石の家族

昨日は、お仕事のキャンセルが入ったので、1日フリー。

ゆっくり二度寝(笑
ちょっと体動かして
シャバアサナして
瞑想して
本読んで
シャバアサナして
瞑想して
本読んで
昼過ぎに、あ、そうだ夏至だった。太陽のパワー強いはず!
と、日頃、部屋の中に置きっぱなしのクリスタルたちを日光浴させました。
ようわからんけど、石がきれいになってエネルギーがチャージされてる感じ。
20180621_162844358
で、エスカレートして、丸いクリスタルで集光した光をダイヤに当ててみたら、ものすごい光!
他の石にも当ててみたけど強すぎたかな。。
でもダイヤはすごかった。
石っておもしろいなあ。
20180621_165005346
で、おもしろいのが、光を集めて当てたほうの丸いクリスタルがいっそう透明になったこと。
与えることで自身もより輝く、みたいな。

このクリスタルたち、20年ほど前ニューヨークに住んでた時に買ったんだけど、
あちこち引っ越したり旅行に行ったりしてもたいていどこにでも一緒に連れてってる
なんでかわからんし、連れてってもほったらかしだけど(笑
ちっちゃなダイヤはもう25年くらい前に買ったものだし。
私の肉体が死んだ後も確実に存在し続けるだろうこの石たちは、
いつも静かに、日々変わりゆくこの心と体を見守ってくれている。
ありがとうね〜💗

ぼそり

今日は風が強いカーチベー(夏至南風)

沖縄はそろそろ梅雨明けかなあ?
ここ一週間ほど、強烈な眠気。
今日はそれに加えて、クラクラ以上にグラグラする感じ。
地殻が大きく動いている影響なのか
明日の夏至の影響なのか
よくわからんけど。
夏至のゲートが開くとか、、私はそういうのがさっぱりわからんのだが、、
瞑想に入るとすぐに呼吸止まるし、
ハートのバイブレーションすぐに来るし。
たぶん何かしらの強いエネルギーが来てる感。

今日の夜は瞑想講座。
受けてくださる方々がすごくて、
つい脱線しがち、、脱線してたらキリがないので
シャープに純粋にヨーガの教えを伝えられるよう整理整頓。
講座はインタラクティブなので、毎回、受けてくださる人たちによって内容が微妙に違ってて、
毎回、事前に結構な時間をかけて準備するわけです。

だいたい準備できたので、
海にでも入って、ちんだみしてこようね〜。
Img_20160916_124739
南インドのアルナーチャラ山。
真実は言葉を超えております。

日常のありがたさ

大変遅ればせながら大阪の地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、

また、無事だったみなさんが、少しでも早く元の暮らしに戻れるようにと願っております。


東日本大震災を経験した身としては
(当日は揺れと停電と帰宅困難くらいだったけど、
あの恐怖と辛さは一生忘れられそうにありません。。)
次はどこに来るかわからないので備えはしておきましょうね。
水や必需品は少し多めに、
そして、私は東日本大震災の経験から、車のガソリンをいつも半分以下にしないようにしています。
いざという時、足りない人にも分けてあげられるし。

20180614_204107786

関係ないけど、最近、お寿司が食べたくなったらお世話になってる無添くら寿司。
なんかねー、お店の、安くて美味しいお寿司をお腹いっぱい食べてもらいたいっていう気持ちとか、できるだけ無添加とか、漁師さんたちのお仕事とか、流通の人の努力とか、くるくる回る間に乾燥しないカプセルを思いついた人とか、めっちゃ忙しいのにやわらかい笑顔で働いてる店員さんとか、家族と楽しそうにしてる子供たちの大きな声とか、、そんなことを思いながら目の前を流れるお皿を見てたら、なんてありがたいんだろう〜ってしあわせゾーンに入ってしばしの間ひとりヘブン(笑
ここだけじゃなくて、人が働いているところはどこに行ってもそんな感じでありがたいヘブン(笑

いつ何があるかわからんけど、
こんな日常を愛おしく感じていられるありがたさをかみしめております。

平和の祈り

20180617_135415766

毎年6月23日は慰霊の日。
沖縄戦で亡くなった方々の霊を慰めて平和を願う日。
沖縄では役所や学校は休日になります。
太平洋戦争から73年。
北谷では、一週間早く、平和の祈りのコンサートが催されました。
生で聴かせていただく古謝美佐子さんの歌、地元の方の朗読。
沁みた。
戦時そして後に続く悲しみ苦しみ。
軽々とは語れない赦し。
沖縄にいると、それを思わない日はない。
歌を聴きながら、戦争で満州に行った祖父を思い出した。
祖父は、「ありがたい、ありがたい」が口癖で自作の歌をよく歌っていた。
子供の頃によく聞かされたその「ありがたい」には、
並々ならぬ経験と気持ちが込められていたのだとあらためて思う。
そして、戦場で銃口を相手に向け、わざと外して撃った祖父。
戦争は、すべての人を苦しめる。
20180617_152246205
強い日差しと蝉の声。
20180617_152441436_1
公園で、楽しそうに遊ぶ子供たちの声。
20180617_152505349
大きな蝶が目の前をひらひらと舞い目で追うと、
アカバナーの蜜を吸いに降りてゆきました。

どうか、平和でありますように。
すべての人々の心が平穏でありますように。

台風一過

朝方は爆睡してて大雨が降ったのに気がつかなかった。
昼頃からは清々しい風、出来ては消えながら流れる雲。
さわさわと草が揺れる音。
雨と風の恵み。
なんという清々しさ。

20180616_135407285_1

午前中、瞑想アプリにある美しいチェロの演奏を聴きながら、この世界の美しさを想った。

過去を思うことはもうほとんどなくなったけど、たまに湧いてくる痛み。
人としてこの世界に生を受けた以上、後悔のない人生はないと思う。
表面的なポジティブでごまかすことをしないで、それに向き合う。
きちんと向き合った人だけがわかる感覚。
慈悲の心。

家族との日常のやりとりや仕事の時間にはそんなことも言っていられないけど、
ふと訪れる隙間に湧いてくるもの、それに気付き、誤魔化さない。


きちんと向き合うってどういうこと?

いくら外側に答えを探しても見つかることはない。
無理に答えを出す必要もない。
自然に消えてはまた現れる。
その過程に気付いていること。
心は物語を作るのが大好き。
それが痛みであろうとよろこびであろうと区別なく、
物語を作ってはそこにとどまろうとする。
なぜ?その方が楽だから。エゴが生き延びられるから。
これが執着のひとつのかたち。

この執着に気付くと、突然、謎が解けた感覚になる。
自分を囚われの身にしていたのは自分だと気付く。

突然な感じがするのは、流れ込んでくるエネルギー量が大きいから。
気付くことで大容量のスイッチがオンになる。
突然の幸福感や流れる涙。

大容量でなくても小さなスイッチが日々オンになっていればおだやかでいられる。
気づきの練習が、瞑想へのプロセス。

今、元気なうちは先のことと思うかもしれないけれど、
いつかは向き合う時が来る。
今世を終える時かもしれないし、次の生かまたその次の生か。

たまにはそんなことに思いを巡らせてみるのもいいかも。

久米島の妖精

私がなかなか久米島に行けないので、
久米島の妖精さんが那覇にやってきてくれた!

久しぶりに会った妖精さんは、ますます森の透明な光をまとって きらきらしてた。

20180612_173806895

妖精さんは、ヨーガのクラスを受けてくれ、すぐ久米島に帰っていった。
ほんのりと甘いお花の匂いのする島のパッションフルーツを残して。


妖精さんには、この場所↓以外ではなかなか会えないと思います(^^)
久米島の Retreat Garden
会えた人はラッキー♪

この森で、彼女に会って静かな時間を過ごしたら、
忘れていたとっても大切なことに気づくはず。

空を映す海

20180609_191912694

台風のうねりがほんの少しだけ届いた日の夕方の西海岸。
水面はおだやかに、数分間だけ、一面オレンジ色に。
20180609_191815873
空の色。
20180609_191839727
空と海がひとつになる時間、
楽しくて楽しくて、5時間もサーフィンしてるっていうサーファーが、もうちょっと行ってきます、とまた海に戻っていった。
思いがけない自然のプレゼントに心身まるごと溶ける幸福。
わかるな〜その感じ。感謝しかないね。


本土から、わざわざエサレンを受けにやってきてくださったクライアントさんと一緒にこの光景を見ました。
海と空は、彼女の、素直で美しい心を映して見せてくれているようでもありました。
life is good 💗

今帰仁でヨーガ瞑想

水曜日は、ご縁をいただいた今帰仁のノロ殿内でヨーガ瞑想の講座をやらせていただきました。

集まってくださったみなさんが、とてもきれいな心と目で
とても真摯に受けてくださり、嬉しく、ありがたく感謝でいっぱいです。
私もますます襟をただして学びを深めていきたいと改めて思いました。
ヨーガは、宗教に関係ない、ユニバーサルでニュートラルな科学です。
体、心、エネルギー、意識を理論的に説明でき、
そして体験して腑に落とすことができる。
そして、その人の体験のレベルにあわせた理解を重ねて、
螺旋を描くように登っていく道。
この道に興味を持ってもらえる嬉しさ。

すでに内なる神、純粋意識としっかり繋がっている人でも、
いや、そういう人ほど謙虚で素直で人の話を聞く態度を持ちあわせている。
一流の人ほど、品格のある人ほどそうです。
これは、私がテレビ局時代に日本のトップ、世界のトップの人たちとお仕事させてもらった経験から言える確かなこと。

今帰仁のしあわせのお福分けさんが、この日のことをブログに書いてくださっています。
そして、
こちら も!

お福分けさんも、生まれ高い方なのにものすごく謙虚でいらっしゃる。
私もまだまだ学ばせていただくことばかり。
20180207_140853761
今帰仁の空気はきれいだな〜。

ものすごい夕焼け(^0^)

今日は一日中資料作り。
夕方、ふと外をみたら、こんな空が広がっていた。

20180604_192239822

自然の芸術すごい。

この美しい光景を見てただただ感動するように、
神様から差し伸べられてた手をスッとつかむ。
素直に、
100%気持ちよく、
躊躇せず、
遠慮することなく、
余計なことは考えないで、
何も心配しないで、
受け取る。
自分本来の命の流れを生きるって、こういう感覚なんだろうなあ。

今帰仁にて、瞑想ワークショップのお知らせ

(HPの方でもひっそりとお知らせしてますが、こちらでも)


直前になりましたが、ヨーガ瞑想ワークショップのお知らせです。

※少人数での開催のため、告知はしていませんでしたが、

もし、ピンときて参加されたいという方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

日時:6月6日(水)午前10:00〜13:00 

場所:今帰仁ノロ殿内

内容:瞑想講座でお伝えしている内容のダイジェストとシンプルな瞑想体験。

   前半は、カフェスペースで講座、

   そのあと、敷地内にある神聖な木、龍眼の木の下で瞑想をします。

今年に入り、ふしぎとしか言いようがないお導きで、

畏れ多くも、今帰仁城跡のふもとにある参拝所「今帰仁ノロ殿内」にて

ヨーガ瞑想をさせていただくご縁をいただきました

こちらにお住いの今帰仁の歴代ノロさんは、琉球王国時代より今に至るまで

五穀豊穣、子孫繁栄、平和な日々であるよう祈りを続けていらっしゃいます。

それは並のことではありません。

そのような神聖な場でやらせていただく瞑想。

いっそう心してやらせていただきます。


20180524_142405475

こちらにいらっしゃる龍神様、

そして日々祈りを捧げられこの場所を維持していらっしゃる方々に心から深く感謝です。

om tat sat



未来のかたち

恵みの雨の沖縄。

植物たちがよろこんで鳥たちの声もいっそう透明に響いている感じがします。

関係ないけど、私、インスタで海外のnatureやナショジオやBBCearthやNASAなどをフォローして毎日、それはそれは美しい自然や野生動物や宇宙の映像を楽しませてもらっているんだけど、サイエンスチャンネルがアップしていたこの飛行機の画像、美しい。
20180602_121447
未来の旅客機の形として、空気の流れの抵抗が極端に少なく、燃料や騒音も少ないデザイン、すでにいくつかの試作がなされているみたいです。
数十年後にはこんな飛行機に乗れる時代がくるのかも。
テクノロジーの進化ってすごいなあ。

セニョール・タコ

沖縄にはタコライスやさんがあちこちにあるけど、5年間で食べたのは一回だけ。

今日はなんだかタコスが食べてみたくなって入ったタコス屋さん。
20180601_162917723
うわ〜、とってもノスタルジックなアメリカ感!

こういうお店、ハワイやアメリカ本土の田舎に行くとある〜!っていうインテリア、
メニューの看板の色や文字、
椅子やインテリア、
注文してから作ってくれるところ・・・古き良きファーストフード感いっぱい。

お客さんは、地元らしいお年寄りのカップル、
白髪の、そこはかとなく品のあるお友達どうし、
元気な子供の家族連れなどが訪れていて、
ゆったりやさしい沖縄の感じが加わり、なんともいい雰囲気。
20180601_161841929
タコス一個200円。
フレンチフライ140円で、揚げたてお鍋のお皿いっぱい!お腹もいっぱい!
フレンチフライ、時々食べたくなるんです。
タコスはパリパリの皮ではなくて、柔らかめで意外だったけど美味しかった。

北中城のプラザハウスという、ライカム近くのちょっと古いけど歴史のありそうなアパレルのお店が入ってるショッピングプラザにあります。

こういう、昔のアメリカンな感じのお店、好きだなあ。

素直さ

今日は、ある選択を間違えたので無駄なことをしてしまったし、相手にも余計な時間をつかわせてしまった。
お手数をかけたにも関わらず、満面の笑顔で「大丈夫ですよ」と言ってくださった方々のやさしに心の底から感謝。
違うと感じたらすぐに素直にノーと伝える。
以前の私だったら、学びのチャンスなんだと考えて頑張ってた。
その結果、大変でも、確かに学びはあった。
でも、もうそういうのは十分にやったので、これからは違う行動パターンをするのだ。

素直であることに対して、世界は絶対的にやさしい。

P5250366_1

ヨーガを学び、瞑想を続けていると、人間のしくみや自分自身のことが
実感としてわかってくるので、
感情に翻弄されることがなくなり、
与えられた価値観に騙されることなく(騙されかけてもすぐに気がつく)
人間関係の中で自身が作り出しているドラマや、
一見楽しそうに見えるジェットコースターみたいなアップダウンは卒業。
ただただ、おだやかな中にいられる。
満たされている心地よさ。

20180525_095513959
こういう笑顔のおじい、いるよね〜。
20180525_095455059
こういう笑顔のおばあ、いるよね〜。

カラダ ヨロコブ

20180529_141730317

糸満のyukiぞうさんのお店、フェリシダード
20180529_133120257
生きてる食べ物。
葉っぱの一枚一枚まで、しみじみ美味しい。
ほんとに、カラダ、ヨロコブごはんとデザート。
生きてるしあわせ。
働いてる人たちも、とっても気持ちがいい人たち。
オーナーyukiぞうさんのお人柄だなあ。

昨日の満月は、ちょうど100%満ちた時間の前後から雲が晴れて吸い込まれるような
おだやかさと優しさに満ちた満月だった感じがします。

20180530_100802500

今日も青い海、青い空。

だけど、、雨が降らない。
予報では今週は雨だったのだけど。
今年の5月の降水量は平年の15%にも届いていないとのこと。
水のありがたさをよりたくさん感じます。
梅雨の後半は、ザーっと降ってもらいたいなあと思うこの頃。

自分で車検

できることはなんでも自分でやってみたい経験してみたいワタクシ。
車検って自分でもできると知って、ついに行ってきました(^^)
思ってたよりも簡単で面白かった!!!
1)まずは、ネットで、「ユーザー車検」というで検索してどんなもんか、ざーっと確認。
2)各都道府県の車検場(軽と普通車が別になってるので注意)に予約を入れます。
 検査時間が1日に4回ラウンドがあるけど、何かあった場合を考えて1ラウンドめに予約した方がいいと思います。
3)手続き書類は、特に新しく事前に取り寄せたりするものはなくて、
 いつも車の中に置いてある車検証・納税書・自賠責保険証だけ準備。
4)この書類を持って、車検場へ。

車検場に行ったら、初めて自分でやる人向けのカウンターがあって
親切丁寧に教えてくれるの。
沖縄は浦添の軽自動車検査場に行ったんだけど、
書類の書き方とか、わからないこととか、
本当に本当に親切ににこやかに教えてくれて、助けられました。


手数料1400円、重量税8200円、自賠責保険料12500円を払ったあと、
いざ、検査場へ。
ドキドキ!
20180528_105205436_1
見学コーナーがあるので、どんな流れかを一度見学。
そのあと、指定された列ん並んで、順番に進むだけ。
初めての私には、初心者マークのプレートが渡されたのでそれをダッシュボードに置いてると
検査ごとに係の人がやさしくガイドしてくれました。
私、相当オドオドしてたと思うわ(笑)
けど、無事終わり、その場で新しい車検証とフロントガラスに貼るシールをもらって終了。
感動〜〜〜!!!

朝10時の受付に行って、11時半には終わりました。
嬉しか〜。

かなりボロくなってる愛車のネイキッドちゃんもがんばった。

それにしても、検査場の人たちみなさん、やさしかったな〜。
ちなみに、検査項目を事前チェックしてもらいたい人は、料金はかかるけど、
(1500円)車検場のすぐ近くに民間の事前検査場(ヨビケン沖縄)があるので
検査してもらえて簡単な直し作業だったらすぐにやってもらえるのでいいかも。
予約しなくても、その場で行って大丈夫な感じでした。


助けてくださったみなさん、ありがとうございました。
なんかね、待ってる時間とか、みんな穏やかで、
あーここも天国だな〜って感じたのであります。

夜明け前

P5250183

朝露とプルメリア。
P5250166
夜明け前、一日でもっとも静かな時間。
P5250167
よせてはかえす波の音に溶けてゆく。
鳥たちもまだ眠ってる。


ふと思いたって北部のオクマリゾートに泊まってきました。
この時期の平日、人も少なくて、天気は穏やかで、すごくよかった。
この世界のすべてがそれだけで完璧だというのをしみじみと感じた2日間でした。

大石林山、精霊の森

P5250187_1

国道58号線をどんどん北上して、やんばるへ。
北部の海は、水がどこまでも透明。
くねった道から視界が開けるたびに、その美しさにため息。
しかも、あー、ここでサーフィンできるなあっていうポイントが次々にあらわれて目をうばわれる。


そして、ずっと行ってみたかった大石林山へ。
P5250250_1
2億年以上前の古生代、海の中で作られた石灰岩が、
長い長い時を経て隆起し地上にあらわれ、
雨や風に溶かされ削られて様々な形に。
P5250228_1   
岩や亜熱帯植物の小道を抜けて行く。
P5250247_1_2
さまざまなかたち。
P5250211_1
そびえる岩のてっぺんに鳥。
どんな眺めかな?
P5250255_1
木々の間から本島の最北端が見えます。
P5250215_1
鳥たちの透明なさえずり、
ひらひらと舞う、黒や白やターコイズブルーのたくさんの蝶々たち。
P5250209_1
木々の隙間から射す光の美しさに我を忘れていると、
目の前にひらひらと蝶たちがやってくる。
P5250382_1
その蝶たちを目で追って見上げる。
「この光を見て!見て!」と蝶たちが教えてくれているよう。
P5250287_1
木漏れ日を受ける植物たち。
ただ、静かに、命のよろこびの中にいる。
P5250400
精霊の気配。
P5250298_1  
岩に沿って這う茎から垂れたかわいらしい花。
P5250354_1   
ひっそりと佇む脚の長い虫。
P5250327_1
ソテツの若い葉。
P5250308_1
自然のリズム。
P5250362_1 
木漏れ日はなぜ水玉模様になるのかな。
P5250322_1
ただ静かに待つ蜘蛛。
P5250430_1
かたつむり。
P5250413_1
がじゅまる。

砂に埋まる

20180524_172920282

砂がひんやりして、適度に重みがあって、たまった毒気が吸い取られる感じ、
マジで気持ちよか〜(^0^)
そばを通った韓国人の家族の子供がこの姿を見て大笑いしてった。
そのあとしばらくしてその家族を見たら、パパが全身、てんこ盛りの砂で埋められてた(笑
20180524_173003649
砂から出たら白塗舞踏の人みたいだ。
このまま海に走っていってダイブ!
ミルキーブルーの穏やかな海に仰向けに浮かんで、寄せては返す波の音、底でしゃらしゃらとサンゴのかけらがやさしくぶつかる音、そしてわたしの呼吸の音が混じり溶けあいひとつになってゆく。
P5240079_1
この日の夕陽、それはそれは大きくて美しかった。
P5240099
そして、刻々と変わる空の色。
P5240027
宇宙に溶けてく。

リッツ

20180525_160050138

行ってみたかった名護のリッツカールトン。
泊まったわけではなく、、(誰か招待してください(笑
一時立ち寄り(^^)
20180525_151242397
レストランでは、すごーく眺めのよい席に案内してもらえました。
空中庭園みたい!
20180525_152351910
豆腐ちゃんぷるーのランチいただきました。
20180525_152416245
丁寧に作られてて美味しかった。

フロント、バレー、パーキング、レストラン、ぜんぶのスタッフがとても気持ちのよい笑顔でおもてなししてくれて、さすが一流ホテルだなあ。
たまにこういう贅沢もいいな。

恩納村

20180524_124039330

恩納村、国道58号線沿いのコンビニの裏はミルキーブルーの海。
20180524_124104039_1
近所で働く人たちが、木陰で休憩しながらお昼ご飯食べてる。
おつかれさまです。
20180524_124254103
木陰から見る景色はこんな感じ。
聞こえるのは、やさしい波音。
なんとも静かで穏やかで美しい日常。

まいにち、こつこつ。

インドから帰って一ヶ月。
あれだけのことを経験して、
それを自分自身に定着させ消化する一ヶ月にしようと思ったのに、
ずるずると以前の癖に戻ってしまった感。

いかにサンスカーラ(いままで溜め込んだ行動や心の癖)が強いかということをひしひしと感じるここ数日。

筋肉は、無理やり伸ばすと反動で収縮がおこる。
それと同じように、濃すぎる体験で拡大が急だったから今は収縮期なのかな、
とそんな言い訳をしてみる。。

収縮はそろそろ終わりにして、
重くなったものは、毎日少しづつ軽くしていこう。
流れをつくってゆく。

毎日、こつこつ、それに勝るものはない。

そう教えられてきたではないか〜(;ω;)

毎日、こつこつ。

20180309_092021259

にゃんこ先生〜。

大城・萩道 さんぽ道

毎日、晴れが続いてます。
綺麗な水が見たくて、ガー(湧き水の共同井戸)があちこちに残っているという
中村家住宅(重要文化財)の周辺をお散歩しに行ってきました。
本島の中部に、こんなに静かで穏やかで綺麗に保存されている地域があったとは。
20180520_140704739
美しい石垣の道。
20180520_140542501
作った人の心の豊かさが現れて、しあわせな気持ちにさせてくれるシーサー。
この地域の方々のあたたかさを象徴してる感じ。
辻々で出会ったおじいやおばあ、挨拶をすると、なんともやさしい笑顔で応えてくれました。
見知らぬ通りがかりの人に、即座に満面の可愛らしい笑顔で応えてくれる。
ふだんの心持ちが清らかでないとできないこと。
見習いたい。
見習わねば。

20180520_122934137

ガーの湧き水。
清らか。
しばし、水滴の音に浸る。
20180520_125143312
細い道を入ると、これまた穏やかな気配の場所が。
20180520_125739759
黒や白やいろんな種類の蝶々たちが飛び交い、
赤トンボやシオカラトンボや糸トンボもたくさんいるサンクチュアリー。
なんだか異次元の天国みたい。
ここも、小さな生き物たちを大切にきれいに保たれている、
お邪魔させてもらえるありがたさでいっぱい。
20180520_123414041
蓮の花のグラデーションにしばしの間、見惚れる。
と、背後から声をかけられてる気配が、、
20180520_123758899
「なに見てるの?」
可愛らしいお花さんでした。
20180520_125354599
野菜を乾燥してるのかな?と思ったら、オオゴマダラ(蝶)の幼虫と蛹たち。
20180520_125606769
黄金に光る蛹。
なぜこんなにメタリックで美しい金色なのか、、不思議で不思議で。
ここでもまた口を開けて見惚れ。
訪れる人たちにこうやって、めずらしく美しいものを見られるようにしてくれている地域の人の心の豊かさよ。
20180520_140913611
遠くから見て、ん?プラスチックの花がぶら下げられてるの?と思ったら
20180520_141040519
本物の花だった。
翡翠色のヒスイカズラというのだそう。
ここでもまたしげしげと口を開けてその不思議な美しさに見惚れる。

なんとも贅沢な時間を過ごさせていただきました。
観光客はほとんどいないけど、
沖縄のほんとうのよさを味わわせてもらえる魔法みたいな地域だと思います。
20180520_124452244
あと、家々の屋根や門や塀にあるシーサーがほんっと表情豊かで。
20180520_140628086
たのしい。
20180520_124847199
またお邪魔させていただきたいです。
20180520_124425562
感謝感謝。
20180520_132652466
つじぐわ〜のおそばやさんもありました。
美味しかった〜。

新月・満月ー大潮 生命の不思議に息をのむ光景

今日、サンセットビーチに行ったらちょうどド干潮の時。

20180517_141552987
海水が・・・はるか彼方までひいてる。。
20180517_141912175
いつも海水で覆われている海底があらわになってる。

耳を澄ますと、
カシャ カシャ
ぷちゅ ぷちゅ
ぴちょん、ぴちょん。

生き物たちの音でにぎやか。
20180517_142217559
小さな美しい命。
20180517_151122667
穴の数だけ生物の活動がある。
20180517_142903299
引っ込んでもすぐに出てくるヤドカリ。
20180517_143128170
命の色、かたち。
20180517_145709216
神々しい光。
20180517_153015685
隣のアラハビーチまで磯を歩いて行けそう。

ふだん隠れて見えないものが、月の位置の力でここまであらわになると、
潮の満ち干という現象の不思議さに気が遠くなる。
圧倒され、まさに潮が引いていくように心が静かになる。

新月や満月の時というのは、
静かに、地球の営みを感じ、驚き、
ここに生きていることの感謝がおのずと湧いてくる、
祈りが自然に起こる時なのだなあ。

那覇にて、ヨーガのレギュラークラス再開します。

沖縄のみなさん、
観光でいらっしゃるみなさん、
長らくおやすみしておりましたが、ヨガのレギュラークラスを再開します。

場所は、いつもお世話になっているRyukyuホリスティック・ラボさん。
那覇の奥武山公園のすぐ近く、
空港からもモノレールですぐです。

少人数で丁寧に指導いたします(^^)
お気軽にいらしてくださいね。
詳しくはこちらを。
20180320_100905305
光が入る、海沿いの明るいスタジオです(^^)
入り口がわかりにくいかもしれませんが、
奥武山自動車商会さんのビルの2階です。
外階段で2階までお越しくださいませ💗

«岐阜県の恵那でエサレンやらせていただきました。至福💗

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ