこう。

H4

久米島では太陽がなかなか顔を出してくれないので、ハワイの友人が送ってくれた夕陽の写真。きれいだなあああ。

photo by Jeffery Mallin

| | コメント (0)
|

「いのちの移し替え」

「調理の間はいつも意識を集中させていないと、食材のいのちと心を通わせることができないですね。例えば野菜を茹でている時、火のそばを離れずじっと見ていると、野菜が大地に生きていた時より鮮やかな緑に輝く瞬間があります。
その時、茎を見ると透き通っています。その状態をとどめるために、すぐに火を止めて水で冷します。
透明になった時に火を止めるとおいしくて、体の隅々まで血が通うお料理ができるんです。
素材の味が残っているだけでなく、味が染み込みやすい時でもあるんですね。
野菜がなぜ透き通るかといえば、野菜のいのちが私たちのいのちと1つになるために、生まれ変わる瞬間だからです。私はそれを「いのちの移し替えの瞬間」と呼んでるの。
蚕(かいこ)がさなぎに変わる時も、最後の段階で一瞬、透明になるといいます。
焼き物も同じで、今まで土だったものが焼き物として生まれ変わる瞬間に、窯の中で透き通り、全く見えなくなるそうです。
いのちが生まれ変わったり、いのちといのちが1つになる瞬間に、すべてが透き通るのかもしれませんね。
透き通るということは、人生においても大切だと思いますね。心を透き通らせて脱皮し、また透き通らせて脱皮するというふうに成長し続けることが、生きている間の課題ではないでしょうか」

「食事したりすることが『生きる』そのものだと私は思っています。茹でるとか、切るとか、味付けするとかって、どこ1つ、おろそかにしてもおいしいものはできないし、大切にしなければできないので、『調理すること』が『生きる姿』そのものだと思うんですよね。
ごはん炊くのだって、米の研ぎ方とか、スイッチの入れる時間とか、もちろん水加減、できた時のほぐし方、よそい方、ご飯1粒ひとつぶが呼吸できるようにって。
食べてみて初めて見えない何かを感じてくれるんですね」

佐藤初女さんが天に召されたんですね。
映像と本でしか拝見していませんがとても大切なことを教えていただきました。
祈りとともに、合掌。

| | コメント (0)
|

苦悩から抜け出すこと

ヨガスートラ(とそれを補足するバガヴァッド・キーター)って、すごく納得させられる心理学でもあったりして、心のクセや仕組がシステマチックに説明されています。ただし使われてる言語がサンスクリット語で極力装飾を排した俳句みたいな様式なので、その人の学び具合や人生経験でいろんな理解ができます。

ヨガの勉強で主に何をやっているかというと、この理解なのであります。そしてこれは人生のあらゆることに深く関わっているので学びは尽きないし時間はかかるし言葉の理解と表現は難しいし、、、でもおもしろいんだなあ。

Img_20151207_120618

嘘を手放しなさい。
惨めな苦しみから自由となるのです。
嘘と無知とは縁を切りなさい。
そうすれば、もう憎しみを抱くことはありません。
そこに残るのは、永遠の真実と愛への穏やかな道程だけです。

〜 "White Roses" The Mother
オーロヴィルを創ったマザーの往復書簡の一節です。

これは、この部分だけ一読してもよくわからないかもしれないけれど、ヨガスートラの中にある教えの中でもっとも重要なもののひとつで、人が表面的な人生を送ったり苦悩に陥る構造を知ることで理解ができます。
『嘘』というのは『間違った認識』でもあり、自分自身に対する不誠実さや不正直さでもあります。

ヨガスートラでは、
人々に訪れる苦しみ・悩み・痛みは、
・虚と実を取り違える『間違った認識』が根っことなり、
・その根からエゴ(心のはたらきを真我(ほんとうの自分)だと勘違いすることによる間違った自我意識)が育って幹となり、
・その幹から執着、嫌悪憎しみ、不安やおそれが枝葉となって派生してくる
という構造を示しています。

なので、枝葉として出てくる苦悩を消すためには、それひとつにとらわれずに、その元となる『間違った認識』をなくさなくてはいけません。

『間違った認識』(=無知)とは、一時的なものを永遠なものと、不浄なものを清浄なものと、苦痛なものを快適なものと、我でないものを我とみなしてしまうこと(スートラⅡ−5)

ここの、“我でなものを我とみなしてしまうこと”という一節が重要です。
「私は悲しい」というとき、悲しいと言っているのは「私の心」であってほんとうの私ではありません。「私は病気です」というとき、病気なのは「私の身体」であってほんとうの私ではありません。

ほんとうの自分とは、その人の真ん中にある真我です。
この記事のパンチャマヤコーシャのところを参考にしてね。

傷ついたり悩んだり苦しんだりしているのは心の働きで、真ん中に鎮座している真我はただ静かにただそこに在ります。あるんです。実在しているんです。真の純粋な存在として。(うー、これはそうとしか言えない。。)
ほんとうの自分(真我)は決して傷ついたり侵されたりすることはないのに、心のはたらきをほんとうの自分と勘違いしてしまっていることが苦悩の原因なのです。

学生の頃、なぜ自分は生まれてきたんだろうと(家族的な悩みや現実的な暮らしの悩みがあったわけではなく、もっと深いとことの本質が見えないことの苦悩です、、)毎日膝をかかえて苦しんでいた時期がありました。今から思えば、頭で考えたり心で感じることだけで堂々巡りしていたわけで、そりゃあ答えも出なけりゃ悩むわなあ。さておき、

また、真我は、真我の外を覆う心を通して世界をみているので、心が間違った認識をもっていたりざわついていたりするとそれが曇りや濁りとなって真我が外の世界を澄んだ目で見られなくなってしまいます。

その曇りや濁りをとりのぞこうというのがヨガです。
アサナや呼吸や感覚のコントロール、瞑想で心を静かに澄ませ、真我がそのものの目で純粋に世界をみられるようにそして外の世界の真実と境目がなくなることをめざしています。常にね。

現実の世界を生きているといろんなことが起こるし感情も動くし身体も変化します。けれど何ものにも侵されない静寂を自分の中に常に感じていたら、そういった変化もこの地球で身体と心をもつ醍醐味だと感じられるんじゃないかと思います。
生きてるって、なんておもしろいんだ!

ちなみに、エサレンではクライアントさんの本質とつながりなさいと教えられてきたけどそれって真我なんだろうな。それができると、自我のない、生まれたばかりの赤ちゃんのときの真っ白な感覚を思い出します。

Img_20151130_111428

Img_20151130_111437
耐え難いほどの、狭く身動きのとれない
窒息ぎりぎりの意識不明の底辺から、
突如わたしは
全能の広大な泉へと掬い上げられた。
それは、形もなく無限で、新しい世界の種子たちとともにうち震えていた。
〜The Mother @Auroville

| | コメント (0)
|

2月!

もう2月。といっても特に大きな変化はなく。
月曜はヨガが2クラス。
皆さんがいいエネルギーをもってきてくださる空間は、プラナの流れがダイナミック。気付きもいっぱい。汗もかいて、やっぱりクラスは楽しいな。
わざわざ時間をつくって来てくださる皆さんに今日も感謝いっぱい。

なんか、ヨガのクラスはもうやってないみたいな噂が流れたようで。。
ちゃんとやってますよー(^^)
大きな宿題がやっと終わったので、そろそろ新しいポスター作らねば。。
Img_20151023_174043

太陽が恋しい今年の冬。やっと明後日から晴れてくれそう。

| | コメント (0)
|

Who am I ?

今週、宿題の合間に一気読みしてしまった本。

Img_20160130_200810
去年インドで個と全体が『落ちる』体験をしてからふとした瞬間にそれが訪れるようになって(といっても日常生活はなんら変わりない。。)その体験がなかったらきっと頭で表層をなでる理解しかできてなかったんだろうけど、なるほどそういうことなのか〜と、めちゃめちゃ面白かった『時空を超えて生きる』。
自分が今まで体験してきたこと学んできたことが全部つながってる。
タオ、ヨガ哲学(ハートとマインドとは、プルシャとプラクルティーの関係)、そして量子力学になじみのない人には理解できなくてトンデモと決めつける人もいるだろうけど、時代は変わってきているんだなあと実感する一冊。いわゆる神秘体験(?)が書かれているけど、それよりなにより、この地球に生まれ、日々おだやかな日常生活を送ることがさらに愛おしくなる。
んで、これ読んだらまたラマナマハルシが更に腑に落ちる落ちる 笑
すっかりアドヴァイタにはまってしまった感。わはは。どうせならもっと体験を深めていく所存。あ、今年の目標、まだ決めてなかったけど、これに決まり♪

| | コメント (2)
|

手前味噌♡

かよちゃんが、もう日本では2箇所しかないという、天然麹菌を自家採取している麹を福井から仕入れてくれて、天然みそ作りに参加させてもらいました。

Img_20160130_090943

有機大豆を18時間浸水して3時間煮込んだのを湯気が出ているうちにつぶす。
マッシャーがないからビンで。楽しい。。。。
Img_20160130_104402
麦麹をまぜまぜしていい香り。そしてボールにする。楽しい。。
こぼれたのを口に入れてみると、すでに美味しい!(笑
Img_20160130_111506
さいごはぎゅうぎゅう瓶詰め。楽しい。。。。
どんなお味噌ができるかな〜
めっちゃ楽しみ!!!
自分で食べるものは自分で作る暮らし、しあわせだなあ。
Img_20160130_124438
灯台のほうに、冬の渡り鳥ヒシクイが来ているというので見に行ったら、5羽くらいがのんびり歩いていました。写真じゃ豆粒だけど、実物は大きくて美しかった。

| | コメント (0)
|

にゃんこの里親さんみつかりました 感謝です!

ウチで預かっていたにゃんこさん、昨日の夕方、とっても大事にかわいがってくれそうな両親がお迎えにきてくれました♡ 先住にゃんこがいるので相性がよくなければ戻ってくるかもですが。

心配してくださったみなさん、ひきとることを考えてくださった皆さん、ほんとにほんとにありがとうございました。そして最初に保護していろいろ心配してくれたゆうこさん、そして広めてくれたゆきちゃん、ありがとう!

たった一週間の同居だったけど、こんなにいい子いるのかっていうくらい聞き分けのいい子でした。

T1

ちびっこながらも野生ネコみたいに凛々しい。

T2
「くんくん。。何か臭う!」
T3
「なんだにゃーーーー!」
・・・ほのかに牛のにおいが漂ってきました(牛舎が近いので、、)
T4
と、急に眠気が。
「ねもい。。」
T5
「でも、寝ないぞ・・・もっと遊ぶんだ・・・」
T6
「まだまだ遊ぶんだ・・・」
T7
「まだまだ・・・」・・・zzzz
T8
寝落ちするとやわらかい体がさらにふにゃふにゃに〜
手足がどうなってるんだか(笑
T9
と、突然、「はっ!アヤシいもの発見!」
T10
「なんだこにゃ〜!にゃにゃにゃにゃ!」
と、ひとしきりしっぽと格闘したあと、
T12
はげしく勝利の毛繕い。
T13
「満足にゃ〜」
T11
「脇腹ストレッチ完璧!」
たった一週間の同居だったけど、にゃんこってどんだけマイペースで愛らしくてしなやかな生き物なんだと惚れ惚れしっぱなしでした。
ときどき間違えてマイラって呼んじゃったこともあったけど。
しあわせになるんだよ。

| | コメント (2)
|

足の指あっためて

Img_20141219_151530

みぞれが降ってもアラレが降っても元気に島ぞうり。
・・・でも軽いしもやけできたかも(笑

さておき、足の指が冷たいときは、足の小指側を手で包んで温めます。
しばらくすると、骨盤の中がじ〜んとあったかくなるはず。
子宮や卵巣もあったまるよ〜。
ヨガのクラスで、これをやってもらうと頬がみるみるピンクになる方がいらっしゃいます♡
白ゴマ油(Aコープでも置くようになってた!湯煎で100℃くらいまで加熱して冷ましたものがベスト)は、身体を温める効果もあるのでついでにオイルマッサージもオススメ。
特に、皮膚が乾燥しがちなヴァータ体質(私、これ)の人に!塗っても塗っても皮膚からオイルをどんどん吸収しちゃいます。そして、血液をめぐって浄化してくれるのだー(と、アユルヴェーダではいわれてます)
Img_20160126_203226
ちなみに首が寒いときは脱力にゃんこでぬくぬく。
この態勢、イヤではないらしい。。

| | コメント (0)
|

ほんとに雪降った。。

沖縄気象台が、名護と久米島でみぞれを観測と発表て。

風で飛ばされてきたあられの粒がときどき窓に当たる音がする。

さすがにネコ暖だけでは凍えるのでエアコン稼働。

海岸では寒くて仮死状態になった魚が打上がってるらしい。

去年のチェンナイの大洪水といい亜熱帯の雪といいこうも続くとほんまに何が起こってもおかしくない世界になってきた感。
後悔しないように生きていこう。

| | コメント (4)
|

気温5℃

いよいよ冷えてきた。パラパラと何やら小さな粒が落ちてきたような?w(゚o゚)w
Img_20160124_133907_3
空港からミーフガーに続く道は閉鎖。
おおきなうねりとくずれる波、大海原の青の美しさに目を奪われる。
Img_20160124_134050_3
風びゅーびゅー
Img_20160124_132833_3
具志川の集落のはずれから松の木越しに見る海はいつも壮麗。
こんな眺めの場所に家が建てられたらなあと思うけど、たいていは畑かお墓か牛小屋で住居を建てる許可はおりない。集落の端っこだったら上下水道ひくのは大した工事なしでできると思うけどなあ。電力は大容量使う家でなければオフグリッドでできるはず。小さな家を建てたいなあと思うけれど、まだ踏み切るまでには至らず。
そういえば去年住民アンケートやらワーキンググループとかの話し合いなんかがされてた町の10年計画ってどうなったんだろう?移住者にとっては、町がどのような方向に進んでいくのかは今後を考える上ですごく重要。住民アンケートに書かれたことが少しは反映されて実行に移されることはあるんだろうかな?

| | コメント (0)
|

学び

Img_20160122_161220

エルニーニョの影響の暖冬が終わったとたん、大寒波襲来とのことで、昨日から風がびゅーびゅー冷え込んできてる久米島ですが、この子のおかげでぬくぬく。まだ暖房なしでおります。冷えたらバランス系のチャレンジングなシークエンスであったまる。ヨガに感謝(^^)b
Img_20160124_103102
私たちのグル、クリシュナマチャリア師は、現代ヨガの父とも言われていますが、ほんとうにほんとうに謙虚に自分自身の鍛錬を死ぬまで続けた人で、彼の生徒には今のヨガ界で主流をなすビッグネームとなっている方たちが並んでいるけど、師自身は自らの名を冠した教えやビジネスや有名になることには全く興味を示さず、ひたすら自身のグルの教えや聖典からの学びにより一生をヨガの実践に捧げた人だと、インドで彼の直接の生徒さんたちからの話を聞き、また書かれたものを読んで改めてそのことの偉大さをかみしめています。
師がアサナ、プラナヤマの個人授業で用いていたHatha Yoga Pradipika(ハタヨガのティーチャーにとっては基本中の基本のテキストですね)改めて師の謙虚な態度(大いなるものへの尊敬)から読み込んで実践すると、気付きばかり。ほんまに一生学び。とにもかくにも毎日実践あるのみ。
Img_20160123_171804_2

| | コメント (0)
|

にゃんこの里親さん探しています。

Img_20160120_191854

マイラの命日の翌日、ワケあって、子猫を保護しました。
生後3ヶ月くらいの男の子、めちゃめちゃ人なつっこくて甘えん坊です。
下半身がふらふらしてまっすぐ歩けない時があるので心配したけど、後ろ脚をよく見たら一度折れたらしい痕があり、きちんと治っているので大丈夫そうです。椅子にもジャンプして乗ったり飛び降りたり、まったく問題なし。時間が経てばふらつきもなくなると思います。
Img_20160120_191521
爪も切らせてくれたし、トイレも一回で覚えたすごいっ!
フードもよく食べてくれます。
夜はベッドの中で朝までぐっすりぬくぬく〜。寒い時でよかった(笑
Img_20160121_144229
体重はまだ1キロくらい。
とってもきれいな、すごくいい子です。
このままウチの子にしたい気持ちもやまやまだけど、私は留守にすることが多く今年もまた数ヶ月不在にするので、かわいがってくれる里親さんを探しています。
飼ってもいいよという方いらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください!!!

| | コメント (3)
|

«祈り