静か

Photo

大好きな人が送ってくれた西表島の写真。
1
もう言葉は必要ないねえ。
2

抵抗なく、自然な呼吸。

呼吸の大切さは語りつくせないほどだけど、
呼吸のトレーナーをしているアメリカ人の人のyoutube見てたら、なるほど〜って思う情報がありました。
呼吸パターンが影響する行動や性格や信念。

おおざっぱなパターンは、
・胸郭が大きく動いて胸呼吸が過ぎる人は、オープンハートで主張が弱く、やさしいのでノーが言えず、人に与え過ぎ。また、それを利用されがち。
・逆に胸が開いていなくて下腹だけの呼吸の人は、ガードが固くてまるで鎧を着ているよう。
・吸うとき、みぞおちが膨らむ動きが最初にあって、腰が反るほど大きく吸う癖のある人は何かにつけて頑張りすぎのハードワーカー。バーンアウトしないよう注意。

で、どうするのがいいかというと、
横隔膜をきちんと使えるようにすること。
この横隔膜呼吸をちゃんと使う胸と腹の全体呼吸をスムーズにできるようになると、
呼吸パターンを変えることで性格も変わってくる。
呼吸そのものは命の力。(深いところからわきあがってくる叡智でもありますね〜)
安心して無理することなく、抵抗なく、楽にその流れに乗ることができるようになる。
すなわち、命を、今を生きることになる。

いや〜、これ、瞑想講座のプログラムの中に入れてる横隔膜呼吸のコンセプトそのもの。
私は胸呼吸が過ぎてたので、インドのアシュラムではこの横隔膜呼吸を毎日毎日練習してました。
(講座では、ちょっとした道具を使って横隔膜を大きく動かす練習します。)

他にも大事なことがとってもわかりやすく説明されてるので英語がわかる人は見てみて。

https://youtu.be/kRMjYr1KTWc


さて、今日は小雨。
風がない小雨での、住宅街の平日昼間はしっとりとした静けさに満ちています。
歩きながら全体呼吸。
抵抗なく快も不快もなくただ自然に周りに溶け込む感じ。

20180117_115414757

あるがままでいようとするとと世界はなおいっそう生き生きと色鮮やか。
20180117_115202026
生命力がそのまま伝わってくる。
20180117_104632848
道路脇の植木の間にミントがびっしり!さわると力強い香り!

てぃーだ

新しいHPを作ってブログがあっちゃこちゃしてしまっていますが、HPの方のブログは瞑想とヨーガについて書こうと思います。で、ひとつアップしました。

瞑想って?  という内容です。
やっぱり、言葉で、さらに文字で書くと難しくなっちゃうな〜。

さておき、沖縄はおとといから晴れ!しかも今日は風がなくてあったかい〜。
てぃーだパワー半端ないっす(笑
20180116_090420140
朝の海はとーっても穏やか。波音もさわさわ〜っと静かでやさしい。
20180116_091924928
太陽が上がってくると、この海と空のブルー!!!
まぶっし〜い💓

日曜の坐禅

沖縄でも雹が降ったりで寒かった先週だけど、昨日から日差しが戻ってきました。

20180114_120641232
やっぱり日差しと青い海と太陽、ありがたいわ〜。
近所のスーパーでお弁当を買っていただきます。
20180114_103557661
日曜の朝は、車で5分のところにある臨済宗の禅寺で座禅会に参加させていただいてます。
20180114_103420460
とても立派な本堂。6年前に新しくされたのだそう。
禅寺での座禅は身が引き締まります。
けど住職さんたちや参加されている近所の方々はすごく優しい❤️
生き物だけでなくあらゆるものに仏性を見る、今日はそんなお話をいただきました。
禅のお話も、ヨーガとルーツが同じ。
聞かせていただく内容もお経もとても勉強になります。
臨済宗は茶道とのつなガリが深いので、坐禅とお話が終わったあとはお抹茶を出してくださいます。
今日は、昨日が鏡開きだったとのことで、あたたかいぜんざいをいただきました。
美味しかった〜(^^)

食べた物が、数時間後に私の体となる。
食べ物と私体の堺はどこにあるんでしょう。
細胞の集まりである体が食べ物を分解し形を変えて肉やエネルギーに変える、そのインテリジェンスにただただ感心してしまいます。

「何が欲しいか」 ではなく 「どうありたいか」

「あれが欲しい、これがやりたい」が先だといつまでたってもふらふらと回り道して自分を見失ったまま。

「どうありたいのか」が定まっていれば、手に入れるものもやることもわかってくる。


「どうなりたいか」ではなく、「どう在りたいか」です。これがとっても大事。

流れに乗って生きてる

自分の真ん中で自分の役割を生きる人たちが周囲にどんどん増え、
ますますそのパワーが強くなってる気がひしひしと感じられる今日この頃。
特に、この沖縄で、そして久米島つながりの人たちのパワーがすばらしい。
自分の足で立って、自分がほんとうに好きなことをしている清々しさ。よどみのなさ。

20180111_132554966

今日は、糸満にある、yukiぞうさんのお店、デトックスカフェFelicidad に行ってきました。
美味しく炊かれた玄米の上にたくさんの新鮮野菜!麹のドレッシングや、醤も絶妙。
自家ローストの胡桃が贅沢にいっぱい乗ってるヴィーガンのサラダプレート。
すーんごく美味しかった!
キッチンのスタッフもとっても気持ちのいい人たちで、
きちんと自分の真ん中にいる人の周りにはそういう人が集まるのだなあと、
きれいで美味しい食べ物だけでなく、じんわりしあわせいただいたのでした。
今日も1日、感謝❤️

2月の瞑想講座、募集始めました。

沖縄は昨日あたりから北風で寒いです〜(><;)

そんな日は、家でゆっくりと瞑想などいかがでしょうか?
と、いうことで、、(宣伝です!)
2月の「瞑想の基本をマスターする3回集中講座」の受講者募集のお知らせです。
会場は那覇になります。
(私のヨーガのHPにジャンプします。)


昨今、よく耳にするようになった「マインドフルネス」のもととなる瞑想。
その基本中の基本を3回にわたって体験、習得するプログラムです。
瞑想が気になっていた方、チェックしてみてください(^^)
Img_20170303_170026
心が澄むひとときを日常に。
瞑想って、おもしろいですよ〜♪

新しいHP

2018年 新しいHPを作りました。
まだ工事中のところもありますが、よろしければのぞいてみてください(^^)

Alokah ヨーガ https://www.alokahstillness.com/

エサレンボディーワーク沖縄 https://www.esalenokinawa.com/
✴︎すこしの間、この記事をトップに置いておきます✴︎

よんな〜よんな〜

さて問題です。
この動物は何?

20180108_145822706

答えは下の方に(^^)

連休の沖縄は雨。
そんな雨を狙って(笑)やってきた、もう25年以上の友人。
山や滝に行きたかったけど、この雨では危険なので断念し、王道観光コースへ(^^)
20180106_172007272
ぞうりになる(笑
20180106_171527928    
アメリカンビレッジのカフェから。 
あ〜いい波だ〜
20180107_110841221
入らせてもらったガマ(洞窟)は二人で貸切。
すきとおったエネルギーに謙虚にならざるをえません。
20180107_113152916
雨で濡れた木々や草の濃い生命力。
P1070007_1
久々に、がらまんじゃくのランチ。
在来種の野菜と薬草の力強さ。
動物性のものを一切使用していないスープが特に美味しかった。
写真ないけど野草のデトックスジュースは美味しくて強力。
P1070005_1
自然のいろ。
20180107_132503634
笑顔になるよね〜 ♪
20180108_134313099
琉球村で、ゆったりな時間。
派手さはないけど、なんだかとって心あたためてくれる場所。
20180108_134143681
現役のかまど!
20180108_134901753
お茶にアンダギーもいただきました。

そして、クイズの答えは!
20180108_145929535
水牛さん!
こんなに毛がいっぱい生えててやさしい動物だって知らなかった。
いつまでも見ていたいゆったりさ。

P1070057_1
ビオスの丘ではカトレアの美しさと華やかな香りにおどろき。
21351line
船から見たジャングルのカワセミの青に感動。
20180106_160402154
本島の中部だけをぐるぐるぐる回って遊んだまる2日間。
雨でしっとりと静かな自然と寛容でゆっくりな文化、
そして、友達っていいな〜としみじみ思ったのでありました。

チャメっ!

去年から気になってた護得久栄昇さん。

沖縄に住んだことある人、つぼるはず〜。笑笑

厄落とし(*≧m≦*)

いやー、毎日ほんっといろんなことがありますわ〜 

今日はサーフィンに行く途中に大事件があり(笑)(笑)
なんと、きび畑でバック途中に脱輪!
居合わせたサーファーさんみんなでなんとかロープで引きあげようとしてくれたり、
友達を呼んでくれたり、
「大丈夫、大丈夫、この道、今までに3台転がってて助けてるから」
え〜?? ひえ〜 、、、た、たのもしい。。。
おそらく落ちたのみんなサーファー。何があっても大丈夫。動じない。これこそサーファーの真骨頂 笑
本当に大丈夫としか思えん。

そして結局最後は、サーフガイドさんの知り合いの解体業者さんが来てクレーンで吊り上げレスキューされるっていう、、

いや〜 無事帰ってこれて本当よかった。
しかし、とにかくみんなやさしい。
そして、なんで、みんなそんなにすぐに来てくれるの?(笑
んで、転げ落ちた経験のある人までも見に来た(笑
すんごい太いレスキューロープを持った仙人みたいな人も(笑
この午前中だけでも、涙出るほどありがたいしかなく。
こんなことがあっても、出会った人たちが素晴らしくて愛おしくて、ああサーフィンしててよかったと、沖縄っていいなあ〜ありがたいなあ〜としみじみ思うのでした。
21300line
作戦検討中。
21299line
結局、屋根で吊ることに
21296line
うお〜すげ〜軽々持ち上がった〜!!!!!
んでなんの故障もなく無傷で助けていただけたのでした。
私の大切な相棒、いつもいつもご苦労かけてごめんね。そしていつもありがとう。

午後、普天間宮にご挨拶に行ったら梅が美しく咲いていました。
20180105_142448782
なんというみずみずしさ。
20180105_144016354
そして普天間の仙人さん。
「受け取りなさい」
「わかるよね?」
という声が聞こえた気がしました。
「遠慮しないで、
もう苦しい思いはじゅうぶんしたから終わりにして、
受け取りなさい」
・・・そんなメッセージをもらいました。


「わかるよね?」
この沖縄のイントネーションがツボで、、、
20180105_144607900
続く

サンセットビーチ

20180103_180324913
今日の夕焼け空、それはそれは穏やかで綺麗でした。
20180103_181204191
観光客も地元の子たちもみんな楽しそうしあわせそうに空を見上げていました。

2018年!!!

あけましておめでとうございます!

すっかり、もう本当にすっかりご無沙汰しておりまして、
ご心配をおかけしたみなさま、ごめんなさい。
元気にしておりました(^^)

インドでの最後の40日間をネット環境のないアシュラムで瞑想にこもり、
そのあと岐阜の実家に帰って家族と一緒にすごして家族のありがたさをしみじみと感じ、
そして、12月のはじめに沖縄本島に引っ越してきました。
中部の北谷にアパートを借りて暮らしを整え、これからの活動のベースを作っている最中です。
まだごあいさつできていない方々、すみません。

久米島での出会いから引き続きご縁をいただいている方々のおかげで、新しい活動を始められています。毎日感謝の日々。

瞑想にこもったあとは言葉の無力さに、こちらのブログの方も書く気にならずただ実家で引きこもっていたのですが、そろそろ外にでなくては、と(苦笑)

とりあえず、HPの体裁ができたのでお時間あるときにでもご訪問ください。
エサレンマッサージ https://www.esalenokinawa.com/

今後は、Yogaのクラスはクリシュナマチャリアの伝統ヨーガ、ヨーガスートラの哲学をメインに、そして、瞑想講座を開いてゆく予定です。

エサレンの方は、自宅にしているアパートで、また、うるま市の美しいお庭の中にあるカゼボでも施術させてもらう予定です。(お庭の方は環境を整え中)
P1010223_1
こちらのブログは、更新は前ほど頻繁にはできませんが、続けていくつもりですので今後ともよろしくお願いいたします。
マイラがいつも見守ってくれているから。
20180101_130332537_1
よく行くサンセットビーチの落書き(^^)
20180101_143610168
北谷の海も綺麗です!1月1日には早速、波乗りいえい!(1年ぶりでぜんぜん乗れなかったけど、、)
20171216_121926903
しあわせな観光客と地元の人で賑わうビーチにもこんなに綺麗な貝殻とサンゴのかけらたち。
20171229_120111848
うちなーごはんも美味しい〜。
20171229_120120827
浜比嘉島の古民家でいただいた定食。
20171225_142632944
戦時中、奇跡的に誰も亡くなる人がいなかったぬちしぬじガマ(洞窟)
20171228_171526044_1
沖縄の人と自然のあたたかさに魂がよろこんでいます。
20171221_091150658_1
本年も皆様にとって、しあわせがいっぱいの年でありますように❤️❤️❤️

そしてまたしばらく更新できません。

明日からまた一ヶ月近く、ネット環境のない瞑想アシュラムにこもります。

次は8月終わりくらいに更新できるかな。。
みなさんの夏が幸いでありますように、ガンジス河のほとりからお祈りしています💗

コメント欄に書き込みができないので、こちらにお返事しますね。

※インドのサーバーではコメント記入拒否になってしまうのでこちらに返信しますね。
せっかくコメントいただいたのにすごく時間がかかってしまってごめんなさい!
                                 ......
ルルさん、わーいっぱいありがとうございます。ヨガの奥深さ、たくさん学ばれているのですね。素晴らしい!
私もまだまだですが、ワークショップもできるように頑張りたいです。とても励みになるコメント、ありがとうございます!!!
星子ちゃん、(^0^)/
haricotさん、やっと更新しましたが、長くて自分メモになってしまいました(汗
なんといっぱい共通点!ラジュでお会いしてたかもですね。
あやぽんはスペインのバルセロナで元気にしています!
共通の知り合いももっといるはず。
なかなか鎌倉に行く機会がないけど、行く時は連絡しますね!あー懐かしい鎌倉(^^)

目覚めながら夢を見ている感覚(長くでほとんど自分メモな記事です、、)

ものすごくご無沙汰してしまいました。

ただいま、北インドのガンジス河のほとり、リシケシにいます。
ヒマラヤの山々から流れてくるガンジス河の圧倒的な水量とその聖なる水で沐浴するためにやってくるオレンジ色の服や布を体に巻いた、途切れることのない人々の波(今、リシケシが一年で最も多くの人で埋め尽くされるswanというお祭りの真っ最中)の中、目覚めながら夢を見ている感覚。

爆音で流されるインド音楽(宗教的なんではない)、ビービーうるさいホイッスルやら鳴り物各種、なんだかよくわからん大声掛け声の波、鳴り止まないクラクション、拡声器からの大音量アナウンス・・・24時間(マジで真夜中も早朝も)音地獄(インドのこの地獄は経験した人はよくわかると思いますが、、笑)
外に出て静かにガートでガンガーの流れを眺めようとすればセルフィー地獄(次から次にセルフィー一緒に撮ってくれ攻撃)
こんな地獄の中でも、えもいわれぬしあわせを感じております。笑
20170717_1802
(イタリアでスマホの電源がな入らなくなり、インドの学校の最終日にカメラを壊しちゃったので写真はMacbookの内臓カメラで頑張って撮った)   


数年前、瞑想で説明しがたい感覚の体験をして以来、この、目覚めながら夢の中にいる感覚はずっと続いていて、
自分が何をしていても常に客観的に見ている側にいる感じ。
どこに行って何をしていても現実なんだけど現実感がなく(こういう表現しかできないけど、どちらかというと夢の中って感じ、です、、)、
ありがたさと幸福感がずっと続いている。
一時的に不快な思いをすることもあるけど、長くは続かない。


あったかい美味しいごはんが食べられて、なんてありがたいんだろう(農家のみなさんや流通で働く人たちやレストランのみなさんに感謝)
こんな美しい場所に来れるなんて、なんてありがたいんだろう(ガンジス河の圧倒的な流れ、川面から立ち上る幻想的な霧、沐浴する人々、、ウソみたいな現実)
清潔なベッドで寝られて、シャワーが使えて、なんてありがたいんだろう(簡素な安宿で)
丁寧に手作りされたここちよい服を着られるってなんてありがたいんだろう(毎日同じ服を手洗い)
安全に移動できてなんてありがたいんだろう(埃まみれ人でぎゅうぎゅうのバスで)
困った時は親切にしてくれる人がいつもいる。なんてありがたいんだろう。
ちゃんと使えるお金があってなんてありがたいんだろう。
ああ、光が美しすぎる。
・・・そんな感じです。
ガンジャ吸ってるわけではありません(そこらじゅうに生えてるけど 笑)
頭がイカれちゃった人ね。
P6030031_2
話は前後しますが、6月頭からの5週間は、チェンナイのクリシュナマチャリア・ヨガマンディラムにてインターナショナルヨガティーチャートレーニングコースの第3(最終)モジュールでした。
P6030039
(インド TamilNadu州政府公認のインスティチュートです) 
毎日早朝から夜まで授業、アパートに帰ってから、毎日の復習、与えられたプレゼンテーションの原稿作成、クラスを教える準備、チャンティングの練習、試験勉強などなど、昼休みが2〜3時間あるんだけどそのまま学校に居残ってレポート書き、という毎日でひたすら学びに集中しておりました。
おかげさまで、無事、卒業!
19732245_10158945541280006_59511286
(クラスメートと先生達) 
Img_20170707_092459
(認定証もらえました。よかった〜笑)
あーなんて長い旅だったんだろう。
この3年にわたる長い旅路は一旦終えたのだけれど、
終わりに近づくにつれて、知識を経験に変えていくという自身の宿題(これは至福のよろこびでもあり)、
ヨガとインド哲学の叡智の奥深さに改めて圧倒される思い。
Dscf3575_1
そして出会えた最高の先生。
Dscf3565_1
ピュアで謙虚であることが、人を変えるどれほど大きな力を持つかを大きな驚きとともに教えてくれたパドミニ。
心と魂に響くチャンティングと瞑想の先生で私のメンター。
インド人の同級生は、授業の終わりに彼女の足元に伏して尊敬を表わしていました。
彼女は、そうせざるをえない感動を与えてくれる先生。
威厳があるというより、いつもビッグスマイルで応えてくれて、すごくラブリー。

学校では本当にいろんなことがあった。
ヨガスートラの1章の後半、3章、4章では瞑想でどんなことがおこるのかが書かれていて
それを教える哲学の先生は「まあ、これはごく一部の聖者に起こることで一般の私たちのような人にはこれは起こらないけれど」という前提で、たとえ私がそれかもしれないことを体験したとしても理解してくれないんだけれど、パドミニは、私との個人面談で、瞑想で私に起こったことについて話をすると少女のように目をキラキラさせて喜んでくれた。
その瞬間から涙がとまらなくなった。
そして、パドミニ自身の、師(デシカチャー氏(クリシュナマチャリア師の息子で、私の先生たちの先生)がどのように人生を変えてくれたかを話してくれた。
喘息で脊椎湾曲、呼吸もとても浅く、階段を上るには這って登らないといけないという状態だったパドミニは、セラピーのためにデシカチャー氏を訪れた。そしてデシカチャー氏と妻のメネカ氏は、すぐに、話すことも困難だった彼女のチャンティングの才能を見出して教え、いつどんな時もパドミニにあたたかく心から接し、そしてパドミニの才能は花開くとともに普通に暮らせるように、さらには先生としてクラスを教えることができるようになった。
そして、デシカチャー氏が教え子であるパドミニをどれだけ信頼していたか、それがどんなに大きな力を持つのかというエピソードも話してくれた。
ある時、チェンナイで大勢の人が集まるイベントで、デシカチャー氏は、パドミニをステージに呼んで、なんといきなりチャンティングをするように言った。なんの準備もしていなかったパドミニ「こんな私が!?」びっくりして動揺どうしていいかわからなかったけれども、深呼吸してしっかりと自分とつながると、ひとりでにチャンティングが口から出ていた。
その素晴らしさに一同、大拍手。
しかし、デシカチャー氏は、彼女は喘息で声を出すこともできなかったんですよと話すと、観衆はしばらく静まりかえったという。それくらい信じられないことだったのだ。
その信頼と長い間変わることのなかった教え子への愛が、到底不可能だと思われたことを可能にした。
そしてそれは、デシカチャー氏がこの世を去る時まで変わらなかった。
昨年、デシカチャー氏は病の床で、言葉を発することも表情を動かすこともほどんどできなくなっていた。
お見舞いに行ったパドミニは、自分が師にできることはチャンティングすることしかないとうたい始めると、デシカチャー氏は大きく目を見開き、口を大きく開け声にならない声をふりしぼろうとし、そして動かなくなっていた震える手を必死に合わせようとしてくれたと。
パドミニ曰く、もし私のチャンティングが心動かされるものであるとすれば、それは、私の力ではなく、デシカチャー氏、そしてその師・父のクリシュナマチャリア師からそしてさらに高いところから流れてくる力なのだと。
この純粋さと謙虚さ。
だからそんなにも人の心に染み入るのだ。
パドミニはこの話は誰にもしたことがなかったけど、自然に出てきたのよと。
聞かせてもらっている間、嗚咽と涙が止まらなかった。

素直に信じる力より勝るものはない。

クリシュナマチャリア師は、人々を治癒に導く才能の人で、自身の心臓を止めることもできたりと数々のいわゆる「超能力」ももっていたが決してそれをひけらかすようなことはしなかった。
それは道をそらすものだとパタンジャリはヨガスートラの中にも厳しく書いてもいる。
デシカチャー師も、患者のお腹をポンポンと叩いた音だけで腫瘍がわかったりとその才能を受け継いでいた。
しかし、関わった人々は決して大げさにそのことを言い伝えることはしない。
なぜなら、奇跡ではなく、ひとりひとりが日々の暮らしを変え日々良くなる努力をしてこそ最高のものが得られ、その最高のものは大げさに見せびらかすことではない、心の底からの幸福だと皆心得ているから。
これが、私が学んでいるクリシュナマチャリア師の伝統。
それを直接学ばせてもらえているというしあわせ。

そして、日本に帰ったら、ぼちぼちと、本当にぼちぼちとですがクラスやリトリートなどで
学んだことをお伝えしていきたいと思っています。

さて、明日から一ヶ月ほど、アシュラムで瞑想にこもりますゆえ、また更新滞ります。
こんなんですが、いつも読んでくださっている皆様、心からありがとうございます。
20024027_1746230439010863_196914372
イギリスからの同級生、ターニャと。
20117146_1746231282344112_366807356
インドのムンバイからの同級生、ウダイ。
20157155_1746230645677509_149164533
Yama・Niyamaを体現していて、感動するくらい美しいアサナの先生、センティル。

インドに到着しました。

シチリア(カターニヤ空港)〜ローマ〜デリー〜チェンナイと長旅でようやく到着。
でも疲れなし。笑
チェンナイ、最高気温36℃〜40℃、最低気温28℃が続く予報。
灼熱を覚悟してたけど、ぜんぜん大丈夫だわ。よかった。

P6030021

そして、変わらない喧騒、車のクラクション、大音量の音楽、排ガスに埃、道端のゴミ、、
でも明るい人たち、スパイスの匂い。。前に来た時から1年近く経ってる気がしない。
P6030026
街の辻々、どこにでも神様がいらっしゃる。
P6030034
とありえず学校に顔を出すと、懐かしいスタッフが満面の笑顔で迎えてくれた。
あー戻ってこれてよかった!!!
パタンジャリ先生、私、ちょこっと成長して(たぶん)戻ってこれました。
これから5週間よろしくお願いします、とご挨拶。
P6030050
アパートに帰る道、とても不思議で美しい雲が出ていた。
P6030052
写真を撮ってたら、
P6030054
この二人が「僕たちの写真も撮って、撮って!」っていうで、シャッター押したら
P6030055
撮った写真を確認するかと思いきや、あっという間に走り去って行った。笑笑

インドはびっくり箱。
オープンハートでいると、とにもかくにもオモシロや人のラブリーさで溢れてる。
さてこれからの5週間、朝7時から夜7時までびっしり、帰ったらその日の復習でいっぱいいっぱいなので、しばらく、ブログはたまにしかアップできないと思います。
みなさん、よい6月を!!!

コメント欄に書き込みができないので、こちらにお返事しますね。

前にもどこかの海外でコメントが入れられない時があったんだけど(サーバーに許可されない)今回もまたそうなってしまったのでこっちに書きますね。

***
yuyuさん、
ありがとうございます!
ちょこっと行方不明になってもいいかも!? 笑
私は行方不明になりすぎですが、、、あはは。
勉強、これからが本番です。明日からフルスケジュールなので、ひたすら頑張るしかないです。
yuyuさんが毎日、家のことや仕事をこなしながら卒業されたのを励みに私も頑張ります!!!
みんなそれぞれの道、きれいな花が咲きますように!


***
星子ちゃん、いつもありがとう!
気分だけでも、届いてよかった(^0^)


***
manyoさん、
はじめまして。
マイラがいた頃から、、めっちゃ嬉しいです。
そして由比ヶ浜で思い出していただけたなんて、マイラもすごーくすごーく喜んでいるはず!
ああ懐かしい。。
イタリア、シチリアに行かれるんですね!
目一杯楽しんでください!!!
イタリアの他の場所がどうかわからないけど、観光地でも英語が通じないところもあって
(シチリアは特にそう感じました)、なので、出かける前に少しでもイタリア語を覚えて行かれたら旅がまったく違うものになると思います。
特に食べ物の注文とか、バー(コーヒーやペストリーやカルツォーネなんかが置いてあるカフェのことをバーと呼んでます)でのやりとりとか、楽しくなります。
もし旅が短かったら、オプショナルツアーもとってもいいと思います。
タオルミーナで私が行ってオススメの食べ物は、
1)Bam Mar のグラニータ。2種類の組み合わせで、特にアーモンド(マンドウーラ)はオススメです!
2)レストランだったら、Trattoria Don Ciccio。シーフードのアンティパストの盛り合わせ、これだけでお腹いっぱいになります!
3)気軽にピザやアランチーノだったら、Da Cristina。アランチーノはトマト系のよりも白いクリーム系(白、ビアンコって言ったら通じます)の方が私は好きです。
もしジャルディーニまで行かれるのであれば、
1)レストラン 'A Puria もう、ここは本当に美味しいです。パスタもシーフードもワインも!!!(ランチは平日のみ。ディナーは予約がベターです)
2)La Dolceria de Sindona。ほぼ毎日通ったお菓子屋さん。グラニータはイチゴとピスタチオの組み合わせがオススメ!!クロワッサンやカルツォーネ、パイなんかも美味しいです。カンノーリも有名。
※タオルミーナからバスだったらサン・ジョバンニ(三角屋根の教会のすぐ近く)で降りてください。この2つのお店はサンジョバンニからすぐです。
帰り(タオルミーナ行き)のバス乗り場は、タオルミーナからのバス停とは違って、教会の海側のガソリンスタンドの角にあります。


お店の場所と写真はgoogle mapで見てみてくださいね。
メールアドレスいただいているのでそちらの方に私のアドレス送ります。
もし何かわからないこと(私は本当にジャルディーニしかわからないんだけれど、、)あったら聞いてくださいね!
あー私もまたイタリア行きたーい(^0^)

シチリアさいごの1日

今日も雲ひとつない快晴!
空も海も青い!
この世界がどんなに愛おしくても、旅は終わる。
長い旅の時は、毎回、一生を終える練習をしている気持ちになる。
今回は特に、まったく知らない土地で、言葉もほとんど通じないところから始めて少しずつ世界を発見して驚いて楽しんで好きな人たちができて、そして去って行くという過程はとても短い一生のよう。
人が生まれてくる時は、何を体験したいか目的があって自分で両親や生まれる場所を選んでやってくるっていうけれど、そんな感じでやってきて目的を果たしそして目的以上の大事なことをいっぱいいっぱい体験して去っていく。
荷物をまとめて掃除をしながら、2年前この世を去っていった父がどんな思いで身辺整理をし病院へ向かったか想像にあまりあって涙がとまらなかった。
けど、手帳にいつも入れてある父の写真をみたら、父は笑ってる。
また涙が出た。

P6010023

朝起きてキラキラした海を眺め、瞑想して、
大好きなカフェでグラニータとブリオッシュの朝食をいただき、
太陽の光の中で、ひんやりした波が足に触れてくれるのを楽しみながら本を読んだり青い海を眺めたり。
お腹が空いたら、海辺のレストランで大きなお皿に山盛りのムール貝と冷えた白ワイン。
教会でちょこっと静かに座って、
洗濯して掃除して荷造り以外はいつもと同じ1日。
あー楽しかったなあああああ。
Life is good.
ありがとうシチリア!!!
P4230017


さて次はいよいよインド。
ごまかしきかない学校でガチの学びでござる。

ギリシャ劇場でのスカラ座コンサート

タオルミーナのギリシャ劇場でのG7歓迎コンサートがアップされてました。
イタリア最高峰、スカラ座の演奏ですと。
やばい。うるうるしてまう。。
45:50〜 マスカニーニのカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲
映画ゴッドファーザーのエンディングにも使われてる曲(タオルミーナ周辺には映画のロケ地がいろいろあるそう)で、誰もが聴いたことある名曲だと思います。
47:46〜 エトナ山からのズームバックが美しい!!!(カメラマン(オペレーター)の、絶対に失敗できないっていう緊張感を感じちゃうけど、、、あはは こういう時に昔の職業病が出てしまう。。)
ギリシャ劇場でこの光の中でこの生演奏聴いたら涙ボロボロ出そう。
いつかここでオペラ観てみたい!
また夢がひとつできたわ(^^)

聖母の訪問

P6010003

夜、外から歌声が聴こえてきたので何かと思ったら、手にろうそくの灯を持った人たちの行列がゆっくりとやってきた。
教会のマリア様も台に乗せられて一緒に歩いています。
P6010007
調べてみたら、聖霊に満たされた聖母マリアがヨハネを身ごもった親戚のエリザベートを訪問したという、聖母の訪問の祝日だそう。
P6010012
行列は、海沿いの道からUターンして山側の通りを教会の方へ戻って行きました。
マリア様が通りの家々を訪問してくれたんですね。
P5310008
今朝の教会のマリア様。
だから今日はお花でいっぱい飾られてたのね。
このマリア様に当てる照明を念入りにセッティングしていたおじさんが楽しげでちょっと誇らしげだったので、ほっこりした朝だったのでした。
おじさんもきっと聖霊に満たされていたに違いない(^^)

5月も終わり、サマディー。

ますます夏っぽくなってきたシチリア。
平日でも午前中からビーチでのんびりっていう家族も増えてきました。

P5310005

そして、前と同じように足の裏をさざ波につけてる美しいシニョリーナとシニョーラ。
こうやって一人の時間を楽しむ大人な人たちも結構います。
ジャルディーニの中心部の賑やかなところはパラソルやベッドが並んでるんだけど、こっち側(サンジョバンニからタオルミーナ寄りの方)は人を気にすることもなく居心地いいんだな〜。真夏はもっと混んでくるかもで、もしかしたら今がいちばんいい季節なのかも。
さて、今、ジャカランダの紫色の花が盛りをむかえています。
P5310015
カターニヤの通りのジャカランダ。
P5310019
ブーゲンビリアの赤やピンクもものすごく鮮やかで綺麗なんだけど、この紫がまたなんとも美しい。
P5310024
真ん中の雄しべがふわふわしてる。


そして、2週間通ったカターニヤのアイアンガーヨガのクラスも今日でおしまい。
ほぼ毎日アイアンガーのクラスにで出てたら体の癖がメキメキと矯正されてすごく清々しい。
そしてイタリア語でのインストラクションも結構わかるようになってきて(身体部位のイタリア語ってなんだかよくわからんけど身体が理解する感じ)ますます面白くなってきたところで今回はおしまい。
今日は私が最後ということでヴィニヤサも入れてくれた。
また必ず戻ってこよう。
そして、ユージの先生でもあるフィレンツェのガブリエラのクラスに行ってみるといいよって言われたので、次回はフィレンツェも行ってみたいな。
私のヨガのベースはクリシュナマチャリアの伝統ヨガだけど、生徒として行くクラスはアイアンガーがやっぱりいちばん信頼できるから、できる限り続けていきたいと強く思ったのでした。
そして世界のあちこちで、こうやってきちんとしたクラスが受けられるのって本当に本当にありがたいこと。


なぜなら、ヨガの境地をきちんと体感している指導者のもとで修練を行うことでは信頼とともにその状態を体験することができるから。
今日も、キッツーいアサナをホールドしている時に、ふっとサマディーが訪れた。
身体を使って、身体を超える(身体感覚がなくなる)ことが可能になるんです。

Yoga Sūtra 1-2
yogaśg citta vṛtti nirodhaḥ
ヨガとは、心の動きの止滅です。
ヨガとは、一切の曇りなく心を一点に向かわせ続けられる心の能力でもあります。

Yoga Sūtra 1-3
tadā draṣṭuḥ svarūpe 'vasthānam
その時、プルシャ(真我)はその本性にとどまります。
ヨガの境地では、明晰さとともにすべてをありのままに見ることができます。

Yoga Sūtra 1-4
vṛtti sārūpyam itaratra
ヨガの境地でない時は、心の動きとプルシャ(真我)が混同されてしまっています。
※心は、本当の自分(プルシャ(真我))ではなく、個人を構成する一要素にすぎません。

Yoga Sūtra 1-12
abhāsa vairāgyaābhyāṃ tannirodhaḥ
内的修練と無執着により、心の動きは静かになります。

Yoga Sūtra 1-13
tatra sthitau yatno 'bhyāsaḥ
心が静まった状態に留まる不断の努力が内的修練です。
※アサナのプラクティスでは、身体を道具として使い、この心の状態を維持するよう努力します。これがヨガと他の運動の大きな違いで、このクオリティーがあるものがヨガと言えます。

Yoga Sūtra 1-14
sa tu dīrghakarā nairantarya satkārādarāsevito dṛḍhabhūmiḥ
この内的修練は、長い間たゆむことなく、真摯に実践されることで堅固に根付きます。

Yoga Sūtra 1-15
dṛṣtānuśra vika visaya vitṛṣṇasya vasīkārasaṃjñā viarāgyam
無執着とは、見たり聞いたりした対象に無欲になった人の自己統制の意識です。
正しい修練を続けることで、煩わしさから自由になってゆくのです。

Yoga Sūtra 1-18
virāma pratyayābhyāsa pūrvaḥ saṃskāra śeṣo 'nyaḥ
内的修練を重ねた後に、想念が消え、微細な印象(記憶)だけが残った境地(アサンプラジャータサマディー)が訪れます。

Yoga Sūtra 1-19
bhava pratyayo videha prakṛtilayānām
身体感覚を超越し、真我が心に溶け込んだ人にはその先のサマディーが訪れます。
P5200095
ジャルディーニに帰って、夕方、海を見ながらのジェラートは至福の時なのでござる。
これもまた別の意味でのサマディーか?(笑

空と海の色

1日じゅう、いつどんな時に見てもため息が出る海と空の色、光。
夜明け前の静けさ、日の出のピュアで力強い光、日中の青、ぜんぶぜんぶきれいだけど、
毎晩8時くらいの、水平線が空に溶けていく時間の美しさは格別。
この色の中で、今日1日の出来事を思うと、すべてがありがたくていとおしい。
P5300026
_
P5300024
_
P5300032
もし海が見える場所に家が持てるなら、東向きがいいな。
P5290012
さて、この部屋ともあと3泊。
なんていい時間だったんだろう。
このアパートのオーナー夫婦、町の食べ物やさん、八百屋さん、カフェ、ヨガスタジオ、すべてのインフラ・・・旅人の私としては、土地に根付いて暮らしを維持してくれている人たちには感謝しかない。
あ〜しあわせだ〜 笑

月曜日

P4140179

今日も光が美しい。愛おしい毎日。

7回めの日曜日。

いろいろな騒ぎや非日常が終わって朝がやってきた。

P5280001
朝起きて最初に目に入る光景。
静か。。
昨日までのざわざわした気が抜けて、ほんとうに静か。
P5280002
毎朝、新しく生まれる日。

昨日とおととい、デモに遭遇して思ったんだけど、こっちのデモって実は裏でとってもコントロールされてるなあと。
今回は、おそらく、イタリア本土に本部がある大きな団体は本部とどの程度の行動を起こすか決め、地元シチリアの団体とも相談して、現場では各部のリーダーたちがとってもよく統制していた感じ。
そして、リーダーさんたちに、シチリアでは怪我人は出さないっていう誇りみたいなのがあった気がする。(勝手な想像。2日間、リーダーさんたちウオッチして(なぜか近くで遭遇することが多かった)感じた。まあバイアス入ってるけど)
警察とデモの人たちが衝突した場面はあとでビデオでみたんだけど、
ちゃんとリーダーが指示監視していて、団体の人たちはお互いに腕を組んで決して手を上げないようにしていて(上げると暴力と思われて逮捕されたり怪我人が出たりと大事になる)、んで、警察に催涙弾を打たせる程度の押しくらまんじゅうをするという想定。
催涙弾を打たれると、大きな事件に見えるし、そうでもしないとメディアが取り上げない。
現場の記者がレポートあげても本社が取り上げないと話にならない。
実際、幾つか動画ニュースをみてみたけど、放送されたのは催涙弾のシーンだけってとこも。
ニュースの中で自分たちの主張を伝えて欲しいけど、そこまでするメディアはないだろうと、それも想定内で、反対行動はちゃんとしましたっていうアピールになったんじゃないかな。
今回のシチリアは本土から離れているし、無謀な人たちが紛れ込みにくいから統制しやすいのもあっただろうし、実際に現場にいて、インテリの中年以上の男性の割合がとても多い感じがしたのでそれも穏やかなデモの要因のひとつだったかも。
あとはトランプ大統領があまりにアレなので、今回はあれこれ言わなくても、、みたいな(苦笑
イタリア語はわからんのだけど、まあ、そんなこと勝手に思いました。
あと、フランスのマクロン大統領とカナダのトルドー首相の二人のリベラルの2Sが話題になってて、もしかしたら世界はちょっとづつよい方向に変わっていくんでは?ってな淡い希望もあったりして。
そしてそして、やっぱりシチリア(ってかほぼジャルディーニしか知らんのだけど)がもっと好きになったのでした。
今日は、昨日使われてたPace(平和)の旗がベランダから下げられてた家があったり、昨日、催涙弾やらペットボトルやらが散乱していた道路や広場が前よりずっと綺麗に掃除されていたり。
P5280015
海はやっぱりきれい。
今日は思い切って肩まで浸かってみた。
寒中水泳かっ!?てくらい水は冷たいけど、すぐに太陽で温められた砂利浜に寝転がるとじわ〜っとあったかくて至福。
などほどこれは癖になるわ。
P5280007
誰もいないので大きな声でチャンティングの練習やら本読んだり。
風があっても砂浜じゃないので砂が飛んでこないし、体についた砂利もすぐに落とせるのでこのビーチ大好き❤️
人がいないから日焼け止めのきつーいニオイもしてこないし。
そして、
P5280024
海の後のグラニータ、最高!
星子ちゃんが教えてくれたSalamone、やっと行けた〜!
確かに、グラニータとっても美味しいからジェラートも美味しいに違いないっ。
そしてとってもいい感じのカフェでした。

«G7いらんデモ

フォト

moon

  • CURRENT MOON
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ