秋の気配

Img20200918174542

かたぶいの土砂降りがおさまったら、

空に伸びるおおきなおおきな虹。

Img20200917184419

日が入るまで海につかり、

クリーンな波に遊んでもらい、

車まで戻ると見とれずにはいられない極彩色の空。

サーフボードに映る空の祝福。


毎瞬、よろこびのなか。

幸福なセッション

Img20200802102750

瞑想講座はこんな感じの部屋アレンジでやってます。

Img_20200802_181100_20200909095901

エサレンボディーワークとディープコア整体のセッションはこの場所で。

畳っていいなあと感じる部屋。

窓際の植物たちもすくすく健やかに育つ場所。

Img20200802102029

ハイビスカスさん、いつもありがとう。

Img_20200802_180031

胡蝶蘭も数ヶ月ずっと咲いてくれています。

 

深い休息と、魂の純粋さを体験するエサレン®︎ボディーワーク

不調の改善には、ディープ・コア整体

https://www.esalenokinawa.com/

 

自我を知り、からだ・こころ・スピリットのしくみを知り、真理に気づき、本来の自分をとりもどす。

束縛から自由への道へのガイドとして。

瞑想講座

https://kawaguchi703.wixsite.com/alokah-yoga/meditation

 

必要な方に届きますように。

2020年夏の記録 おもしろい偶然多々(自分メモ)

さてまあ、シンクロとか偶然とかもう日常茶飯事ではあるのだけど、ここ数ヶ月は時系列が変なことや物質的に「ええっ!?」ってことがおもしろいように起こるのでちょっと書きのこしておこうかな。

 

1)遊び編 シュノーケリング

 

久米島ではよく素潜りもしてたんだけど、本島ではこの夏始めたシュノーケリングにあっという間にハマってしまいました。

楽しくて、楽しくて。

10年くらい?ずーっと使っていたマスクが古くシリコンも固くなってきてしまったので、

「新しいマスクを買いたいな〜」「帰りにお店に寄って買おう」と思いながら希望ヶ丘ビーチに潜ったら、

深さ5メートルの海の底になにやら黒いものが沈んでいるではありませんか!

まさか。

それは、まさに、欲しかった黒のマスクとシュノーケル!ほぼ新品!

(写真あとで)

持ち主を探すといってもどうやって探したらいいやら。。

で、現在、保管しております。

もし万が一、希望ヶ丘ビーチでマスクをなくされた方、いらっしゃいましたらご一報ください。

 

その2週間後・・・

 

「このまま冬も潜りたいな〜。ウエット着始めたらウエイトが必要だな〜」と思って、楽天やアマゾンで検索した翌日くらい、

海があんまり綺麗なので、北部に言って潜ろう!と一気に国頭ポイントまでドライブし入ろうとしたら、

ビーチのエントリーする場所にゆらゆら揺れる網の袋が。

こんなとこにゴミいやだわと拾おうとしたら、その網袋に、泥にまみれたずっしり重いものが繋がれていた。

絡まった網を外してその重いものを洗ったら、、

Img20200801130622

なんと、ウエット素材のウエストポーチに、欲しかったウエイトが。。。!

ちなみに、網袋の中には腐って殻だけが残った伊勢海老と大きな魚の骨が残っていました。

おそらく長い間放置されていたはず。

いったいぜんたい、どうして置き去りにされていたのでありましょう。。もしくはどうやって流れ着いた???

現在、私がキープさせていただいております。

お心当たりの方はお知らせくださいませ。

 

短い間に、立て続けに欲しいと思ってたマスク・シュノーケルとウエイトが偶然目の前に。

神様がいたずらしてるとしか思えん(^0^;)

 

2)遊び編 波乗り

Img20200805064025

朝日を見ながらポイントへ。

(写真は停車している時に撮ってます)

この日は、なぜか久々にマイコー(マイケル・ミラー)のボードに乗りたくて、迷いなくマイコーのボードを車に乗せて、迷いなく大好きなポイントへ。

波はぜんぜんよくないけど迷いなく入って、私の他にサーファーは一人だけ。

カレントが出てきたところで海から上がったら、その方も同じくらいに上がって、岸でボードをみてびっくり!

Img20200805085630_20200909173101

なんと!めっちゃレアなマイコーシェイプの板!!!

マイコーの板っていうだけでも日本に少ししかないはず。

しかも沖縄で、

しかも二人しか入ってなかった海で、

しかも同じタイミングで上がってなかったら発覚しなかったこの偶然!

いやはや、なんというサプライズ(^0^)

 

3)お仕事オカルト編

・ある日の仕事帰り、車の運転をしている時にしている白の手袋に、

 ヘナの赤オレンジに染められた太めの髪の毛がついてた。

 あれ〜?こんな色の髪の毛のクライアントさんいなかったけどなあ、どこからついてきたんだろ?とマジマジと見て気になりつつも記憶になく。

 翌日、自宅サロンに来てくださったあるクライアントさんの頭に触れてびっくり。

 なんと前日に手袋についていた髪の色も長さも髪質も、まさに彼女のと同じ!

 なぜに前日に現れていたのでしょうか。。。

 

・最近の施術では、脊椎に触れている時に解放が起こるクライアントさんが多く。

 ある方(ヨーガを長くされている方で、その日の状態はとてもサットヴァな感じだった)の胸椎の大きな解放があった後、

 なんと、その方の胸の脇あたりにかけていたタオルの下から赤ちゃんヤモリちゃんが飛び出してきた。。

 いったいどうやって紛れ込んだの?

 どこからやってきた?

 

・あるクライアントさんに、那覇に美味しい和食のカフェがあるのでぜひ行ってみてくださいね〜と、

 セッションを始める前に何気に話をして、3時間ほどの施術。

 ちょうどセッションが終わったくらいの時間にその和食店のオーナーシェフから「お弁当が余ったので食べますか?」のライン。

 「わー!ちょうど昼間に話していたの!いただきます!」

 そのオーナーシェフは私と同じマンションに住んでいるんだけどいつも帰りが遅く、この日はたまたま早く帰った日で。

 お弁当は、めでたくそのクライアントさんに渡ったのでした。

 (こういうことはよくありますね。)

 

4)ボランティア編

 これは詳しくは書けないけど、

 ある人からの急な連絡、私がたまたまフリーの日で動けたこと、病院からの連絡などなど、

 綱渡りのようなギリギリのタイミングの偶然が連なって、ひとりの命が救えた一件がありました。

 

 この件は、私が常々感じていた、”スピリチュアル”の危うさを見せつけられた一件。

 見えないものが見える人を盲目的にありがたがったり、

 それを利用して誰かをコントロールしようとしたり、

 ”愛”と相互依存&執着を勘違いしていたり、

 そんなケースをたまに見受けます。

 そして、そこには、自我のトラップにハマって全く気づかないでいるケースも。

 これは、遊びのレベルでやっている分にはいいと思うけど、

 最悪、人命に関わる事態にもなってしまうということ。

 さらには、今回、いまだに霊感商法的なことをやっている人たちがいるという事実(この症状を治すには○○についている○○を取り除かなくてはいけない。それには50万円かかりますというような)を知って驚いた。。

 人の弱みにつけ込み自我を満たすために利用する(やっている本人たちは自覚がないかも)人には、心底、気をつけたほうがいいと思います。

 沖縄はユタさん文化もあるので誤解しやすいかも。

 それが悪いとかではなくて、本物のユタさん、神人さんは、この辺のところはきちんととわかっていらっしゃいます。

 わかっている上で、気を楽にしてくれたり、勇気をくれたり、気づきをくれたりします。

 

話はずれちゃったけど、、

 

大なり小なり、折り重なる偶然のおどろき。

でも、こういうことって気づいていないだけで、ふだん体験していることすべてがこういうことなんだろうなあと、

生きてるって、ほんと、奇跡の連続で、リーラ(神の戯れ)なんだなあと思うのです。

こんな楽しい3次元ゲームはないね。

 

それにしても、Naomiさんは、ほんとにいい出会いとクライアントさんに恵まれているなあと感謝しきりなのであります。

いつもいっぱいのありがとう❤️

 

2020年夏の記録 食いしんぼう万歳(古っ 笑

Img_20200817_165240

夏はドラゴンフルーツ!

シークワーサーをかけていただくと最高。

ばんしるー(グアバ)もパッションフルーツも、近所の無農薬ものや友人たちからいただく贅沢。

Img20200821125955

3日に一回は食べてるかも?な沖縄すば。

こちらは、初めて行った許田の守良屋(すーろーや)さん。

スープは化学調味料を使ってなくてあっさり、麺は手打ちでもっちりつるつる。

フーチバー(よもぎ)もつけてくれました。

古い一軒家がとてもセンス良く改装されてていい感じ。北部への道中にまた行きたいな。

Img_20200807_204353

屋我地島の道沿い海沿いの、オープンそうそうインスタ女子に大人気のフィフィパーラー。

このパフェ、ヤバし(笑

Img20200821165156

3人並んで完食。

ストローにスプーンを立ててキャンドルだ〜(笑

 

Img20200820130440 

北部ついでに、、

名護のナイスネスさんのプレート。一品一品が丁寧に作られてて、ほんとに美味しい。

伊豆味のスーリヤ食堂さんも大好き。

沖縄は美味しいスパイスカレーのお店がいろいろあってありがたし。

P_20200124_120740

こちらはご近所、大好きな北中城のくるみ舎さん。

インテリアもお庭も、プレートだけでなく自家製のドリンクも美味しい〜。

 

Img20200816134510

北部に行ったら、湧き水の清水を汲ませていただいて帰ります。

澄んだ味、そして夏は冷たくて最高!

 

そして半年以上ぶりに行けた糸満の大好きなフェリシダード。

Img20200827135936

スーパーサラダ健在!

野菜の滋味やっぱり美味しいな〜。

 

それから、

言わずと知れた天然酵母パン屋さんの宗像堂で週に数回?提供される生パスタ。

(友人が予約してくれたので、よく知らず、、)

Img20200825135306

もちもち、濃い味、美味しかった〜。

白ワインといただきたかったです(アルコールは一切飲まなくなったんだけど、、、)

 

さいごは、いつもお世話になってる泡瀬のBBコーヒーさん。

Img20200725095032

豆ポレポレさんの豆を使った美味しいカフェラテ 朝プレートつき🎵

Img20200725104531

スイーツも美味しいけど、長居した時はアボカドトースト、美味しい〜。

 

以上、写真で撮ったぶんだけのアップでした。

 

普段は家でそうめんの日々だけど(^^)

 

 

2020年夏の記録 風景

1ヶ月近くも更新していませんでした(><;)

ということで、昔のこのボログ ブログみたいに2020年夏の記録でも残しておこうかな、と。

Img20200812055413

夏の朝は夜明けが早くて、格別に美しい朝焼けが多いのです。

Img20200812062110

寝室からの清々しい朝景。

Img_20200812_055937

一瞬、カーッと燃えて息をのむほどの光景を見せてくれたあと、すーっと落ち着いた色合いに戻るまで、十数秒。

「今」から「今」へ。

世界はいつだって奇跡の連続。

今に在ることの幸福、そして限りない豊かさ。

Img20200908094747

海も空も。この青を見るたびに圧倒される。

そんな日常。

Img_20200909_094816

大好きなサーフポイント、この日は一人貸切。

時々、よい感じのセットが入って、湾の内側までロングライド 。

これも嘘みたいな奇跡。笑

Img20200829153352

夏らしい雲だな〜。

ここでのシュノーケリングは、サンゴの大きさとその量と地形のダイナミックさ、そして射し込む光の美しさはまさに別世界の龍宮城。

こっちとあっち、自と他の区別が全て溶け去って、ただただ呼吸のみが、命の息吹だけが在る。

Img_20200909_095131

誰ですか?わはは!

走行距離20万キロ突破のネイキッドちゃんもまだまだ現役。

とはいえ、いつご臨終になるか、、ということで、

じゃーん。

Img20200829152931

新車を買いました!

まさに青空SUV!ルーフがガラス!最高!!

おそらくこの子にもこれから20年はお世話になりそう。

 

青の景色もいつもいつも感動してばかりだけど、

Img20200909071955

曇りの朝。しっとりとした海と大気の水が織りなすグラデーションにもしみじみ。

大好きな夏。

 

にぎりしめた手がひらくとき

手放したくないものは、その手に、その体に、ぎゅっと握ったまま。

 

たとえ口では手放したいと言っても、思考レベルで願っても、深いところではまだ握り続けていたい。

 

それが痛みであっても、苦悩であっても。

 

しかし、いずれ、手放す時がくる。

 

ボディーワーカーとしての私は、その瞬間に立ち会うことが多々あります。

 

息がすうーと抜けていき、

 

ふわっと、その手が開く瞬間を、

細胞がやわらかく開く瞬間を、

みのがさない。

 

それを確かなものにするお手伝い。

 

その瞬間に立ち会え共にするるよろこび。

 

そんなことを日々やっています。

 

こんなことを書きつつ、、なんの期待もしないでただリラックスしにどうぞ(^^)

https://www.esalenokinawa.com/

Img_20200802_181100

 

呼吸される者

大海にふわふわと浮かび、青に射し込む光とただ静かに生息している珊瑚や魚たちを眺め、シュノーケルを出入りする空気の音を聞いていると、

 

わたしが呼吸しているのか、

 

呼吸されているのか、区別がつかなくなって、

 

ただただひとつに溶けてゆく。

 

エサレンで、その感覚を、触れた手から感じてくださるクライアントさんがいる。

 

深いよろこび。

Img_20200811_075153

 

 

静かで美しい世界

Img20200807142130

 

光がふりそそぎ、

 

わたしは溶け、

 

ただ、海が、森が、空が、生命の呼吸のなかにある。

 

Img20200807151532

 

しばらく更新できていませんが元気にしています!

 

 

「時」なのでしょうか、エサレンや本質の瞑想を必要とされる方が日に日に増え、忙しくも深い学びの日々。

 

エサレン®︎ボディーワーク

https://www.esalenokinawa.com/

 

瞑想講座

https://kawaguchi703.wixsite.com/alokah-yoga/meditation

 

時節柄、安全でクリーンな環境維持に細心の配慮をし、完全プライベートで行っております。

日々の出会いに、この世界の豊かさに、まるごとの感謝。

それは本来の自分ですか?

5月中頃から、今月にかけて、瞑想講座を受けてくださる方が増えています。

 

 

コロナ禍でご自身の内側に向き合うことをしてきたけど、先に進む何かが必要、

 

不安や悩みや苦しみ、怒りや嫉妬など、そういうところにいる自分に違和感を感じる、

 

何かが違う、と感じる、

 

友人と話があわなくなってきた、

 

感情の起伏が大きくなってきたと感じる、

 

などなど。

 

 

これらのことはすべて、本来のご自身に向かう流れの中に向かっているから起こっているという証でもあります。

その違和感こそが、本来のご自身に戻るきっかけになります。

だから、ネガティブなところでこのようなステージにいるご自身をダメだと既存の価値観で判断しないでください。

 

そして、「これは本来の私?」とご自身に問うてみてください。

そして、答えを見つけることをしないでください。

 

自我(エゴ)に先導された思考で見つける答えは、すべて、ご自身が作り上げた価値観から出てくるものなので、堂々巡りになってしまいます。

ただ、問うて、それで終わり。

いつか、心が鎮まった時に自ずと気づきが訪れます。

ただし、これを期待すると、やはり自我のトラップにハマるので注意です。

 

自我は悪者ではありません。

その本質を知ればかけがえのない親友になります。

 

そのためには、この自我の本質(ご自身が今までに作り上げてきた自我の癖、特徴)を徹底的に知っていくことから始めます。

知らないことには手なづけることもできません。

その過程で、自我が作り上げた、ご自身がつくってきたご自身の呪縛に気づいていきます。

 

気づくだけでいいのです。

気づいたら、溶けていくのです。

ただし、この気づきは、純粋な、価値観のフィルターを通さない気づきです。

 

私の瞑想講座では、このへんの仕組みを、ヴェーダンタ、ヨーガの叡智、そして私自身の体験から理論立ててご説明しています。

グループではなく、個人セッションなので、個人的な悩み、トラウマ、身体の不調から原因を探り読み解いていきます。

なので、カウンセリング的な面も大きくなっています。

 

他人から与えられた答えでは決して人は変わりません。

ご自身で気づいていくことが絶対条件です。

そのための、瞑想にいたる取り組みをしていきます。

それをして、はじめて、本当の瞑想になります。

 

 

また、最近特に気になることなのですが、

間違った「瞑想」(特に願望実現系)をやってしまって、自我をますます強固にしてしまっている人がいらっしゃいます。

 

その「間違った瞑想」(エゴの暴走、エゴの迷想)からの経験もご自身の学びのひとつとなるとは思いますが。

今は、そんな遠回りをしている時期ではないかなあとも思ったりもします。

 

これを読まれて気になった方は、瞑想講座のご案内がこちらにありますので、のぞいてみてください。

https://kawaguchi703.wixsite.com/alokah-yoga/meditation

 

エサレンボディーワーク、

身体の不調にはディープコア整体も引き続き受付しています。

https://www.esalenokinawa.com/

 

必要な方に届きますように。

 

戻り梅雨

しばらく記事をアップしていなかったのでちょこっと記録残しです。

夏が来た!と思ったのもつかの間、梅雨が戻った感じで雨が続いている今週。

P_20200624_182312_1

恩納村のおんなの道の駅では、モンステラなどの葉そして今はジンジャーの仲間たちの大物の花たちがたくさん売られていて、それはそれはゴージャスな熱帯感をお部屋にもたらしてくれています。

P_20200612_082902_1

北部の大好きな森の道を車で走ると、

ひっそりと咲いてあまい芳香を漂わせてるプルメリア。

ジャスミンの花も満開で、葉っぱの緑香と混ざるあまく湿った空気を深呼吸できるよろこび。

20200316_092459281

森は虫や鳥たちの透明な音が沁みて広がり

20200316_090101982_20200626084301 

合間の静寂にすうーっととける。

P_20200525_162043_1_20200626084401

海辺はいつどんな時に行ってもワンダーに満ち満ち

P_20200525_163746_1_20200626084701

ひっそりと息づく小さな命

P_20200525_163328_1_20200626084601

ぷつぷつ、かさかさ、ぽちょん。

みみをすますとたくさんの生の音。

P_20200525_163812_1_20200626084501

いつ何度見てもその美しさにひきこまれる

P_20200526_084555_20200626121401

そろそろ走行距離が20万キロになるネイキッドちゃん。

まだまだ現役。

P_20200624_131125

後ろの荷物スペースは、遊び道具と水と仕事道具でいっぱい。

最近はシュノーケリングにハマって、

サンゴ礁のあまりの豊かさと美しさ、

そして、滑らかに抵抗せずに泳ぎそして深場に潜り内も外も融ける感覚がおもしろすぎ、瞑想とヨーガの原理がそのまま使えて水中に棲みたいくらい(笑

あやかりの杜でのヨーガクラス再開のお知らせ

沖縄は、観光客の方は少ないものの、ほぼ以前の暮らしが戻ってきています。

人との接触がある場所どこへ行くにもマスクは必須、

手で触れるものには注意して、と、以前とはまったく同じではありませんが、

日々、誰かのサービスを受けられること、

実際にお会いしてのコミュニケーションの豊かさ、ありがたさをしみじみと実感しています。

これを機に、人々お互いに、よりやさしく感謝しあえる暮らしになっていけたらいいなあと思います。

 

さておき、すでに以前申し込んでくださっていた方々には、あやかりのスタッフさんから連絡が届いていると思いますが、

 

あやかりの杜(北中城村)でのプラーナ・ヨーガのクラスを再開します!

 

7月14日より毎週火曜日

午前クラス:9:30〜11:00

夜クラス 19:30〜20:45

定員10名(以前よりも減らしています)

 

今期は、7〜9月の3ヶ月間の10回となります。

料金は、10回で10,500円(あやかりの杜カードで割引もあります)

 

午前のクラスは、太陽礼拝をメインにその日の皆さんのコンディション等に合わせて、比較的動きの多いクラス

夜のクラスは、1日の疲れをとり、静かにじっくり動いていくクラス

ともに、最後は短い瞑想で体と心、そしてアートマンの統合による心身魂まるごとの平穏にご自身を導いていく内容です。

 

また、今後、何か社会的な事情により、またクラスが行えない状況になることが起こったとしても、ご自身でアーサナ、呼吸法、シンプルな瞑想ができるよう学んでいたけるよう、そして日々の心身の健康維持のためのセルフケアも含めて指導させていただきます。

 

▼お申し込みは、あやかりの杜までお願いいたします。

HP、連絡先はこちらです(講座内容等は更新されていないのですが、、、)

http://www.ayakari.jp/index.jsp

 

※あやかりの杜の感染防止ガイドラインにしたがって安全にご参加いただけるよう配慮していきます。

また、

・37.5度以上の発熱がある方

・息苦しさ、強いだるさ、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方

・過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国地域への訪問歴がある方

のご参加は制限させていただきますのでどうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

20200317_111232649

クラスの部屋。

大きな窓が二面にあり、風通しも日差しもとても気持ちのいい清潔な空間です。

 

ここでのグループクラス、ほんっとーに気持ちが良くて楽しい!!!

 

またここでお会いできるのをとても楽しみにしています!!!

 

内にむかうこと

自粛解除で、いろいろなことがゆっくりと、様子もうかがいつつもどってきていますね。


エサレン他の施術そして瞑想講座のほうも再開しています。


この約2ヶ月は、私は何も新しいことはせず、ただ静かにすごせることを日々ありがたく感じていました。


個人的な課題は、もっともっと本質に向かい、不必要なものを削ぎ落としていくことなので(そのための学びは続くけれど)、それが心おきなくできた満たされ感のサントーシャ。


そして、この1~2ヵ月の間、きちんと静かにご自身と向き合った方々の穏やかさといったら。


それは、たくさんの気づきによるもの。


素直さという宝がもたらす輝き。


以前に瞑想講座を受けてくださった方々、


定期的にメンテナンスに来てくださるクライアントさん。


時が経つごとに存在が穏やかに、

周囲に惑わされず、

その人の本質にとどまる頼もしさが増していて、

あらためて、気づきの力の大きさを知らされています。


P_20200603_135100

今日は梅雨の合間の晴れ。

P_20200603_134119

海の青があまりにきれいで。

P_20200603_194751

地球はほんとうに美しい星。

雨上がり

夕焼けが、ただただ美しくて。

P_20200531_192442

 

P_20200531_192615

やさしさ

P_20200513_115935

近所のショッピングセンター、ほとんどのお店が閉まっているなか、静かに営業していた未来屋書店にて。

日々聖典

前回の更新からあっという間に2週間。

そうこうしているうちに、気がついたらおばあさんになってたとか(苦笑

 

メディアや、誰かの目を通してしか知ることのできない情報の波の中、

大きな社会実験のさ中にいる感覚。

 

そんな中、今まで学んだ復習と新しい学びなどやっていました。

 

ボディーワークに関しては、筋骨格系に加えて、

最近は触れないでクライアントさんの体が変化することがしばしば起こるようになっているのでその研究。

 

そして、ヨーガやヴェーダの学びは、

ヨーガ・スートラ、バガヴァッド・ギーター、ウパニシャッド、

(これらを読むと心底 、魂がよろこぶのが感じられる)

 

新しく、仏教の経典の法華経など。

(現世&来世御利益を超えたブッダの教えの真髄は宇宙の真理の科学、おそらく現代物理学が目指す統一場理論なのではないかと、やっと知りました)

 

***

教えの王者の余は、

迷いの世界の破砕者として、この世に現れた。

余は人々の意向を識別して、かれらに教えを説く。

賢明な理性の持ち主であり偉大な勇士(仏)は、みずから語った言葉を長く大切にし、

また秘密を保持して、人間たちに語らないのだ。

また、愚かな輩がその言葉を聴いても、仏の智慧は急にはさとりがたい。

愚かな彼らは疑念をおこし、混乱して彷徨うであろう。

その境遇に応じ、その能力の如何によって、

種々さまざまの意味を用いて、余はあやまった見方を正しくする。

 

〜岩波文庫「法華経(上)」P273 より

***

いやはや、まだ先は長そうです。。

 

それにしても、聖典と言われるものは、やはり時代を超越し、世の中に大きな変化があればあるほど、その真価がぎゅーっと求心的に感じられ、源に引き戻してくれ、自分はそれをさらに学び理解していくのが好きなのだなあと。

 

同時に、この物質世界ではいろいろなことがおこるけれども、

私はこの世界がとても好きなのだなあ。

 

 

日々は、小さなよろこびで満たされている。

内にも外にも。

(内も外も同じなのだけど)

 

P_20200503_094237

買ってしばらく放置してしまった自然栽培の人参さん。

腐る気配もなく、芽が伸びてきてた(^^)

P_20200508_104738

紙製のお弁当箱が可愛かったので、土を入れて、ミニトマトを潰して置いておいたら10日くらい?で芽がでてきた(^0^)

呼吸そのものになる

ヒューロロロロ〜

今朝は、リュウキュウアカショウビンがさかんに鳴いてました。

アカショウビンは春夏にかけて渡ってきて繁殖子育てします。

この声を聴くと、ああ、緑がさらに濃密になるうりずんの季節だなあと感じます。

去年の夏、とかげみたいなものを咥えた全身真っ赤なアカショウビンがベランダの目の前を飛んでいったのを目撃、

息をのむその美しさ、かっこよさ。

なんとも豊かな自然のうつろい。

 

外の緑をボヤーっと眺めながら、

ただ、吐く息、吸う息、

自身の命の動きを眺めていると、

その、まあるい動きそのものに溶けて、

ただ呼吸だけ、

周囲も溶けて、

ただ拡大と収縮だけになります。

 

何もないけど、ぜんぶある。

 

P_20200430_100219

日課になった、ベランダでの朝ごはん。

日光のありがたさ。

風の心地よさ。

 

こんな晴れの日に家にいる贅沢。

 

鳥たちや、

虫たちや、

植物たちも日々移り変わり、

鶏のコケコッコーや、

ヤギのめええ〜、たまに馬のヒヒ〜んの声。

空を眺めていると、

人間の、私の知る由もない活動もなんとなく感じられ。

 

今住んでいる場所は、米空軍基地からはそんなに近いわけではないけれど、

戦闘機やヘリコプターが上空を飛び音もよく聞こえてきます。

静かな時が多いけれど、

日中からゴーゴーと飛んでいる時もあれば

一晩中、低音が響いている時もある。

嘉手納空軍基地のすぐ近くにいた時は、一晩中、戦闘機のエンジンがかかりっぱなしでいつでもスクランブル発進できる状態にしてるんだなあ、と、中国が動いたのかな、とか。

この低音、かなりのものなので、なかなか眠りにつけなかったりする。

 

この時代に生きていること。

 

5感を何にフォーカスしましょうか。

Stay homeのspirit的な意味

Homeはひとりひとりの内側にある、魂の源。

ひとりひとりが帰り、真に安らげるところ。

 

母船。

思考や感情という小さな船に乗って大海原のあちこちに散らばってしまった、

その小さな船たちが帰るところ。

 

Stay home.

ホームとは、その人が本来帰るべき場所。

心身の存在まるごとが帰るべき源。

 

他者と距離をおいて本来の自分自身に戻ること。

真にやすらげる我が家に帰ること。

 

瞑想。

 

その場所で、自身の本質を思い出し、それを確固としたものにしてゆく。

しっかりと自分の足で立つ。

揺るがない軸をもつ。

多少揺れてもすぐに戻れる強さしなやかさを鍛える。

 

誰かのいうことを盲目的に信じるのではなく、

自分で考える。

 

必然か偶然か、今の社会的状況は、そういうふうに理解することもできる気がします。

おそらく、これからの数年間は、特にそれが必要なんだというメッセージ、

私はそんなふうに理解しています。

 

そして、友人たちが、もうすでにこのことに気がついて、どんどん頼もしくなってる(^0^)

 

P_20200426_094930_1

ずっと玄米が好きではなかったんだけど、

高かったけど思い切って無農薬玄米を買い、土鍋で炊いたら、めちゃくちゃ美味しくて。

こんなに美味しいものがあったんだ!って今更ながら気がつきました(笑

ずっと変わらず大切なこと

心の洗濯。

reprise『 汝の立つところを深く掘れ、そこに泉あり 』 (ニーチェ)

10年前に書いた記事。

 

http://maila.way-nifty.com/blog/2010/01/http.html

 

10年経っても考えることは余り変わってないなあ。

むしろ10年前の方が言葉がすらすら出てる。

というか、垂れ流し(><;)

 

 

与えられた命をどう全うするか

ニュースをチェックするたび、明日は何が起こるか予想がつかないのだということを実感させられます。

 

ウイルス感染しないように、うつさないように細心の注意をするのはもちろん、

 

お金や仕事や食べ物など現実的なことで先々のことを考えて準備をすることは基本だけれど、

 

生き残っていく術は大事だけど、

 

そのベースにあるのは、

たとえ明日、この世界を去ることになっても、

長生きできなかったとしても、

志半ばだったとしても、

かなわぬ願いがあったとしても、

突然、病に倒れてたとしても、

いかに与えられた命を全うするかなのではないかと思います。

 

人によっては高いハードルに感じられるかもしれないけれど、

今は、そういう時になったのだと、

いや、前からそのはずなんだけど、

あらためて、真剣に考える時なのだと思います。

 

そのための、家のおこもり。

P_20200425_111856_1

500粒のありがとう

いろいろ自粛中ではあるのですが、、


今、沖縄では桑の実が実りはじめ。


誰にも会わない、誰も穫らない、鳥たちも食べきれないひみつの場所(といっても、いちおう道沿いではあるんだけど、海に行くジャングルみたいなガタガタ道沿い)で、夢中になって収穫。


ひとつぶごとに、ありがとう、ありがとう、うんまーい!、美味しいありがとう!とブツブツ言いながら。


木によって実の大きさや付き方や味がちがっているし、実がたくさんなっている木をみつけるたびに興奮。

P_20200421_163059

冬眠前の熊さんみたいにお腹いっぱいいただき、

P_20200421_163139

このあとタッパー2つが満杯になりました。


めぐる季節、

恵みを与えてくれる自然、

なんてすごいんだろう、

なんてありがたいんだろう、と、

今日は、500回はありがとうを唱えました。

ひょっとしたら1000回?


豊かさをありがとう。


そして今日も1日健康で無事に過ごせたことに、心の底からありがとうと思うのです。

肺を潤す食べ物

今の時期、肺そして呼吸器を労りたいもの。

 

肺が潤うと、皮膚も潤うと言われているけど、それ実感としてもあります。

 

中医学や薬膳では、肺そして呼吸器全般をうるおす食材は、白色とされていて、

(精製された白ではないです)

 

大根、

かぶ、

山芋、

豆腐、

レンコン、

白ごま、

卵、

白いお肉、

白きくらげ、

長ねぎ、

銀杏、

梨、

ナッツ、

はちみつ

 

など。

 

ならば、ジーマミー豆腐!

 

それから個人的には蒸気もすごくいいと思います。

シャワーやお風呂の蒸気いっぱい深呼吸。

 

それから、

 

P_20200417_105126_1_1

ぼやけてますが、、

 

土鍋の炊きたてご飯の湯気、これが至高!!!(笑

沖縄には、収束してから来てね。

沖縄も4月に入ってから感染者確認がとても増えています。

 

県は、どうか今は沖縄に来ないでと自粛をお願いしています。

 

さかのぼること3月20日前後の連休、

私が見た道の駅そして有名なおそば屋さんは、駐車場はレンタカーでいっぱい店内も観光の方で満杯だったので、これはまずいことになるとは思ったんだけど。。

 

私も岐阜の実家の母のところに行くのも母を呼ぶのも我慢しているし、

何より家族を大切にする沖縄の人たちが、行き来を我慢している声を聞きます。

 

某タレントさんが、沖縄に来て発症したニュースがありましたが、

このニュースを見て、沖縄行きをとどまってくれる人が増えることを切に願います。

 

私も大好きなやんばるの、国頭、大宜味、東村の3村も、3村への移動や地域住民への接触を控えるように、キャンプもしないでほしいという声明を出しました。。

ひとりでお弁当持参で誰にも会わないけど、公共トイレは使わせてもらうもんなあ。

何より、来ないでって言われているのに行くようなことはしたくないのでしばらくお預けです。

 

さて、家にずっといるといいこともいっぱい。

 

実は1ヶ月以上前に、膝の過伸展で靭帯を痛めていて、なかなか治らなかったのだけど、

合気道もおやすみ、ヨーガのクラスもおやすみ、サーフィンも行く気せずで大人しくしていたら随分よくなりました。

20200415_182437809

忙しさと手が荒れるのを言い訳にあまり料理しなくなっていたけど、復活。

これは、サグ(ほうれん草のカレー)

インドカフェできるなと自画自賛(笑

P_20200417_104145

大好きなハワイのスタジオOpenSpaceがオンライン動画を始めていて、

よく通っていたセシやマリーのクラスがアップされているので、

懐かしみながら、膝を守りつつアーサナの練習。

伝統ヨーガとは違うけど、特にセシリアのガイドがものすごーく進化していてすごいなあ。

https://www.yogaopenspace.com/online-yoga-classes

(英語です)

ヨガの教えは誰でも受けられるべきものという考えで、課金ではなく、寄付ベースになっています。

さすが。

 

P_20200417_151150

念願のベランダ席をセッティング。

鳥や虫たちの声を聴きながらの読書にお茶、極楽(^0^)

 

もうすぐアカショウビンもやってくるはず。

折りマスク

なんだかいろいろなペースがゆっくりで、

植物たちの成長くらいゆっくりで、

でも変化は確実で。

もうずっとこんなペースでいいのかも。。

 

 

さて、外に出ると、手作りマスクの人がどんどん増えてきて、色や柄や形も様々で、ちょっと楽しい。

そして、みんな似合ってるんだな〜(^^)

可愛らしい女の子は可愛らしい花柄のプリント、

トラックの運転手さんは日に焼けた顔に茶色の柄のマスク、ってな具合に。

 

本土では沖縄のニュースが少ないんだけど、

玉城デニー沖縄県知事のマスクが奥様の手作りでとってもいい感じなので見てみてください(^^)

紅型や絣の柄も。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/559526

(沖縄タイムスの記事のリンク)

 

私は折って縫わないバージョンしています。

P_20200414_123624_bf

富士山柄の手ぬぐいを、幅はそのままで正方形に切って折ってゴムをひっかけただけ。

大きめのハンカチやバンダナでは大きすぎてモコモコになるのだけど、

手ぬぐいの横幅がジャストサイズ!

生地はけっこうスカスカなので、天ぷら濾しフィルターをはさんでます。

食品に使うフィルターだから安全なはず。

 

白の仕事用のサージカルマスクよりぴったりフィットして断然快適!!!

洗濯しても型崩れなしだし。

P_20200414_123733_bf

折りの谷が上に向かないようにプリーツは下に向けてます(^^)

 

古い着物の絣柄もいいなあ〜。

地球の呼吸、人の呼吸。

沖縄は、来県自粛の要請もあり、日本人の観光客もとても少なくなっています。


近所を散歩したり、

たまにドライブで遠出してみたりして感じるのは、

人の活動が減少していることで、地球が、自然が、回復してきているなあと。

同じことを感じている人、少なくないはず。

 

目に見える自然環境だけでなく、

パワースポットと呼ばれて感情ノイズがたくさん持ち込まれ騒がしくなっていた場所も、

訪れる人が激減することで本来の静けさをとりもどしている感じがします。

 

 

人の活動の急激な増加で地球の呼吸機能がおかしくなってきていたところに、

人の呼吸器の病。

 

ひとりひとりの人間の心身の健康と地球はやはり呼応しているなあと感じます。

 

 

不必要な拡大をし続けてきた人間の活動の強制リセット。

 

刺激された欲、

刺激された向上心、

刺激された競争。

 

友人たちとは、今回のことで、今までの暮らしを改めて本気で見つめ直す機会だと話しています。

今まで、何度もそういう機会はあったけど、どこか他人事だった。

 

私は東日本大震災の時に、それを思い知らされ、

今またあらためて何が本当に必要なのか、

特に、仕事に関して考え直す時だとも思っています。

やることが増えるかもしれないし、減るかもしれない。

 

すでに、友人の一人が、せっかく軌道に乗ってきた仕事を、頭では続けなきゃと思うけど、ハートでは違うと感じ、方向転換を決めました。

 

何か違う、何かおかしいなあと感じる生き方の軌道修正をする人が増えれば増えるほど、

世界は健康に向かっていく気がします。


 

20200409_135043920

やんばるの道ではヤンバルクイナに出会うことがあるけど、

濡れた道を横断する小さな生き物たちもたくさんいます。

 

これはシリケンイモリ。

 

近くで見ると手足の指がサンショウウオみたいにぷくっとしてて可愛らしいの。

見つけたら、車を止めて、轢かれないように、木の枝ではさんで運んであげます。

(皮膚に弱い毒があるから素手では持たない方がよいです)

20200409_135538549

この側溝は、こういう小さな生き物が這い上がれるようにU字ではなく、森側が斜面にされています。

そこに置いてあげたら、イモリちゃん、ゆっくり這い上がって行きました。

«ただ、純粋な気づきのみ。

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ